« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

秋風

Img_5385


Img_5402


Img_5411


Img_5423


天気が良くて朝日が拝める朝風景です。8月の最後の秋風を感じる一日です。日が立つのを感じる朝の一瞬です。筒井浦港の朝日の輝きが秋の到来を感じる一日です。

2014年8月30日 (土)

番岳

Img_5277


Img_5284


Img_5287


Img_5286

Img_5278


久しぶりの快晴で秋風が吹いています。島全体を望める番岳からの秋空の爽やかな風景です。生後間もない牛の愛らしさに感動です。雨天気で遅くなっていた稲刈りも始まり収穫の時期の様相です。

2014年8月29日 (金)

暗いよーな!

Img_5264


Img_5254_2


Img_5258


Img_5276


一日中、曇り空の天気で”暗いよーな!”な気持ちで如何にか義務感で(マンネリ化でしょう)ブログ写真スナップを撮っていました。技術でカバー不可能で精神力と気合でエネルギッシュに車で走ってきました。離島のガソリン高騰とリッター8kmの油を食っちゃう"Opel VITA 1.4 16V"は浪費家で朝夕の走行は大変です。

2014年8月28日 (木)

夕の西空

Img_5248


Img_5230


Img_5233


Img_5247


やはり、温暖化現象なんでしょうか、最近の気象現象は南下しているようですね、小さい頃の天気と違うように思われてなりません。夏は過ぎて行きますが、今年の秋はどうなるんでしょうか、なんて考えていることが可笑しくてなりません。

2014年8月27日 (水)

夕立

Img_5198


Img_5202_2


Img_5208


Img_5211

今日も相変わらず、朝と夕は雨模様で不快指数が上昇しています。不思議に昼は日差しが照っていておかしな天気です。農家の人は、田んぼに水があり農耕機械が入れずて手狩りの稲刈りで大変です。如何にかして、斑島一周の夕景を撮ってきました。

2014年8月26日 (火)

西海岸の夕風

Img_5143


Img_5150


Img_5169


Img_5191


Img_5155

小値賀島本島の西海岸(浜津と斑島の瀬戸)からの夕日風景です。大潮のため潮流が早くて潮風が吹いており視界が良くて雲の多い天空ですが、仕事を終えてからの爽やかなスローライフな時空です。

2014年8月25日 (月)

晩夏

Img_5069


Img_5094


Img_5109


Img_5124


Img_5052

もう夏が過ぎ秋風が吹く8月末の季節感がしています。夕方に、当然に豪雨落雷の激しい時間が去った後は青空と太陽光が見られました。今日は当直でなく、姫の松原から浜津後目の草原から五両だけと夕やけロードの夕景を楽しんできました。生まれたばかりの子牛に感動してきました。もう、秋風が吹いています~~~

2014年8月24日 (日)

異常気象

<Img_2616


Img_2621_2


Img_2623


Img_2628


Img_2629


日本全国に局地雨の被害で大変な様相です。一日で月の降雨量がみられる異常気象で天変地変です。最近は、朝と夕方は必ず雨が降ることが多くてスナップ写真を撮る苦労がありネタ不足状態です。週末は仕事だったので良い写真が撮れませんでした。

2014年8月23日 (土)

久々

Img_4992


Img_5008


Img_5028

Img_5043


久しぶりに朝日がみられ安心感の土曜日です、週末は天気の悪い8月でしたが、早起きして野崎島から昇る朝日を見て何か穏やかさを感じます。海は静寂で朝陽が鏡の面に輝くような癒しを感じます。晴天で明日は雨のようで、午後から庭の消毒を友人にして頂き感謝の一日です。自宅の庭も馴染んできて身近に感じてきたようです。

2014年8月22日 (金)

一瞬一生

Img_4949


Img_4962


Img_4967


Img_4975


Img_4991


まさしく、”いま”は”いま”だけなんでしょうか。過去とか未来とか時間は実在のない時間観念なんでしょう。大した写真ではなのですが、写真を毎日毎日に撮っていると、一瞬一生を脳裏に感じることがあります、

2014年8月21日 (木)

神々しい

Img_4919

Img_4908

Img_4935

Img_4926

今日も、朝と夕に雨が降って不快指数高い一日でしたが、サプライズで斑島”ゆうやけロード”で神々しい夕景を独占しました。雲の多い瞬間の夕日は目を疑うような美しい空間が西の水平線上の狭い所で見られました。ただ感動の神からの贈り物の一言です。

2014年8月20日 (水)

夏雨の一瞬

Img_2567


Img_2571


Img_2574


Img_2570


Img_2560

毎日毎日の朝夕の激しい雨の天候不順です。何故かしら、昼間は青空が見えて安心するのですが、悪いことをしたかのように夕方から暗い天気で激しく雨が降ってきます。摩訶不思議な毎日です。

2014年8月19日 (火)

海と遊ぶ

Img_4828

Img_4811_2


Img_4864


Img_4876


Img_4846


Img_4862

急に西の空が明るくなったので、重い体を奮い起こして五両だけは良い夕日がみられる予感がしていってきました。結果良しで素晴らしい海岸景観スペースで有意義な一人だけの世界で癒されてきました。島のパワースポットです。渚の癒しイオンと波の音や滝からの滴る(流れ落ちる)水音で気持ちよくなってきました。

2014年8月18日 (月)

ゲリラ豪雨

Img_4772


Img_4754


Img_4779

Img_4766


Img_4791


予測が困難な積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨を”ゲリラ豪雨”と言われるようです。2008年頃は頻繁にマスコミされていましたが、最近では全国的に豪雨が見られますが耳にしないようです。何故ですか、スケールの問題なんでしょうか、予測が困難な大雨が多すぎる今夏です。夕方に空が急に黒くなって豪雨が見られて、急に西空に青空が見られ倦怠感の気持ちを奮い立たせて写真を撮ってきました。一瞬の空と海と風のなかで自然の凄さを感じてきました。

2014年8月17日 (日)

異常気象

Img_4651


Img_4663


Img_4689


Img_4703


雨が多い夏で全国各地で災害の多い異常気象の日々です。突然に予測ができない災害が多いようです。長く住んでいる土地で初めて水没する驚きの声が多すぎるようです。予期できない自然災害の怖さを感じて日々の対策が必要に思います。自然と人の調和が必要なんでしょう。確かに、日照時間が少なくて雨の日が多い夏風景でスナップ写真も”空と海と風のなかで”の良い一瞬が発見できず苦労しています。

Img_4678


2014年8月16日 (土)

愛宕山から

Img_4642


Img_4644


Img_4637

Img_4635


島では”稲刈り”が始まって稲の香りが漂って晩夏から初秋の風景です。お盆すぎても天気が思わしくなくて爽快感がないのですが、暑さを感じられなくて過ごしやすい日々です。夏祭りも終わり帰省客も都会に帰ってしまい静寂の島風景です。勢いよく鳴く蝉の音が物悲しく聞こえてくる一日です。

2014年8月15日 (金)

夏の雨

Img_2548


Img_2555


Img_2539


Img_2552
朝から激しい地響きする落雷と豪雨にでした。一年で島の人や帰省客が楽しみの”ペーロン大会”は中止でしたが、夜の夏祭りと花火大会は小雨降る中で開催されて良かった夜の島の大宴会でした。年々に人が少なくなっていく島に複雑な思いになってしまうお盆です。

2014年8月14日 (木)

お盆

Img_2502


Img_2504


Img_2512


Img_2519

島は帰省客で活気が見られす。あいにくの夏らしくない曇天です。お墓から聞こえる爆竹や打ち上げ花火と蝉の声がお盆が来たんだなーと思う一瞬です。天気に負けない勢いで短いお盆が盛り上がる島風景です。

2014年8月13日 (水)

夕暮れ時

Img_2489
お盆の帰省客帰りを乗せて佐世保港」18時35分発夜行便”フェリーなみじ”で島へ帰ります。夕陽が輝いて、雰囲気がある夕方の潮騒の世界です。看板では写真を撮る人が多くて場所取りで一苦労です。ふるさと帰りで人の想いを感じる瞬間です。

Img_2488


Img_2494


Img_2499


2014年8月12日 (火)

お盆

Img_2429


Img_2432


Img_2439


Img_2449

朝夕は肌寒い風が吹いている8月半ばの不思議な天気です。お盆入りで(13日から)県外ナンバーの車が目立つ帰省客の多く目立つ日々です。今日は盆休みで佐賀にいて、明日は島でお墓参りの予定です。

2014年8月11日 (月)

天草西海岸サンセットライン

Img_2402


Img_2353_2

Img_2333


Img_2361


Img_2380

”玻璃(ギヤマン)に香る葡萄酒(ワイン)の色の輝き 天草の夕陽は日本随一の景観”に憧れて夏休みに旅してきました。天草西海岸サンセットラインの”海と空と風の中で”を堪能してきました。”野の花、里の花、海と山と花の旅”のキャッチフレーズに相応しい時空です。

2014年8月10日 (日)

新フェリー太古

Img_2199


Img_2210


Img_2227


Img_2265


Img_2202


台風一過の海上アクセス再開の一便”新フェリー太古”(7月7日就航)にて二日遅れの夏休みです。博多までの船旅は、天気は良かったので快適でしたが、生月大橋通過の頃から曇り空で北風で時化ており船酔いしてしまいました。大型でゆっくり台風11号の全国的な影響は大きかったようです。博多港に着いたら雨の都風景でネオンが眩しく懐かしくなりました。

2014年8月 9日 (土)

台風余波

Img_4529_2


Img_4556

Img_4597

Img_4584


台風11号は九州直撃は避けられましたが、強い風と高波で島は孤立化して船は動かない閉塞感を思う週末です。盆の帰省が始まり大変なパニック状態で船着き場は混乱しそうです。夕方に斑島に行ってみましたが、台風11号通過の返し風が北風が猛烈に吹き返して大潮のため潮位が上がり高波で自然の猛威に恐れを感じてきました。

2014年8月 8日 (金)

台風11号接近

Img_4470


Img_4449

Img_4478


Img_4483


Img_4457

台風接近の余波の夕景です。燃えるような赤い幻想的な風景です。雲は瞬時に変化して流れて、海は高波が飛沫を粉砕して男性的な風景です。直撃を避けられように我儘的な思いをこめて時の流れを見守る時空です。

2014年8月 7日 (木)

クルージング

Img_2114


Img_2115_2

Img_2098


Img_2110


Img_2121


Img_2123

午後から、月一回の小離島診療で前方筒井浦港から六島へ行って診療(7人)して納島へ移動して20名ほど診療してきました。本島へ通院できないお年寄りの健康管理診察と投薬を漁船に乗って行ってきました。今回はスタッフ二名と研修医二名と医学部5年生二名の地域研修にて大所帯の賑やかな若いチームで楽しい時空を満喫してきました。真夏のマリンブルー空と海のなか心地よい潮風をうけて躍動感の一瞬の連続で脳内セロトニンがバンバンの時間でした。六島は若宮神社が猫様で犬がいない島で人様より猫数が多い猫天国のようで長閑な時間を感じてきました。

2014年8月 6日 (水)

夕日

Img_4323

Img_4329_2

Img_4338


Img_4362_2

ドサクサな感じの一瞬夕陽を撮りに夏バテ状態で大浦の海岸線を走ってきました。島の海は鏡の面のような穏やかな雰囲気が漂う風景が好きです。

2014年8月 5日 (火)

Img_4277


Img_4296


Img_4294


Img_4313


本当に日照時間が少ない夏天気です。梅雨明けも例年に比べて遅い今年です。また、台風接近が多い異常天気です。早期米の稲穂の実りが遅くて稲刈りが遅くなっています。天気の悪い一日の薄暗い夕方の五両ダケの海の透明性に感動です。

2014年8月 4日 (月)

小雨の夕景

Img_4240

Img_4242


Img_4246


Img_4256


猛暑日から台風一過で肌寒い風が吹く変な天気です。光がギラギラ照らないのは8月の夏天気ではないようです。近代化してない島の小港の雨の夕景は静かで安堵感の気持ちが快感を覚える一瞬でした。

2014年8月 3日 (日)

夕景

Img_4183


Img_4192


Img_4195


Img_4216


台風12号は雨風の強い週末を島の孤立化にするほど嫌な台風でした。台風去った翌日の天気もスッキリしない風と波が荒れている島風景です。本土からのフェリーの警笛が鳴ると安堵感の小雨の夕景です。

2014年8月 2日 (土)

待機

<Img_4136_2


imgImg_4153


Img_4166


Img_4147

自然の猛威に為す術もなく台風通過を待つのみの時間です。人間が昔の生活にタイムカプセルしたような自然に頭を下げるのみの時空です。

2014年8月 1日 (金)

台風接近

Img_2031


Img_2040


Img_2048


Img_2053


Img_2025

台風12号が五島列島に接近しています。直接的には打撃は避けられそうですが、雨台風で注意が必要です。昼から海上は荒れてきてアクセスは完全にストップしてます。風が叫んで吹いています。週末は晴耕雨読の時空でしょうか。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959