« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

予測外!

Img_9201_2


Img_9199_3

Img_9169


Img_9155


Img_9127
サプライズの夕方風景です!日中は鈍より曇りで太陽光がない憂鬱な時間でしたが、18時頃から西方海上に晴れ空が見られ感動の夕景でした。予想外の御褒美の美しい時空でした。

2014年4月29日 (火)

透明感

P1090598


P1090541_3


P1090531


P1090563


P1090583

島の海が夏に近いオーシャンブルー色に輝いてきました。生憎の曇天ですが、島は夏の前準備で海の透明感が見られ好い感じです。

2014年4月28日 (月)

春風のなかで

P1090476

P1090484

P1090489


P1090497


自然発生の靄とPM2.5の影響で視界が不良の雨の一日です。寒さを感じる4月末の一日です。写真を撮るのに苦労する一日です。しかし、野山の木々や草葉は大変に喜んで大地を緑色に艶やかに着飾って人の目を楽しませてくれているようです。

2014年4月27日 (日)

天気下り坂

Img_2697


Img_2693


Img_2700


Img_2672_2

低気圧の接近で天気は下り坂です。明日にかけて九州地方は春の大嵐のようです。又、寒の入りのようで体調が不安定になり心配です。海上のアクセスは次々に欠航になっています。

2014年4月26日 (土)

フェリーから

Img_2721


Img_2727


Img_2718


Img_2730

旅路は心ワクワクに気分が高揚して気分転換の薬です。ちょっと間違うと、毒薬にもなり最高の治療薬に成り得ると思います。まあ、ストレス解消ですな。今日の海は癒しの春の穏やかな佇まいです。

2014年4月25日 (金)

静かな朝

Img_2650


Img_2644


Img_2627


Img_2607

鶯がさえずり穏やかな朝風景です。朝の太陽光が驚きの刺激的な輝きで海と空のステージです。一瞬の感動の時空です。

2014年4月24日 (木)

春の輝き

Img_2569


Img_2592


Img_2596


Img_2598

島は磯の香りが漂って春の季節感でいっぱいです。天気の良い日は空と海と風に春の光を感じます。心身共に元気が湧いてくる近頃です。

2014年4月23日 (水)

朝の陽光

Img_2466

朝が日々早くなってきています。日の出時間が長崎で5時42分です。島は長崎より西側に位置していて5分ぐらい遅く日の出が見られるようです。早寝早起きの健康生活状態です。前夜の晴れの天気予報で、胸がワクワクの心持になります。今朝は期待通りの朝風景です。
Img_2475


Img_2489


Img_2500


2014年4月22日 (火)

曇りから晴れ

Img_2334

Img_2423_2


Img_2347


Img_2452


Img_2457

春は体調変調をもたらす時期なようです。寒かったり暖かったり晴れたり雨だったり変化が日替わりにみられ歳を重ねてくると堪えます。大地は緑の木々や花などで生命力豊かですが、気温の高低差に変化対応が大変です。朝は小雨から午後からは光が差して晴れ間の一日です。春の海が詩をの流れに力強さと優しさを感じる夕景です。

2014年4月21日 (月)

五両ダケ

Img_2288


Img_2283


Img_2287


Img_2298

実は、白砂緑松の風光明媚の”五両ダケ”の夕方の景色ですが、PM2.5と生憎の曇り空でした。海の透明さが美しいです。海岸線は野花が艶やかに咲き誇っていて生き生きさが満ちています。

2014年4月20日 (日)

春の風

Img_2161


Img_2170


Img_2176


Img_2206


Img_2248


心地よい爽やかな春風が体を吹き抜けていく癒しの瞬間の連続です。かぜが水面を吹き抜けて水面が踊っている様は春ならの躍動感を目にして嬉しいもんです。昼から日差しが見られ風に舞う若葉が嬉しそうに笑っていました。

2014年4月19日 (土)

Img_9070


Img_9079


Img_9081


Img_9092


Img_9073

Img_2151

福岡動植物園の春風景です。何か知らず、平を浄水の高級住宅地の花は田舎と違って上品に見えます。有名な”カカオロマンス”の”大好きな福岡辛口酒入り・箱入り娘カカオ”を買ってきました。ちょっとした自己満足・自己陶酔の瞬間でした。

2014年4月18日 (金)

荒天の光

<Img_9003


Img_9018

Img_9025


Img_9031


Img_9038

朝から雨の寒い週末の一日です。仕事を終えて急いで斑島の”夕焼けロード”まで行ってきました。幸いにして、西の水平線に明るい狭い空間に夕日を望めてラッキーでした。海岸線は非常に荒れていて厳しさを感じさせられる殺伐した中に夕日が輝いていました。

2014年4月17日 (木)

島一番の朝日

Img_8968


Img_8949


Img_8947

Img_8945

島の朝一番の太陽は唐見崎と筒井浦からです。パワースポット”野崎島”から出てくる朝日は神々しさが見られ元気が出てきます。静かな春の海の海面に輝いている太陽光はエネルギーを感じます。今日は夕方から低気圧通過で雨になるようです。春の天気の変化に体調を壊しそうになりそうです。

Img_8964


2014年4月16日 (水)

穀雨

Img_8891_5


Img_8899_3


Img_8922_6


Img_8934


Img_8910_3
穀雨とは田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨が降る頃を言うそうです。穀物の成長を助ける雨のことを言うんですね。島の風景は正しく”穀雨”の時期です。旧暦から新暦へ考えれば、4月20日頃だそうです。

2014年4月15日 (火)

朝の瞬間

<Img_8886

Img_8853_2


Img_8867

Img_8881

前方湾の早朝の佇まいです。古に、遣唐使の寄り道で停泊した天然の良港です。今は過疎化して寂しい朝の漁師さんの朝作業が見られず活気がない村落になっています。時代の流れを感じさせられる瞬間です。

2014年4月14日 (月)

春の大潮

Img_8843


left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />


Img_8738


Img_8822


Img_8724


感動の美しい太陽の日没時間の物語です。西の水平線に沈んでいく太陽を見れるのも久しぶりです。最近は、PM2.5の影響で邪魔されて仲々見られませんでした。大浦港から浜津西南海岸からの美景でした、

2014年4月13日 (日)

雨と光

Img_2110


Img_2119_2


Img_2136


Img_2142


2014年4月12日 (土)

春の勢い

Img_2047


Img_2057


Img_2066


Img_2081


Img_2089


春の嵐の大雨の佐賀の大地です。夕方に小雨になり”嘉瀬川上流とひょうたん公園”のみずみずしい若葉香るスローライフの風景です。水の力に癒される瞬間です。こうして癒されすぎて人間が立派になってない自分に反省の気持ちになる一日です。人間はアバウトが良いかもしれません~~~

2014年4月11日 (金)

斑島の夕方

斑島Img_8666_2


Img_8668


Img_8680


Img_8686


Img_8694

春霞なんでしょうか?やっぱりPM2.5のための太陽は見られますが、大気が霞んでハッキリしない淀んだ風景です。のどや目が痛くなってきます。如何にかならないのでしょうか。朝と夕に写真を撮ることが怖くなってきます。島の生きるものすべてが同じ思いで不安がっているんでしょう。海岸の黄色の花が映えて元気を貰って日没前に帰路へ急ぎ足でした。

2014年4月10日 (木)

夕方の五両ダケ

Img_8639


Img_8651


Img_8647


Img_2007


Img_8649

美しい澄み通る五両ダケの海岸線で癒されま。す春霞とPM2.5にて視界は良くありませんが、ダケの上の方まで
登ってみると素晴らしいパノラマで東シナ海が広がって雄大でした。

2014年4月 9日 (水)

原うらら

Img_8510


Img_8531


Img_8558
Img_8604

うらら!うらら!で楽しく明るい気持ちになって”山本リンダ状態”でしょう。変なおじさんになってしまうほど素晴らしい天気です。STAP細胞問題が益々に混沌状態で不可解な組織構造が浮かんでいるようです。真実は一つじゃないんでしょうか。遂に、ミラン10番の本田選手が初ゴールで賑やかです。何言われようが、結果が一番の現場です。でも、あっ晴れでしょう。

2014年4月 8日 (火)

朝早く

Img_8486


Img_8494


Img_8498


Img_8484

今日の日の出は6時22分です。6時過ぎに起床して朝早く準備します。早寝早起きは健康的です。朝の太陽光が輝いていて力強さを感じて好い感じです。春の海はのどかで心休まります。
Img_1950


2014年4月 7日 (月)

田植え

Img_8428
Img_8456
Img_8445
Img_8458


Img_8469


島では早期米の田植えが始まってます。島全体に活気が広がっています。自然の中が水は生命の源ですから、心と体に躍動感を与えてくれっるようです。

2014年4月 6日 (日)

花冷え

Img_1899


Img_1923_3


Img_1918_3
Img_1936_2

立派な快晴の花冷えのする一日です。景色は最高ですが、心と体がアンバランスな時空です。こんな日は活動的に外に出てみることです。大町温泉のひじりの湯の露天風呂でリラックス・スローライフです。世間は狭く色々の人の出会いがあるもんですね。露天風呂で御年配さんと話が盛り上がって、地元小値賀の話が懐かしそうに磯釣り談義で楽しい時間が過ぎ湯気上がってしまいました。

2014年4月 5日 (土)

清明

今日は暦上は”清明”の日だそうです。歯科治療で待っているときに、新聞コラムで”清明”と”三好達治の50年忌”が関連して二社新聞会社解説していて興味深く読んでしまいました。万物がすがすがしく明るく澄んで美しく陽光に輝く頃だそうです。”万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり”からの清浄明潔を略して”清明”と言われているようです。今年は桜の花は散っていますが、お花見時期です。雨の多い時期で温かくなったり寒い日が見られたりする時期のようです。沖縄では”清明祭・シーミー”で賑やかにお墓参りを行うそうです。若くして63歳で亡くなった三好達治は4月5日が命日です。昭和の叙情詩人・酒で死んだといってもいいような詩人。”あはれ花びらながれ をみなごに花びらながれ おみなごにしめやかに語らひあゆみ うららかの足音空にながれ をりふしに瞳をあげて 翳りなき寺の春をすぎゆくなり~~~”。歯科治療後、心に残る感動があり、早速に紀伊国屋に行き詩集を探しましたが無くて残念でした。

Img_1877_2


Img_1658


Img_8368

Img_8399


2014年4月 4日 (金)

西風

Img_8356


Img_8364


Img_8376


Img_8409


Img_8385

西風の強い寒”春寒”の一日です。昼から日本晴れの雲がない光輝く良い天気になりました。朝と夕方の素晴らしい週末の絶景風景です。夕焼けロードは西風が強く吹いて、西方海上は高波白波で赤島や帆揚げや平島や美良島は大荒れです。

2014年4月 3日 (木)

春の佇まい

Img_8336_2


Img_8339


Img_8350


Img_8354

日の出の島風景です。桜に緑の葉が急に咲き誇って変わり身の早さに驚きです。小値賀空港と水の下海岸からの野崎島を望む日の出です。太陽の光が日々に強くなっているようです。

2014年4月 2日 (水)

静かな海と空と風

Img_1745

Img_1784

Img_1807


Img_1858


Img_1828


静かな海と空知風の好い感じの天空です。冬の自然の厳しさは忘れて、春の明るい動的な時期に入っていきます。海面が鏡のようで穏やかになる一瞬です。

2014年4月 1日 (火)

春爛漫

Img_1713
Img_1696_2


Img_1715


Img_1728


Img_1731_2


春の花が咲き乱れ、光に満ち満ちた様子を”春爛漫”と言うそうです。まさしく、島の高台”番岳”からの景色です。PM2.5の影響が少なくて、平戸島・生月島がはっきりと見えました。桜や平戸ツツジや八重桜が芝に映えて綺麗です。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541