« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

今週は雨ばかり

Img_2480

Img_2451

Img_2466


Img_2494


梅雨みたいな毎日です。傘を手に持って歩く時間が一年分消化したみたいです。今日は風が強くて突然にラッパ傘に変化して驚き桃の木です?傘は進化して何もなかったように一瞬に元に戻り時代の進歩を感じました。傘は丈夫になり使いやすくなりオシャレになっています。たまには傘をさすのも刺激的で良いかもしれません。月日の過ぎるのも早くて9月最後の一日でした。

2016年9月29日 (木)

雨の日

Img_2423_2


Img_2424


Img_2428


Img_2433

今週は徒歩通勤歩行で健康エコしていますが、思いのほか大雨のために、傘さして風にも負けず雨にも負けずで奮闘記しています。長期入院病み上がりで相当の体力低下を痛感させられる寂しい悲しい日々です。

2016年9月28日 (水)

五島地方局所豪雨

Img_2401


Img_2415


Img_2418


Img_2411


秋雨前線と低気圧が重なって集中豪雨が一日じゅう襲ってきた一日。です。車がなく徒歩で通勤していて足元から膝まで濡れてきて、大雨で傘を待つ昔の小学校のころを思い出します。自然の力には人間は何も出来ないことを感じる一瞬です。

2016年9月27日 (火)

夜明け前

Img_2871_2


Img_2914

Img_2933


Img_2937

静かな穏やかな快晴の秋の朝風景です。早朝に目覚自宅から歩いて2~3分の水ノ下海岸で”夜明け前”を楽しんできました。あまり目にしない幻想的風景に感動です。身近なとこに思いもよらない一瞬を発見してきました。

2016年9月26日 (月)

歩いて

Img_2350_2


Img_2355


Img_2370


Img_2380


車の車検にて歩いて通勤しています。普段通らない近道の畦道を歩いて、朝出勤から昼休みから夕方の帰宅までの水ノ下海岸の継時的な風光明媚な風景です。歩いてみて角度を変えた新鮮な自然風景です。海と空と風の中で身近の中に新鮮な気持ちになりました。

2016年9月25日 (日)

佐世保港

Img_2310_2


Img_2319


Img_2329


Img_2335_2


秋雨前線の影響の雨上がりの清々しい港の風景です。勢いのある雲と青空が秋風の中で印象的です。昔の佐世保港の面影はなく様変わりしています。船から三浦教会聖堂がシンボルでしたが、まったく見えなくなっています。時の流れを感じる時空です。

2016年9月24日 (土)

酔芙蓉

Img_2236


Img_2273


Img_2278


Img_2255


Img_2248


Img_2267

原色の花が大地にみられカラフルな秋風景です。芙蓉は桃色と白色がありますが、朝に白い芙蓉は夕方に薄っすら酔っ払いのように桃色に変化して”酔芙蓉”と言われているようです。昔から観賞用で人々に愛されています。ムクゲと似ていますが、酔芙蓉は少なく群生して珍しいそうです。花が短命で、一日花のはかなさに諸行無常の教えを悟りを思わすようです。

2016年9月23日 (金)

佐賀の空

Img_2220


Img_2222


Img_2228


Img_2231


突然の大病がわかって3回手術して半年が経ち月日の流れの早さに驚く日々です。7月から幸に元気で通常勤務をして、体調は良く顔色が前より良いと褒められて?スマートになり?元気で毎日を過ごしています。先を考えるでもなく後を振り返ることもなく、今を大切に思いつつ、自然とともに息をして歩いているだけの日々でしょう。

2016年9月22日 (木)

秋分の日

Img_2180


Img_2184


Img_2190


Img_2178


秋のお彼岸にて、午前中にお墓参りしてお水をあげて先祖様に手を合わせて感謝と縁を感じてきました。秋風を感じて高い秋空のなかで、午後より明日の術後3カ月の検査でフェリーに乗って島外脱出です。

2016年9月21日 (水)

日の出

Img_2099


Img_2102


Img_2139


Img_2143


最大級太陽光の輝きに目が痛くなるほどの神々しい日の出です。笛吹港から望むに時期的に一番良い所です。毎年、今頃は同じ場所で朝日を撮っている自分のようです。少し何かが変化が内面的にも外面的にもあるように思う朝風景です。島の風景は変化は無いようですが。

2016年9月20日 (火)

夕暮れ

Img_2017

Img_2052

Img_2067


Img_2082


夕暮れの落日までの約一時間時空です。台風が通過して空気が澄み渡り、秋風の吹いて雲が流れるなか心地よい一瞬を体感して幸せいっぱいです。自然と一体化した一瞬です。

2016年9月19日 (月)

敬老の日

Img_2821


Img_2824


Img_2835


Img_2828


Img_2817

台風16号の風雨が強くなってきました。進路は熊本・鹿児島に上陸予想で島の直接的被害は避けられそうです。ひと安心です。今日は”敬老の日”で祝日です。全国65歳以上の人口はの4人に一人になり、島では45%が高齢者の老人の島状態です。

2016年9月18日 (日)

逃げるように

Img_1945


Img_1904


Img_1923


Img_1944


Img_1948


遅い台風16号と連休の兼ね合いで台風情報を調べて夕方の佐世保発”フェリーなるしお”最終便で島へ帰りました。落雷豪雨風雨のなかでしたが、海上は船の揺れ加減は思ったほどでなく爆睡の2時間でした。どうも、9月20日の朝に九州上陸のようです。敬老の日は仕事して心安らかに台風対策をして自然の驚異を耐え忍ぶだけです。自然災害が無いことを祈るだけです。

2016年9月17日 (土)

不安定な天気

Img_2778


Img_1899

Img_1885


Img_1889


Img_2777


午前中は雲は多いなか晴れ間が見られました。昼過ぎから南東の風雨が激しく見られ悪天候に急変しました。速度が遅い台風16号に翻弄されて、午後のフェリーで佐賀に行って、豪雨雷雨突風に全身ずぶ濡れになり大変な時間を過ごしてきました。

2016年9月16日 (金)

台風16号接近か?

Img_2765


Img_2762


Img_1848

Img_1854

中秋の名月は小雨雲天気で満月は見られませんでした。早朝の博多からのフェリー太鼓が朝4時40分に島に着いて、西空は満月が雲の間隙から赤く輝いていて印象的でした(残念ながら写真は撮ってません)。早朝の東空は雲に隠れた太陽が神秘的な色彩を放散して神秘的でした。台風16号のスピードが遅くなり朝から晴れ間が見られる爽やかな秋空が広がっていました。

2016年9月15日 (木)

雨上がりの光

Img_1818

Img_18402633974


Img_18352633976


20160915_142938_001_012633991

Img_18412633973


三か月後の術後経過検査説明で問題なく経過してひと安心です。午後からは太陽光が輝いて自然の輝きに感動です。内なる世界と外的世界が同調して爽やかな時空です。元気と笑いが最高ですね。

2016年9月14日 (水)

曇りの海岸

Img_1788


Img_1791


Img_1798


Img_1794

曇天の元気が出ないような一日です。午後から手術後三か月後の定期検査にて年休を取りました。台風の余波で海は荒れて乗り心地が悪くて船酔いしました。島の辛さを思う一瞬です。それでも皆は島生活を守っているんですね。

2016年9月13日 (火)

秋の風のなかで

Img_2742


Img_1766


Img_1770


Img_1779

朝の風が涼しくなり過ごしやすい時期になり秋の本格的到来を体感します。朝と夕の太陽光の輝きも変化してきています。四季の自然の変わり目を感じて心豊かになるようです。変化の趣が体にとっては刺激的です。

2016年9月12日 (月)

豪雨通過

Img_1710


Img_1722


Img_1738


Img_1741

昨夜からの豪雨から、夕方には雨が止んで秋風が吹いて過ごしやすい海岸風景です。船瀬海浜公園の誰もいない過疎地の時空時間です。空は雲の流れが賑やかで青空が一瞬にみられ安堵感が広がります。やはり、松と海と風の島ですね。

Img_1714

2016年9月11日 (日)

日曜日の朝

Img_2675


Img_2709


Img_2721


Img_2726


9.11アメリカ同時多発テロから15年が経ちました。月日の流れの早さを感じています。静寂な日曜日の朝風景です。海岸線の寄せる波に心安らかになります。自然と在るがままが良いんでしょうね。

2016年9月10日 (土)

柿が熟し

Img_1636


Img_1664


Img_1669


Img_1672


Img_1679

久しぶりの朝焼けと日の出を眠気のなかで思い切って起きて撮ってきました。季節の移りを空間的に時間的に感じさせられます。太陽と地球の関係の誤差がなせる風景です。朝の光に感謝の時空ですね。

2016年9月 9日 (金)

秋の予感

Img_1626


Img_2625


Img_2646


Img_2662


Img_2657

空の高さや雲から晩夏から初秋の天気です。五両ダケの野道に”カラスウリのオレンジ色の卵型の果実が咲いていました。夏の夜に、花弁の縁が糸状に長く伸びる白くてきれいな花を咲かせます。不思議な花で幻に近いようです。

2016年9月 8日 (木)

彼岸花

Img_1539


Img_1550


Img_1587


Img_1610


術後三か月後の検査で佐賀へ一泊二日の強行軍です。スムーズに検査が済みましたので、天気が良いので佐賀三瀬高原に行ってきて癒されてきました。三瀬そば”木漏れ陽”にて盛りそばを食してきて満足してきました。島の海風景と異なり高原風景は新鮮感があふれ感動でした。

Img_1568


2016年9月 7日 (水)

島の朝

Img_2596


Img_2597


Img_2601


Img_2604


太陽が野崎島から昇る九月の朝風景に感動です。役場と診療所と水の下海岸からの思い思いの似ているような(ポイントが近くて、時間に余裕がないため)神々しい光の一瞬ステージです。早寝早起きのなせる技だと思っている自分です。

2016年9月 6日 (火)

暑い長月

Img_1483


Img_1491


Img_1496


Img_1468


Img_1510


九月六日は”クロの日”だそうです。語呂合わせで、黒牛・黒豚の日・黒豆の日・黒酢の日などの記念日です。また、”妹の日”だそうです。妹の可憐さを象徴する乙女座(8月23日~9月23日)の中間の前日を”妹の日”を記念日になったようです。そして、年始から249日が経ち時の流れの速さに驚くばかりです。

2016年9月 5日 (月)

台風一過

Img_2571


Img_2573


Img_2576


Img_2586


深夜一時頃に長崎市上陸の台風12号は台風の目が東にあり風だけで影響はありませんでした。被害なく幸のことで良かったです。朝から青空がひろがり奇妙な高い筋雲が見られ上を向いて歩こうで愉快でした。

2016年9月 4日 (日)

台風通過前

Img_1418


Img_1450


Img_2549


Img_2554

遅いコンパクト範囲の台風12号が接近間地かで待つ島風景です。驚きですが、青空と夕空の綺麗な風景の一日です。深夜の直撃で戸締りして熟睡しようと思います。

2016年9月 3日 (土)

台風前の静けさ

Img_1324


Img_1328

Img_1334_2


Img_1347


台風12号は確実に北上して九州北部直撃は避けられないようです。自転車並みの速度で接近が緩やかになって、曇り快晴の波浪と風は若干みられるも穏やかな島風景です。斑島の癒しの風景を撮ってきました。

2016年9月 2日 (金)

台風接近

Img_1267


Img_1270


Img_1275


Img_1279


台風12号接近で週末は大しけで孤島化して大変です。雨が降り風が吹いて海は荒れて視界不良でモノトーンの島風景です。久しぶりに番岳に登り雨に霞むパノラマで期待が外れてしまいました。外海離島の元気のない一日です。

2016年9月 1日 (木)

松と雨

Img_1261


Img_1247

Img_1249


Img_1258

小雨が降り暑さも緩和されて残暑の島風景です。光のない一日ですが、海を眺めていて、松と空と海と風の中で倦怠感の中で視覚的に安堵感を感じます。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444