長閑な朝陽をうけて、