« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

朝の輝き

Img_4057


Img_4085


Img_4099


Img_4110


サプライズな燃えるような朝風景です。神島神社からの野崎・沖の神嶋神社を望み平戸志々岐神社や安満岳を拝むような神々しい朝焼けの光輝く感動の時空です。早起きして良かったなーと思う一瞬です。

2014年7月30日 (水)

夏の海

Img_3946


Img_3975


Img_4018


Img_4000


Img_4023


長崎鼻から望む夏の海風景です。五両ダケの白い砂浜が透明度高い海と松林と調和して素晴らしい。西の水平線に外国航路の船影が見られ夢が一瞬に広がってきます。子供の頃の遠い世界の夢が思い出されていきます。

2014年7月29日 (火)

夏の夕景

Img_3904


Img_3910


Img_3916


Img_3918


真夏の晴れ空の美しい夕日の時空です。久しぶりに雲のない水平線に落日の太陽を拝める一日です。しかし、時間がなく撮影ポイントを間違って水平線に沈む太陽は見られなくて残念な気持ちです。本当にしずかで穏やかな風景です。

2014年7月28日 (月)

夕焼け

Img_3844


Img_3859


Img_3899


Img_3902

おもわず虹も見られ夕焼けが美しい時空です。曇り空のなかで、西の空が明るいので”まだら夕焼けロード”に約2時間ほど頑張って写真撮ってきました。予想以上の夕景が広がっていて満足に時間でした。
Img_3889


2014年7月27日 (日)

赤浜海岸

Img_3782


Img_3780


Img_3781


Img_3795


Img_3791

島全体が西海国立公園の風光明媚な美しい小離島です。火山から出来た島なので火山灰の赤色土や赤い砂状の海岸の不思議な光景に圧倒されます。散策するのに青と赤と緑の中で異風景の中で長閑な時空を楽しんで良い感じです。自然が作った美しさを感じさせられます。

2014年7月26日 (土)

猛暑日

Img_1957


Img_3752


Img_3721


Img_3772


猛暑日の夏の太陽が厳しい一日でした。午後からは真夏の海と空のなか、南風の風に吹かれて湿気を感じて汗ダクダクの不快指数高い夕方でした。夕日と松林の風景調和が少し気持ちを和らいでくれる夕景です。

2014年7月25日 (金)

夕景

Img_3631


Img_3628


Img_3639


Img_3686

斑島からの夕景です。斑灯台のある草原からのパノラマ360度の夕陽に輝く開放感豊かな人がいない長閑な時間です。波の音と潮風に吹かれて癒しの時空です。

2014年7月24日 (木)

Img_3580


Img_3594


Img_3591


Img_3612


Img_3619


朝のパワースポット”野崎島・お山様”の姿を撮ってきました。小値賀飛行場から緩やかな時間の中で癒しの一瞬を体感してきました。自然の威力を感じてきました。

2014年7月23日 (水)

猛暑日

Img_1889


Img_1893


Img_1910


Img_1905


Img_1873


宇久島へ柳港から”連絡船・みつしま”にて行ってきました。砂浜が綺麗で島の中央に城ヶ岳(高さ200m前後)がそびえ立って風光明媚な島です。スゲ浜海水浴場は開放感豊かな白い砂浜で青い空とオーシャンブルーの海の中で潮風と波の音で癒しの時空です。

2014年7月22日 (火)

快晴

Img_3511


Img_3514


Img_3520


Img_3516

雲一つない晴れた朝風景です。日の出を拝むのは久しぶりのようえ、見事な夏の心地よい朝風が吹いている躍動の早朝です。朝の光を体感することは健康に良いことのようです。

2014年7月21日 (月)

夏の海

Img_1835


Img_1845

Img_1851


Img_1824


夏到来で、五島の海は活気が出て海の紺碧の広がりがみられ開放感を感じて素晴らしい気持ちになります。新船”フェリー太古”の清楚なカッコいい走行を九州商船”なるしお”から野崎島を背景に気に入った写真が撮れました。

2014年7月20日 (日)

にわか雨

Img_1802


alt="Img_1773" title="Img_1773" src="http://ojika.cocolog-nifty.com/ojika104ki/images/2014/07/22/img_1773.jpg" width="300" height="198" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />

Img_1765

Img_1769


Img_1770

猛暑の天気不安定な一日の佐賀です。夕方に突然に豪雨が見られ急に雨が止み”にわか雨”で雨に濡れて飴は止み、爽やかな夕暮れに焼鳥屋に行って宴会でした。ビールと焼鳥が美味い時空を過ごしてきました。

2014年7月19日 (土)

蝉の音

Img_1736


Img_1734


Img_1738


Img_1746

本格的に”梅雨明け宣言”の日です。初蝉の音に夏の到来の勢いを感じる暑い一日です。フェリーからの海は夏の看板が立っていて躍動的で猛烈さが広がっています。夕景も蝉の音の中で勢いを感じ、燃えるような赤い輝きの時空で感動です。

2014年7月18日 (金)

夏休み

Img_1705


Img_3439


Img_3461


Img_3448
海が穏やかな鏡面のような静かな佇まいの島風景です。けして天気は真夏でありませんが、夏休みがやってきました。島外からの観光客も増えて賑やかな時期になります。また、島外に出ていく人も多く見られ交流がみられ港ターミナルは活気が見られるようです。

2014年7月17日 (木)

梅雨明け?

Img_3356


Img_3362


Img_3401


Img_3413


Img_1692

梅雨明けの予感を感じる一日です。空気が乾燥し透明感に溢れた島に夏到来の時空です。マリーンブルーの空と海が爽やかな夏風吹かれて癒されます。五両ダケの白い砂地まで下りてみると、干潮の浜に何人かの足跡があり観光客が来ているんだと思いながら、海に帰れなくて青いクラゲが印象的でした。
Img_3427


2014年7月16日 (水)

濃霧

<Img_1644


Img_1671

Img_1666


Img_1654


Img_1662

視界不良の濃霧のなかでの”幻想的風景”が別世界に来たようで気分転換できました。一見、梅雨濃霧で気持ちが落ち込みそうですが、よく身の回りを見てみると緑の幻想世界が広がっていることに視覚的に感動です。”色不異空、空不異色、色即是空、空即是色”なんでしょう~~~

2014年7月15日 (火)

梅雨の薄曇り

Img_1611


Img_1612


Img_1619


Img_3321


毎日の雨が降り午後から薄晴れの毎日です。梅雨明けが近づいているんでしょう。大地や海の生物はこの時期に喜んで成長しているようです。人は少し違うようですが、日本の四季の人々の営みの有難さを想うと刺激的で良いんでしょうか~~~

2014年7月14日 (月)

海岸

Img_3314_2


Img_3318


Img_3326


Img_3343


Img_3302


朝は小雨から午後に日差しが出て夕方は雲が漂ってくる変化の多い天気の一日です。午後からは島の海岸線は夏の感じが溢れていました。ハマユウの花が生き生きに咲いていて元気が出てきました。よく見ないと気付かない所に夏の到来を感じます。

2014年7月13日 (日)

稲穂

Img_3282



Img_3256


Img_3263


Img_3249_2


Img_3261_2

稲穂の穂が出てきて、島全体は稲の穂の香が広がって香ばしい爽やかな感じがして梅雨空に前向きな心になっていきます。人間にとって香は大切な感覚なんだなーと思う時空です。

2014年7月12日 (土)

雨の海

Img_3214


Img_3222


Img_3225


Img_3226


Img_1595


夏バテのこの頃です。週末は島に居るので感動の一瞬をと狙っていますが、天気が悪くて期待が外れそうです。最近思うのですが、松と海と空のなかで潮風が吹いているなかで視覚的に快感を与えてくれる自然が素晴らしい島だなーと改めて感じます。大陸に近い文化を感じたり古代からの歴史を感じることに不思議なロマンを想像してしまいます。

2014年7月11日 (金)

夕方

Img_3160


Img_3164_2

急に、夕方に空が高い青空が見られ浜津の草原にワーキングを兼ねて空と海と風を撮ってきました。あっけなく、夕陽が沈むことなく雲に消えてしまいました。大潮満月の満潮の時間で、斑瀬戸の潮汐の音が聞こえてきそうな躍動を感じてきました。

Img_3187


Img_3201


Img_3207


Img_1541


2014年7月10日 (木)

台風一過

Img_3077


Img_3074


Img_3116


Img_3138


大型台風8号は北上から東に急に曲がって五島への直撃は避けられ安心でした。午後から晴れ間が見られ”台風一過”の風景です。海上は荒れていて本土からのアクセスは3日間ほど途絶えていて大変です。”台風一過”の島風景は何もなかったように風光明媚の爽やかな感じが広がっていました。

2014年7月 9日 (水)

台風8号

<Img_1487


imgImg_1513

Img_1518_2


Img_1527


台風接近で直撃予想ですが、東シナ海で急に北上から東へ向きを変えて島への直接的影響は避けられそうです。家の窓には板が打たれて完全防備です。自然の猛威には人は受動的体制で成すがままです。災害が避けられることを願って早寝の一日です。


2014年7月 8日 (火)

夕景

Img_2989

Img_3038


Img_2920


Img_2976

大型台風8号接近前のサプライズ夕焼け風景です。斑島サンセットロード・斑大橋からの午後8時頃の根気強く待って撮った感動の瞬間です。

2014年7月 7日 (月)

雨の夕景

Img_2821


Img_2837


Img_2860


Img_2873

モノトトーンの殺風景な一日のようですが、大地や海や空は生き生きしてることを強く感じさせられ心の底から元気が出てきます。生かされているという安心感です。一瞬にどう感じるかが大切なんでしょう。

2014年7月 6日 (日)

豪雨落雷

Img_1429


Img_1440


Img_1434


Img_1456

落雷豪雨の荒ましい一日です。鈍より梅雨雲が海上を覆っていて不思議な風景です。それに反して海上は穏やかで不気味な感じがします。台風接近があり今後の天気が気になる梅雨明け前の一瞬です。

2014年7月 5日 (土)

玉屋デパート

Img_1373


Img_1375


Img_1374


Img_1383


久しぶりに佐世保に泊まって二日酔いの朝は散歩して約一万歩を達成でミラクルです。小さい時から島より都?佐世保に来たら玉屋デパート最上階の食堂で食べるのが楽しみで必ず行っていました。安くて新鮮素材で旨くて好きな食堂です。今日は十割蕎麦と松浦星の地酒で佐世保の街を眺めて静かな時空で心地よい一瞬です。生まれて初めて、ここで一人で小学生の時に牡蠣フライを食べて感動した時間が脳裏に湧いてきました。

2014年7月 4日 (金)

霧雨

Img_1297

Img_1316


Img_1309


Img_1301


鬱陶しい一日です。昼から私的な仕事(講演会)で年休を取って島を出ました。朝から霧雨がたちこめた島風景です。午後に仕事を終えて”赤浜海岸公園”に何気なく言って五島列島を眺めてきましたが、上五島・津和崎・仲知が微かに見えるぐらい視界が不良でした。赤浜と松と芝と海が調和して好い感じでした。

2014年7月 3日 (木)

雨上がり

Img_2777


Img_2782

Img_2789

Img_2802

昨日から大雨で九州北部に土砂災害や冠水が見られ自然の猛威に驚くばかりです。島は高い山や川が無くて大雨は海に流れていくので被害は無かったようです。雨上がりの島は海岸線に大水が流れて土地が砂地がえぐれているいるところが見られました。霧雨のなかで、田んぼの稲は濃ゆい緑色で恵み雨だったようです。


2014年7月 2日 (水)

つゆ雨

Img_1274


Img_1278


Img_1285

Img_1276
朝から窓の外からの庭の草木に降り注ぐ雨の音で目が覚める一日です。昼から雨と風が強くなり、仕事も何となく多忙で、歳のせいか昼休みの写真撮りも視界不良と雨に濡れたくないためスナップなしに(ブログネタなし)気がつく一日でした。夕方の会議と急な書類を終えて、午後6時50分頃に車から雨に濡れないようにカメラを大切に思いつつ車内盗み撮りしました。意外とスナップ車内盗影は好奇心強い意外性の風景と思う一瞬でした。太陽が見られなくてもヘッチャラさでしょうか!


2014年7月 1日 (火)

夕方の海岸

Img_2756


Img_2712

Img_2716


Img_2731


Img_2748

やっぱり!過疎地だなーと考えてしまうほど島の人と会わない海岸線めぐりです。今日は午後7時頃に、浜津後目港から五両ダケと柿の浜海水浴場まで島の西北側を車で走ってみました。”誰もいない海”の世界で天気は曇天でしたが、海の透明性に癒しの時空です。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046