« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

PM2.5

Img_2669


Img_2676


Img_2688


Img_2694

梅雨時期の風が淀んだ日のPM2.5は嫌な感じで喉や目が痛くて風景どころでないようです。大浦港の外堤防からの午後7時前後の日没です。ここは以前は海が砂地で今頃はキス釣りをしていた記憶が蘇ってきました。肘たたきという大きなキスが釣れていました。

2014年6月29日 (日)

斑灯台

Img_2649


Img_1207


Img_1225


Img_2586


Img_2652
晴れた日曜日の午後は島の大草原で無心の世界です。潮風をうけて芝の草原を5000歩歩いて芝の上に座って360度のパノラマで愉快な気持ちで横になって眠ってしまいました。19時過ぎまで居座っていましたが、結論的に水平線の手前で夕日は消えて霞んだ夕景でした。夕陽に映える海と斑灯台が輝いていました。

2014年6月28日 (土)

水に遊ぶ

Img_1120


Img_1135


Img_1158


Img_1187


二日酔いの一日です。ヨロヨロ歩行で一日一万歩目標を達成すべく夕方は佐賀・田布施川と神野公園を写真撮りながら迷走瞑想してきました。夕陽に映える生き物たちや水面が輝いていて感動があります。

Img_1143


2014年6月27日 (金)

晴れ空

Img_1077


Img_1056


Img_1072


Img_1100

昼から筋雲やウロコ雲の高い青空の梅雨晴れで爽やかな風で心軽やかな明るい気持ちです。昼から船に乗って島から本土へ開放感一杯の無心の自由時間です。夜中は旧知の友と楽しい愉快な宴会で酔いすぎたようで爆睡の時空を彷徨っていました。

2014年6月26日 (木)

梅雨の松風情

Img_1013


Img_1016


Img_1025

Img_2472


Img_2482
午後のグリンロードを車で走ってみました。小値賀空港から新田を通過して柳までハイウエイ?です。この島は、昔は二つの島で大きな埋め立て事業で瀬戸を埋め立てして新田を作り一つの島になったそうです。当時は潮流の早い瀬戸で困難を来したようで、牛が大きな貢献して犠牲になった事で船瀬に供養塔が建てられています。新田では稲作がなされ島の食糧が良くなったようです。昔の平戸藩の”膳所城”跡を見て柳東海岸へのグリンロードです。松の風景が梅雨空に青緑色に輝いて和ましてくれました。また、地元の樹医さんが小雨の中に2年ぶりに家の門の横松を手入れしていただいて、立派な構えになり感動の夕方でした。松の手入れは大変なことや生き物で太陽光を万遍なく行き渡るようにして、切るところは切り、時期に適切に対応して育てる事だそうです。

2014年6月25日 (水)

自然のなかで

Img_2441


Img_2450


Img_2456


Img_2427

天気悪し仕事多忙の写真撮りに暇がない一日でした。それでも車で走って呪われたように義務的にいる自分が不思議です。万歩計で5000歩は稼いでいるようで健康そうですが、息途絶え途絶えに歩いている姿は異常事態かもしれません。いつかは必ず良いことがある事を望むだけです。海の透明感に驚いた夕景でした。

2014年6月24日 (火)

静かな朝

Img_2376


Img_2380

Img_2383


Img_2399

静かな朝の海の佇まいです。梅雨の気候の中で幻想的で海の透明感がみられ穏やかな心持で朝の目覚めが爽快です。体調が不調になりやすい時期で一瞬の時間んです。

2014年6月23日 (月)

淡い夕陽

Img_2329


Img_2326_2


Img_2343


Img_2360


Img_2361


淡い感じのボーとした夕方ですが、爽やかな梅雨の風が草原を吹き抜ける中で無心に歩いて爽快な気分になりました。不思議な感じです。自分の好きな言葉”空と海と風のなかで”の気持ちになったんですね。

2014年6月22日 (日)

太陽

Img_2240

Img_2249


Img_2228


Img_2257

突然の西空から太陽が輝いて驚きの夕方です。強い梅雨前線で九州地方は大変でした。海に輝く太陽光はキラキラと広がって感動を息吹を感じさせてくれます。今日はTVで写真のリアリティについて”上田正治と土門拳の世界のリアリティ”がありました。分かりそうで分からない世界と思いながら、自然に向かい人を対象にしない自分が逃避し閉鎖している自己満足なんでしょうかと~~~如何でも良いと考えながら久しぶりの酒で泥酔しまいました。

2014年6月21日 (土)

雨の番岳

Img_0932


Img_0926


Img_0929


Img_0925

雨に霞むパノラマ展望台の番岳からの午後風景です。牛と松林が印象的な眺めの島風景だと改めた感じる瞬間です。

2014年6月20日 (金)

小雨

<Img_0869

Img_0863

Img_0866

Img_0871

晴れ空から曇り小雨の夕方風景です。梅雨の特徴的な天候で体調を崩しやすい湿気の多い日々です。夕陽が見えない日は夕暮れが早くて島風景写真撮影に困難が見られます。苦しい時の神頼みで、近くて変化のみられる大浦地区の風景です。田園風景と松の防砂防風林の緑の調和が素晴らしいです~~~

2014年6月19日 (木)

大きな気持ち

Img_2091


Img_2104


Img_2122


Img_2153


Img_2190

快晴の奇麗な夕陽の時間です。長崎鼻と五両ダケの静かな佇まいのなか、広大な芝生の放牧場はアザミと牛の糞で野性的な大きな気持ちになります。

2014年6月18日 (水)

梅雨晴れ

Img_1985


Img_1986


Img_2031


Img_2027
久しぶりの晴れ間で気持ちの良くて不快指数を吹き飛ばす午後風景です。初夏の爽やかは風が吹いている風景です。黄色いヒマワリが咲いて田の稲も成長して微風に負けず喜んでいます。

Img_0849


2014年6月17日 (火)

梅雨の雲

Img_0807


Img_0816


Img_0822


Img_0840

梅雨空の光が少ないなかの雲は迫力があります。お山様の厚く覆われた雲は正しく霊感を感じてしまいます。雨の時も、それなりに趣があって感動の一瞬をあらためて新発見です。

2014年6月16日 (月)

夕方の渚

Img_1913


Img_1920


Img_1928


Img_1940


Img_1934


梅雨の夕方の渚の佇まいです。渚は静かさの中で寄せる波が夏の到来を待っているようです。島で一番人気の2柿の浜海水浴場”は眼前が素晴らしいパノラマで安らぎ世界です。白砂緑松の美景です。

2014年6月15日 (日)

本城岳

Img_1896


Img_1867


Img_1873


Img_1871


Img_1875

今日は山城跡の本城岳に登って平戸島や五島列島や東シナ海などパノラマ展望を期待してみました。放牧されて牛が猛烈に寄ってきて恐怖で本城岳西口登山口付近で登山を諦めました。麓の海岸線の風光明媚な場所で写真を撮ってきました。海の透明度と松の防風林の調和が綺麗で感動です。視界は霞んでいて遠くまで見えず残念です。島の中にも知らなかった安らぎのエリアが在るんですね、

2014年6月14日 (土)

前目岳から

Img_1836


Img_1840_2

Img_1841


Img_1842
Img_1839_2

赤浜園地から右の山道を登っていくと前目岳の頂上に着きました。桜の実が道に自然のまま落ちて、木々には一杯に広がっていました。曇天のなか森林のトンネルを歩いていて、爽やかな木漏れ日と風を感じて森林浴に感動です。昔は山の北斜面は放牧場で芝で草スキーをした記憶があります。今は森林化して山からの島全体の眺めが出来ないのが寂しい思いです。時の流れを感じます。野イチゴが昔のように実を赤くしていて、思わず食べて昔にタイムスリップして甘い味覚に目を思わず閉じて少年時代に戻ってしまいました。


2014年6月13日 (金)

夕陽

Img_1830

Img_1812


Img_1829

Img_1835
ぐずついた天気でPM2.5で霞んだ一日です。島の西目の稗崎・笛吹浄化センターからの夕景です。人がいない隠れた夕陽スポットで個人的に好きな場所です。防風林松が潮騒と夕風と夕陽で印象的で力強さを感じます。

2014年6月12日 (木)

斑島西海岸

Img_1681


Img_1676


Img_1691


Img_1674


Img_1702

仕事を終えてフリータイムで”夕焼けロード”から馬渡島西海岸線へ遊歩して散策して気分解放世界です。以前に釣りしていた島々や荒瀬が眼前に広がってワクワクランドです。斑島の断崖は美景で男性的です。今日は万歩計で7000歩でカロリー250消費の一日でした。

2014年6月11日 (水)

島から島へ

Img_0748


Img_0763


Img_0753


Img_0760


月一回の小離島(六島、納島)診療で漁船に乗って心機一転の一日です。あいにく、北風吹く時化の午後で爽やかな心持とは言えませんが、”風と海と空のなかで”島の風景に感動です。海上から眺める”フェリー太古”は、何時見てもカッコ良くて”海の貴婦人”で見とれてしまいます。パワースポットの”お山様”は身近に眺めるほど感動のエリアです。

Img_0747


2014年6月10日 (火)

透明

Img_1614

Img_1617

Img_1604

海の透明に魅せられた夕景です。空は鈍より雲で覆われています。風は初夏の潮騒を感じて爽やかです。島の景勝地でパワースポット”五両ダケ”です。

Img_1598


2014年6月 9日 (月)

梅雨空のなかで

Img_1565


Img_1527


Img_1530


Img_1542

Img_1549

太陽光が見られない梅雨空の一日でした。島の海を眺めていると、不思議と落ち込むことがなく穏やかな心持を維持して好い感じです。松林に守られた内海は癒しのリズムが体感されて疲労感を喪失させるパワーを貰いました。朝の”お山さま・野崎島”は雲が頂上を覆っていてパワースポットですね。

2014年6月 8日 (日)

紫陽花

Img_1483

無呼吸発作症候群かも
Img_1489


Img_1495


Img_1518


Img_1480
武雄杉岳のアジサイ寺で有名な大聖寺の癒しの天空です。


2014年6月 7日 (土)

嘉瀬川の夕陽

Img_1406


無呼吸発作症候群かもcom/photos/uncategorized/2014/06/07/img_1407.jpg">Img_1407


Img_1430


Img_1435

変な現象ですか。佐賀市でも梅雨空から夕方に西方の空が雲が突然にはれあがって夕日がきれいな風景が見られました。嘉瀬川に輝く夕景が素晴らしい。


2014年6月 6日 (金)

忍耐

Img_1315


Img_1347


Img_1362

Img_1377


Img_1384_2


梅雨の日没前の驚きのステージです。夕方の6時50分から五両ダケに陣取って、西方海上水平線上を日没まで我慢の一瞬です。その甲斐あって素晴らしい感動の夕景です。\(^_^)/

2014年6月 5日 (木)

夕凪

Img_1284


Img_1282


Img_1291


Img_1298


Img_1264

島の東南に位置する風光明媚な景勝地”赤浜海岸”から殿崎鼻の夕景です。曇天梅雨天気ですが、夕凪の穏やかな安堵感の広がった時間を感じてきました。人が誰もいない不思議な時空です。放牧場の牛が身近に感じた夕方の一瞬でした。

2014年6月 4日 (水)

雨のち晴れ

輝しい光と艶やかな紫陽花の夕方風景です。梅雨の天気は変化が多彩で気がゆるせない時空で想像できない一瞬が見られます。
無呼吸発作症候群かも無呼吸発作症候群かも
Img_0555


Img_0572


Img_0575

Img_1230


Img_0597

2014年6月 3日 (火)

一瞬

Img_1185


Img_1192


Img_1200


Img_1205


Img_1195


Img_1180
梅雨の夕方の雲の合間からの太陽光が大地と海にピンポイントに感動の一瞬です。昨夜からの雨で大気が清浄化されて視界絶良好のパノラマです。昔はこんなに遠くまで見えていたんだような!と思いました。視力が落ちても視界絶良好の時空です。東は平戸生月島が西は白瀬灯台が目の前に広がるような清らかな澄んだ世界が見られました。

2014年6月 2日 (月)

梅雨入り

Img_1070

Img_1094


Img_1102


Img_1106
九州地方は梅雨入り宣言が出されました。強い雨と風が見られ海上が時化てフェリーが欠航です。じめじめした天気が続きます。健康に注意の時期です。
無呼吸発作症候群かも


Img_1083


2014年6月 1日 (日)

水無月

Img_0990


Img_0999


Img_1017


Img_1056

柿の浜海水浴場からの早朝ふうけいです。静けさの中で寄せる細波が安堵感を彷彿します。納島から上る太陽が神々しさを輝かして良い感じです。朝焼けが綺麗な時空です。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近の写真

  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207