« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

佐賀の風

Img_5890


Img_5929

Img_5947


Img_5971


久しぶりに佐賀平野の澄み切った空と佐賀の風の中を歩いて気分爽快です。島は海が四方に広がってます。佐賀平野は北は北山や背振山がそびえて、南は有明海が広がって心広くなる平地が広がって好きです。

2016年1月30日 (土)

冬の海岸

Img_5817


Img_5826


Img_5832


Img_5837

土曜日の午後のフリータイムの静寂な寂しい冬の海岸線です。天気が曇っているせいもあるんでしょう。海の色は透明性があり落ち着きます。冬の島風景が良い感じの一日です。

2016年1月29日 (金)

大雨

Img_6943


Img_6946


Img_6954


Img_6956

冬の大雨は家にいると落ち込みそうですが、島を車でまわって写真を撮ってみて”海と風と空のなかで”自然界に躍動感を感じて春の準備を体感します。

雨の一日

Img_6896

Img_6910


Img_6918

Img_6934

あいにくの雨のなかで静かな海と空の風景で過ごしやすい穏やかな一日でした。なんだか海の色が初春を感じさせてくれます。大潮の干潮海岸は磯の香りが漂っていました。野山は鮮明な緑色で輝いていました。

2016年1月27日 (水)

晴れた朝

Img_0161


Img_0174


Img_0183


Img_0188

べたなぎの穏やかな冬の朝の光の中で心地よい時空です。仕事前の短い時間の楽しみの一瞬です。

2016年1月26日 (火)

夕景

Img_5764


Img_5767


Img_5792


Img_5773

寒波豪雪の名残が見られる夕方の碑崎の燃えるような夕景です。ショッキング夕景です。仕事が終えての一瞬の予想の瞬間です。生き生きした感じが素晴らしい。

2016年1月25日 (月)

立ち止め

Img_5692


Img_5694


Img_5698


Img_5733

とんだ一日でした。豪雪に予防が全くない九州は交通アクセツが混乱して水道破裂がみられ生活に困窮状態です。早朝からJRで佐賀から佐世保まで4時間以上かかって立ちぱなしで疲れました。どうにか夕方には島に着きました。ひどく寒い一日でした。

2016年1月24日 (日)

大雪

Img_5652


Img_5660


Img_5670


Img_5687


九州地方は40年ぶりくらいの大雪で交通アク説は大混乱です。大阪から帰りで博多から佐賀まで2時間以上かかりました。雪の降らない地域の弱点が見られて大混乱です。明日は島に帰れるかどうか心配です。

2016年1月23日 (土)

動物園

Img_5558


Img_5554


Img_5569


Img_5576

大阪に老婆の母に会いに行ってきました。途中で天王寺動物園で孫たちと貴重な愉快な楽しい時間を過ごしてきました。こんな時間も多忙の中で良いもんですね。

2016年1月22日 (金)

1月の冬

Img_0139


Img_0143


Img_0145


Img_0150


2016年1月21日 (木)

モノトーン

Img_6877


Img_6878


Img_6874


Img_6876

暗くて活気のない空模様の一日です。モノトーン腸のこんな日もあって良いでしょう。変化があっての毎日でしょう。

2016年1月20日 (水)

透明感

Img_6815


Img_6848


Img_6855


Img_6864


Img_6832

透明度の高い空は本当に爽快で気持ちい時間が過ごせて幸福です。このために生きてきたのでしょう。光あっての生き生き時間です。毎日毎日、ペットを可愛がるようにブログを書いている無欲の自分に感心ですね!

2016年1月19日 (火)

初雪

Img_5497


Img_5519


Img_5501


Img_5508

昨夜から、強風吹きまくり初雪が見られ朝は屋根に草木や花に雪の名残がみられ温かい気持ちになりつつ、自然の厳しさに耐えて仕事に出勤の朝です。午後は空気は限りなく澄み通って奇麗な海と空が目の前に広がってナイスデイです。
Img_0131


2016年1月18日 (月)

荒天

Img_6791


Img_6798


Img_6800


Img_6802

今年最大の寒波がシベリヤから到来して日本全国は今週は雪が降るようです。寒さ到来で嫌ですね。海は時化て海上アクセスがストップして孤島化の生活を強いられます。この時こそ熱い鍋と美味い酒で夜を過ごすのが最高です。

2016年1月17日 (日)

寒い雨

Img_5486


Img_5474


Img_5482


Img_5476

今年最大の寒波到来で天気が荒れて北風吹きまくり雨が降り寒い一日です。寒さに弱くなった自分に時の流れを感じさせられます。新たに気分転換して頑張りたい気持ちで一杯です。

2016年1月16日 (土)

土曜日

Img_0097


Img_5436


Img_5466


Img_5433

大きな静かなる日の出と海と松の風光明媚な五両ダケと柿の浜の佇みに癒されされます。太陽光の中で歩いて体にとって最高の土曜日です。明日は雨の予想ですので、思いきり運動療法で気持ち良い時間を過ごしました。

2016年1月15日 (金)

朝風景

Img_5431


Img_5430


Img_6786


Img_6788


朝のフェリーターミナルまで行ってきました。飛行機雲と日の出の淡い大きな丸い太陽に驚いて目がパッチリ開いてしまいました。寒い朝のなかで、生き生き感が見られた一瞬でした。

2016年1月14日 (木)

晴れ

Img_6753


Img_6758


Img_6766


Img_6769_2

午後から晴天で気持ち最高です。月一回の納島往診の日で青い空と碧い海と潮騒を受けて生きかえってきました。高齢少子化の過疎の島に昔の島の生活を感じてきました。がんばれ皆さんです。

2016年1月13日 (水)

寒い日

Img_6739


Img_6726


Img_6731


Img_6743


Img_6736


また一段と寒くなってきました。日々において齢と共にしっかり歩いている感じで息切れしているようです。ちょうじゅは安気に元気に最後まで生きることだそうです。朗らかさ、安らかさ、おおらかさ居たいもんです。冬雲と冬紫陽花の枯れさを見て感じる齢です。

2016年1月12日 (火)

冬の晴れ日

Img_0092


急に天気予報と異なって、急に午後にかけて爽やかな空気が澄み切った心地よい天空で、夕景は久しぶりの”空と海と風のなかで”快感を自己満足で感じました。日々いろいろの中で生きているんですね!


Img_5399


Img_5414


Img_5425


2016年1月11日 (月)

冬の雲

Img_5337


Img_5345


Img_5368


Img_5384

三連休で体が鈍っていて午後から”冬の雲”の北風吹く中で散歩してきました。五両ダケや浜崎鼻や斑島が見える浜津の草原を気持ちよく運動してきました。島は松の木が和ましてくれます。

2016年1月10日 (日)

冬の景色

Img_5269


Img_5276


Img_5307


Img_5336

連休で天気が快晴の絶好の一日でした。時間に余裕があれば気にいった場所で写真に気合が入って良い感じの一日でした。朝は島の中央に位置してパノラマ風景の番岳において、夕方は島の西海岸のおいて、朝日と夕日を撮ってきました。冬木立は澄み切った空で映えて良い感じでした。
Img_5259


Img_5281


2016年1月 9日 (土)

朝のひととき


Img_0026


Img_0034


Img_0059


Img_0062


Img_0073

三連休の初日の土曜日の朝の光を辛抱強く待って撮ってきました。島の南部の飛行場先端部から日の出を待って一瞬の光の映像を撮ってきました。雲から出て雲に隠れる風景でした。雲の間隙からの光に輝く神秘的な神々しい感動を初めての感動でした。

2016年1月 8日 (金)

身近な冬

Img_6712_2


Img_6700


Img_6703


Img_6715

ブログの”風と海と空のなかで”にのせるスナップ写真が冬天気の曇天で不作状態です(自分我流で)。身の回りの自宅の周りに意外と感動的な草木や花の存在に感動です。

2016年1月 7日 (木)

七草粥

Img_5228


Img_5234


Img_6691


Img_6680

鏡餅をおろして七草粥を食べて正月が過ぎて心身健全および所願成就の気持ち新たになります。心機一転の気持ちですね。

2016年1月 6日 (水)

午後の海岸

Img_5211


Img_5207


Img_5222


Img_5225


赤浜海浜公園と船瀬海岸からの午後の海岸物語です。冬の静かな穏やかな海の佇まいです。ほーとする空と海と風の中で癒されます。

2016年1月 5日 (火)

椿

Img_6652


Img_6649


Img_6657


Img_6653


Img_6662


Img_6666


午後の島風景です。椿が華やかで鮮やかに佇まい印象的です。冬の茶席では”茶花の女王”と言われているようですが、椿は入院している人の見舞いでは持っていくのはタブーされています。落椿はなかなか風流があり良い感じで心温かくなってきました。

2016年1月 4日 (月)

御用はじめ

Img_6621


Img_6622


Img_6625


Img_6635


Img_6632

今年は波乱万丈かもしれません。朝早くから急患で御用始めの集まり何処でない多忙の一日でした。宿命ですね。一日は鈍より曇り空や薄明りの晴れ空の時空です。今年の決意は慈善の気持ちを大切に考えて精進しましょう。

2016年1月 3日 (日)

正月夕やけ

Img_5176


Img_5178


Img_5188


Img_5198


曇りのちの晴天の夕焼けが奇麗な夕景です。透明度が抜群の限りなく透き通った天空です。Img_5171


2016年1月 2日 (土)

季節外れ

Img_5160


Img_5159


Img_5162


Img_5164


Img_5149

季節外れの暖かい正月三が日の一日でした。朝は曇天で午後は晴れ渡って夕方は曇天の変化のみられる一日です。東京箱根大学駅伝は暖かい天気の中で例年と異なって箱根が初春の雰囲気でした。青山学院大学の圧倒的な強さを見せられた往路優勝でした。往路復路完全優勝二連覇は確実のようです。監督と寮で共に生活することによる風通しの良さと、”ホウレンソウの報告・連絡・相談”がしっかり密に出来ていて、自由な雰囲気の中でも、寮則といった根柢の部分は何処よりも厳しいそうです。納得の結束ですね。

2016年1月 1日 (金)

元旦

Img_5113


Img_5120


Img_5128


Img_5132


Img_5135


初日の出は見られず残念です。濃霧か靄かPM2.5などの為に視界100m以下の白い世界で驚かされる朝でした。九州北部は晴天の予報で筑後川昇開橋に初日の出を楽しみにしていました。午後からは晴れ渡って佐賀神社に参詣してきました。見ざる聞かざる言わざるの申年の一年が始まりました。歳を重ねていくと身体健全の祈願のみで済ましてきました。在るがままで素直と感謝の日々が多いことを思いつつ元気だけ一杯で明るくやっていきたいですね。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近の写真

  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207
  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648