« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

朝の港

Img_9073


Img_9077


Img_9082


Img_9086


Img_9099

朝焼けから日の出のシマノ港は活気が見られます。小離島への連絡船や本土アクセスのフェリ^・高速線が汽笛を鳴らしてきます。朝日が綺麗な雄大な瞬間の時空が心癒してくれます。正に自然崇拝てきな心持ちになります。

2014年1月30日 (木)

海は春の兆し

Img_9064_2


Img_9060


Img_9068


Img_9069


Img_9071
島の海岸岩場はアオサが広がって春近しの潮騒模様です。まだ冬の季節ですが、海は春の兆しです。春夏秋冬の風情が見られる瞬間に感動です。

2014年1月29日 (水)

穏やかな冬の朝

Img_9051


Img_9027


Img_9037


Img_9044
日替わり弁当のような天気の変化で体調管理が歳をとってくると大変な日々です。落ち込んだ気持ちをスッキリさせてくれる朝風景です。アジサイの花が乾燥花状態で厳しい冬を耐えて春に向けて生きているのに感動です。Img_9048


2014年1月28日 (火)

番岳から

Img_9002


Img_9004_2


Img_9009


Img_9012


島に来たら、最初に島巡りに行くのは島全体が見渡せる番岳です。久しぶりに、天気が良いと思って朝早く車で行ってきました。誰もいない此の島を支配したかのような気持ちでしたが、あいにく、東空の水平線に雲が厚く見られ日の出までは仕事の関係で居れず帰ってきました。朝のフェリーが笛吹港に入ってくる風景はのどかな雰囲気でがあり島の生活感が溢れていました。

2014年1月27日 (月)

太陽

Img_8907


冬の高気圧前線に恵まれて日本晴れの一日です。朝と夕の太陽がダイナミックで美しい姿を演出してくれて感動と躍動の時空です。


Img_8917


Img_8960


Img_8978_2


Img_8931


2014年1月26日 (日)

冬の暖感

Img_8883


Img_8870


Img_8885


Img_8877


最近思うのですが、冬の花で”山茶花”の赤の色が目に入ることが多いようです。今まで意外と気がついていなかったことかもしれません。冬はモノトーン調でカラフルな世界を考えていませんでした。よく身の回りの生活感の世界を見ていると人は癒しの花を植えて楽しんでいるようです。佐賀平野は菜の花がさいていました。
Img_8871


2014年1月25日 (土)

夜明け前

Img_8828


Img_8832


Img_8834


Img_8837


夜明け前の海と空と風の中で、東空の”宵の明星”と津和崎灯台の緑色灯が輝いて印象的です。冬風が凪いだ朝で海面の輝きが癒してくれます。厳しい季節の中の暖かさを思う夜明け前です。

Img_8830


2014年1月24日 (金)

三世

Img_8818


Img_8802


Img_8807


Img_8814


Img_8815


過去・現在・未来の”三世”は空であり、肝心なことは、現在を生きて感謝し今を生きることでだそうです。過去はなくて未来もなく今をだけが大切に思う朝の瞬間時空です。

2014年1月23日 (木)

朝と夕の輝き

Img_8727


Img_8731


Img_8768


朝の仕事場に歩いて水の下海岸からの朝日の静寂な晴れた海と空と風の風景です。そして、浜津前目の西南海岸からの美しい黄金色の納得の風景です。松と海と夕日と春の予感の青海藻がみられ心地よい潮騒です。

Img_8785


Img_8761


2014年1月22日 (水)

久しぶりの晴れ

Img_8695


Img_8698


Img_8716


Img_8700

心が晴れ晴れしくなる天気です。朝の光と夕方の光が体内にエネルギーを萌えさせてくれる体感で嬉しくなります。冬の晴れは何か違うものを感じます。

2014年1月21日 (火)

冬天気

Img_8664


Img_8666


Img_8693


Img_8682


小雪が舞い散る寒い一日です。海は荒れていて北風に波しぶきが飛んでいて勇壮な厳しさを感じます。島の冬の時間はさみしさと厳しさを感じます。春が待ち遠しい気持ちになります。

2014年1月20日 (月)

曇りのち雨(大寒)

Img_8645


Img_8643


Img_8648


Img_8652


Img_8656


暦の上では”大寒”の日です。小さい頃は雪が積もり池では氷が張って地は霜柱が立っていて寒かった記憶があります。温暖化現象でしょうか。今は其のような風景は見られません。それでも、島の冬が風が強く体感温度が低いのは歳のせいか、島特有のものかなんでしょうか~~~

2014年1月19日 (日)

帰島前に

Img_8625


Img_8632


Img_8627


Img_8631_2


朝から冬の晴空で”冬のリビエラ”なんて陽気な気持ちにさせられる一日です。佐賀から島に帰る途中に”最近の売り出し佐世保五番街”で群集心理で楽しんできました。さすが、外人が多くて異国雰囲気が見られTSUTAYA・スターバックにてコーヒーを飲んで海を見て時間を有効に使ってきました。本屋とコーヒやは良いアイデアで納得です。TSUTAYA・book・storeで”人間にとって成熟とは何か”曽野綾子著を買ってきました。

2014年1月18日 (土)

雨のち晴れ

Img_8591


Img_8598


Img_8602


Img_8600
朝から冬雨で天気が悪かったのですが、行いが良かったのか急に夕空が真っ赤に燃えるような太陽が出てきてビックリ瞬間です。冬の天気は変化があって写真撮るのに一苦労です。常に頭を空に向けていないと良い感じの瞬間を見落としそうです。

2014年1月17日 (金)

PM2.5

Img_8578


Img_8573


Img_8572


Img_8579_2


喉が刺激されて不快感と痰が止まらなく目がしみる一日です。原因は中国大陸からのPM2.5です。景色は霞んで視界が不良状態です。情報は入っても解決策が見えない島風景です。

2014年1月16日 (木)

夕景

Img_8478


Img_8490


Img_8500


Img_8523


大浦から稗崎ににかけて海岸線を歩いて大島とホゲ島に落日する太陽を眺めてきました。北風が寒い中で燃えるような冬の夕景が綺麗で無心の一瞬です。デコボコな岩場や平坦な白い砂地を歩いていて自然と遊んでた昔の時空の中に入っていて不思議な気持ちになりました。時間を忘れて太陽が水平線に落ちてしまい帰りの海岸線がさみしく力が抜けた気持ちになりました。

2014年1月15日 (水)

赤浜

Img_8471


Img_8464


Img_8468


Img_8474


島の景勝地”赤浜”の午後の風景です。赤い砂浜で珍しい美しい海岸線です。松林に囲まれて、冬は南向きで暖かくく静かな佇まいで、隠れた人に教えたくないプライベートビーチです。

2014年1月14日 (火)

満月

Img_8409

Img_8422_2


Img_8430


Img_8435

寒空の満月の夜空に宵の明星とが輝いていました。海面に月の光がソフトな感じで輝いています。近くの小さな港の明かりがキレイに界面を照らしています。寂しさの中に暖かな光が心を癒してくれます。

2014年1月13日 (月)

海苔

Img_8360


Img_8337


Img_8354


Img_8362
筑後川下流は冬海苔の最盛期で早朝から活性が見られます。独特の形の高速漁船が筑後川を波切っていく風景は躍動感やエネルギーを放散しています。日本の海苔生産量が有明海にて半分は占めているようです。

2014年1月12日 (日)

透明感

Img_8298


Img_8295


Img_8296


Img_8301


Img_8311


零下マイナス一度の佐賀平野の早朝風景です。大地は冷えて靄が霜柱が氷(水面)が広がって大気は澄み渡っていて朝日と共に小さな暖が広がっていき生き生き感が湧き上がってきます。気球が気持ちよく風まかせで上下しながら目的地へ飛んで行っている風景は佐賀平野での楽しみです。

2014年1月11日 (土)

カモ

Img_8265


Img_8253


Img_8259


Img_8277


2014年1月10日 (金)

粉雪まじり

Img_8244


Img_8229


Img_8234


Img_8225


Img_8241


家の庭の山茶花に小雪がチラチラと舞っていて瞬間的に落ち着いた気持ちになりました。変化に富んだ寒い一日で急に太陽光が大地に放散していました。

2014年1月 9日 (木)

恵み

Img_8206_2


Img_8221_3


Img_8224_2


Img_8201_2


Img_8211
殺風景な冬季節の中で島には水仙や山茶花や椿などの色鮮やかな色彩が見られ気持ちを高揚させてくれます。寒い中で外を歩いていると気持ちが暖かくなってくるようです。逞しく生きている生物の生命力に驚きです。

2014年1月 8日 (水)

みぞれ

Img_8185


Img_8183


Img_8189


Img_8180


Img_8174


雨みぞれの寒い一日です。光がなくグレーの世界のモノトーン風景に意気消沈の一日です。風が防雨風林の内海海岸線は穏やかです。島に松林が多いのは冬の北風から生活を守る古の知恵なんですね。島の歴史を感じる時空です。

2014年1月 7日 (火)

冬の晴天

Img_8154


Img_8161


Img_8163


Img_8147_4


Img_8150_3


PM2.5が見られない冬の青空は爽快で気持ち最高です。急に、衝動的に、昼休み時間に番岳まで車で登ってみて納得の風景で満足でした。

2014年1月 6日 (月)

朝の港

Img_7196


Img_7198_4


Img_7201_2


Img_7182


潮の香りを体全体に北風を受けて良い感じです。島育ちの運命というか、宿命というか、年齢を重ねていくと故郷の風景は安心感があります。きれいな穏やかな静かな日の出の時空でした。

2014年1月 5日 (日)

有明海

Img_8111


Img_8128


Img_8132


Img_8138

素晴らしい天気に恵まれて美しい有明海の時空です。干潮時間で干潟に夕日が輝いて躍動感を感じる風景です。いつも佐賀に来ると必ず潮の香を開館しに来ている防波堤です。天山を背景に自然循環が感じられる佐賀平野の大地と海の幸を誇る有明海の調和を体感します。Img_8119


2014年1月 4日 (土)

散歩

Img_8088_2


Img_8059


Img_8063_2Img_8079_2


g" width="100" height="66" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />


運動不足及び体調が正月バージョンで午後から約90分の散歩を寒さに負けず頑張ってみました。後期高齢者の世代で不安ながらの健康維持です。少しでも若返りを考えているところが図太くて世間知らずかもしれません。
酒量はめっきり減りましたが、サイコペニアといううのか、筋肉量が減って運動器不安定症で、此の一年は体質改善と心身健全の一年を願う一日でした。

2014年1月 3日 (金)

初詣

Img_8024


Img_8027


Img_8026


Img_8043


正月3日目に佐賀の地元氏神・堀江神社(佐賀浮立で有名)と伊万里の伊万里神社に行ってきました。平成26年午年の身体健全と仕事がうまくいきますように祈願してきました。時が経つのも早くて、数え年が後期高齢者?(正月酔で間違った!)になりました。まだ仕事をさせていただいてる幸福を感じますが、心複雑な年齢となりました。”おみくじ”は二回目も大吉で良い年であるようで安心の一日でした。

2014年1月 2日 (木)

正月晴れ

Img_7976


Img_7979


Img_7991


Img_8010


西高東低の冬型前線で日本晴れの北九州地域です。しかし、PM2.5の影響でしょうか、霞んでいて目と喉が痛い一日で中国は正月休みでなく(旧暦でしょうか)公害生産しているようです。本当にどうにかならないのでしょうか。美しい日本がPM2.5でくすんでいます。心配しすぎなのでしょうか。

2014年1月 1日 (水)

元日

Img_7934


Img_7942


Img_7962


Img_7974


初日の出は曇天で見られませんでした。しかし、昼から晴れ間になり夕方は日本晴れで美しい夕日が見られワクワクしました。嘉瀬川河川敷から日没の夕景を楽しんできました。午年の最初の夕日は感動的でした。明日は初日の出が見られればと期待しています。心身ともに健全な一年を祈願してきました。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464