« 五月雨のなかで | トップページ | 森林浴 »

2017年5月13日 (土)

出雲

Img_3334


Img_3368


20170513_143443_001


Img_3381

昨日からの雨は止み午後から日本晴れの神々の里です。早朝から、出雲大社の八雲の滝で滝行(特別にお願いして)で身を清めて神々しいスケール大なる神楽殿で祈願してきました。病気後の心願成就を願って英気を頂いたように体感してきました。昼前に、武勇の神様の因佐神社へ勝負・進学・受験の祈願してきました(稲佐の浜で大国主大神と国譲りの話し合いをされた”健御雷神”が祭神で勝負の神様です。昼食は出雲そばで有名な”かねや”で三色割子5段を一気に食して蕎麦湯で満足の時空を過ごしてきました。それからは、快晴の空と紺碧の海原の中で、岬めぐりの歌の気持ちで”日御碕神社”へ行ってきました。出雲大社の”祖神さま”として宗敬され、”日沈の宮”と言われており”日の本の夜を守れ”との勅命をうけたそうです(伊勢神宮が”日の本の昼を守る”)。社が朱色で美しくて煌びやかで松との庁が素晴らしい佇まいです。出雲はぜんざいの発祥の地で有名です。旧暦10月神在祭で振舞われた”神在餅”が”じんざい”が出雲弁(ズーズー弁)で訛って”ずんざい”、さらには”ぜんざい”となって京都に伝わったようです。古代出雲歴史博物館ミュージアムカフェ”maru cafe"の美味い小豆の大きいぜんざいです。
Img_3351


|

« 五月雨のなかで | トップページ | 森林浴 »