« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

秋の風?

Img_8799


Img_8798_3


Img_8815


Img_8820_2

澄んだ青空のなか雲多い北風吹く残暑暑中見舞の一日です。久しぶりに目にするオーシャンブルーの海にシンプルに感動です。
海は波が高くて定期船は大揺れだったようです。昨夜の博多港発小値賀着「フェリー太古」は玄海灘の三角波でうけて揺れていました。早朝4時40分頃に帰島して、今日から仕事しています。家の萩の白い花が咲き緑色の葉がしなり、風に揺られ細い幹がしなdつー

2017年8月30日 (水)

緑と水と風の中で

Img_8749


Img_8763


Img_8765


Img_8771

背振山系から城原川へと清水が流れて、風光明媚な仁位山温泉や九年庵から神埼水車公園を清水が流れて行く河川との音を耳にしています新緑の森林を清涼感を体にうけて元気が回復してきます。

2017年8月29日 (火)

退院

20170829_070022_001


20170829_115849


20170829_122452_001


20170829_140855

退院の午前中の清々しい7階病棟からの佐賀平野です。5回目入院ですが、8月末の風景は初めてで、以前と違って新鮮感があり涼しい病棟から暑い下界に?行く躊躇いを感じます。昼食は佐賀牛「喜楽」へ体力増強を考えて行ってきました。

2017年8月28日 (月)

佐賀の空③

1503929153659.jpg

1503929157094.jpg

1503929159076.jpg

1503929161548.jpg
青く澄み渡った天高い残暑の雄大な佐賀平野の佇まいです。南は有明海や雲仙岳、北は天山及び背振山系、東は耳納連峰や日田や阿蘇山系、西は黒髪山系や多良岳が見られます。稲水田や大豆畑の緑色が風に吹かれて長閑な農業地帯です。

2017年8月27日 (日)

佐賀の空②

20170827_120809


20170827_121246_2


Img_8710_2


Img_8734
8月最後の素晴らしい天気の日曜日です。朝日と夕日が紅色に輝いていました。入院中で絶好の太陽の様を撮れず残念です。潮風と海と太陽と空のなかでの有り様が良いのでしょうが、

2017年8月26日 (土)

佐賀の空①

Img_8660


Img_8665


Img_8679


Img_8695

昨夜から朝までの集中豪雨落雷不安定な天気でした。24日から入院中で、7階の高さの部屋で佐賀平野を360度パノラマの時空を過ごしています。ようやく、点滴やバルーンのスパゲッティ症候群から解放されました。拘束から自由ですか、病気治療の運命ですね。経過は順調です。高度先端医療の恩恵に感謝です。力まず平静心の日々ですね。

2017年8月25日 (金)

ピンポイント

1503674984852.jpg

1503674990749.jpg

1503674993627.jpg

1503674995557.jpg
今日は3回目のTACE手術が午後から予定です、7階病棟からの朝の天気は、昨夜からの雨は止み、青空が広がり変わった雲が見られ(鳥みたいな矢印みたいな)見入っていました。今回は昨年肝切除付近に小陰影が見られ画像診断が困難な場所で放置せず早期にTACE手術です。ピンポイントに栓塞術(癌細胞兵糧づめ)を行い順調で感謝です。

2017年8月24日 (木)

TACE

Img_8612_2


Img_8629


Img_8642


Img_8649


予定のTACE治療で約一週間の入院となりました。夜中の起こされた当直明け早朝からの佐賀への移動で歳のせいか疲れがみられます。体調は完璧なのですが、歳には勝てないようです。朝の島風景は”空と海と風の中で”の爽やかな旅立ちです。病と同居して共存状態で日々生活しています。お互いにバランスを維持して協調しての毎日です。

2017年8月23日 (水)

盆過ぎの風のなかで

Img_8540


Img_8555


Img_8567


Img_8570


Img_8572


Img_8574

盆過ぎて少しは涼しくなるかと思ってましたが、残暑が厳しい日々ですが、爽やかな朝の潮風を感じながらの空港から野崎島のパワースポット風景です。庭の紫の花と青い柿の実が輝いていました。

2017年8月22日 (火)

透明感

昨日からの落雷豪雨から、空は晴れ渡り空気は新鮮で視界良好の透明感豊かな光り輝く島の朝です。午後からは青空の中にうろこ雲が気持ちよく空に広がり爽やかな一日です。


Img_8474


Img_8485


Img_8492


Img_8488


Img_8510


2017年8月21日 (月)

夜明け

落雷豪雨予報の夜明けの不気味な雰囲気の日の出です。朝日に反射する雲がいつもと違って幻想的に見えます。嵐の前の静けさが感じられます。昼前の激しい落雷豪雨で驚異の地響きがみられ驚きの時空を経験しました。異常気象の日本は大丈夫なのでしょうか。

Img_8417


Img_8426_2


Img_8441


Img_8453


2017年8月20日 (日)

森林浴

Img_8361


Img_8365


Img_8376


Img_8387_2


盆過ぎても真夏日の日曜日です。早朝からセブンヒルズGCにて唐津湾を望み筑前二丈岳や天山を望みながら熱中症にめげずに術後体力増強にて月一回(目標は)のゴルフをしてきました。下半身不安定なスイングから術前の体力に戻ってきた兆しが体感され楽しいスローライフの新緑の時空です。後先が不安な状態からの解放感を満喫してきました。

2017年8月19日 (土)

大河

Img_6473


Img_6484


Img_6490


Img_6506


久々の”けんか太郎・筑後川”の朝風景です。昇開橋と真っ赤な丸い大きな太陽の写真を撮ってきました。昇開橋より上流の味の素工場からの朝陽の輝きも撮ってきました。朝早起きが辛く感じられる最近ですが、今日の朝日は感動と刺激が感じられ日々精進の神様からの贈り物と感謝の時空です。平凡の毎日に真夏の清涼剤的な感覚がして良いあさでした。

2017年8月18日 (金)

夏の御来光

Img_8286


Img_8304


Img_8320


Img_8328


前方湾の相津港からの”お山様・野崎島”の御来光に感謝の念を込めて畏敬の念んで首を垂れる静寂な一瞬を体感してきました。

2017年8月17日 (木)

静寂の海

Img_8246


Img_8235


Img_8259


Img_8261


島の夕景を追ってみました。船瀬海岸の夕日に輝く風景と大浦湾の雲一つないなかの夕日日没風景です。今までで一回しか見たことない”グリーンフラシュ”の日没時の一瞬の緑色に輝く閃光を体験しました。残念ながら写真に撮れていません。感動的な一瞬でした。

2017年8月16日 (水)

夏空

Img_8136


Img_8152


Img_8185


Img_8206

今年は異常天気で夏雲”入道雲”が見られ無かったように思います。今日は入道雲が見られて内心ホーっとしています。島では稲刈りが終わっていますが、島では雨が降らず晴れ天気が続いており、稲は実が小さくて豊作で無いようです。異常天気の今年の夏のようです。

2017年8月15日 (火)

花火

Img_8092


Img_8110

20170815_193816_001


20170815_212333_2


20170815_211930


例年、島民や帰省客の皆さんンが楽しみの”盆祭りと花火大会”の8月15日です。また、”終戦記念日”の歴史的に思い一日です。”戦争を知らない子供たち”の世代で、教育がガラッと変化した体感させられた戦後生まれ団塊世代ですが、複雑な気持ちになる一日です。遠く船瀬海岸から見る色々な花火に瞬間瞬間の思いが走馬灯のように回転して盆の夜が過ぎ去っていきます。また来年もこのシーンが続くくことを祈って。

2017年8月14日 (月)

お盆

Img_8064_2


Img_8065


Img_8068


Img_8081


Img_8060

朝から、雷雨と豪雨で大変な一日で、島民や帰省客の皆さんのお盆の楽しみのソフトボール大会が中止になり残念でした。島全体の交流の場でしたので雨恨めしいです。夕方の雨上がりに「船瀬海岸」の夕景でとりあえず今日のブログです。

2017年8月13日 (日)

夏の島

Img_8003


Img_8006


Img_8031


Img_8051

8月初旬の島は朝から夕方のまでの景色は夏の日差しが放散して良いですね、

2017年8月12日 (土)

島の玄関

Img_7879


Img_7879_2


Img_7915


Img_7920


島の朝の笛吹港からの「海と空と風のなかで」の一時(ひととき)です。赤だけと野崎島からの朝の太陽光をうけて「高速船シークイン」の入船出船の島風景です。

2017年8月11日 (金)

Img_7765


Img_7768


Img_7773


Img_7785


島が一年で最も風光明媚で一番輝いている夏風景です。白砂青松の透明感高いコバルトブルーの世界です。柿の浜海水浴場は島の東海岸にあり、遠くの平戸島が近くに望めて古の平戸藩の歴史を垣間見るようです。

2017年8月10日 (木)

真夏

Img_7684


Img_7688


Img_7702

Img_7732

真夏の空でない天気の良い一日です。今年は初盆で身内が多く帰島して島案内で多忙です。海のきれいな五両だけや柿の浜海水浴場や赤浜海岸へ行ってきて観光ガイドです。古民家レストラン「藤l松」にて夕食食べてから、広い日本庭園からプライベート船着き場からお山様「野崎島」写真を撮ってきました。

2017年8月 9日 (水)

夕日

Img_7651


Img_7655


Img_7664


Img_7666

暑い日が続きます。雲の多い日中でしたが、夕方の西の空に太陽が一瞬見られるラッキーな時間でした。大浦海岸通りからの西海の日没です。今年は入道雲は見られず夏らしくない天空に不安を感じます。

2017年8月 8日 (火)

曇天の真夏

Img_7617


Img_7638


Img_7641


Img_7645

今夜の月食は夕からの雨で叶わないようです。昨日同様に視界不良の景色から、天気下り坂で夜中は久し振りの本降り雨です。そのため、夜は気温が下がり過ごしやすい
時間が持てたようです。

2017年8月 7日 (月)

PM2.5?

Img_7578


Img_7585


Img_7590


Img_7592

台風一過にて、澄み渡る爽快な晴れ空といかず、鈍より雲の見通し不良(PM2.5?)
の一日です。九州接近から台風5号は北風が五島では続いていました。中国からのPM2.5のせいだろうと思われます。環境汚染や自然界発生の台風に無力感を思う一日です。

2017年8月 6日 (日)

台風5号は

Img_6452


Img_6467


Img_7530


Img_7538

Img_7561


超スロー長寿台風5号に翻弄された土日の週末です。快晴の土曜日に本土へ渡り状況にては島へ帰れないような日曜日と諦めていましたが、時化のなか幸運にも昼のフェリーで島へ帰ってきました。朝の佐賀風景と島の玄関笛吹港からの青空と長崎鼻からの夕景を撮ってきました。

2017年8月 5日 (土)

日の出

Img_7440


Img_7461


Img_7482


Img_7490


Img_7487

地の神嶋神社から沖の神嶋神社を望む素晴らしい日の出風景に感動です。遠く平戸島安満岳が信じられないくらいに大きくはっきり見えて、信仰の時空を三次元的に感じる一瞬空間に驚きです。

2017年8月 4日 (金)

夏の海

Img_7390


Img_7403


Img_7420


Img_7430

島の美しい夕焼けの一瞬に感動です。五両ダケの透明度の高いコバルトブルーの海に感嘆符です。大浦の高地からの夕景に驚きの神秘に畏敬の念で感謝の気持ちです。

2017年8月 3日 (木)

稲刈始まる

Img_7323


Img_7329


Img_7340


Img_7344

早期米の稲刈りが始まりました。盆前後の例年より早い島風景です。厳しい暑い夏の収穫で熱中症の恐れがあり大変な状況です。食を守る農家の皆さんに感謝の気持ちです。活気と躍動の感じられるなかで、美しいやさしい夕景です。

2017年8月 2日 (水)

八月の島

Img_7256


Img_7267


Img_7301


Img_7303


Img_7268

日の出が水平線上の雲からきれいな太陽が見られ良い朝です。風が吹かれススキ?が朝日に照らされて良い感じです。

2017年8月 1日 (火)

日の出と日没のなかで

Img_7167


Img_7170


Img_7204


Img_7230


Img_7237

8月に入り時の経過の速さに驚かされます。朝と夕の太陽を其々のイメージで撮れたようです。早朝は島の東の値賀の浦湾から、夕は大浦湾と浜津前目湾からの絶景です。風と光のなかで、外来種ススキの朝と夕の佇まいが良い感じでした。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464