« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

楼門

Img_7904_2


Img_7905_2


Img_7907


Img_7908


Img_7910


東京駅を製図した金野辰吾が、大正時代に地元佐賀に作った武雄温泉楼門の内部公開の天井干支です。南側天井に馬の干支が輝いていました。素晴らしい日本伝統の仕事です。武雄温泉の透明ヌルヌル湯で気持ち良い癒しの天空です。

2013年12月30日 (月)

筑後川

Img_7893


Img_7897


Img_7894


Img_7896


利根川(坂東太郎)と吉野川(四国三郎)とともに日本三大暴れ川の一つと言われて”筑後次郎”の別名で呼ばれている筑後川・昇開橋からの朝の穏やかな川風景です。あいにくの雲で遮られて朝日が見えませんでした。港では冬海苔漁で海男が忙しく動いていて活気が見られます。

2013年12月29日 (日)

マイナス一度

Img_7831


Img_7835


Img_7844


Img_7838


Img_7850

麗華温度の朝世界の幻想的な佇まいに感動です。霜柱に粉雪混じりの環境に朝陽が温かく降り注いでる瞬間は何とも言えない命の活動を見て感動です。二匹の小さなカモが水面を泳いでいる風景が生物の逞しさを感じる瞬間です。

2013年12月28日 (土)

天山おろし

Img_7797


Img_7808


Img_7814


Img_7798


九連休の長い正月休みの始まりです。我々の団塊時代は時間を上手に使うことに慣れてないものにとって大変な贅沢な悩みです。仕事人間の課題でしょうか。まあ、”安近短”から”安近長”でしょうか、アベノミックスに乗り切れず淋しい素朴な酒と読書の時間で満足し心新たな新年を迎えれたら良いですね。

2013年12月27日 (金)

水仙

Img_7766


Img_7756


Img_7754


Img_7747


2013年12月26日 (木)

静寂

Img_7729


Img_7726


Img_7731


Img_7725


寒い静かな年末の一日です、高齢化少子化過疎地での島の現実です。今日は同級生との大宴会で楽しい夜の酒宴でした。

2013年12月25日 (水)

朝の海

Img_7150_2


Img_7163


Img_7170_2


Img_7155
日本晴れの雲がない冬の朝の景色です。身近で早く瞬間写真が撮れる可能性が高い”水の下海岸”からの静かな朝の海が輝いていました。漁に出ていく船が朝日の中で余韻が感じられ安堵感が良い感じです。

2013年12月24日 (火)

クリスマスイブ

Img_7691


Img_7689


Img_7694


Img_7722


大忙しの一日です。早朝から救急車2台とターミナル患者さんと昼前に平戸に行って佐世保から博多に行って夜行便フェリー太古で帰ってきました。朝の島の朝焼けとJR博多のクリスマスイルミネーションが綺麗でした。

2013年12月23日 (月)

冬の光

Img_7107


Img_7110


Img_7117


Img_7128


正月を迎える島では自分の家で”餅つき”で大忙しです。”かんころ餅”が有名です。芋を切ってお湯で煮てから冬風の通る棚で乾燥して”かんころ”にして餅米と混ぜて餅搗きして作る伝統の美味しい食べ物です。もう正月が間近な時空です。そして、冬の光が海面に反射する風景は冬の自然の厳しさを感じる瞬間です。Img_7671


2013年12月22日 (日)

長い夜

Img_7645


Img_7640


Img_7657


Img_7664_2


朝から夕方までの時間が最も短い冬至の日です。カボチャを食べて柚子湯に入って太陽の弱くなった日々を無事過ごして無病息災を祈る日のようです。アルコール飲用が減って体重が64kgで(今年は6kg減量)体調は良い一年でした。釣りもせずゴルフもせず仕事に追われ写真撮りに多忙の一年でした。天気が晴れて快適な空と海と風のなかで、昼から楽しい忘年宴会で泥酔してしまい、おかげで長い夜を何度も目が覚めて朝まで過ごしました。

2013年12月21日 (土)

フェリーから

Img_7584


Img_7602


Img_7626


Img_7629


風が強い海上は大荒れの一日でした。重症の歯の治療で二週連続して佐賀の主治医へ行ってきました。冬の海は厳しい世界です。船の航跡と時より輝く太陽光が目に印象的です。

2013年12月20日 (金)

みぞれ混じり


北風ピューピューの寒い日が続いて辛い日々です。太陽が輝く時間がないのと、日中時間が冬至近くで短くて、写真を撮ることが困難の日々です。広い意味で写真は難しいと思う一日です。Img_7564_3


Img_7566_2


Img_7565


Img_7563


2013年12月19日 (木)

故郷よ

Img_7557


Img_7553


Img_7555


Img_7560


今日の撮影ポイントは少年時代はモズク採りで良い自然とカラス貝(ムール貝)が一杯採れた海岸です。離島振興法で潰された自然だと生まれ育った人間として思う一日です。過疎のコミ二ティの時空の中で心痛む瞬間です。自分の狭い心かもしれません。

2013年12月18日 (水)

冬の渚

Img_7538


Img_7546_2


Img_7541


Img_7548


船瀬海岸の打ち寄せる静かな漣が白い砂浜で心を落ち着かせてくれます。風の当たらない冬の渚が良い感じです。

2013年12月17日 (火)

寒波

Img_7516


Img_7519


Img_7518


Img_7521


Img_7529


寒くて朝起きるのが辛い日でした。昨夜はガス欠で車は路上に放置して朝出勤は歩いて行く予定でした。島にJAFサービス(多分、代理店あると思いますが夜間で遠慮してました)が無いのが大変です。丁度、JAガソリンスタンドの近くのガス欠で良かったのです。朝8時にJAガソリンスタンドのスタッフがいて御願いして感謝で仕事に間に合いました。ガソリンスタンドに飼われている野良猫ちゃんが可愛かったので写真撮って気持ちが明るくなった朝です。

2013年12月16日 (月)

寒い日

Img_7514


Img_7510_2


Img_7513


Img_7429


マイナス3度の寒い日です。島は大陸からの北風が猛烈に吹き通るため体感温度が低く感じられます。島の木や花や鳥たちは逞しく生きているようです。郷に入れば郷い従えというう事でしょうか。山茶花が庭に咲いていました

2013年12月15日 (日)

師走

Img_7490


Img_7487


Img_7499


Img_7509


街ではジングルベルの音とクリスマスの艶やかな晴れやかな綺麗なイルミネーションが心を温めてくれます。霙混じりの都会の夜の街です。

2013年12月14日 (土)

夕焼け

Img_7468


Img_7477


Img_7471


Img_7474


幻想的な佐賀平野の夕焼けです。冬の夕方は早く日が沈むので瞬間写真を撮るのが大変です。佐賀大和のイオンから嘉瀬川の畔で上手くゲットかなという夕景です。

2013年12月13日 (金)

北風のなかで

Img_7431


Img_7435


Img_7446


Img_7444


2013年12月12日 (木)

日本晴れ

Img_7424


Img_7420


Img_7426


20131212_171528


今日は見事な冬の日本晴れで驚いています。昨日は海のアクセスが全面ストップ状態の大荒れ天気でした。小離島の月一回の往診に漁船を使って若い先生達と一緒に診療してきました、患者さんが喜ばれて良かったと思う出棺でした。同じ国民健康保険料を払って地理的及び身体的に診療所に来れない高齢者サービスは当たり前と思ってってきた仕事継続です。それにしても、思いがけない素晴らしい日本晴れでした。

2013年12月11日 (水)

突然の輝き

Img_7396


Img_7403


Img_7409


Img_7413


Img_7411


古路島から西方海上を望む木枯らし吹く風と空と海の夕景です。雲の流れが南へ移動した時の瞬間の神々しい輝きの時空です。寒い風に吹かれての感動の世界です。

2013年12月10日 (火)

曇天師走

Img_7343


Img_7350


Img_7353


Img_7352


太陽が見られない師走の一日でした。自宅と通勤の途中の10枚のスナップ写真で苦し紛れのブログしています。前からマンネリ化していましたが、頑張って残り少ない?人生を考えてブログ日記しているようです。自己満足で閉鎖のブログなんだなーと思い性格の出る日々のようです。

2013年12月 9日 (月)

朝焼け

Img_7331


Img_7324


Img_7328_2


Img_7334

昨日と一転して天気下り坂で雨になりました。朝焼けは綺麗だったんですが、今朝の朝焼けは雨の兆しの空風景です。一日かけて、歯科治療で主治医の尊敬しているO先生にて矯正して快適な状態になりました。歯は健康管理で大切な臓器と改めて感じてしまった一日でした。

2013年12月 8日 (日)

紺碧

Img_7058


Img_7079


Img_7234_2


Img_7285


Img_7063<
暖かな風のない穏やかな海風景です。紺碧の透明感が素晴らしい佇まいで感動です。澄んでいる懐中では魚が長閑に泳いでいるのが印象的です。綺麗な島風景に圧倒されて時空です。

2013年12月 7日 (土)

夕方

Img_7046


Img_7012_2


Img_7005


Img_7039


今日は素敵な週末の晴島風景です。朝と夕方は絶景の時空です。清潔感あふれる心地よい風の中で満喫時間です。そんな中でしまが好きになる出棺を感じさせてくれます。夜は同窓会忘年会で大宴会で過換気症候群の時空で楽しく冬の夜長を過ごしました。

2013年12月 6日 (金)

PM2.5

Img_7189


Img_7190


Img_7199


Img_7192_3


国際的環境破壊の兆しのPM2.5です。健康管理の上で呼吸器系、循環器系、眼科系、皮膚科系及び癌はせいなど全身の病気が心配です。最近は目が痛いや痰が増えたりして心配しています。九州の問題でなく国家的に対応を期待する最近です。地元にいて心配の環境破壊の兆しです。

2013年12月 5日 (木)

日の出

Img_6907


Img_6913


Img_6924


Img_6930


目に見えるもの全てが澄み渡った朝空間です。朝日が全身にエネルギーを感じさせてくれる瞬間です。赤浜と赤ダケの赤色が輝いていました。

2013年12月 4日 (水)

午後の風

Img_7146


Img_7151


Img_7157_2


Img_7168

落ち着いた穏やかな風が吹いている午後風景です。島の良い感じの時空です。暖かくて海は静かで風光明媚の空間が引き立っていて心地よい気分です。

2013年12月 3日 (火)

師走

Img_7117


Img_7118


Img_7120


Img_7114_2
月日が過ぎゆくのが早く感じられる日々です。仏教では輪廻と縁起で繰り返す自然の方式といえば納得なんですが、勝手気ままな人間ですから、分かったようで理解できない毎日です。他国ではPM2.5で大変のようですが、島の風景は透明感豊かな西方海上です。

2013年12月 2日 (月)

12月の空

Img_6838_3


Img_6844


Img_7100


Img_7107


Img_7109


晴れて暖かな一日でした。久々ぶりに朝の太陽の輝きが有り難く思う朝の一瞬でした。海面が鏡のように静かに輝いて太陽光が印象的でした。青くて天高い空の午後から八雲が見られる夕景の変化の多い一日でした。12月の空に和んだ時空でした。

2013年12月 1日 (日)

Img_7092


Img_7084


Img_7089


Img_7085


佐世保港の夕方風景です。港開発にて”五番街”の大型商業施設が出来て港全体に人が増えて急に賑わっています。、全国的に同じような街ができて、よく目にする同じ店が並んでいます。便利さが引き立って地域性が無くなっていく寂しさを感じる時空です。


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959