2017年9月15日 (金)

風雨

Img_9606


Img_9616


Img_9618


Img_9619

大型台風18号九州直撃にて雨風が強まってきてます。海上交通アクセスは夕方より全便欠航となりました。三連休は島で待機して(交代医師が来れなくて)仕事しています。北風の強い海上時化の空港からの島風景を夕方に撮ってきました。

|

2017年8月17日 (木)

静寂の海

Img_8246


Img_8235


Img_8259


Img_8261


島の夕景を追ってみました。船瀬海岸の夕日に輝く風景と大浦湾の雲一つないなかの夕日日没風景です。今までで一回しか見たことない”グリーンフラシュ”の日没時の一瞬の緑色に輝く閃光を体験しました。残念ながら写真に撮れていません。感動的な一瞬でした。

|

2017年8月12日 (土)

島の玄関

Img_7879


Img_7879_2


Img_7915


Img_7920


島の朝の笛吹港からの「海と空と風のなかで」の一時(ひととき)です。赤だけと野崎島からの朝の太陽光をうけて「高速船シークイン」の入船出船の島風景です。

|

2017年8月11日 (金)

Img_7765


Img_7768


Img_7773


Img_7785


島が一年で最も風光明媚で一番輝いている夏風景です。白砂青松の透明感高いコバルトブルーの世界です。柿の浜海水浴場は島の東海岸にあり、遠くの平戸島が近くに望めて古の平戸藩の歴史を垣間見るようです。

|

2017年7月28日 (金)

朝靄

Img_6790


Img_6803


Img_6809


Img_6813

朝靄がたちこむ島風景です。真夏日が続く日々で、朝から大地と海との気温差で幻想的なモノトーンの好きな風景を写真しました。

|

2017年7月25日 (火)

曇天の海

Img_6621


Img_6639


Img_6636


曇天の暑い暑い一日で不快指数90%のクーラー必須の天気でした。夕凪の海は穏やかで波もなくガラスの表面状態で心癒される雰囲気が満ちていました。浜崎鼻ゴルフ場からの五両ダケや斑大橋の夕景は絵になる風景です。Img_6623


|

2017年7月22日 (土)

真夏日の水平線

Img_6498


Img_6490


Img_6514


Img_6529


真夏日の夕方の西方水平線への日没うぃ期待して浜津後目海岸へ行ってきました。雲が水平線に見られ太陽日没は見られませんでした。芝生野原に座って放牧牛の糞の匂いを感じて、水平線上に大きな船が小さく見えて北から南下していく緩やかな時空に癒しを感じてきました。

|

2017年7月21日 (金)

夏の海

Img_6411


Img_6422


Img_6432


Img_6437


志々伎灘の海上からの裏野崎島の絶景風景です。波は静かで空は梅雨明けの解放感が感じられて爽快な時空です。本土から信仰を求めて行かれた人々の気持ちを想うと、理想郷の地を目指して、悩みと苦労の複雑な心境に希望を高らかにして行ったであろうと考えました。

|

2017年7月19日 (水)

玄界灘

Img_6349


Img_6361


Img_6371


Img_6377


Img_6363


灘は沖合の中で波が荒く潮流が速い所を指して、古くから航海が困難な場所と言われています。玄界灘の三角波を経験すれば世界中の航海は大丈夫と言われたことを島で耳にしたことがあります。期待していた波戸岬からの夕景は霞がかかって期待外れでした。遠くに見える船と海は好きな風景です。

|

2017年6月26日 (月)

長崎鼻から

長崎鼻からの五両だけの干潮時で広がる砂浜が輝いていました。遠い水平線にイサキ夜釣りに船が印象的です。
”海は広いな大きいな”の癒しの時空に入っていきます。

Img_5369


Img_5335


Img_5348


Img_5358


Img_5376


|

より以前の記事一覧