« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

曇天

Img_0280


Img_0277_4


Img_0282


Img_0284


天気下り坂で冬の季節が続いています。まだ春は遠いようです。寒気団が接近して寒い曇天の一日です。海は春の雰囲気が満ちていて霞現象のようです。庭ではラベンダーの花が咲いています。

2014年2月27日 (木)

浜津海岸から

Img_0244


Img_0249_2


Img_0256


Img_0272


ちょっと!感激で気持ちいい夕方の島西海岸風景です。厳しいい冬物語で一瞬の心休まる海と風と空の在り方です。

2014年2月26日 (水)

春一番?

Img_0232


Img_0223


Img_0222


Img_0230


Img_0214


急に!気温が上がって体感では春めいた雨の一日で風の強い一日です。自然界は雨の恵みで活気を帯びていて生命力を感じます。きっと、まだ”春一番”は先のようです。

2014年2月25日 (火)

PM2.5

Img_0191


Img_0201


Img_0205


Img_0211_2


Img_0173


PM2.5による最悪の島風景です。人災です。マスコミではPM情報を流して予防対策を広報していますが、根本的対策をしないと特に北九州地域の健康が不安です。

2014年2月24日 (月)

綺麗な朝

Img_0124


Img_0108


Img_0112


Img_0117


静寂で荘厳な新しい旅立ちのシーンを想像させられる朝時空です。自然は美しくあり厳しくあり冷淡すぎる事があり恐怖的であり人の上で支配しているかのようです。

2014年2月23日 (日)

恵比須さん

Img_0053


Img_0059


Img_0075


Img_0104


Img_0044


佐賀駅・恵比須さんに旅の安全祈願して無事に佐世保からフェリーに乗って島へ帰ってきました。高速船にて早く帰る予定でしたが、予約満席でフェリーで帰ってきました。船内ではゴロ寝状態で島の人と会話があって楽しいものです。そのせいか、西海の夕景が撮れて満足な時空でした。恵比寿さんに感謝です(賽銭を奮発してきました)。

2014年2月22日 (土)

佐賀城下町ひな祭り

Img_0021


Img_0025


Img_0033


Img_0018


Img_9991


Img_0001

天気が素晴らしい”佐賀城下町ひな祭り”です。県外からも多くの人が、佐賀城下の歴史深い雛人形を旧家や旧銀行屋敷にて旧長崎街道に沿って晴れやかに、梅の花や桃の花などの早春の香の中で煌びやかに”おめてなし”が一杯です。

2014年2月21日 (金)

霞んだ日の出

Img_9951_4


Img_9954

Img_9961


Img_9965


PM2.5のせいか咳と痰が出て喉が痛い目がチカチカする一日です。昨日から霞んだ景色で大陸からの公害に悩まされています。なるべく写真撮りで外出を控える方が無難です。普通のマスクではPM2.5は予防困難のようです。グローバルに環境問題の整備政策が経済政策よりも必須のようです。人は病気になったら弱い立場なんですから。

2014年2月20日 (木)

晴れた冬夕景

Img_9864


Img_9890


Img_9912


Img_9893


久しぶりの夕日風景です。島南西端の稗崎からの西方海上の穏やかな輝く夕方風景です。日没時間が18時前後と日々に遅れて遅くなっています。海岸は岩場にアオサが絨毯状に広がっています。海は早春の佇まいで一杯です。

2014年2月19日 (水)

夕景

Img_9800


Img_9814


Img_9819


Img_9829


Img_9810


仕事を終えて西の空が明るいので写真撮りに行ってきました。意外と、思いがけない良い感じの夕景が見られました。瞬間の太陽光の射し放射線が見られました。

2014年2月18日 (火)

荒海

Img_9717_2


Img_9721


Img_9733


Img_9750
正しく冬のj代です。厳冬の自然の厳しさを感じる毎日で心が萎縮しそうです。早く春の季節到来を前向きにいい方向性で期待したくなります。また、自然と仲良く暮らしていくのが大切な気持ちと思う日々です。

2014年2月17日 (月)

冬の暴風雨

Img_9694


Img_9693


Img_9692
暴風雨の寒波の一日で部屋でジーとしている時空です。写真撮影が困難な一日でした。テレビではソチ冬季オリンピックで日本選手の活躍が明るい心爽やかにしてくれる日々です。酒でなく、過疎地の離島の寂しさを癒してくれるオリンピックの活躍です。

2014年2月16日 (日)

晴れの一日

Img_7639


Img_9641


Img_9658


Img_9680


関東及び中部地方の以北では寒波大雪にて大変な状況です。九州は晴れ天気で寒さは感じらるも快適な一日です。佐賀から五島の帰路は線路沿線では春の訪れの白梅紅梅が咲き誇っていました。夕陽の海は春の暖かい潮騒が春風が感じられます。

2014年2月15日 (土)

輝きと躍動

Img_9583


Img_9600


Img_9613


Img_9625


海は広いな大きいな!喜んだり怒ったり寝ていたり悲しんだり優しかったり人の心と同じなんだなーと思う最近です。海は喜怒哀楽の春夏秋冬のドラマが大潮及び小潮で変化が見られます。

2014年2月14日 (金)

生命力

Img_9574


Img_9577


Img_9492


Img_9470


身近では梅が咲き誇り雨に濡れた椿の花がほころび前で命の躍動感を感じられます。今日も冬の嵐で海は大荒れで海上アクセスは全便ストップ状態で閉塞j感が広がっています。

2014年2月13日 (木)

空と風と海

Img_9549_2


Img_9551


Img_9555_2


Img_9562


こんなに天気が荒れ狂う日が続くと気持ちが落ち込んでしまいます。丁度、満月の大潮で潮の流れが早く時化ると高波・三角波になり船が欠航します。本土までの60kmの距離が遠く感じさせられます。島の冬は厳しい時期となっています。島風景は透き通って曇天ながらキリッとして風光明媚です。

2014年2月12日 (水)

静かな海

Img_9486


Img_9494_2


Img_9535_2


Img_9542


大時化の日々が続いています。ところが、夕方の島西海城は静かな穏やかな風情で心落ち着く瞬間です。雲の合間からの太陽光が界面に輝いて不思議な安堵感を感じます。

2014年2月11日 (火)

冬空

Img_7450


Img_7440


Img_7564


Img_7602


冬空の透明な澄み切った心地よい青空の一日です。朝焼けと夕焼けが綺麗な一日です。海上アクセスは大時化のため欠航です。島に帰れず、佐賀の寒い風の中で冬の日本晴れの時空を楽しんでいます。

2014年2月10日 (月)

天空

Img_9444


Img_9448


Img_9449


Img_9450
高野山の天空時空の風景です。雪が多くて零下気温の中で霊地の雰囲気が感じられます。旧正月のお参りをしてきました。心身をオーバーホールする瞬間です。

2014年2月 9日 (日)

高野山

Img_9410_2


Img_9404_2


Img_9433


Img_9407


Img_9392


毎年の恒例の高野山参りです。宿坊に泊まり心と身の修養時空です。白い世界の中で1200年の歴史空間で一つでも得るものがあれば良いと思う時空です。空気が清明だPM2.5の影響がなく痰咳が出ず体調が軽快に感じられます。

2014年2月 8日 (土)

冬将軍

Img_9389


Img_9394


Img_9438


Img_9441


九州地方や中国地方まで日本全国は大寒波の影響で雪が積もって日常生活が大混乱の一日でした。定期船が全線欠航で大波乱の連休前のパニック状態の一日です。秘密ルート?で本土に行くことが出来てサプライズの一日です。確かに海は荒れ狂ったら怖いと思わされた一日でした。

2014年2月 7日 (金)

悪天候

Img_9342


Img_9344


Img_9346


Img_9365


冬将軍の到来で五島列島は船欠航で大混乱です。島の厳しさを感じる一日です。寒くて北風が身にしみる週末になりそうです。

2014年2月 6日 (木)

氷雨

Img_9299


Img_9295


Img_9320


Img_9318


2014年2月 5日 (水)

二月の朝

Img_7424_2


Img_7432


Img_7437


Img_7435


Img_9288


寝床からの起床が寒くて辛い朝でした。立秋ンを過ぎて日の出時間も徐々に早くなり7時すぎです。慌ただしい時間の中で朝日の島ポイントで撮ってきました。あいにく、雲が邪魔していましたが、海は確実に春の兆しを感じさせてくれて気持ちが軽くなって良い感じです。

2014年2月 4日 (火)

立春

Img_9220


Img_9226


Img_9239


Img_9215


大地は生命の息吹を感じる景色が見られます。それにしても、寒い立春の一日です、島の風と空と海は立春です。

2014年2月 3日 (月)

PM2.5

Img_9180


Img_9183


Img_9203_2


Img_9209


昨日から、空全体が濃霧というよりPM2.5no影響でしょう。午後から晴れ予定が曇った状態で目や喉に刺激的な野外環境です。報道ではPM2.5が環境基準を越しているのですが、余り問題視していないようです。中国の春節祭の花火爆竹のせいではないでしょうが、環境問題のようです。風上で起こる事で風下の立場の人は防ぎようがないようです。家にこもって耐えるのみでしょうか、
Img_9184


2014年2月 2日 (日)

梅と椿

Img_7361


Img_7367


Img_7398_2


Img_7406


Img_7382


Img_7374

島の庭先には梅の花が咲きほころび椿が開花して地に落ちて風情豊かな情景が見られます。寒気と暖かい日が見られたためでしょうか。スイセンの香の中で色彩豊かな身の回りに安心感と暖かい気持ちです。

Img_7255


2014年2月 1日 (土)

冬の海

Img_7277


Img_7278


Img_7324


Img_7329


Img_7348


素晴らしい気分爽快のしま風景でした。島の冬の海は清潔感と透明感と躍動感で癒されました。床屋さんに行って心身を清めて、斑島と柿の浜と五両ダケの島巡りの時間かけた少し力を込めた時空です。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541