風景

2017年7月26日 (水)

猛暑日の夕景

Img_6664


Img_6714


Img_6689


Img_6659

蒸し暑い真夏日のなかで、太陽や海や大地は生き生きとたくましく輝いています。稲穂が垂れてきて、ヒマワリは元気に夏を謳歌しています。熱中症に注意の日々です。

|

2017年7月23日 (日)

夕日

Img_6560


Img_6562


Img_6567


Img_6571

真夏日の静かな夕日が爽やかな夕景です。蝉の音が高らかに耳に響いてくる夏空間です。

|

2017年7月20日 (木)

梅雨明け

Img_6391


Img_6393


Img_6395


Img_6397

朝の爽やかな潮風を受けて気持ち良い波戸岬の時空に感動です。玄界灘からの風と海と空のなかで梅雨明けの夏休み感覚の時空です。

|

2017年7月17日 (月)

朝の陽光

Img_6339


Img_6302


Img_6331


Img_6291


Img_6342_2

”海の日”の休日の朝は眠いのを押し殺して”佐賀ひょうたん公園”にて朝陽を撮ってきました。小さな田舎風のなかクリーク池を上手く配して都会のオアシススポットです。来週はヒマワリの花が満開しているだろう畑が緑色覆われていて新鮮な感じがして清々しい朝時空でした。

|

2017年7月16日 (日)

真夏日

Img_6270


Img_6280


Img_6299


Img_6318


Img_6251


Img_6264

有明海の久しぶりの夕日です。真夏日の天気で潮風が生暖かさを感じながら、干潮の潟から遠くに雲仙岳や多良岳や天山や阿蘇山系がはっきり望めて快適な心持になりました。

|

2017年7月15日 (土)

日の出前

Img_6181_2


Img_6189


Img_6199


Img_6217


艶やかな朝焼けの日の出前の景色で感動です。目で感じる景色が写真では今一ですが、技術的な問題でしょう。
梅雨時期に見られる”七色のラブユー東京”?でしょうか。

|

2017年7月14日 (金)

夕景

Img_6110


Img_6121


Img_6138


Img_6163


Img_6159


真っ赤に燃える太陽の夕方風景です。五両ダケ(長崎鼻よりから)のダイナックな日没前の激しい太陽光です。
その前の水の下海岸は柔らかな夕方の日差しで穏やかな風景でしたが、梅雨時期の天気変更(特に雲の変化は)は予測ができないようです。

|

2017年7月13日 (木)

梅雨明け?

真夏日の梅雨晴れの体調を不安定にする不思議な一日です。南九州は梅雨明け宣言が出て夏到来です。朝から夕方まで暑さの中で太陽の輝きの感じて凪島風景を楽しんだ不思議な一日です。月一回の小離島診療で六島と納島へ行ってきて、澄み切った海と凪ぎの大海のなかで暑さを払拭して気分転換してきました。

Img_6061


Img_6077


Img_6089


Img_6082


20170713_153032_001


|

2017年7月12日 (水)

薄暮

昨夜の豪雨から、朝から朝陽が反射し島全体が輝いて明るい気持ちで仕事に出かけました。午後からは、梅雨晴れの蒸し暑いなかで不快指数が高い状態で熱中症対策で水分補給しました。夕方は雲が無い晴れ空のなかで”五両ダケ”に一人だけの静かな夕景を撮ってきました。美しい薄暮日没の世界の中に溶け込んできて癒されてきました。
Img_6005


Img_6018


Img_6030


Img_6038


|

2017年7月11日 (火)

大雨の夕景

Img_5969


Img_5973


Img_5976


Img_5977

うっとうしい梅雨天気で暑苦しい一日の島風景です。仕事後の生活感の見られる身近なスナップ写真です。水の下海岸から船瀬海岸の小雨降る夕景です。

|

より以前の記事一覧