朝の神々しい光のなかで、