« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

休日

Img_3727


Img_3741


Img_3746


Img_3781
2週間ぶりの島脱出です。佐賀バルーンフェスタを見に行きましたが、気象条件で風が強くて午後からの競技がなくバルーンは見られず残念でした。夕焼け空が奇麗な一日でした。

2015年10月30日 (金)

斑大橋

Img_5997


Img_6001


Img_6002


Img_5999


朝から雨で冬の天気が到来の一日です。青空は見られず曇天の薄暗い元気の出ない気持ちにさせられます。週末に入り気持ちは休暇で高ぶるのですが。夕方に在宅往診で斑島に行ってきた帰りの斑大橋の晩秋の風景です。冷たい北風が吹き自然の厳しさを感じさせられます。

2015年10月29日 (木)

無心

Img_9107_2


Img_9122


Img_9142


Img_9159

`爽やかな放心状態の朝焼けから日の出の時間です。晴天と潮風と静かな海の中で無心状態で時間を忘れてしまいそうな穏やかな時空です。

2015年10月28日 (水)

秋深まり

Img_3672


Img_3677


Img_3692


Img_3701

身の回りは秋の景色が目に入ってきます。島には紅葉は少ないのですが、周りのめだたない所に小さな秋が生きています。日本の春夏秋冬の四季の変化に体内の生が躍動して良い感じです。

2015年10月27日 (火)

久しい雨

Img_5943


Img_5951


Img_5957


Img_5966

昨夜からの久しぶりの雨で大地の生き物が生きがえって元気そうな朝風景です。寒くなってきて嫌な季節と同時に思う一日です。夕方から雨が上がり晩秋の感じの夕焼けでした。

2015年10月26日 (月)

秋色紫陽花

Img_3634


Img_3636


Img_3642


Img_3649

秋色紫陽花があることを知りました。紫陽花は梅雨だと思ってましたが、庭の紫陽花が異様に赤緑色で色っぽく際立っていて晩秋に輝いています。枯れた雰囲気がみられて良いです。秋色紫陽花とは、花が咲き進み、褪せて退色した花のことのようです。久しぶりの目から鱗が落ちた驚きです。

2015年10月25日 (日)

かんころ作り

Img_3564


Img_3571


Img_3575


Img_3588


Img_3623


今の時期の島では、北風が吹き快晴の日は彼方こちらに茹でた切芋を干して/かんころ/作りの風景が見られます。五島名物の/かんころ餅/が作られ正月の食べ物として食されます。今日は日本晴れで良いですね。

2015年10月24日 (土)

マンネリ

Img_3529


Img_3538


Img_3548


Img_3554

何時ものルーチンワークの朝の写真撮影です。6時40分頃と遅くなった日の出の定位置風景です。きっと、四季の季節感がなければ、もっとマンネリ化(今でもそうで困ってますが)してブログ中止の時期なんかもしれません。継続は力なりです。一枚だけでも心に残る写真が撮れたら良いと思う此の頃です。


Img_8960


2015年10月23日 (金)

秋深まり

Img_8944


Img_8937


Img_8943


Img_3504

雲一つない秋の日本晴れの一日です。しかし、スッキリしない霞んだような透明感のない秋の空で環境破壊を感じさせられます。昔の秋空は空高く澄み渡っていたようですが、歳をとって白内障でも出てきたかなと不安になる視界です。庭では柿が熟して豊穣の世界ですが、柿を食べすぎて血糖値が上がる不安の最近の日々です。

2015年10月22日 (木)

10月の朝風

Img_3465


Img_3462


Img_3482


Img_3464

眠け眼が突然覚めるような朝陽の風景です。会舎町から赤ダケと野崎島を望みながら10月の秋風を感じる一瞬時空です。いつのまにか寒くなってきて上着を重ねてのスナップ写真撮影です。

2015年10月21日 (水)

赤浜海岸

Img_3424


Img_3430


Img_3433


Img_3436


Img_3445


久しぶりの秋の赤浜海岸に行ってきました。松と海と青空と紅い浜の静寂空間が癒しです。赤浜に打ち寄せる波の音に心静かになっていきます。島で好きなパワースポットです。

2015年10月20日 (火)

秋模様

Img_3415


Img_3419


Img_8919


Img_8921


Img_8928


3日間ほど島に居なかったんですが、いつのまにかススキが多く咲いて秋風になびいて驚きです。ススキは今が時期なんですね。最近は季節感を早く感じてならないのが不思議です。寿命が短くなっているんでしょうか?

2015年10月19日 (月)

雲海

Img_3396


Img_3389


Img_3399


Img_3385

天気と気象条件に恵まれて、山間部の放射冷却によって霧や層雲が広域に発生する雲海を楽しんできました。ラッキーでした。早起きは三文の徳と言えますね。早朝温泉を浴びてスローライフの世界です。

2015年10月18日 (日)

九重飯田高原

Img_3348


Img_3352

Img_3337
明日が振り替え休日であり、九重飯田高原へネットで格安チケットで九重飯田高原へ行ってきました。快晴の晩秋のやまなみハイウエイを走って気分転換しリフレッシュしてきました。飯田高原の”風来坊”でざる蕎麦を食して美味さに堪能して(以前行ったことあり、リピーターで冬場に行って閉店していました)、牧ノ戸峠まで秋の九重飯田高原を爽やかな山風の中を飛ばして九重連山及び三俣山を仰ぎ、遠くに阿蘇連峰を望み広大なパノラマのなかで日常生活からの逃避時空でした。海彦から山彦への世界で現実逃避なんでしょうか、山の宿・霊泉・寒の地獄温泉にて秘湯冷泉にて癒されてきたようです。旅心は現実逃避の時間なんでしょうか。
Img_3357_2


Img_3367


2015年10月17日 (土)

光のなかで

Img_3263_2


Img_3273


Img_3294


Img_3300


Img_3281

秋の光を感じてきました。島の日の出から佐賀平野の秋の花や夕陽の輝きに異次元の風景を感じてきました。少しは仕事が続いてストレス蓄積の日々からの解放の一日でしょうか、気分転換の一日です。肥前山口の”陽だまりの丘公園”の落葉樹の一葉の葉が秋陽をうけて印象的でした。多久の八幡岳麓の瑞々しいコスモス畑に感動です。

2015年10月16日 (金)

晩秋の朝

Img_8869


Img_8873


Img_8899


Img_8910


日の出時間が6時30分頃になり日の出場所が南下してきた晩秋の朝です。島では霊峰・野崎島二半岳があり水平線からの日のでは見るのが限られています。丁度、野首教会付近からの朝日が見られ良い感じで好きな時期の風景です。

2015年10月15日 (木)

上を向いて

Img_3223


Img_3230


Img_3222


Img_3214

うろこ雲が秋の空を敷き詰めていて自然と空を眺める一日です。上を向いて無心になり自由の世界で雲に乗って夢想の旅をして心地よい時空です。夢見る初老の一日です。

2015年10月14日 (水)

朝焼け

Img_8819


Img_8825


Img_8831


Img_8863


Img_8862


野崎島からの日の出の朝風景です。最近は秋晴れの安定した日々が続いてます。朝と夕の奇麗な雄大な太陽が拝めて良いことが起こりそうな毎日です。また、体力の低下を感じる日々でスローライフを夢見るこの頃です。超望遠ズームレンズがあれば野首教会が明確に写真出来るような素晴らしい天気でした。

2015年10月13日 (火)

日没

Img_8773


Img_8790


Img_8797


Img_8811


真澄空の秋の落葉の哀愁に満ちた夕景です。夕日舞台は釣瓶落としのごとく早じまいの瞬間です。日没後の夕焼けは綺麗ですが、何か寂しさが湧いてくる時空です。唯一無二の風景に感動ですね、

2015年10月12日 (月)

体育の日

Img_8708


Img_8728


Img_8740


Img_8765_2


体育の日で一万歩目指しウォーキングしましたが、6000歩で一日を終えて運動不足の祭日になりました。島では車を主体にして移動しますから、腰部や下肢の筋力低下が知らずに進んでいくようです。歩くことの大切さを感じる体育の日です。

2015年10月11日 (日)

風と空と海の中で


Img_8685


Img_8682


Img_8699


Img_8660

秋風景の”風と空と海の中で”長崎鼻から五両ダケと裏番岳の爽やかエネルギー感じる時空です。澄み渡った空気の中でススキが光を浴びて生き生き揺ら揺らで気持ち良さそうに喜んでいました。

2015年10月10日 (土)

旧笛吹桟橋

Img_8595


Img_8599


Img_8601


Img_8600


Img_8614


今は海岸埋め立てで笛吹新港ターミナルが別の場所に出来て、旧笛吹港桟橋跡を知ってる人のみ懐かしく思い出されます。航路船が200トン前後で旧港内に入ってきて接岸していた跡地の写真です。黒島の白灯台は残っていますが、島内側の赤灯台は壊されて石垣のみ残っています。スロープの石畳(砂岩状で上五島から運ばれたようです)が昔の栄華を残しています。巻き網船団が港一杯に入り繁栄していた頃の島に活気があった頃を回顧して不思議な気持ちになります。

2015年10月 9日 (金)

落暉

Img_8543


Img_8550


Img_8547


Img_8571


Img_8574

西方海上の水平線に沈む雄大な落暉の感動のシーンです。白瀬灯台に夕陽が映えていて良いですね。秋の夕日は大きく見えて隠れるのも早くて一瞬の世界です。

2015年10月 8日 (木)

朝と夕のなかで

Img_8510


Img_8516


Img_8520


Img_8525

淡い朝焼けから濃ゆい夕焼けの秋の一日です。今の時期は日の上り下りがスピードが速くて写真撮る時間が分単位で短い一瞬が決め手のようで大変です。気の短い性格向きかもしれない秋の風景です。

2015年10月 7日 (水)

神光

Img_8448


Img_8468


Img_8472


Img_8502


世界遺産候補の野首教会からの日の出の瞬間です。小値賀空港からの神々しい朝焼のなかの眺めです。望遠レンズが大きければ詳細にして感動ですが残念です。祈りの歴史を感じる一瞬です。

2015年10月 6日 (火)

爽秋

Img_8414


Img_8426


Img_8438


Img_8445
空気がさわやかで気持ちの良い秋を爽秋と言う言葉を探してしまうほど日本晴れの素晴らしい一日です。滅多に見られない時空です。

2015年10月 5日 (月)

釣瓶落とし

Img_3170


Img_3184


Img_3189


Img_3196

秋の夕日は”釣瓶落とし”と言われています。毎日毎日に写真撮っていると、今年も秋の夕景は日没が一気に進行してしまい、まさに毎年毎年に昔の人は良い言葉を残しているんだ思う季節です。哀愁を感じる朱色の日没です。

2015年10月 4日 (日)

日の出

Img_8343


Img_8349


Img_8374


Img_8392


日曜日の穏やかな静かな日の出の時空です。島の殿崎海岸からの寒い北風を受けて痛風の足を引きずって自己満足で楽しい時間を満喫してきました。きれいな風景を一人パノラマで過ごせることに感謝です。何事も感謝の気持ちにさせられる朝風景です。

2015年10月 3日 (土)

日本晴れ

Img_8318


Img_3089


Img_3101


Img_3126


Img_3142


中国国慶節(建国記念日)が10月1日から7日までのためでしょうか、風景が透明感で溢れてPM2.5の影響もなく目が痛くなくて快適な秋時空です。子供の頃の秋空を思い出す一日です。

2015年10月 2日 (金)

晴れやか清々しさ

Img_8215


Img_8222


Img_8239


Img_8252

朝特番特急便にて最近のうつ状態的風景を払拭して爽やかに清々しく気分転換の朝風景を撮ってきました。やっぱり島は良いようね!なんて人間の気持ちは、適当だなといい加減さを思いながら、一瞬一瞬を大切に感じる時空です。何時も朝ウォーキングしている人のはつらつ感と躍動感に感動です。地峡は優しさと厳しさを教えてくれているんですね~~~

2015年10月 1日 (木)

爆弾低気圧

Img_3009


Img_3003


Img_3030

Img_3017


爆弾低気圧の凄さの前で為すすべもない状況です。。自然科学技術が如何に進化発達しても予報は予報で災害は絶えません。島の海上アクセスは途絶えて生活に困窮するします。情報はネットワークの進化で助かります。島に住むことの何かを考えさせられる時間です。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444