« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

薄曇り

Img_8348


Img_8345


Img_8352


Img_8357

週末は天気が崩れ寒くなるようです。日の出は見られない薄曇りの朝風景です。昔はもっと寒かったように感じていましたが、温暖化現象の影響でしょうか。ネタ切れ苦し紛れの笛吹港と役場前からの7時前のワンショットです。

2014年10月30日 (木)

朝風景(秋)

Img_4260


Img_4258


Img_4255


Img_4259


ウロコ雲の中で太陽がチョット覗く曇天の一日です。昨日の大時化の余波は過ぎ去って静かな朝の海の海面が輝いていました。

2014年10月29日 (水)

日昇

Img_8296

Img_8326


Img_8334


Img_8337

今朝の日の出は殿崎の小値賀飛行場の先端から御来光をじーっと北風を受けて寒い中で待ちました。紅色の広がりから、突然に太陽光が輝いて時空に広がり感動の一瞬です。体内時計が賦活されてしまいました。

2014年10月28日 (火)

朝の太陽

Img_8273


Img_8280


Img_8290


Img_8292


黒島の若宮神社からの朝日風景です。北西からの寒い風で秋一番の冷え込です。朝の空気が澄み渡っていて体感以上に爽快感が充満しています。晩秋の朝風景の色は優しくて良いですね。

2014年10月27日 (月)

秋の落日

Img_4213_2


Img_4227


Img_4212

日が落ちるのが早くなりました。5時15分に仕事を終えて走っても、夕景は日没前の瞬間であっけない寂しい風景です。風に吹かれるススキが哀愁的です。

2014年10月26日 (日)

雷雨から秋晴れ

Img_8188


Img_8196


Img_8198


Img_8233

朝から突然の雷雨で大荒れの天気でしたが、昼から晴れ上がり気持ち爽快の日曜日の時間を過ごしました。島の海が青く透明で波もなく穏やかでした。秋の海は海の底がハッキリ見えるほど透き通っています。風景は芝が枯れて秋から冬への準備中です。

2014年10月25日 (土)

透明感

1414237049749.jpg

1414237051827.jpg

1414237054035.jpg

1414237056131.jpg
島の中央に位置して小さい頃から山登りで島全体を見渡せる番岳からの朝風景、週末でフリータイムの余裕で長崎鼻の午後風景、夕景がきれいな大浦港の夕方風景をスマートフォンで撮ってきました。以外と、想像以上の画像で驚きです。本当に神様が授けた美しい島ですね。


2014年10月24日 (金)

秋の太陽

Img_7940


Img_7975


Img_7981


Img_8002


Img_8003

秋の太陽は大きくて静かで優しくて哀愁的で佇んでいるようです。夏から冬への橋渡しをしているようです。同じ太陽が春夏秋冬の四季に其々趣が見られる日本の風土に感謝です。

2014年10月23日 (木)

一日

Img_7884


Img_7886


Img_7893


Img_7918


昨日の荒れた天気から一転して清々しい秋空で気持ち良い肌寒い一日です。秋風に吹かれて空気は澄み渡って透明感に溢れた素晴らしい時空です。朝日と夕日が夫々趣があり自然の豊かさに感動です。

2014年10月22日 (水)

海上アクセス

Img_4133


Img_4127


Img_4119


Img_4137

急激な秋の低気圧前線の影響で、島は大時化で海は荒れて海上アクセス全定期便欠航で日常的に困っています。島の生活の不便性を感じる一日です。明日は天気回復を祈る島生活です。それにしても、都心に比べて天気予報の情報提供サービスの貧しさを思う一日です。

2014年10月21日 (火)

秋空

Img_7828


Img_7832


Img_7848


Img_7857


Img_7839

毎日毎日、野崎島からの日の出を飽きずに撮っていて自分ながら健康維持として早起きしてウオォーキングしています。朝日を体感することは体内時計のスイッチオンで良いそうです。今日の朝日は、雲のない澄み切った高い秋空のリフレッシュな時空でした。

2014年10月20日 (月)

秋の紅

Img_7801


Img_7808


Img_7815


Img_7823

早朝の東空は曇りの天気で紅色のファンタスティックな空間で驚きの瞬間です。野崎島は霊感を感じる山と言われていますが、正しく自然界の霊感を感じてやまないです。

2014年10月19日 (日)

佐賀平野

Img_4013


Img_4017


Img_4044


Img_4055


天山と有明海と佐賀平野の自然は豊かな秋の収獲で賑わっています。冷気を感じながら朝日の中でJR特急が目の前を走っていく風景は新鮮に感じます。くれない色の秋の空に安堵感を満喫しています。

2014年10月18日 (土)

日本晴れの朝

Img_7757


Img_7780

Img_7789

Img_7794


今年一番の肌寒い秋の日本晴れの朝風景です。柔らかな日差しが天空に徐々に広がって自然の素晴らしさを思う一瞬です。小さな島で感じられる自然からの安らぎの一瞬です。入場料金も要らない安上りの一瞬です。

2014年10月17日 (金)

秋の夕べ

Img_7685_2


Img_7699_3


Img_7714


Img_7735


"天高く馬肥ゆる秋””秋の日は釣瓶落とし”の一日風景です。昔の人は風情豊かに貧乏でも楽しく日々を過ごしていたんでしょう。煩悩の毎日の現代社会が貧しさを感じます。

2014年10月16日 (木)

秋日和

Img_7598


Img_7613


Img_7625


Img_7642
空気が澄んで空が抜けるように青い晴天を”秋晴れ”の定義だそうです。または、”秋日和”という響きの心地よい季節を感じます。朝方と夕方の島の秋日和です。

2014年10月15日 (水)

喜楽

Img_7547_2

Img_7556


Img_7579


Img_7585


Img_3922

気楽に何事も自分なりに周りの禍に気にせず過ごすことが易しそうで難しい生き方です。ふと思うのですが、”喜怒哀楽”の”喜楽”ばかりだったら良いですね。よく考えると、”喜楽”という食べ物屋さんが多いように思いますが、人の思いは同じなんでしょうか~~~

2014年10月14日 (火)

秋の空

Img_7510


Img_7497

Img_3899

Img_7521


秋の空と海と風の時空です。台風が過ぎ去った晴れ空の心地よい眺めです。島では秋祭り”が行われ、昔の活気はありませんが、心ウキウキの時期です。

2014年10月13日 (月)

吹き返し

Img_7469


Img_7474


Img_7481


Img_7482
台風19号は大型で五島列島に影響を及ぼして通過していきました。夕方は北東からの吹き返しが見られ大しけの状態です。島の北西に位置する浜津後目から白浜海水浴場の夕景です。高波と強い潮風で自然の巨大さを感じさせられる瞬間です。

2014年10月12日 (日)

防風林

Img_7450

Img_7451


Img_3886


Img_7438


Img_7442


午後から雨風が強く見られ台風の影響がみられます。自然の猛威に為すすべない状況で台風の準備でお忙しです。島の松は風に対して防風林の働きで堂々としています。台風情報を見ながら、直撃を避けてくれるように祈る一日です。

2014年10月11日 (土)

大型台風19号接近

Img_7332


Img_7352


Img_7368


Img_7390

Img_7431

超大型台風19号が接近し二日後に直撃しそうで大変な三連休です。海は荒れて風が強いためか、PM2.5の影響はなくススキが靡いて青空が心地よい高さと透明感が際立っていて爽やかさを感じます。今回は東シナ海を北上して五島列島直撃の可能性があり心配です。台風対策を準備が必要です。

2014年10月10日 (金)

黒島から

Img_7269


Img_7257


Img_7272


Img_7282
朝日の見られる好ポイントを苦渋している最近です。久しぶりに”黒島園地”に行ってみました。黒島の高台にあり歩いて、息が途絶えて途絶えてきつい思いで展望台から絶景してきました。松と海と風と空の島風景で朝の瞬間の安堵を味わってきました。そして歳を痛感してきました。

2014年10月 9日 (木)

釣瓶落とし

Img_7203


Img_7225


Img_7231


Img_7248

”秋の日は釣瓶落とし”の夕日が暮れるのが早くなってきました。秋になると太陽の位置が低くなるので、それだけ長い空の基層を横切ることとなり、そのため日射が弱くなり太陽が地平線に沈んでも”薄明り”が長く見られます。昔から”秋は夕暮”と讃えるように、ものの哀れを感じる今日の夕暮れでした!

2014年10月 8日 (水)

皆既月食

Img_7061


Img_7069


Img_7086


Img_7093


Img_7100


Img_7121

10月の満月の夜の皆既月食の一瞬です。赤銅色の皆既月食で静かな余韻があって秋風の中で風流でした。一日は雲一つない秋空で快適な穏やかな時空でした。碑崎からの海岸目線の夕陽は神々しくて癒しの瞬間でした。

2014年10月 7日 (火)

日の出から日暮れまで

Img_6983


Img_6988


Img_6995


Img_3788


Img_7007


健康本から”日の出ともに起き、日が暮れたら寝る”ことが、人間の理想的な生活の基本に尽きるようです。早く寝て脳の働きを修復し再生し、夜10時から夜中の2時までの時間限定の成長ホルモンを取るようにして、朝日を浴びて体内時計をリセットして睡眠物質のメラトニンが”幸せ物質”のセロトニンに形を変えて、早寝早起きのリズムが健康で幸せな習慣を作るようです。”太陽の恵み”の大切さを感じる一日です。


2014年10月 6日 (月)

秋風のなかで

Img_6871


Img_6876


Img_6905


Img_6951

台風18号が東へ行って青空の秋景色の一日です。”まだら夕焼けロード”からの紅色の夕景がダイナミックでした。大気は澄み渡って、遠く白瀬灯台と帆揚げ島そして倉島が見られ日没が見られました。

2014年10月 5日 (日)

欠航

Img_3652


Img_3653


Img_3673


Img_3687


Img_6865


直接的な被害は避けられましたが、台風18号の暴風圏内で海上アクセスがストップして孤島化の日々です。波は高く風は吹きまくって大しけです。風裏では一見に穏やかな海ですが、台風の動きによって刻々と風向きが変わっていきます。明日の朝は台風一過で青空が見られそうです。

2014年10月 4日 (土)

台風18号余波

Img_6755


Img_6753


Img_6760


Img_6773


大型台風18号が九州に接近中です。その影響で海上は大荒れで強い風が吹いて波しぶきが高く舞って自然の脅威を感じさせられます。週末は海上アクセスはストップして島は孤島閉鎖状態となります。殿崎から野崎山を望んで海峡を挟んだ朝風景です。もうちょっと望遠レンズ性能があれば、世界遺産候補教会群の野首教会の十字架に注ぐ朝日が撮影されたと思われる瞬間でした?

2014年10月 3日 (金)

日本晴れ

Img_6636


Img_6629


Img_6670


Img_6701


Img_6674


雨の後の秋の空は高くて透き通っていて新鮮な気持ちになります。日本晴れで雲一つない日の出の色が紅色に染まってスカイブルーへ広がり気持ちよくなります。”早起きは三文の徳”の朝風景です。目の前を走ってゆく漁船と飛び立つ鶴の一瞬の静から動の時空に感動です。

2014年10月 2日 (木)

秋の雨

P1090953

640" alt="1412283329078.jpg ">

P1090952_2


1412283337403.jpg


朝から冷たく感じる雨を傘でよけて仕事場へ歩いて行き海岸線の雨風景を撮りました。昼からは青空が見られ爽やかな秋風と秋空と海を眺めて心和む一瞬を過ごしました。今日は、島の診療所は眼科外来で福岡から来島し大忙しです。そして、医学部5年生が離島研修で一日だけ2名来られ、研修医が2名ほど一か月研修で島には6名の医師がいるサプライズです。夜は若い人たちの宴会で地元の旨い魚を食して楽しい時間を過ごしました。
(写真の魚は地元の名物珍味の”箱ふぐ””かっとっぽ”という料理です。酒の肴に最高!)

2014年10月 1日 (水)

10月の風

1412199251146.jpg

1412199253806.jpg

P1090932


Img_6615


10月に入り、周りの風景が秋一色になって朝は長袖を着て仕事に行き秋風の中で爽やかな気持ちです。午後に往診に行った先の庭にコスモスとバラが綺麗でスマホで激写してきました。10月の風を感じてくれると思います。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541