季節

2017年5月24日 (水)

春雨

Img_3766


Img_3761


Img_3769


Img_3796


明日は五月晴れの予測です。今朝から雨が降り夕方は小雨になり西の空は太陽が見えだしている静かな春雨で海は凪いでいて優しい表情です。天の恵みに喜んでいる大地と海の自然風景です。

|

2017年5月17日 (水)

夏日

Img_2999


Img_3489


Img_3499


Img_3526


Img_3547


Img_3042

肝臓ガンと共に67歳を迎えました。好きなゴルフを”福岡セブンヒルズGCにて晴天爽快五月晴れの中で堪能してきました。唐津湾と玄界灘が望める素晴らしい風景のなかで心癒されて心機一転の時空を満喫してきました。夜は家族の気持ちで楽しい時を佐賀”山カフェレストランクレハ”で大宴会を過ごしてきました。夏日で心身ともに暑い一日でした。

|

2017年5月14日 (日)

森林浴

20170514_100801_002


20170514_153644_001


20170514_112226


20170514_104446_001

心も体も日本晴れの出雲からの帰路風景です。爽やかな風の中で新緑の山々の風景が一層に愉快な気持ちにさせてくれます。

|

2017年5月12日 (金)

五月雨のなかで

20170512_055109_001


20170512_084844


20170512_101928_001


20170512_101930_2


出雲大社参詣への車上からの雨の中国山地風景です。約7時間の佐賀からの移動時間です。あいにくの雨で新緑風景が霞んでおり残念です。アカマツ風景が珍しくて異郷の地への遠出を感じさせられます。年一度の出雲の旅に想いを馳せて車中は寝ていました。午後からは、えびす様の総本社”美保神社”を参拝しました。大山を遠く望む美保漁港は住んでる島の面影と同じもの感じる親近感のある港です。島の漁師船の神棚に”美保神社の御札”を見たことがあるくらい漁業・海運の神で有名です。出雲大社だけでは片参りと言われ、出雲大社とともに参拝して”出雲のえびすだいこく”と総称されているようです。

|

2017年5月10日 (水)

五月晴れ

Img_3226


Img_6624


Img_6641


Img_6699


Img_6725


Img_6732

島では春の大潮で磯開きが始まり活気が感じられます。午後からは天気は五月晴れて、海は昨日より凪いできて”神様からの海の幸”の御褒美の一日です。自然環境の変化でウニやサザエやアワビや海藻などは少なくなりましたが、美味しい食の時期の始まりです。島では少なくなった麦の穂が緑から黄金色になっており季節感を感じる一瞬です。

|

2017年5月 9日 (火)

春雨

20170509_121437_001


20170509_121410_001


20170509_121506


Img_3223

五月の雨の島風景です。急に夏日和より肌寒い日が帰ってきました。今日は午後の仕事帰りの海風景と自宅の庭風景です。身近な生活感が感じられる普段の生活が見えるようです。

|

2017年5月 8日 (月)

朝ぼらけ

Img_3189


Img_3191


Img_3195


Img_3199


Img_3206


早朝の仕事場からの朝風景です。黄砂とPM2.5の影響の中で幻想的な朝ぼらけから日の出を望み、穏やかなお山様と春の大潮(磯開き前)の船瀬海岸を望んだ時空に安堵感を感じます。また、大陸の公害の脅威に驚く瞬間であり北の緊張に不安感を思う朝風景です。

|

2017年5月 4日 (木)

みどりの日

Img_3010


Img_3025


Img_3039


Img_3049


”自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ”ことを目的に国民祝日の日です。ゴールデンウイークの休日です。自然と遊び体力増強にて嘉瀬川リバーサイドGCにてゴルフしてきました。歳を取ってくると身近に感じる運動になってきました。手引きカートで歩いてまわるので、体と心にとって最高で”みどりの日”を満喫してきました。

|

2017年5月 3日 (水)

英彦山

20170503_103019_001


20170503_093625_001


20170503_093035


20170503_092437


英彦山神宮泰幣殿まで行ってきました。以前は山頂の上津宮まで登ったことがありましたが、加齢に伴って体力がなく諦めて本殿にて参拝してきました。新緑のなか新鮮な英気を感じて、天空の修験道場を体験してきました。彦山豊前坊という九州の天狗の頭領が住んでおり、信仰心篤い者を助け、不心得者には罰を下すそうです。先週に行った背振山麓の常徳寺のシャクナゲ寺は、背振山の弁財天が英彦山に行った時に、門外排出の美しいシャクナゲを盗んでいる所を豊前坊に天空で落とされて常徳寺シャクナゲ寺の由来だそうです。

Img_2967


|

2017年5月 1日 (月)

春麗

Img_2930


Img_2938


Img_2981


Img_6467


春の空が晴れて、日が長閑に照っている様子を春麗と言われています。5月に暦が入って気分転換の一日です。島風景も、海に空に風の中で爽やかに感じられて心豊かになっていくようです。

|

より以前の記事一覧