« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

猛暑日

Img_5317


Img_7057


Img_7077


Img_7107


今日で7月も過ぎ去って、島の夏は人が多くなり賑やかになり活気が出てきて”海に空に風の中で”一番良い時期のようです。満月が月二回みられ”ブルームーン”とか三年に一度みられると新聞に書いてありありました。今夜の満月は大きくて明るく勢いを感じる素敵な情景でした。真夏の夜の大宴会の時空です。

2015年7月30日 (木)

西空

Img_7038


Img_7048


Img_7052


Img_7037

名にし負う凪いだ海辺の眺めです。凝った大和言葉で、たそがれ来し方行く末にひとときをめぐる。なんて、分っているようですが難しいですね、日本語は。きれいな夕方の西空でした。

梅雨明け宣言

Img_6995


Img_6998


Img_7015


Img_7019


九州北部が梅雨明け宣言をされました。今までで6番目に遅い梅雨明けだそうです。天気予報士が分析が詳細の時代で、ひまわり8号の精度管理向上などあり判断が難しくなり大変のようです。春夏秋冬の在り方が科学的に味気のない感じがします。医者が病気を見て人を見てないことに通じるようです。

2015年7月28日 (火)

PM2.5

Img_6954


Img_6957


Img_6965


Img_6972


PM2.5の影響でしょうか、多分に白内障術前状態の視界です。それなりにアバウトで神秘性がある景色でしょうか。
日々の変化の刺激に感動すべき一日です。夕景の時空は太陽よりも満月前の月が東の空に輝いていました。

2015年7月27日 (月)

3000

Img_6917


Img_6921


Img_6932


Img_6948

何時の間にやら3000回”無呼吸発作症候群かも”の記念日です。”過換気症候群かも”が466回でした。時が去るのは早いのか?歳がそれ以上のスピードで走っているので金属疲労の日々です。一人で”継続は力なり”とか言って英彦山の酒を飲んで御祝いです。何時まで継続するんでしょうか。ちょっと先のことが気になる一瞬です。

2015年7月26日 (日)

相津港から

Img_9406


Img_9395


Img_9419


Img_9455


幸いにして台風は勢力が弱まって風雨があるも影響は少なかったようです。佐世保付近に台風12号は上陸しましたが熱帯低気圧になり良かったようです。しかし、海は大荒れで島は孤島化して海上航路は全便欠航です。日の出が神々しく輝いていました。

2015年7月25日 (土)

台風前の静けさ

Img_6851


Img_6868


Img_9286


Img_9322


Img_9358


台風12号が九州直撃接近で大変な事になるようです。朝から夕まで台風前の静けさで朝日と夕日は光輝く素晴らしい風景ですが、海は荒れて風が吹いて海上アクセスは欠航が続いています。台風接近時は朝焼けや夕焼けが普段と違って神々しいですね~~~

2015年7月24日 (金)

土用の丑の日

Img_6656


Img_6685


Img_6698


Img_6759


Img_6788

夏の丑の土用の日の一日です。暑い時期を乗り越えるために栄養価の高いウナギを食べる習慣が万葉集に歌われて江戸時代からの風習だそうです。ウナギ絶滅危機?で高騰化して国産物はなかなか口に入らなくなり世間離れしてきているようです。TVでナマズの蒲焼が良いようですが口にしたいと思いません。それよりも、茄子の精進料理のウナギ蒲焼が健康的で食べたい気持ちになりました。午後から青空が見られ暑くて大変でしたが、島の夕景は日没まで見られて感動の一瞬でした。

2015年7月23日 (木)

夏空

Img_9252


Img_9251


Img_9266


Img_9242


暑い一日でしたが、青空が天空に広がり光あふれる夏空心はで気分爽快の午後空間でした。週末は台風12号接近で心配です。変化のある天気続きで体調壊さないように年相応にマイペースの最近です。

2015年7月22日 (水)

雨空

Img_9217


Img_9225


Img_9231


Img_9236


Img_9212

雨が続いて鬱陶しい日々です。島は濃緑色の松の木と鮮やかな緑色の水稲田で目に鮮やかな印象が強く感じられます。今日は島の厳寒笛吹港の夕景です。船の佇まい風景が好きなんでしょうか~~~

2015年7月21日 (火)

船瀬海岸

Img_6632


Img_6643


Img_6640


Img_6649

霞みの中の光輝く夕景海岸の落ち着かされる一瞬んです。雨の後の澄んだ空気の(霞んでいるが)時空に感動かな?癒される景色です。

2015年7月20日 (月)

7月の海(海の日)

Img_6569


Img_6580


Img_6582


Img_6603


島の夕方海風景です。斑大橋からの潮流の音が聞こえてくる静かな時空です。薄曇り薄晴れというか、夏らしく無い空だけど、海と風は7月の感じが充満しています。島は海士時期で彼方此方で素潜りでアワビとかサザエとかウニ採っている風景が見られますが、高齢化とかアワビが減っている(磯焼けなどで)ため潜る人は少なくなっています。

2015年7月19日 (日)

猛暑

Img_9114_2


Img_9126_2


Img_9149_2


Img_9169


Img_9188


佐賀平野は暑い一日で雨が降ったり晴れたり真夏日です。全国的に熱中症が発生していますが、一日中にクーラーを入れて水分補給の三連休の中日でした。筑後川の昇開橋を撮りに行こうとしたのですが、起床時間が全英オープン見て遅れたことと、日の出時間に雲が垂れていたので近くのひょうたん島公園で光と影の風景を撮ってきました。夕方は嘉瀬川河口からの輝く夕景です。

2015年7月18日 (土)

夏休み

Img_9067


Img_9083


Img_9101


Img_9112


Img_9093

海や山は梅雨明けて日本晴れで爽やかな世界です。友と自由気ままな時間を佐賀三瀬にて、落ち着いたなかで三瀬蕎麦を(風来坊)食して満足な美食時空を過ごしてきました。ざるそば最高で蕎麦がき最高でした。自分だけ運転しないので辛口酒最高の真のスローライフの半日でした。和食の食文化は高いレベルで堪能してきて、”中今”の気持ちで生きて行きましょう。

Img_6550


2015年7月17日 (金)

梅雨明け宣言

Img_6502


Img_6507


Img_6517


Img_6535


Img_9061

梅雨明け宣言されましたが、島の空を見ると、”えっ本当ですか?”と思う感じです。台風のせいか北風が吹いて寒い一日です。島の北海岸は大波と海風で大時化です。学校も夏休み突入です。島の一年で一番良い時が来ます。海と空と風の中で、島観光の人が多くなり賑やかなスローライフの時期になり活気が出てきます。

2015年7月16日 (木)

台風余波

20150716_132931


20150716_133507

20150716_133902


20150716_133938


台風11号直撃は避けられたようですが、大型台風のため五島の海上は孤島状態です。風が強くて海上は大時化でsす。島の風裏の赤浜海岸公園や水の下海岸の穏やかな佇まいの午後の時空です。今日はスマートフォンによる鮮明な島風景でした。一眼レフより進化しているようです。

2015年7月15日 (水)

白砂緑松

Img_8972


Img_8973


Img_8995


Img_9021

一見に梅雨明け雰囲気の微風吹く心地良い日本晴れです。白砂緑松の風光明媚な島風景で瞳孔野が刺激的な時空です。自然一体の感覚で爽快な気持ちになります。今日はJIKAのアフリカの保健福祉医療の若い官僚に島の医療福祉保健の講演で疲れましたが、次元の異なる世界の人との会話は勉強になりました。

2015年7月14日 (火)

お天道さま

Img_6422


Img_6433_2


Img_6440


Img_6449_2


Img_6484_2


久しぶりの島の夕景です。斑のト子リノ鼻灯台からの西海岸水平線の雄大なパノラマです。少し黄砂現象があり霞んでいますが、広大な野原に佇んでいて自由な世界で一杯です。潮流と潮風のなかでスローライフです。

Img_6443


2015年7月13日 (月)

台風一過

20150713_193040_2

Img_8923


Img_8941


Img_8932


東シナ海を北上した台風9号は五島列島においては海上が荒れて海上アクセスが長くストップしてライフラインが途絶えて不便を感じる日々です。マスコミは猛暑夏と熱中症で賑やかですが、九州の西は情報不足で寂しいもんです。年寄りの独り言です。

2015年7月12日 (日)

台風9号

Img_8914


Img_8920


Img_8921


Img_8922

台風9号が五島列島の西海上を通過した事と台風11号の影響で、11日の夕から13日の朝(天気予想では)までは海上アクセスは完全にストップです。久しぶりの休暇のプレゼントです。昔みたいに離島医療体制が医師一人から複数二人体制になって安心して休めます。昔は海上には船が動いて無い五島灘を無理御願いして瀬渡しで高額払って大波で船の天井まで頭が当たるくらいの死ぬ思いをして島に帰ったことが懐かしくなります。やはり、自然に人間は勝てないと言うことでしょう。

2015年7月11日 (土)

長崎から

20150711_175013


20150711_175007


20150711_175026


20150711_175812

20150711_175340


長崎の空と風と海のなかで、御目出度い結婚式があり島での出会いの感動とミステリーに感激しました。久しぶりの結婚式に招かれて、時代の流れの変容に戸惑いましたが、新しい感覚のセレモニーで楽しい心触れ合う時空を感じてきました。JR長崎駅のフェステバルホールでは”世界遺産の軍艦島のトーク”がありましたが、狭い居住空間に神社やお寺や学校などあり、当時出は先端生活の建築物に感動でした。
20150711_141647


2015年7月10日 (金)

荒天

Img_8899


Img_8901


Img_8896


Img_8886

台風接近の島風景です。島の周りが低くたちこめた雲に覆われた視界不良です。時化た海は風が強く吹いて定期船が欠航しそうです。土曜日に職場の同僚の結婚式があり、本日に年休をとって早く島脱出です。島の生活が自然の力で困窮する一日です。

2015年7月 9日 (木)

青空と風のなかで

Img_5203


Img_5222


Img_5239


Img_6387

初夏なのに北風が吹く不思議な天候です。多分に台風(9号、10号、11号)の影響のようです。朝から晴れの天気で海上も荒れずに、月一の小離島診療で漁船に乗って研修医の先生と地域医療サービスの仕事をしてきました。人口が3人になった六島の皆さんから感謝の気持ちをもらい良かったなーと安心しました。夕景は大浦湾からの”青空と風と海の中で”を体感してきました。

2015年7月 8日 (水)

輝く夕景

Img_8767

Img_8836


Img_8874


Img_8816

素晴らしい落日風景です。五両ダケの白い砂浜の渚に立って見る水平線状の夕日は色々の反射があって綺麗です。良い時間を半ドーム状のダケの白砂を深く踏み歩いて自由の時間に酔いしれてしまいました。

2015年7月 7日 (火)

集中豪雨

Img_6327


Img_6329


Img_6333


Img_6334


気象情報が”ひまわり8号”の新しい衛星ステーションが打ち上げられてピンポイントで詳細に早く出るようになりました。夕方の5時に”小値賀に集中豪雨警報”が出されて豪雨の中で写真を車の中で濡れながら撮ってきました。大粒の雨が叩き強風が吹く中で写真を撮る自分が滑稽に見えて笑える一瞬でした。

2015年7月 6日 (月)

赤浜海岸公園

Img_8732


Img_8734


Img_8744


Img_8748


Img_8754

島の観光スポット”赤浜海浜公園”の午後の静かな長閑な佇まいです。火山島で砂浜が赤色で不思議な空間で感動です。天気の良い昼休みに行ってみると癒される場所です。少年時代によく走って脚力強化をしていました。昔はもっと砂が多かったように思います。

2015年7月 5日 (日)

光を求めて

Img_8654


Img_8677


Img_8704


Img_8716

夕方に光を求めて一時間半の我慢の息を止めるような長い時間でした。島では曇天の暗い夕景ですが、まだら夕やけロードから瞬間的に水平線上の雲の間から輝く太陽が見られ感動です。多忙な章末仕事に対してのプレゼントでしょうか。

2015年7月 4日 (土)

夕景と海

Img_6266


Img_6269


Img_6287


Img_6301


満月の大潮干潮の海風景です。土曜日ですが、一日の天気が雨降り梅雨の鈍より天気で写真が撮るのが難しい一日でした。夕方の静寂で海面が鏡のような穏やかな風景のなかで、鳥の飛び立ちの瞬間が動物的で感動的でした。Img_6278


2015年7月 3日 (金)

墓参り

Img_6242

Img_6246_3


Img_6253


Img_6254


Img_6241

朝の島は周りを朝靄が覆い幻想的な雰囲気です。朝早くから菩提寺の延命寺に墓参りしてきました。歳をとってきたことでの変化なんでしょうか、先祖を敬うことや毎日の心経に心の安らぎを覚えるのは先が長くないという人間の弱さなんでしょうか、煩悩の中に埋没している日々ですが、朝の墓参りにて爽やかな気持ちになるのは不思議ですね、サムライ日本人なんですか~~~

2015年7月 2日 (木)

文月の海

Img_8605


Img_8614


Img_8613

Img_8635


Img_8641


稲が穂を実らせる時期のことや、文書を日に干す時期のことを”文月の由来”だそうです。なんかピーンとこないですが、、島の田んぼの稲も成長して穂が出てきそうな時期です。一日は雨は降りませんでしたが、梅雨空で夕方に西空の雲の間から太陽が見られ海面が光輝いていました(五両ダケより)。

2015年7月 1日 (水)

黄砂

Img_6209


Img_6217


Img_6220


Img_6227


雨上がりの黄砂現象の夕景です。今の時期は太陽の沈む位置から浜津や大浦(本当は斑島が一番ですが)の夕景がナイスポイントでしょうか、”まだら夕やけロード”を目指したのですが、不幸にも当直でコールがあり途中で苦し紛れに意外と良い風景を撮ってきました。仕事も一生懸命して酒も飲まず早寝早起きしているブロガーですね、一人で内心で感心感心です。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近の写真

  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207
  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721