« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

早朝の光

Img_7144


Img_7152


Img_7142


Img_7149

ゲリラ豪雨にて日本全国において大変な状況です。反して島は真夏日が続いており水不足で溜め池は干上がっております。今年は日照時間が十分あり最低限の雨量で稲の作付は順調のようです。例年より早く盆前に稲刈りが始まるようです。

2017年7月30日 (日)

夏の夕景

Img_6998


Img_7015


Img_7043


Img_7091


Img_7128

蝉の音が響きわたる真夏の7月末日曜日の1日です。長い地中か短い命を謳歌する蝉の生命力に圧倒されます。斑島のト子リノ鼻灯台の夕景に、広大さ解放感に圧倒され癒し空間を満喫してきました。夜釣りにいく船に生活感を感じ航跡に感動です。

2017年7月29日 (土)

朝焼けの時空

Img_6855


Img_6870


Img_6899

9おい
Img_6921
早朝5時に目が覚めて、朝日ブログの投稿準備です。習慣化している朝夕の島風景巡りですが、最近は夏バテあり高齢公務員で、体がついていけないことが多くて心の一瞬の時空が質的量的低迷しているようで悩んでいます。まあ、継続は力なりと言いますが、ボケ封じの一貫だと思いつつ、癖になっている自分に驚き桃の木です?

2017年7月28日 (金)

朝靄

Img_6790


Img_6803


Img_6809


Img_6813

朝靄がたちこむ島風景です。真夏日が続く日々で、朝から大地と海との気温差で幻想的なモノトーンの好きな風景を写真しました。

2017年7月27日 (木)

西海を見つめて

Img_6753


Img_6770


Img_6769


Img_6780

誰もいない浜崎鼻にて、無心にて西海水平線を西方浄土をうかがってきました。無意識の幻想の時空でしょうか?

2017年7月26日 (水)

猛暑日の夕景

Img_6664


Img_6714


Img_6689


Img_6659

蒸し暑い真夏日のなかで、太陽や海や大地は生き生きとたくましく輝いています。稲穂が垂れてきて、ヒマワリは元気に夏を謳歌しています。熱中症に注意の日々です。

2017年7月25日 (火)

曇天の海

Img_6621


Img_6639


Img_6636


曇天の暑い暑い一日で不快指数90%のクーラー必須の天気でした。夕凪の海は穏やかで波もなくガラスの表面状態で心癒される雰囲気が満ちていました。浜崎鼻ゴルフ場からの五両ダケや斑大橋の夕景は絵になる風景です。Img_6623


2017年7月24日 (月)

夏の海岸


Img_6579


Img_6594


Img_6591


Img_6584


柳部落の大長崎鼻と小長崎鼻と柿の浜海水場からの夕景です。北側に宇久島と納島が望めます。どんより空模様の真夏日で遠景が霞んでいます。島のまわりでは色鮮やかなオニユリが咲いて夏の到来を感じさせられます。

Img_6573


2017年7月23日 (日)

夕日

Img_6560


Img_6562


Img_6567


Img_6571

真夏日の静かな夕日が爽やかな夕景です。蝉の音が高らかに耳に響いてくる夏空間です。

2017年7月22日 (土)

真夏日の水平線

Img_6498


Img_6490


Img_6514


Img_6529


真夏日の夕方の西方水平線への日没うぃ期待して浜津後目海岸へ行ってきました。雲が水平線に見られ太陽日没は見られませんでした。芝生野原に座って放牧牛の糞の匂いを感じて、水平線上に大きな船が小さく見えて北から南下していく緩やかな時空に癒しを感じてきました。

2017年7月21日 (金)

夏の海

Img_6411


Img_6422


Img_6432


Img_6437


志々伎灘の海上からの裏野崎島の絶景風景です。波は静かで空は梅雨明けの解放感が感じられて爽快な時空です。本土から信仰を求めて行かれた人々の気持ちを想うと、理想郷の地を目指して、悩みと苦労の複雑な心境に希望を高らかにして行ったであろうと考えました。

2017年7月20日 (木)

梅雨明け

Img_6391


Img_6393


Img_6395


Img_6397

朝の爽やかな潮風を受けて気持ち良い波戸岬の時空に感動です。玄界灘からの風と海と空のなかで梅雨明けの夏休み感覚の時空です。

2017年7月19日 (水)

玄界灘

Img_6349


Img_6361


Img_6371


Img_6377


Img_6363


灘は沖合の中で波が荒く潮流が速い所を指して、古くから航海が困難な場所と言われています。玄界灘の三角波を経験すれば世界中の航海は大丈夫と言われたことを島で耳にしたことがあります。期待していた波戸岬からの夕景は霞がかかって期待外れでした。遠くに見える船と海は好きな風景です。

2017年7月18日 (火)

夕立ち

Img_6322


Img_6320


Img_6340


Img_6361


真夏日の晴れの天気から、一転して集中豪雨状態で激しい夕立ちのなかで、西空にどす黒い雲から青空と夕日が垣間見られ幻想的な夕空です。今日は定期検査の日です。朝から芙蓉が気持ちよく咲いていて良い感じでしたが、夕方から突然の大雨で驚きの時空でした。

2017年7月17日 (月)

朝の陽光

Img_6339


Img_6302


Img_6331


Img_6291


Img_6342_2

”海の日”の休日の朝は眠いのを押し殺して”佐賀ひょうたん公園”にて朝陽を撮ってきました。小さな田舎風のなかクリーク池を上手く配して都会のオアシススポットです。来週はヒマワリの花が満開しているだろう畑が緑色覆われていて新鮮な感じがして清々しい朝時空でした。

2017年7月16日 (日)

真夏日

Img_6270


Img_6280


Img_6299


Img_6318


Img_6251


Img_6264

有明海の久しぶりの夕日です。真夏日の天気で潮風が生暖かさを感じながら、干潮の潟から遠くに雲仙岳や多良岳や天山や阿蘇山系がはっきり望めて快適な心持になりました。

2017年7月15日 (土)

日の出前

Img_6181_2


Img_6189


Img_6199


Img_6217


艶やかな朝焼けの日の出前の景色で感動です。目で感じる景色が写真では今一ですが、技術的な問題でしょう。
梅雨時期に見られる”七色のラブユー東京”?でしょうか。

2017年7月14日 (金)

夕景

Img_6110


Img_6121


Img_6138


Img_6163


Img_6159


真っ赤に燃える太陽の夕方風景です。五両ダケ(長崎鼻よりから)のダイナックな日没前の激しい太陽光です。
その前の水の下海岸は柔らかな夕方の日差しで穏やかな風景でしたが、梅雨時期の天気変更(特に雲の変化は)は予測ができないようです。

2017年7月13日 (木)

梅雨明け?

真夏日の梅雨晴れの体調を不安定にする不思議な一日です。南九州は梅雨明け宣言が出て夏到来です。朝から夕方まで暑さの中で太陽の輝きの感じて凪島風景を楽しんだ不思議な一日です。月一回の小離島診療で六島と納島へ行ってきて、澄み切った海と凪ぎの大海のなかで暑さを払拭して気分転換してきました。

Img_6061


Img_6077


Img_6089


Img_6082


20170713_153032_001


2017年7月12日 (水)

薄暮

昨夜の豪雨から、朝から朝陽が反射し島全体が輝いて明るい気持ちで仕事に出かけました。午後からは、梅雨晴れの蒸し暑いなかで不快指数が高い状態で熱中症対策で水分補給しました。夕方は雲が無い晴れ空のなかで”五両ダケ”に一人だけの静かな夕景を撮ってきました。美しい薄暮日没の世界の中に溶け込んできて癒されてきました。
Img_6005


Img_6018


Img_6030


Img_6038


2017年7月11日 (火)

大雨の夕景

Img_5969


Img_5973


Img_5976


Img_5977

うっとうしい梅雨天気で暑苦しい一日の島風景です。仕事後の生活感の見られる身近なスナップ写真です。水の下海岸から船瀬海岸の小雨降る夕景です。

2017年7月10日 (月)

梅雨晴れ

Img_5925


Img_5932


Img_5931


Img_5940

久しぶりに、青い空と輝く太陽を受けて爽やかな気持ちになります。一間の梅雨晴れです。蒸し暑い熱中症にかかりやすい日々が続いていて、目の前がパッーと明るい世界が開けて爽快です。

2017年7月 9日 (日)

傘雲

Img_5877


Img_5884


Img_5888


Img_5896

野崎島(通称お山様)の山上には傘雲が見られる日々です。北部九州は背振山線上降水帯大変な状況です。自然災害に無力なことの驚きを感じ被災者へ御悔みを心から伝えたいです。実は島は水不足で困っています。調和のとれた生活環境は管理不能なことに無力さに打ちのめされます。

2017年7月 8日 (土)

愛宕山から

20170708_181904


20170708_182357


20170708_182509


20170708_182726_001


梅雨の天気が続く毎日です。夕方の愛宕山からの島全体のパノラマ展望です。

2017年7月 7日 (金)

上五島列島を望む

Img_5850


Img_5845


Img_5843


Img_5858

夕方に赤浜海岸から上五島列島を望む。昔、小値賀島は平戸藩であり遣唐使の時代から寄港地として歴史があり商業や漁業では昭和30年代まで中心地で栄えていました。時の流れで過疎化少子高齢化の外海の風光明媚な島となっています。

2017年7月 6日 (木)

親交

Img_5783


Img_5790


Img_5809


Img_5821


Img_5831

親友との宴会の夕べです。雨で外でのバーべキューが家の中での楽しい愉快な時空です。庭園の見事さ匠さに感動して食に酒にお茶にて何もかも忘れての時空です。良い時間を過ごせ充実した夜でした。

2017年7月 5日 (水)

梅雨最中

Img_5744


Img_5746


Img_5753


Img_5750


2017年7月 4日 (火)

台風3号通過

Img_5706


Img_5707


Img_5701


Img_5719


Img_5731


五島直撃予測の台風3号は南へずれて深夜に雨風が吹いただけでした。朝からの仕事に支障はなく普通の朝風景です。夕方の笛吹港と斑港の風景を撮ってきました。先週から目をつけていた中村のヒマワリを撮ってきて夏到来の予感です。

2017年7月 3日 (月)

朝風景

Img_5651


Img_5660


Img_5672


Img_5678

台風3号長崎直撃接近前の風の強い朝風景です。台風規模は大きくないようですが、自然災害の予測は予測で如何なることが起こるかもしれないので情報と対応が必要です。海面に輝く朝の太陽光に躍動感を感じます。島にいると潮風を受けて爽快感を感じる朝です。

2017年7月 2日 (日)

夕景

Img_5648


Img_5654


Img_5656


Img_5658


Img_5665

佐賀平野は田植えが終わり農村風景が広がり良い感じです。天山に沈む太陽が嘉瀬川に夕日をうけて良い感じです。

2017年7月 1日 (土)

雲海

Img_5596


Img_5599


Img_5604


Img_5606


長い梅雨風景から、太陽が朝から覗き込んで海上に雲海が野崎島付近にみられ自然の雄大さを感じます。野崎島全体を雲海が包み込んでいる風景は珍しい梅雨の一瞬風景です。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444