« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

うるう年

Img_6938


Img_6961


Img_6966


Img_6972


2月も終わりですが、うるう年で儲かった一日に思えます。ある意味で変な感じがします。昨日は暖かい
日でしたが、今日は急に昼から粉雪交じりで寒い日で体調に響きます。今週まで検査して週末に治療方針が決まります。あるがままの世界です。

2016年2月28日 (日)

渡る世間

Img_6905


Img_6916


Img_6922


Img_6930

人は波乱万丈ですか。世間は思った以上に広くて複雑であり単純であることを感じる毎日です。前期高齢者になり自分の齢を思わされる日々です。暖かな汗ばむ一日でPM2.5のために日本晴れの霞んだ一日です。夕景の太陽が大きくて美しい時空でした。

2016年2月27日 (土)

梅の花

1456608700726.jpg

Img_6900

Img_6872


Img_6877


Img_6896
生憎の雨空でしたが、時に急に晴れ間があったりして初春の不安定で春霞の天気でした。ある店先に”レインボーオリンピック”という生花がありびっくり仰天です。特殊処置をしてカラフルに仕上げてきれいでした。

Img_6834


Img_6847


Img_6854


Img_6856

PM2.5の影響で霞んで目が痛い一日です。相変わらず検査の毎日です。

2016年2月25日 (木)

身近では

Img_6782


Img_6810


Img_6818


Img_6802

ただいま、精査及び入院治療で仕事を離れて静養中です。今までにない自分だけの時間で困惑気味です。海と空と風の中での時空から遠ざかって潮騒から離れて寂しい時間が多いようです。

2016年2月24日 (水)

時間

Img_6761


Img_6778


Img_6764


Img_6779


2016年2月23日 (火)

青空

Img_6689


Img_6720


Img_6686


Img_6737


冬の青空と心地よい寒風の中で約12000歩の散策で爽快感を満喫しました。仕事から離れて自分らしさを発見です。病気精査中で自分だけの時間が急に多くなって不思議な気持ちです。歳も齢だけに色々と考えることが多くなってきました。自然との対話が多くなっています。

Img_6695


2016年2月22日 (月)

冬の空

Img_6650


Img_6652


Img_6647


Img_6653


Img_6655

ゆったりした悶々とした時空のなかで齢を受け止めている日々です。佐賀の風と空のなかで、久しぶりに2月22日(ニャンニャンの日)に4匹の猫と添い寝している一日です。

2016年2月21日 (日)

1456058631061.jpg

1456058632706.jpg

1456058633876.jpg

1456058635094.jpg
広島市の太田川の新幹線”のぞみ31号”からの晴れ冬空の快適な風景です。島から大学受験で浪人してた広島の懐かしい風景です。水の都で三角州で出来た町で好きな土地でしたが、母が広島で住みたい町でしたが、五島の島で生活しています。

2016年2月20日 (土)

お参り

1456196675181.jpg

1456196676068.jpg

1456196677176.jpg

1456196678131.jpg

毎年、旧正月に高野山お参りしており運良く今年も行ってます。雪の少ない暖かなお参りです。パワーを貰いに立里荒神に頂上まで息途絶えにお参りしてきました。高山の神秘な気を感じて心身のリフレッシュです。宿坊の大明王院にて早寝早起きの静寂な無心の厳しいい世界を飛翔してきました。

2016年2月19日 (金)

高野山

1455885091228.jpg

1455885092912.jpg

1455885093810.jpg


1456161013469.jpg

旧正月の例年の高野山参りです。35年前から行っており心の修養の時空です。朱色朝焼けの澄み渡った心身新たなる出発に相応しい時空です。新幹線から、道中の徳山の工業地と海を撮ってきました。南海高野線の極楽橋駅からの朱色の極楽橋が趣があり良い感じです。

2016年2月18日 (木)

朝焼け

Img_6602


Img_6606


Img_6614


Img_6601

気温1度で寒い晴天の朝焼けです。毎日の検査で少々疲れ気味ですが、朝早くの目覚めで東空の美しい景色です。

2016年2月17日 (水)

佐賀ひな祭り

Img_6551


Img_6559


Img_6569


Img_6578


今週から精密検査で佐賀県医療センター好生館にて通っています。歳をとることのリスクを感じる日々です。佐賀はひな祭りで賑やかのようです。それにしても寒い日が続いています。

2016年2月16日 (火)

冬の風

Img_6536


Img_6542


Img_6546


Img_6520

天山おろし寒い一日です。佐賀天山には雪が積もって白くなっています。枯れ木と冬の太陽のコントラストが対比的で冬の象徴です。川の流れに思いを馳せる一日です。

2016年2月15日 (月)

小雪交じり

1455653897477.jpg

1455653898864.jpg

1455653899932.jpg

1455653900944.jpg

春一番は過ぎましたが、急激に寒波が襲ってきて体調変化をきたし寒い一日です。佐賀好生館病院へ職場検診精査検査に行ってきました。当分の検査でお休みで佐賀の空の下で仕事を離れています。小雪交じりの曇天から晴れ間の青空が爽やかに感じられます。

2016年2月14日 (日)

昇開橋

Img_6480


Img_6478


Img_6504


Img_6507

久しぶりの筑後川の昇開橋に行ってきました。新しく新装の赤朱色の橋に独特な趣があり印象的な風景です。畑の周りに咲く菜の花の黄緑と黄色の新鮮さに立ち止まった午後の時空です。また、明日から寒波到来で寒さを感じる夕方です。

2016年2月13日 (土)

白梅

Img_6470


Img_6460


Img_6463

Img_6471

日中気温が16度の暖かすぎる2月の一日です。かと言っても小雨が降り雨雲に覆われて春一番の悪天候で過ごしにくい一日です。道端の河川敷に白梅が咲いていました。雨に濡れて咲く白梅に気品さと清らかに香る澄んだ心を感じます。菅原道真の飛梅伝説が思い起こされます。

2016年2月12日 (金)

春一番

Img_6404


Img_6425


Img_6445


Img_6450


突然の春の嵐は海上を襲い大時化のため定期船欠航が続き大変な島生活です。週末の予定がキャンセルになり大変です。個人的に来週月曜日に用事があり逃げるように午後の定期フェリーで本土へ渡りました。フェリーは揺れが大きくて横になって寝ていました。突然の春一番は自然の怒りに感じます。南風で気温は上がり寒さは感じませんが、海上アクセスが止まることで島生活のリスクを感じさせられる時期です。

2016年2月11日 (木)

建国記念の日

Img_0266


Img_0281


Img_0286


Img_0323

今日はどんな祝日か頭に浮かばない休日でした。日本の場合は他国と異なって不透明のようです。昔の紀元節に相当するようです。高齢で仕事する者にとって有難い一日です。更に晴天で島の時間がないといけない所を散策して気持ち良い一日です。斑島の”夕焼けロード”より下がって断崖上の海岸線からのダイナミックな海風景を楽しんできました。

2016年2月10日 (水)

穏やかな

Img_0210


Img_0219


Img_0235


Img_0244

眼が輝き頭脳全体が賦活される朝夕の永遠不滅の太陽です。太陽はエネルギーの源です。永遠不滅と言われる所以です。夕景の海面を鴨が群れをなして潮の流れに緩やかな時間に癒されます。

2016年2月 9日 (火)

冬の晴天

Img_6277


Img_6293


Img_6304


Img_6321


Img_6334


Img_6356

雲のない晴天の冬の太陽が楽しめた愉快な一日です。夕方は中国の正月の影響でPN2.5にて霞んでいました。2月に入って、日の出が早くなり(7時12分)日没がおそくなり(18時01分)で仕事時間に関係なく良い写真が撮れそうです。

2016年2月 8日 (月)

太陽光

Img_6237


Img_6241


Img_6253


Img_6258

寒い日は太陽の降り注ぎが心温かくさせてもらい感謝です。酸素と太陽の大気圏に守られていることに感謝です。自然を大切にして共に調和していくことの必然性を思う突然の夕日でした。

2016年2月 7日 (日)

紺碧

Img_6185


Img_6193

Img_6199


Img_6233

2月の気持ち良い天気の一日でした。朝から北朝鮮がミサイルを打ち上げて世界の非難を受けています。世の中の事が不条理ですね。島は春の兆しが感じられ磯の香が漂う初春の海です。心豊かにさせていただいた日曜日に感謝です。

2016年2月 6日 (土)

寒気のなかで

Img_6162


Img_6153


Img_6161


Img_6167


霙交じりの寒い土曜日の午後の愛宕山からの眺望です。誰もいない午後のパノラマ風景です。晴れた春や夏は眺めが最高の愛宕山ですが、あいにくの天気で残念です。

2016年2月 5日 (金)

空と海と風

Img_6098


Img_6112


Img_6110


Img_6125

限りなく透明でが澄み渡った夕方の天空は素晴らしい。急に心が体が五両だけと竹崎海岸へ行っていました。島では、今に時期は絶景のポイントでしょうか、この一瞬に自然と思いっきり会話をして時間を過ごす幸福感に感動です。思いが伝わったとおもいます。

2016年2月 4日 (木)

夕方の風

Img_0200


Img_0194


Img_0202


Img_0205

習慣とは恐ろしいものです。生活の一部分で何気なく過ごしているもんです。今日も目的なしに義務的に多忙の夕方に大浦海岸に写真を撮りに行ってきました。女の人が夕日を撮っていて印象的でした。何気ない瞬間に大切なものがあるんでしょう。人のおいては。

2016年2月 3日 (水)

蠢き(うごめき)

Img_6066


Img_6067


Img_6072


Img_6078

曇りから晴天の一日です。午後の青い空は冬の雰囲気が一杯に込められています、草木は初春を感じさせられ生き生きさを思います。一日一日と地上は知らないうちに蠢いています。

2016年2月 2日 (火)

気分爽快

Img_6013


Img_6019


Img_6027


Img_6039

月日が過ぎるのも早いもので日没が夕方6時です。昨年過ぎまで日没は夕方5時頃でした。仕事後の時間があり良い風景を撮れるようです。気分転換の爽快な時空を体験んでした。

2016年2月 1日 (月)

曇天の海

Img_5993


Img_5987


Img_5991


Img_5992


« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959