« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大晦日

Img_4741

Img_4742


Img_1093


Img_1098

申年の大晦日の一日です。島の朝は雲が多い中で間隙から輝く日の出で穏やかな一瞬の時空です。正月休みの前半の(年末)当直明けで島を離れて佐賀へ行きました。夕焼けも燃えるような夕陽で輝いていました。佐賀城内の”いっせい”で年越しそばを食べてきました。今年は色々な事があり大変な一年でした。

2016年12月30日 (金)

透明

Img_1076


Img_4539
Img_4675


Img_4680

Img_4501


Img_4547


雲一つない晴天の透明感豊かな朝風景です。島の番岳からと役場からと新町から多角的に朝風景を追っかけてみました。丁度、正月の日の出御来光の予行演習ですね。早いもので申年も2日で終わり新しい干支酉年が待っています。夕景は限りなく茜色で透明でした。

2016年12月29日 (木)

西海の夕景

Img_1026_2


Img_1015


Img_1044


Img_1062

寒い北風の中を体感して元斑島渡し場埠頭からの神々しい光の夕景です。今の時期の夕景の絶好ポイントかもしれません。飛沫(しぶき)の夕景が撮れて(少しボケていますが)久しぶりの快感を感じました。

2016年12月28日 (水)

御用納め

Img_0948


Img_0957


Img_0962


Img_0968

一年経つのは非常に早く感じられます。今日は御用納めですが、仕事柄的には関係なく年末までは仕事です。日々北風吹き寒く感じられ、空は空気が澄み渡って雲が多いなかで青空が際立って気持ち良い感じが好きです。

2016年12月27日 (火)

船瀬海岸

Img_0923


Img_0927


Img_0932


Img_0925


冬の海と北風の中で、輝く太陽が大地と海に輝いて活性感が溢れていて元気が出てきます。太陽光の有難さを感じます。船瀬海岸の曲線のなかに驚かされる美しさを感じる一瞬です。

2016年12月26日 (月)

12月の雨

Img_0911


Img_0913


Img_0915


Img_0917


北風吹く寒い冬の雨の一日です。日替わりの天気の変化に体調を壊しそうな日々です。どうにかセーフで日没後の暗い夕景を撮ってきました。港の灯りが映える雨の島風景です。

2016年12月25日 (日)

晴天

Img_4388


Img_4422


Img_4432


Img_4437


実に素晴らしい冬の晴天で気分爽快”ラリルレロ!”です。家族が集まって母の納骨と早い四十九日を終えて一安心です。無常と寂しさの一瞬の一日でした。

Img_4441


2016年12月24日 (土)

古民家

Img_0867

Img_0871


Img_0869

Img_0861

島の古民家”藤松”にて久しぶりに故郷で兄弟(兄、妹)がそろって昼食を食べて異空間と旨みを堪能してきました。書院造りの豪華な佇まいのなか広い枯山水庭園が目を楽しませる一瞬時空です。

2016年12月23日 (金)

冬の海

Img_4350


Img_4368


Img_4374


Img_4378

昨日の暖かい南風の嵐から、北風吹く寒い怒涛の冬の海で厳しさを感じる風景です。柿の浜から浜崎鼻の自然美の島風景です。天皇の日の祝日で時間に余裕の一瞬が撮れたようです。

2016年12月22日 (木)

スタバから

Img_0844

Img_0848


Img_0847


Img_0846


21日佐賀好生館肝臓内科精査が終えて深夜の博多港発”フェリー太古”で島へ帰る予定でしたが、北九州海上が悪天候大時化のため欠航で佐世保港より22日に島へ帰る羽目になりました。大雨になり身動きができなくなりコンビニで雨傘を購入して佐世保五番街スタバーでカプチーノを飲んで窓越しの12月の海と落葉樹を撮ってきました。

2016年12月21日 (水)

冬至

Img_0821


Img_0832


Img_0835


Img_0839


冬至と言えば、カボチャと柚子湯で風邪ひかないように元気ということですが、北半球では太陽の中心が冬至点を通過し一年中で昼が一番短く夜が一番長くなる日です。佐賀好生館へ術後経過精査のため受診してきました。

2016年12月20日 (火)

雨上がり

Img_0771


Img_0773


Img_0777


Img_0772


仕事場からの風景です。雨上がりの周りが明るくなって穏やかな海が広がった落ち着く一瞬です。雲のかかった野崎島が霊験を感じます。

2016年12月19日 (月)

癒しの朝

Img_4321


Img_4299


Img_4313


Img_4323


日の出の一瞬の荘厳さに心癒されます。今の時期で最高の日の出ポイントからの展望です。朝から人通りが多くて師走の慌ただしさを感じます。12月の空と海と風を感じてきました。

2016年12月18日 (日)

筑後川・昇開橋

Img_4236


Img_4248


Img_4265


Img_4274


久しぶりの筑後川と昇開橋の霜柱立つ寒さ厳しい朝風景です。川の流れのなかで光の変化に感動しながら自己流にシャッターを押してきました。寒いなか何人かのカメラを持っている人がいてマニアポイントなんですね。

2016年12月17日 (土)

凪の海

Img_4155


Img_4179


Img_4204


Img_4226


Img_4218

海は凪いで穏やかな土曜日です。限りなく遠くまで視界できるような晴れやかな天気の中、朝陽と夕日が輝いていて軽快なフットワークになり元気が出てきます。冬の景色で好きな島風景です。

2016年12月16日 (金)

寒い晴れ空

Img_0676


Img_0672_2


Img_0679_2


Img_0719


昨日とは違って日本晴れの島風景です。夕景が素晴らしい太陽光で奇麗でした。冬の雲の多い特徴的な調和のとれた景色で季節感を感じてきました。

2016年12月15日 (木)

初雪

Img_0641


Img_0636

Img_0647

Img_0656


Img_0653

佐賀の病院で精密検査の一日です。術後6か月余りですが、MRI造影検査で少し引っかかった所見あり心配ですが、定期的に診てもらって感謝です。来週は精密検査です。佐賀天山は頂上が白くなっていて初雪です。今日はひどく寒い一日でした。久しぶりに”ひょうたん公園”へ行ってきました。

2016年12月14日 (水)

12月の海

Img_0608


Img_0614


Img_0622


Img_0625


白波が立ち北風吹くなかで澄み通った島の海は哀愁が感じられます。過疎の島を守っているように感じます。

2016年12月13日 (火)

雨の日

Img_0588


Img_0595


Img_0605


Img_0582


冬の雨と風の一日です。師走も半ばで世間は忙しそうです。あちこちで忘年会が行われ多忙な日々が続いているようです。島はモノトーン調で冬の自然の厳しさを感じさせられます。夜は熱燗で過換気症候群で一杯といきたい日々ですが、禁酒している身としては早寝早起きの健康的生活です。

2016年12月12日 (月)

天気下り坂

Img_0571


Img_0564


Img_0566


Img_0567

週明けは天気下り坂で気合が出なくて意気消沈です。週末は仕事で齢に負けるような年齢になってきました。そろそろ年相応に考えていかなければならない時期のようです。一生医師でありたい熱意はありますが、人間は体力気力が大切のように感じる日々です。当然ですが、凡夫は”日日是好日”とはいかず、一日を独立した日としてみることができない、昨日と関係なく新しい一日の出逢ったのだから、それが雨であろうと嵐であろうとみな新鮮で佳い日なのであるようです。

2016年12月11日 (日)

島の晩秋

Img_0494


Img_0488

Img_0562


Img_4088


Img_4120

日曜日の快晴の長閑な島の紅葉を見てけてきました。唯一見られるハゼの木の紅葉です。海と空と風の中で心地よい休日の島風景です。島の存在感が全身に響き渡る癒しに感動です。

2016年12月10日 (土)

冬の晴れ空

Img_3967


Img_0446_2


Img_3956


Img_4078


Img_0402

快晴の空で透明感豊かな(朝に通り雨で)景色に土曜日の爽やかな時空です。秋から冬にかけて島景色を演出するすススキに存在感を感じます。光と風になびいて色々な表情を見せて楽しませてくれます。あるがままに生きていますと。

2016年12月 9日 (金)

深呼吸

Img_0382


Img_0377


Img_0386


Img_0396

生活に余裕がないと呼吸を忘れて意識障害を起こしているようです。ブログの”無呼吸発作症候群かも”状態ですね。天気は良い金曜日でしたが、太陽光の風景写真は撮れず、仕事場帰りの夜の島風景です。なかなか良い感じですが、カメラが良かったのか明るく撮れていました。

2016年12月 8日 (木)

定期検査

Img_0347


Img_0357


Img_0359


Img_0369

術後の腹部MRI造影検査と定期採血にて3カ月ぶりに好生館へ行ってきました。元気にいる自分が不思議な存在です。人の命は瞬間を感じる一日です。母の死を経験して歳をとると身体機能および心の働きに衰えを感じる日々です。一瞬の時空に思いをはせる一日です。

2016年12月 7日 (水)

佐賀の風

Img_0275


Img_0280


Img_0294


Img_0310


佐賀平野は広くて平坦で、北は北山山系があり、南は有明海があり色々な風が吹いて変化があり素晴らしい。世界バルーン大会が行われるだけの魅力があるようです。久しぶりに神野公園に行き紅葉の庭園を満喫してきました。

2016年12月 6日 (火)

帰路

20161206_091840_001


20161206_091939_001


20161206_153436


20161206_162111

大阪から佐賀へお骨を抱いて九州へ帰って行きました。途中で生まれの広島の風景が晴れ渡って思いが走馬灯のように駆け巡り印象的です。

2016年12月 5日 (月)

奥水間温泉

Img_0226


Img_0224


Img_0233


Img_0235


大阪の奥座敷温泉の美人の湯”奥水間温泉”へ行ってきました。今日に九州へ帰る予定でしたが、いろいろと残務があり昼前に時間があり温泉で疲労回復及び気分転換で長閑な時間を過ごしてきました。川辺の温泉で紅葉が盛りは過ぎていましたが綺麗でした。

2016年12月 4日 (日)

別れ  

Img_0170


Img_0177


Img_0160


Img_0171


家族葬で全国より皆が集まり亡き母は喜ばれる告別式で終わりました。納骨と初七日を終えて一日が過ぎていきました。

2016年12月 3日 (土)

大阪の空のもとで

Img_0082


Img_0105

Img_0130


Img_0132

Img_0076

大阪熊取町の朝と夕の快晴の時空です。母の通夜で慣れないことが多くて手惑いの時間に追われています。明日は家族葬にて、身内による告別式で質素で心を込めて内々に行う予定です。母の偉大さを感じる日々です。

2016年12月 2日 (金)

一日

Img_0030


Img_0035


Img_0064


Img_0066

母の死の連絡で朝一番で大阪まで緊急に島を出ました。97歳の大往生で6年前から妹夫婦のところで生活していました。二カ月前に会って元気にしていましたが、急に容体が悪化して、息を静かに安らかに引き取って天寿を全うしました。今まで育てて頂き感謝の気持ちです。

2016年12月 1日 (木)

水仙

Img_3904

Img_9970


Img_9999

Img_0015

庭先に水仙の花が咲いていました。冬の到来を告げているようです。清楚で可憐で美しいですが、実はリコリンとシュウ酸カルシウムの毒性があり、ニラと間違って中毒が問題となっています。個人的に白と緑と黄色の色調と形が大好きです。暦も12月となり慌ただしい日々となります。ちなみに水仙は小値賀町の花です。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近の写真

  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207