« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

秋雨

Img_2970


Img_3002


Img_2995


Img_2959

日本は北と南の異常熱帯低気圧(台風22号は急な変化の熱帯低気圧で暴れましたが)で台風の中で孤立したような想像以上の悪天候です。秋雨の暗い閉鎖的な島風景です。

2015年9月29日 (火)

夕そら

Img_5762


Img_5765


Img_5770


Img_5788


Img_5797


一瞬の夕日のパノラマのなかでススキが風になびいて秋の感じがあり良い夕景でした。仕事を5時50分までして急いで車で走って素晴らしい時空を見つけてきて快感してきました。降って下りてきたサプライズな癒しの一瞬でした。

2015年9月28日 (月)

秋の風のなかで

Img_2915


Img_2906


Img_2925


Img_8190


Img_8192


空高く馬肥ゆる秋!空気も澄んで、空も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の時期です。素晴らしい天気で楽しい予感がする一日です。

2015年9月27日 (日)

海路

Img_2857


Img_2769


Img_2816


Img_2799


”フェリーなるしお”での島への帰路の夕景です。船からの旅情は良いもんですね。特に夕方の日没前後の趣は良いですね。潮風の中で波しぶきをうけて良い感じです。佐世保港から志々岐灘の島影を見ながら上五島列島(中通り島)に沈む太陽に惹きつけられた天空でした。

バーベキュー

Img_2426_2


Img_2431


Img_2444_2


Img_2455


Img_2465

Img_2498


Img_2504


Img_2516


Img_2521


Img_2559


Img_2562


Img_2574

Img_2576


Img_2589


Img_2612


Img_2621


Img_2636


Img_2671


Img_2683


Img_2687


Img_2693


Img_2695


Img_2665

(特別版?)
ある日突然に”日本バーベキュー協会”の下條会長さん及びスタッフと日産より(未来的バーベキュー車を東京より搬送してきました、総額3500万円!)佐賀に来て本格的・将来的なバーべキューのサプライズフェスタをアットホーム的に晴天の秋の空の下で楽しみました。

2015年9月26日 (土)

秋風の中で

Img_8114


Img_8119


Img_8126


Img_8143


Img_8160


北風が吹く朝の島の秋風情です。ひんやりする中で、澄み切った空気の中で心地よい土曜日の明るい時間です。
中秋の名月の日で、明日がスーパームーン(今年最も大きく見える満月)で二日続きの満月ショウーです。海も潮の干満が一年で最大で潮流にパワーとエネルギーを感じて地球の動きを直感しています。

2015年9月25日 (金)

虫時雨

Img_8068


Img_8086


Img_8093


Img_8105


今日は視界は曇り空で空しい感じの金曜日です。秋の季語”虫時雨”の聴覚的世界で心和んでいます。周りでは、虫たちが一生懸命に囀りあって、島というより都会の世界です。

2015年9月24日 (木)

何もない夕景

Img_5706


Img_5698


Img_5702


Img_5709

何時もように一見して普通の曇り空島風景です。仕事場の近くの水の下・船瀬海岸線からの車で行って帰ってきただけの義務感及び習慣性の行為です。デジカメの一瞬のなかに、意外と通じるものがあるようですが、如何でしょうか?

2015年9月23日 (水)

佐賀の空

Img_2087


Img_2099

Img_2089


Img_2098

夕方から天気下り坂の”秋分の日”の一日です。祖先の墓参りに伊万里まで行ってきました。稲が穂を垂れ豊穣のなかに彼岸花が畦道や川の土手に晴れやかに美しく咲いていました。昼から雨が降りだしてきました。また、庭先では芙蓉の花が乱舞咲きで心が晴れやかになります。

2015年9月22日 (火)

有明海

Img_2009


Img_2012


Img_2028


Img_2054

シルバーウイークの半ばに休みが取れて佐賀に行ってきました。雲が少ない青い高い空のもとで透明感あふれる有明海の夕景を楽しんできました。太良山系や雲仙岳がはっきり見通せる大パロノラで心広くなる一瞬でした。有明海は干潮で干潟が遠くまで限りなく続いています。夕日と潟の光の調和がひとときの時間を忘れさせる美しい時空の連続でした。

2015年9月21日 (月)

秋日和


Img_1974


Img_1986


Img_1988


Img_1976

島の真ん中に位置している番岳からの秋の風と空と海のなかの風景です。日本古来のススキが少ない島ですが、ようやく番岳の上り路に秋風に吹かれて心地よさそうでした。秋日和の朝の気持ち良い時間を体感してきました。

2015年9月20日 (日)

日の出

Img_1867


Img_1873


Img_1889


Img_1891

日の出時間が6時過ぎになり朝起床が楽になりました。久しぶりに小値賀空港からお山様の御来光を拝みに行ってきました。丁度、野首教会付近から神々しい一瞬を撮ってきました。一眼ズームレンズが大きければ、世界遺産の朝風景を生々しく表現できたのではと残念な気持ちになってしまいました。秋風が吹く青空の中でリフレッシュを感じて幸福な気持ちになり日々是好日なりです。

2015年9月19日 (土)

シルバーウイーク

Img_1751


Img_1770


Img_1802


Img_1834


Img_1847


秋の休日が多い期間のことだそうです。ゴールデンウイークに対する言葉で、高齢者に対する週間でないようです。5連休で良いような悪いような気持ちで仕事がある者にとって中途半端な感じがします。暑さ寒さは彼岸までと言われており、秋彼岸は夜と日中の時間が半分になり日々ごと徐々に夜が長くなって暑さが緩和されていくことを意味するようです。18日が彼岸入りで21日が彼岸の中日、24日が彼岸明けです。墓参りには20日の日曜日に行く予定です。秋の爽やかな快晴が続いていて良かったです。

2015年9月18日 (金)

日々是好日

Img_1683


Img_1671


Img_1704


Img_1718

好日は願ってえられるものでなく、待ってかなえられるものでない、自らの生き方に日々の好日を見出しえなければならない主体的に時を作りなさいと言う中国唐時代高僧の言葉です。凡夫には意味の理解に苦しみますが、瞬間は瞬間であり瞬間なんでしょうか、独立した瞬間との新鮮な出逢いだそうです。なかなか難解です。因果を認めないのではなく、すべての因果をみとるのが不可能だから、それなら、ということで因果を意識的に無視するという高度なやり方を行った方が良いそうです<玄侑宗久>。瞬間のことを考えて増々不可解なりです。自己爆笑。

2015年9月17日 (木)

小雨

Img_1659


Img_1660


Img_1649


Img_1655


小雨と豪雨の一日です。花や木々は天地の恵みに喜び水滴を輝かして生きています。外出する行動範囲がすくなくなり写真が少ない苦し紛れの一日です。継続はパワーなりです。

2015年9月16日 (水)

秋雨

Img_1609


Img_1593


Img_1595


Img_1631

秋雨の静寂な島風景です。夕方に西の空が薄明るく夕焼けがみられ趣のある日没後の哀愁さが良い感じでした。日々毎日に時が繰り返していることの無常さを感じる一日です。

2015年9月15日 (火)

秋の風

Img_1556


Img_1541


Img_1560


Img_5690

曇りの秋風が吹く一日です。周りはススキや彼岸花や萩の花が咲きだして季節感を感じます。もう9月も半ばですね。世相や自然災害など大変な時期のようです。

2015年9月14日 (月)

寒くなってきました

Img_1467


Img_1474


Img_1490

Img_1511


急に朝の冷え込みがみられ目覚めに時間がかかります。月日の経つのが早く感じます。秋の夕日は黄朱色で趣が豊かできれいです。西海の日没は時間かけて楽しめて贅沢スローライフですね~~~

2015年9月13日 (日)

秋の風と川のなかで


Img_1417


Img_1428


Img_1443


Img_1439


Img_1434

長閑な晴れた古湯温泉の田舎風景です。澄み切った山の風と香りと光と川の流れの音に全てにおいて100%癒されます。ぬるま湯の温泉も最高です。秋の味覚の柿やブドウや梨などが豊富で秋の収獲の良さが溢れていました。

2015年9月12日 (土)

海から山へ

Img_5655


Img_5671


Img_1328


Img_1331


Img_1336

疲れが溜まっているせいか、齢のせいか、性格なのか、久しぶりの海外旅行(島外へ)で心ハイテンション状態で朝から心ウキウキです。潮の香を久しぶりに離れて山の香りを求めて阿蘇山の方へ行こうと思っていましたが、結局は星の奇麗な星野村を目指しましたが、疲れていたのでしょうか?カーナビを信じたのが間違いで”お茶の星野村”で疑いもなく走行していたら久留米を通らず背振トンネルから南福岡付近に行くのに気づいて、急遽変更して三瀬へ行って三瀬蕎麦の旨い”風羅坊”にて食して有意義な時空を楽しんできました。サプライズで山の風と空と突然の雨の中で山の神様と遊んできました。

2015年9月11日 (金)

秋の朝

Img_7997


Img_8006


Img_8032


Img_8042

どことなく爽やかな感じがする秋の朝です。中部関東及び東北では台風18号の超ゲリラ豪雨で大変な状態です。自然災害の怖さに直面して、改めて人の微々たる力を思い知らされ災害にあわれています。島の朝風景は太陽が輝いて神々しさに溢れています。朝の港は活気があって良いですね。

2015年9月10日 (木)

秋日和

Img_5607


Img_5616


Img_7943


Img_7963


Img_7990

秋日和の穏やかな海岸線は波の音を耳にしながら心休まります。最高の島風景に安堵感と生活感が不思議と湧いてきて自然とともに生かされていることを思います。赤浜や五両ダケや大浦湾の景色に感動でした。久しぶりの日本晴れにありがとう(*ゝω・*)です。

2015年9月 9日 (水)

台風余波

Img_1301


Img_1308


Img_5583


20150909_163824

台風18号は遠く中部地方に上陸して50年に一度の大雨で大変な状況です。島では2~3日間は北東風が強く時化て寒い日々が続いています。風に吹かれる松の木が頑張っています。

2015年9月 8日 (火)

透明感

Img_1257


Img_1289


Img_5548


Img_5562


台風18号の影響で風の強い海が荒れた一日でしたが、空は透明感あふれ爽快な広大な気持ちで最高です。そのためか、夕陽が大きく紅く冴えて素晴らしさに感動で心が晴れやかになって最高です。

2015年9月 7日 (月)

夕景

Img_1239


Img_1226


Img_1231


Img_1236


風の強い晴れた高い青空に夕陽が輝く夕景です。島の玄関”笛吹港”からの爽やかな趣の”空と海と風のなかで”透明度高い空間でした。

2015年9月 6日 (日)

秋風のなかで

Img_1188


Img_1173


Img_1189


Img_1214


Img_1185

秋風が強い大時化の日曜日ですが、朝は雨が降り昼前には快晴の青空が広がり運動会日和です。庭先の花木への光がやさしく感じられ心穏やかになる一日です。夕方から下り天気の雲の多い秋風のなかで、秋の天気の変化に驚かされました。

Img_1160


2015年9月 5日 (土)

野崎島

Img_7903


Img_7907


Img_7909


Img_7916


朝ぼらけから日の出の野崎島の風景です。秋雨前線のため不安定な天気のなかで、一時の紅色の晴らしい時間を過ごし安らかな朝時空を満喫してきました。遣唐使の人たちと値賀の浦湾での同じ朝時空をタイムスリップして心地よさを感じて自己満足してきました。

2015年9月 4日 (金)

日の出

Img_7869


Img_7882


Img_7887


Img_7892


Img_7861


9月の日の出の時空です。日の出時間が6時頃で毎日毎日徐々に遅くなってきて起床時間が手頃になって寝過ごしがなくて安心です。仕事時間を考えれば余裕で日の出を楽しめます。野崎島からの日の出で見る場所によって変化があり大変です。今日は静寂の初秋の良い感じの朝風景です。

2015年9月 3日 (木)

霞夕景

Img_7795


Img_7799


Img_7821


Img_7834


Img_7843


連日に夜間に雨が降っていて朝方は朝陽がみられ爽やかです。午後からは蒸し暑い不快指数が上がりました。夕方は霞み風景で覆われ太陽や夕景がぼんやりしていました。天気に対応するには歳を感じる一瞬です。

2015年9月 2日 (水)

秋風

Img_7770


Img_7777


Img_5483


Img_5493

秋風のなかで、高い薄雲のなかで、肌寒い感じのなかで、島の静かな夕景を楽しんできました。風景が霞んでいて、季節の変わり目を体感してきました。

2015年9月 1日 (火)

夕やけ

Img_7727


Img_7735


Img_7743


Img_7747

月日の過ぎることの驚きです。黄昏がヒットの9月になります。時の流れるままに山あり谷ありの日々です。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959