« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

冠雪

Img_7005


Img_7053


Img_7055


Img_7069


Img_6994


Img_6934

佐賀の三瀬”どんぐり山”の冬風景です。紅葉の最盛期は終わり、落葉後の残っている紅葉が枯れながら奥深く感じられて良い気持ちになりました。残雪が残っていて天山は冠雪していて雄大でした。

2013年11月29日 (金)

朝の港

Img_6851


Img_6853


Img_6858


Img_6864_2


昨夜の激しい霙混じりの雨風から一転して静かな静かな島風景です。夜明け前の雲に覆われた港の佇まいです。寒い風が吹いていますが、港付近は穏やかな海が広がっています。冬の夜明けです。

2013年11月28日 (木)

寒い日

Img_6828


Img_6823_2


Img_6824


Img_6829


Img_6831


今冬一番の寒さで大変な一日でした。齢をとるにつれて冬の寒さが体の芯から堪えてきます。そんな中で、島の道端で水仙が咲いていて和ましてくれました。強い冬風の中で背を伸ばして白と黄と緑の調和のなかで心温まる一瞬の時空です。

2013年11月27日 (水)

寒波到来

Img_6810


Img_6821


Img_6819


Img_6826


Img_6796


寒波・強風波浪注意報で定期船の相次ぐ欠航で孤島化した島風景です。こんな日は島では酒と魚で活気を付けるのが良いようです。本当に北風と冷たい雨で寒い一日でした。

2013年11月26日 (火)

晴天

Img_6805


Img_6788


Img_6802


Img_6810


Img_6791


Img_6801


明日からは雨風の大荒れ天気が予測されています。今日は青空が広がってPM2.5の影響もなく(昨日の大雨大風で)視界が良好の久しぶりの冬の爽やかな一日でした。明日から週末まで悪天候です。

2013年11月25日 (月)

北風

Img_6775


Img_6738


Img_6756


Img_6768


日本海に最大級の低気圧が発生して、北から冷たい空気と南から暖かい空気が日本本土で衝突して日本全土は悪天候です。冬の台風状況です。そんな不安な天気の中で夕方に、太陽が西の雲空から輝いていて荘厳な気持ちで見とれていました。自然界の厳しさを感じる瞬間です~~~

2013年11月24日 (日)

初冬

Img_6747


Img_6777_2


Img_6739_2


Img_6757_2


Img_6771


Img_6743

寒い風が吹いている穏やかな晴空の日曜日です。仕事で多忙というわけでは無いのですが、拘束時間での日々で歳を感じる毎日です。最近は、朝と夕の時間の朝日と夕日が多いですねと言われて、瞬間写真を午後と夜間の空いている時間で気分転換に撮ってもいいかもしれないと思う一日です。

2013年11月23日 (土)

文化の日

Img_6651


Img_6621_2


Img_6702


Img_6707

天気の良い素晴らしい空が広がる快適な土曜日です。
島では各地でイベントが有り活気が見られます。”健康小値賀21”講演会や老人会グランドゴルフ大会などありました。仕事の関係で埼玉と長崎からから講演の先生が来島して感激でした。夜は古民家レストラン”藤松”で素敵な雰囲気で歓迎会で盛り上がりました。久しぶり刺激的な感動の時間を過ごし楽しい時間でした。

2013年11月22日 (金)

一日

Img_6590


Img_6584


Img_6580


Img_6572


驚きのサプライズの朝日風景です。距離が東約60km西彼半島からの大きな輝きの太陽が感動です。今朝は雲が多かったのですが、視界が素晴らしく驚異の瞬間です。

2013年11月21日 (木)

島育ち

Img_6566


Img_6577


Img_6565_2


Img_2753


人生の半分いや七割ほど住んできた島です。離島振興法で島の海岸線はセメントの人工物で自然破壊の歴史を痛感されます。自然が残っているのは港の対象とならなかった二割前後のエリアでしょう。少年時代、笛吹港海岸ベタでサザエや海ほうずきやアサリやエビや取れていた頃が懐かしい気持ちです。調和と幸福と思いやりと真の自然保護を忘れているようで心配な日々です。もう、地元言葉で”へいちん詰まり”で良いかもでしょう!

2013年11月20日 (水)

北風のなかで

Img_6509


Img_6507


Img_6515


Img_6535


Img_6548


冬の島風景は厳しさを感じます。悪天候で海が荒れまくり海上アクセス血行が続いて本島との距離を感じる季節です。気合を入れるために、瞬間の光を求めて仕事も忘れて一生懸命です。生まれた島を今年で終える予定です。

2013年11月19日 (火)

青空の朝

Img_6463_2


Img_6466


Img_6471


Img_6474

朝の家から仕事場への出勤中の風景です。朝は青空と太陽光が澄み渡った空と海と風の中で快適な冷たい時空です。対寒対策で上下ウオーマーを着て仕事開始です。自宅の松の手入れが十分でないのですが、立派な”おそ松くん”です。

2013年11月18日 (月)

寒い一日

Img_6461


Img_6456_2


Img_6458


Img_6455


北風”ヒューヒュー”のみぞれ混じりの寒波到来の寒い一日です。島の冬は大陸からの寒波で厳しさを感じます。
風光明媚な島が急に大人しくなって気が滅入るような気持ちです。太陽光が減っていくことで納得写真を撮るのに色々考慮しています。島の写真家に言われましたが”島の夜空がきれいですよ”と聞いて難しい夜の空に挑戦しようかなと思っています。

2013年11月17日 (日)

落葉

Img_6410


Img_6398


Img_6394


Img_6406


昨日は佐世保で大宴会を友と語らい楽しい土曜日でした。今朝は二日酔いでメロメロ状態です。昼から、佐賀市”どんどんの森”の紅葉を散歩がてらみてきました。寒い木枯らしが吹くなかで落葉していて早い冬到来を感じてきました。時の過ぎ去る事の早さを思う時空うでした。

2013年11月16日 (土)

旅立ち

Img_6250


Img_6260


Img_6276


Img_6279


2013年11月15日 (金)

輝きのなかで

Img_6204


Img_6208


Img_6215


雲の多い朝模様でしたが、思い切って目が覚めてない状況で飛び出してみました。予測できなかった輝き満ちた朝の海と朝日があり感動でした!晩秋から冬の風景です。
Img_6211


2013年11月14日 (木)

秋の日の出

Img_2698


Img_2712


Img_2723


Img_2734_2


島の玄関口(笛吹港)からの日の出風景です。島の朝は早くから活気に満ち溢れています。壮大な日の出太陽です。PM2.5の影響で鮮明さに欠けているようです。PM2.5の環境障害が心配です。環境においてもグローバル化してロクなもんじゃないようです。確かに、朝夕において写真を撮っているせいか咳や痰が多くなり目が痛い眼精疲労状態です。

2013年11月13日 (水)

晴天だよー

Img_2671


Img_6177


Img_6169


Img_6140


Img_6201

久しぶりの日本晴れです。日本全国、寒波で北国では積雪が見られ寒さ厳しい日々です。空と海と風が穏やかで肌寒いけど過ごしやすい島風景です。松と海と砂浜と空の調和が綺麗な島だなーと改めて感じて長時間に物思いにふける午後でした。

2013年11月12日 (火)

一日

Img_2581


Img_2600


Img_2635


Img_2641_2

Img_2656


晩秋の時間の一日です。島には紅葉が見られないので色彩的には淋しいモノトーンの風景です(ハゼの木の紅葉は見られますが)。朝日と夕日が短時間で昼間の光調で青色主体の時空です。瞬間的に、日昇時と水平線に沈む時に橙色がみられ綺麗な時が見られます。ツワの黄色い花が逞しく庭に咲いていました。

2013年11月11日 (月)

寒い日

Img_6100_2


Img_6101


Img_6106


Img_6123_2


寒い日の一日でした。”白雲自去来”の禅語の如く天空でした。流れる雲は行ったり来たりして、もとの雲は消え果てて、一つもない、自然は常に変化しています。”無無明”の気持ちになりモヤモヤがすっ飛んでしまう凡夫です。

2013年11月10日 (日)

夕景

Img_6036_2


Img_6042


Img_6052


Img_6075


Img_6080

佐世保港からの夕景です、しまに帰る最終便”フェリーなるしお”からの日没風景です。風が強く寒い中での晴天時空の晩秋の佇まいです。丁度、佐世保港外港半島の間に日没が綺麗に見られ感動でした。

2013年11月 9日 (土)

朝旅立ち

Img_5924


Img_5926

Img_5934


Img_5943

土曜日の朝の桟橋からの朝日です。午前中まで晴れで午後から下り坂で雨が降りそうです。日の出が見やすい位置にあり旅の門出を祝してくれてそうで嬉しい子持ちになります。朝から酒を飲んで大きな気持ちでラリルレロ!です~~~

2013年11月 8日 (金)

穏やかさ

Img_2541


Img_2550


Img_2531


Img_2559


Img_2579


今日は黒島の古防波堤からの朝日の世界です。やっぱり、PM2.5の影響があるようで淡い光の中で太陽のエネルギーを感じます。”夕日より朝日が体に良いと言う”島の言い伝えが本当なんだなと思う瞬間です。

2013年11月 7日 (木)

午後の散策

Img_5811

Img_5835


Img_5848


Img_5873
Img_5879


Img_5886
木曜日の午後は外来がなく島の東海岸を散策してきました(昼休み時間)。気分転換・気分一新の時間です。風光明媚なかで風の吹く海は荒波でススキが舞い新鮮な気持ちにさせてくれます。たまには、外の空気を浴びることはイイもんです。


2013年11月 6日 (水)

朝の海

Img_2490


Img_2497


Img_2510


Img_2507_2


Img_2519


島の日の出ポイントが南下してフェリーターミナル(波止場)が最適な位置になっています。丁度、佐世保への高速線が出航する時間です。島の窓口ですが、人はまばらで過疎地の不雰囲気でしょうか、寂しさが感じられます。

2013年11月 5日 (火)

夕日

Img_2456


Img_2461_2


Img_2471


Img_2487


浜津前目港からの夕景です。静かな海の佇まいの穏やかな時空です。今日もPM2.5の影響でしょうか、太陽の輝きが霞んでいるようです。波止場で一人魚釣りをしていて長閑な風景です。スローライフです。

2013年11月 4日 (月)

文化の日

Img_2352_2


Img_2369


Img_2403


Img_2408


Img_2432


Img_5786


めっきり太陽がが昇るのが遅くなり日没が早くなり長い秋の夜です。お酒が美味しく飲める時期になりました。
島の風景が撮るのが難しい季節になってきました。高倉健さんが文化勲章を受賞されており良かったなーと感動しています。日本の良さを感じさせてくれる人です。

2013年11月 3日 (日)

秋雨

Img_5717


Img_2322


Img_5718


Img_2318
景色をぼんやり眺めながら思うんです。四季の変化が見られ新鮮そうですが、この歳になると変化がありそうで変化が余り無いんだなーと考えてしまいます。一瞬の虚しさを感じる秋雨の時空の佇まいです。

2013年11月 2日 (土)

11月の朝

Img_2292


Img_2305


Img_2307


Img_2313


今年の11月初めの連休は島で仕事詰めです。例年は佐賀バルーンフェスタでカラフルな写真を撮れたんですが残念です。月の半分は当直があり地域医療に手助けしている状態です。筋雲が空全体に見られる朝のしま風景です。午後より雨の天気のようです。本当に寒くなってきました。

2013年11月 1日 (金)

稗崎の夕景

Img_2196


Img_2210


Img_2220


Img_2253_3


”今日の夕日は久しぶり奇麗かばい!”という表現の夕景でした。すすきに注ぐ太陽光が晩秋の風を感じさせてくれて良い気持ちになりました。広い世界を体感して自分のワールドが狭くなっていることを反省する時空です。Img_2235


« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444