« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

変化

Img_2064_2


Img_2075_3


Img_2091


Img_2103


Img_2117_3


感動の静かな夕方の西方浄土の時空です。潮が満ちてきている緩やかな時間が動いていることを体感する一瞬です。地球は動いている!なんて教えられる当たり前の現象です。太陽は毎日毎日において東から昇り西の水平線に沈んでいく当たり前の風景です。生かして頂いていることに無心に感謝です。Img_2049


2013年10月30日 (水)

日の出

Img_1994_2

Img_1973


Img_1980


Img_1996


昨日の日の出は大きくてダイナミックでエレガントで最高でした(波止場から)。今日も晴天で同様の期待をしましたが、残念ながら同じ日の出は無理でした。昨日の記録SDカードを紛失して探してみましたが、見つからずに気持ち不安定の一日でした。地元の写真家に言わせれば、今年の秋は天気が悪くて綺麗な朝日や夕日が仲々見られないそうです。

2013年10月29日 (火)

秋風

Img_1904_2


Img_1911


Img_1949


Img_1956


日本晴れの一日の素晴らしい夕景を目にしたくて急いで仕事を終えて車をぶっ飛ばしてみました。結果はグッドでした。海は静かで肌寒い心地よい風が流れ夕日は最高でした。

2013年10月28日 (月)

晩秋

Img_1831_2


Img_1858_2


Img_1868


Img_1870_2


Img_5606

日の出時間が遅くなり日没時間が早くなり寒くて夜の長い日々です。朝日に力強さを感じ夕日は早くてソフトな感じの哀愁を感じる時空です。

2013年10月27日 (日)

晴れの日曜日

Img_1799_3


Img_1791_3


Img_1794_2


Img_5591_4


晩秋の晴れの爽やかな一日です。佐賀平野は稲刈りが終わって五穀豊穣の雰囲気でお祭りが行われています。来週はバルーンフェスタ世界大会が予定されています。佐賀平野は最高のバルーンエリアです。今年は仕事で写真が撮れないので残念です。

2013年10月26日 (土)

朝陽

Img_5492


Img_5463_2


Img_5497


Img_5478_2


台風27号が避けてくれましたが、海上アクセスは午前中は全便欠航で大変な状況です。朝は土曜日で時間をかけて朝日に対応してみました。山際に雲が漂っていて上手くいきませんでしたが、どうにか光を撮りました。小値賀飛行場からの風景です。

2013年10月25日 (金)

明燈

Img_5422


Img_5426


Img_5433


Img_5439


久しぶりの夕日の風景です。太陽が在ってこその地球号です。自然災害で為すすべのない毎日です。毎日が不可解な日々でストレスが多い”じぇじぇ”の時間を過ごしています。世間の闇を照らす明燈にして、生死の海を渡す船筏を探す日々です。

2013年10月24日 (木)

風雨のなか

Img_5412


Img_5400


Img_5411


Img_5395

強い台風27号進路は九州直撃は回避しそうで安心です。大型台風で広範囲に激しい風雨が昼過ぎに見られました。雨の中でカメラが濡れる中で、島の中で南東の風が吹いてない外崎付近で写真を撮ってきました。赤浜から殿崎の午後の風景です。

2013年10月23日 (水)

船瀬海浜公園

Img_5388_2


Img_5392


Img_5394


Img_5390
人影のない船瀬海浜公園の午後の雨風景です。昔は”白砂緑松”の風光明媚の美しい風景でした。人工的に美的海浜公園になって芯が抜けた様な海水浴場のようです。島には自然そのもの”柿の浜海水浴場”が人気がありスナップ写真のベストポジションです。雨風の中で松林が印象的で存在感があります。松と芝と海と風の島です。


2013年10月22日 (火)

沈黙

Img_5385


Img_5386_2


Img_5379

Img_5387
10月は台風の到来が例年以上で、秋らしい哀愁の美しい風景が望めそうもないようです。島の木や葉は潮風にて枯れています。一見、紅葉が終わり冬到来の様相です。大型台風27号進路が九州直撃がまだ不明です。雨風が強い台風で災害予防が必要です。自然災害に対して情報と準備が大切と思う日々です。

2013年10月21日 (月)

きれかー!

Img_5365


Img_5375


Img_5361


Img_5370
台風25号の接近の影響でしょうか、大気が不安定な一日で朝から雨が降ったり晴れたり昼からは曇が覆い風の強い夕方です。定期船が欠航して離島の厳しさを感じる一日です。島の玄関フェリーターミナルからの輝く朝日が勢いを感じきれいでした。

Img_5357


2013年10月20日 (日)

午後の空

Img_5301


Img_5306


Img_5324_2


Img_5338


Img_5331
秋の日差しが強い午後の島風景です。西方海上水平線は鈍より雲が広がっています。秋の空は雲の流れが早くて変化に富んでいます。女心と秋の空との喩えがありますが、どうなんでしょうか、男心と秋の空かもしれません~~~

2013年10月19日 (土)

秋の夕暮れ

Img_5194


Img_5238


Img_5248


Img_5281
朝から曇空の北風吹く寒い一日です。急に夕方は西空が晴空になり輝く夕日が心安静にさせてくれました。海上の漁船が静かな夕景の中で動きがみられ良い感じでした。

2013年10月18日 (金)

秋の落日

Img_5076


Img_5081


Img_5092


Img_5094_2


Img_5106
仕事が終わってからの夕日タイムが慌ただしくなってきました。これからは勤務時間には暗くなって夕日景色が見られなくなってきます。淡いソフトな光と影の色調トーンの夕日でした。昨夜は十三夜でした。旧暦9月13日の夜、十五夜についで美しい月と言われてます。秋の収穫祭で日本固有の風習です。秋の七草(すすき・萩・桔梗・葛・撫子・女郎花・藤袴)や団子や栗や大豆を縁側に置いて酒を嗜む時空が良いですね。

2013年10月17日 (木)

秋らしさが、

Img_5028


Img_5030_2


Img_5040


Img_5046


今朝の野崎島朝風景です。寒い北風が吹いて雲は流れススキがなびいて空と海と風が晩秋そのものでした。時の過ぎ去りの速さに驚く一瞬です。

2013年10月16日 (水)

冷え込み

Img_5014


Img_5011


Img_5019


Img_5016_2


大型台風26号は日本全土に暴れまくって九州海上のアクセスに影響を与えたようです。朝からあお空と寒い風と心地よい秋風が吹いています。急に寒くなってなって嫌な季節になり、家の猫は布団に丸くなっています。

2013年10月15日 (火)

歌枕

Img_4992


Img_4971


Img_4975_2


Img_4974


芭蕉の”おくの細道”のドキュメントから、現実に芭蕉は弟子の曾良と”ちぎれ雲が風に吹かれて漂う光景に惹かれて旅心を抑えきれず””野ざらし紀行”の直後に母の死があり、万葉集や古今集など古典に歌われた歌枕(名所)を巡礼する目的で”道路に死なん、これ天の命なり”と見知らない土地で多大困難な無情の旅人のようです。そのような中で、平泉金堂や松島で有名歌枕にて感動です。

2013年10月14日 (月)

PCが欲しい!

Img_1738


Img_1745


Img_1751


Img_1774


PCの作動が極端に低下して困っています。ウインドウズXPを7年間ほど使用しています。来年3月にてXP補修・保証が止まります。スマートフォンを持っていますが、ブログの場合はPCが良いようです。佐賀平野の”ひょうたん島公園”からの朝風景です。なかなかの田舎の朝風景で心気持ちよくなりました。Img_1731


2013年10月13日 (日)

朝日

Img_1710_2


Img_1712


Img_1717


Img_4781 秋日和の素晴らしい快晴です。秋一番の冷え込みです。各地域では秋祭りが盛んに行われて五穀豊穣を御祝いしています。四季の感覚が体感する良い時間です。

2013年10月12日 (土)

川の流れのように

Img_1638


Img_1651


Img_1672


Img_1676

猛暑日続く異常天気の秋から一転して肌寒い一日です。秋らしい日本晴れの空の下で”筑紫次郎”の異名を持つ大河川で雄大な気持ちで清々しい御来光時間を過ごしました。


2013年10月11日 (金)

島のスクリーン

Img_4624


Img_4642


Img_4654


Img_4646


Img_4623


10月の海は静かで澄んでます。潮の流れが大きい新月で引き潮と満潮の差が大きい時期です。岸壁の高さ近くまで潮位が上がってきます。温暖化現象で将来はベネチアみたいに陸地に海が広がってゆくのでしょうか。久ぶりの海外の旅でフェリーからの島風景を撮ってみました。時々、島を外から眺めることも必要に思う時間でした。

2013年10月10日 (木)

朝と夕の佇まい

Img_4591_2


Img_4589_2


Img_4616_3


Img_4607


蒸し暑くて雨と曇天の天気が悪い一日です。朝と夕の短い時間に晴れ間が見られ、静かな海面の輝きが印象的です。日没時間(午後5時47分頃です)は日々早くなって、午後6時には日没時間が日々早い時間となっています。

2013年10月 9日 (水)

台風去って

Img_4556


Img_4560


Img_4570_3


Img_4577


台風去って蒸し暑い一日です。温暖化現象でしょうか、今年は秋がなくて厳しい猛冬のようです。地球は輪廻して長い長い周期で変化しているのでしょうか。その想像もできない時間の一瞬を過ごしているんですね~~~

2013年10月 8日 (火)

停電

Img_4544


Img_4537


Img_4528


Img_4525


予想どうりに、台風24合直撃です(スパータイフーン:ボーファ(カンボジア名で花)。さすがにカテゴリー5で、島全体は防風雨の世界で身動きができず、人間は成すすべがない弱い立場で台風が過ぎ去ることを願う時空を情けない気持ちでいます、自然は人間世界を支配中です。灯りがないので蝋燭光で古典的な少年時代に感じた状況で温故知新の雰囲気で寂しくピザパイを食べて大宴会です。在るがままが最高です!なんて分からない状況です~~~

2013年10月 7日 (月)

野分の前日

Img_4470


Img_4506


Img_4503


Img_4513


Img_4490


野分の時期です。台風23号が避けられたと思った途端に、台風24合の接近で島は漁船を接岸したままで漁がなく困っています。ところが、岸壁では鯵が釣れて島民は喜んでいます。午後3時ころまでは澄み切った晴天でウロコ雲や筋雲が爽やかに輝いていまsた。夕方は小雨も見られ鈍より雲に覆われて、久しぶりに写真撮影はお休みでした~~~

2013年10月 6日 (日)

秋晴れ

台風23号は西方へ向きを変え朝から澄み切った青空の一日です。朝日と夕日は神々しさがあり素晴らしい瞬間を堪能しました。
Img_4322


Img_4274


Img_4435


Img_4364_5


2013年10月 5日 (土)

台風余波?

Img_4233


Img_4220


Img_4230


Img_4245


緩やかな遅い台風23号は、沖縄付近で西方進行で台湾や中国南部へ行っているようです。今の状況でしたら、直接的な被害は逃れるようです。週末は雨風の天気で海上アクセス欠航があるようです。週末は仕事で静かな生活を期待する受動的時間を過ごします。Img_4229


防風林の松林が心強く美しく感じられました。

2013年10月 4日 (金)

西空

Img_1490


Img_1493


Img_1509


Img_1516
本当に日暮れ時間が早くなりました。正しく”釣瓶落とし”です。時間があると思い場所移動中に地元の人のヒッチハイカー?に出会い時間を取られて(親切心で)決めていた場所で日没風景を逃してしまった夕方です。今日は高い青空とスジ雲の造形が目を楽しませてくれました。

2013年10月 3日 (木)

PM.5

Img_4191


Img_1486

Img_4163


Img_4190


Img_4184

朝から明らかな大気汚染の風景です。PN2.5の影響でしょうか。朝の太陽がPM2.5にて見られませんでした。
中国の産業の凄さと驚異を感じる朝風景です。

2013年10月 2日 (水)

10月の空

Img_1428_2


Img_1467


Img_4165_2


Img_4181


目が覚めるような島風景です。島に来てベスト3風景の中に入る時空です。もっと撮影スキルがあればと反省する程の絶景で感動です。

2013年10月 1日 (火)

稗崎から

Img_1385


Img_1373

Img_1398


Img_1418

稗崎からの静かな日没です。心休まる一人だけの時間です。潮騒がが身近に感じられる海岸線で潮流の躍動を耳にして素朴な佇まいです。Img_4126


« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444