« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

春日和

Img_4104


Img_4115


Img_4155


Img_4159


Img_4140


初春の潮風が島を覆いかぶさって吹き抜けています。昨日の黄砂現象は風に乗って消えてしまって透明感溢れた島風景です。朝の太陽は神々しさ豊かで安心と感動の時空です。残念ながら午後からは低気圧が張り出してきて海は荒れてくもり空です。三寒四温の天気が不安定な2月から3月の時期です。

2015年2月27日 (金)

金曜日

Img_4040


Img_4044


Img_4054


Img_4060


月日が過ぎてゆくのが早く感じられ2月も終わりです。日の出は6時50分と何時の間にか日々早くなってきています。吹く風は冷たいですが、大地や海は春の到来を日々感じる毎日です。島の椿は咲くのが少ないように感じます。夕方に梅の香りに包まれて椿が咲いていて撮ってきました。

2015年2月26日 (木)

南風のなかで

Img_4005


Img_4022

Img_4012


Img_4033


昨夜からの雨も午後から青空と日差しが見られましたが、海は南風の風に乗って荒れ模様で黄砂現象でスッキリしない天空です。体感は初春の佇まいです。週末は”春二番”の春嵐が暴れるようです。

2015年2月25日 (水)

春雨?

Img_3978


Img_3982


Img_3986


Img_3989

雨の日で、めっきり暖かくなり春雨模様です。夕方の海岸は大潮干潮で春の訪れの潮の香が漂っています。仕事場付近の船瀬海岸の夕景を撮ってきました。

2015年2月24日 (火)

光と風

Img_3921


Img_3936


Img_3946


Img_3960


Img_3944


今日も黄砂現象で生活的に視覚的に大変な状況です。不思議と光が差し込んでくると淡い感じがして変な幻想的な雰囲気で案外に写真見ると暈し世界で良い感じになるのが面白いです。

2015年2月23日 (月)

黄砂現象

Img_3876


Img_3889


Img_3901


Img_3916

例年に比べて一番早い黄砂現象の一日でした(気象庁の発表)。やはり、目が痛くなり喉の違和感があり悪影響は直接的です。アレルギー疾患とか呼吸器疾患の増加の原因となっているようです。将来的には悪性腫瘍の原因となることが考えらるようです。反面に、夕方はほんのりぼやけて光の中で幻想的な景色で癒されてきました~~~
Img_3894


2015年2月22日 (日)

菜の花

Img_3845


Img_3840


Img_3846


Img_3844

昨日の春一番は凄かったようです。五島の海上は船が欠航して大変な週末でした。佐賀の嘉瀬川に散歩して菜の花が咲いており初春の到来を感じてきました。中国の旧正月の影響でしょうか、PM2.5のため大気は霞んでいて目が痛い一日でした。大地の生き物の躍動を感じる一日でもありました。

2015年2月21日 (土)

春一番

<Img_3825


Img_3831


Img_3819


Img_3822


約3週間ぶりの海外旅行?です。海は”春一番”で大時化で思い切り船酔いして気分不良で一日は頭の中は”船酔い”で大変でした。

2015年2月20日 (金)

夕景

Img_3779


Img_3785


Img_3788


Img_3799


Img_3814

赤浜の夕景が素晴らしい。松と海と赤浜と空の中で心豊かな癒し時空です。日没が日々遅くなってきて仕事を終えてから時間を持って夕景撮影に余裕が出てきました。

2015年2月19日 (木)

出船

Img_3735


Img_3733


Img_3738


Img_3742


午後の笛吹港風景です。上五島への出張で定期船でなく荷物になって?貨物船”マリーンライナー”に乗って行ってきました。快晴で波の高さは穏やかで快適な船旅でした。約一時間で有川港に着きました。有川では霙交じりの北風の中で天気が急変して寒いかぜが吹いてつらく感じました。

2015年2月18日 (水)

番岳から

Img_3700


Img_3711


Img_3713


Img_3717

島一番のパノラマ眺め最高の番岳の午後の佇まいです。誰もいない空間で落ち着かなくなる時空です。PM2.5の影響で霞んでいて鈍より風景です。中国は旧正月で爆竹や花火を国中で派手にやって御祝いをしているのでしょう。山の頂上は綺麗に草が刈られて眺めが開けて気持ち良くなっていました。

2015年2月17日 (火)

春の便り

Img_3664


Img_3656


Img_3674


Img_3687


春霞の中で島の海岸線は青い海藻が香ってきて春到来の躍動感が広がっています。だんだんと山に海に春のサインが身近に感じられるようになります。もうそろそろ春一番が到来しそうですね。

2015年2月16日 (月)

太陽が突然に顔出した

Img_3622


Img_3634


Img_3640


Img_3646


日没前の約30分間の奇跡です。雨曇りの冬空で暗い気持ちの一日でしたが、思い切り島の西側に気分転換に潮風を感じに行ったら、突然に水平線あたりが朱色に明るくなり太陽が雲から出てきて驚きの一瞬です。
きれいな夕景を楽しんできました。儲かった気分になった驚き時空でした。

2015年2月15日 (日)

梅の中で

Img_2368


Img_2316


Img_3598

Img_2373

二月は草木の映えてくる時期です。庭の白梅が可愛いく梅の花香が広がっていて初春の訪れを感じます。週末の仕事を忘れさせるスローライフの一瞬です。

2015年2月14日 (土)

夕景

Img_3580

Img_3597


Img_3592


Img_3595

斑島園地からの西海の夕景です。大き紅ない太陽が印象的でした。倉島が何時もより目の錯覚でしょうか、随分に近く大きく見えて変な気持ちになりました。ああ雄大なり、ああ絶景かな!


2015年2月13日 (金)

北風の中で

20150213_175859_3


20150213_175654


Img_3561


20150213_180131

年度末は行政的に会議が多くて大変です。今日は午後から高齢者保健福祉・介護保険事業の話し合いがあり夕方の6時前までありました。日没寸前の碑崎(なぜか好きなポイント、島では西目と言って西方浄土?の意味があって寄り付かない場所かも)からのスマートトフォン写真で”モブログ(スマートフォンからブログへ瞬時に写真とメールコメントをおくるモバイルブログの略称です)へコメントしています。一眼レフやデジカメより写真が鮮明のようで気に入っています。やはり”北風の中で”寒い日没前でした。

2015年2月12日 (木)

一日

<<Img_3530


a href="http://ojika.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/02/12/img_3552.jpg">Img_3552


Img_3538


Img_3520

今日のポイントは、小離島往診診療で漁船に乗って研修医と医学生とスタッフ7名で地域医療研修を兼ねて小離島の皆さんと膝を交えて診療してきました。国保精神の”給付ありて、平等に給付をサービスする”にて25年くらい前から継続されています。医学生さんは思わずサプライズで刺激的のようです。天気は晴れていましたが、波は冬の時化で船は大揺れ状態でした。納島の大きなアコウ樹と港風景がなかなか良い感じでした。

2015年2月11日 (水)

祭日

Img_2240


Img_2244

Img_2271


Img_2307


”建国記念の日”です。温故知新ではありませんが、歴史を心の中で思う一日だと思います。単なる祝日で何かを忘れているような一日に感じる今日です。久しぶりに斑島園地や五両ダケや碑崎と時間のある限り回ってきました。

2015年2月10日 (火)

モノトーン

Img_3497


Img_3504


Img_3503


Img_3509


島の冬は風景は単調で海は時化て厳しさを感じる毎日です。モノトーンの世界というのかもしれません。五島列島の中でも、最も早く人が定住した歴史の島です、今は少子高齢化にて過疎化が著しい現在です。何か人口爆発する起爆剤がないものかと思う一日です。

2015年2月 9日 (月)

寒波到来

Img_2218


Img_2208


Img_2219


Img_2231

朝は霜柱と氷が張っていて驚きの寒波到来です。午前中は雪が降って五島は別世界のようです。空は澄み渡って、海の水平線は浮島現象が見られます。碑崎からの夕景が透明感に溢れて良い感じでした。

2015年2月 8日 (日)

雲の合間から

Img_2177


Img_2187


Img_2192


Img_2198

冬の海の輝きに感動の世界です。雲の合間からの太陽光は力強く大地に海に反射しています。暗い中の明るく輝く光に勝るものは無いように思われます。日曜日の安心する一瞬でした。

2015年2月 7日 (土)

斑島園地から

Img_2158


Img_2155


Img_2143


Img_2148


Img_2175

白梅紅梅があちらこちらで咲き誇って季節の移りをを感じる日々です。今日は仕事で島に居て、斑島園地(本島の中で最高の高さ約110m)からの天空風景です。人はその土地の一番高いとここから眺めてみて土地のことが分かるから、知らない所に行ったときは一番高く眺めの良い場所に行った方が良いと言われています。馬鹿ほど高いところを好むと言われますが、今日の斑島園地からのパノラマ世界は爽快で心広くなる気持ちになりました。

2015年2月 6日 (金)

木枯らし

Img_2097

Img_2110_2


Img_2107


Img_2115
”急げば回れ”じゃないですが、夕方の時間に柳から五両ダケの島の北西方向で”木枯らし”をまともに体感して写真を撮ってきました。日頃は、海岸線まで車で行けたのですが、猪対策でメッシュ柵が全体に張り巡らされて歩いて行ってきました。島は猪が増えて農業作物被害を予防するため大変のようです。猪の急速な繁殖は人間社会にもならったら少子化過疎化のアイデアかもしれません。

2015年2月 5日 (木)

雲と海と夕日

Img_2088


Img_2089


Img_2086


Img_2094


午前中は霙交じりの天気から、夕方は西の空では雲と太陽と海の中で癒されてきました。海は島の厳しさを感じさせられる厳しい冬景色です。

2015年2月 4日 (水)

立春

Img_3377


Img_3400


Img_3372


Img_3382


九州では梅が咲き始める時期です。立春は春の始めで冬至と春分の中間で立夏までが春と言われています。まだまだ寒さの頂点であり、徐々に春へ移行していきます。”暦の上では春なのにまだ寒い”と言うことです。明日は寒波到来で寒い日のようです。インフルエンザが流行っています。

2015年2月 3日 (火)

Img_2019


Img_2039


Img_2055


Img_2056

小値賀飛行場付近の殿崎からの朝の曙風景です。北風を体に受けて頑張って我慢して日の出まで撮ってきました。紅の曙空と野崎島の山からの御来光に輝く海が躍動的でありがたい気持ちで新鮮な心にさせてくれました。

2015年2月 2日 (月)

感動の夕景

Img_1954


Img_1956


Img_1966


Img_1981


Img_1996


大浦湾から浜津前目港と竹崎海岸の感動の夕景のオンパレードです。こんな立派な夕景は珍しく年に数回のサプライズ瞬間ステージです。生きていてよかったと思う時空かもしれません。

2015年2月 1日 (日)

透明感

Img_3255


Img_3269


Img_3277


Img_3301

霜柱が張り寒い朝風景から、日中は日本晴れで澄み渡った遠望できる透明感の世界で心地よい一日です。朝と夕の太陽は一見して別物のように感じるくらい個性的な一瞬です。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444