« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

夕方

Img_1270_4
天気が回復して夕方から青い空が見られ気分が爽快になりました。9月最後の日の空と海tの佇まいです。Img_1276

Img_1274
Img_4111_2
Img_4106


2013年9月29日 (日)

秋雨

Img_4076


Img_4079


Img_4075


Img_4091


Img_4050


Img_4097


季節感を感じる秋雨です。肌寒さと哀愁を感じる日々です、日暮れとともに酒を飲んで秋の夜長を過ごしたい時期です。島では秋祭りが始まり五穀豊穣の感謝と地域の伝統行事が始まります。食欲と運動の時期でしまが賑わってきます。

2013年9月28日 (土)

不思議な夕空

Img_4028


Img_4030


Img_4040


Img_4041


Img_4043


温暖化現象でしょうか、天高くて秋の空のようで、朝夕の水平線は雲が横渡った状態が多くて不思議な感じがします。8年ほどブログ写真撮っていて今までと異なっているように思います、今年の九月は1.6度ほど気温が高いそうです。

2013年9月27日 (金)

秋風の中で

Img_1123


Img_1134


Img_1157


Img_1192


北風吹く寒く感じられる一日でした。日本晴れで澄み渡った高い空に秋風が吹いて心清々しい時空でした。朝の太陽は目が痛くなるほどの輝きでした。夕景は黄金色の神々しい夕日でした。

2013年9月26日 (木)

光明

Img_1045_4


Img_1057


Img_1058


Img_1061


斑島”夕焼けロード”からの夕日の輝きのサプライズです。感動の一念の太陽光エネルギーを体全体に浴びてきました。少しは元気になってきたようです。人の心は意外と単純なんでしょうか。

2013年9月25日 (水)

よか朝!

Img_0984


Img_0986


Img_0997


Img_1008
島の東海岸からの朝風景です。瞬間の納得の数少ない風景です。朝日の撮影が難しい島で困っていました。良い朝風景で自己満足のナルシストの時空です。

2013年9月24日 (火)

秋は夕暮れ

Img_0946


Img_0960


Img_0979


Img_0944


倉島に沈む大きな大きな太陽が素晴らしい!秋の夕日は釣瓶落とし状態で水平線のなかへ早い時間で沈んでいきます。日没時間が日々早くなって6時10分前後です。冬至の頃は仕事終了頃には暗くなって写真撮るのが困難になってきます。浜津竹崎からの”秋は夕景”でした。

2013年9月23日 (月)

お彼岸

Img_3929


Img_3923_2


Img_3933


Img_3936


Img_3892_2


暑さが続いています。温暖化現象でしょうか?快晴の秋空なの霞んでいます、PM2.5の影響でしょうか?今日はお彼岸の中日です。墓地では御参りする人が多く見られます。また、各地で運動会シーズンで行事が多い日々です。

2013年9月22日 (日)

朝ぼらけ

Img_3796


Img_3799


Img_3798


Img_3802


朝型の夜明けの月が朝ぼらけと対照的に輝いていました。Img_3818


朝日が水平線と上空に覆われている雲の間隙で燃える空間を見せて感動的です。Img_3809


Img_3814


2013年9月21日 (土)

連休

Img_3744


Img_3752


Img_3765


Img_3780


久しぶりの祭日休みでスローライフな生活を求めて幾千里でしょうか、日本晴れの心地よい秋日和に気分発散の時空です。久しぶりに広大な佐賀平野の身を置いて広い広い心持で爽快です。Img_3827


2013年9月20日 (金)

9月の日の出

Img_0857


Img_0888


Img_0892


Img_0895

日の出は体全体が元気にさせてくれます。理由は分かりませんが、脳内のある部分に作用して日内リズムを管理するようです。夕日は夕日なりに体に影響を与えていることは確かでしょう。神話では、東の伊勢神宮から太陽が昇り西の出雲大社沈んで其々の髪が太陽を司ってる話を耳にしたことがあります。太陽系で昼の世界と夜の世界が在ることの凄さを思う朝日です。

2013年9月19日 (木)

秋の日没

Img_0799


Img_0814


Img_0827


Img_0842


まだまだ暑さが残っている日中です。天高く雲一つない日本晴れのPM2.5が被った素晴らしい天空です。彼岸花やテッセンの花や萩の花が輝いて咲いて視覚を心地よく刺激します。Img_3684


Img_3686


Img_3677


2013年9月18日 (水)

Img_0689


Img_0691


Img_0702


Img_0733

島の秋の夕陽風景です。荘厳さから急に哀愁への移行の瞬間です。あっけない早い落日です。周りは北風が吹いていて寒さを感じようになってきました。浜津の西海岸からの静かな夕日です。

2013年9月17日 (火)

満月大潮

Img_3643_2


Img_3634


Img_3650


Img_3648_2


満月大潮の時期になって潮目の流れが力強く感じられます。時間の流れを感じる一日です。自然は規則正しく輪廻しています。自由そうですが、だらしないのは人間かもしれませんなーと思う秋の夜です。節目を感じる日々です。

2013年9月16日 (月)

秋晴れ

Img_0656


Img_3477


Img_3524


Img_3545_2


彼岸花が咲いていました。自然の優しさと怖さを感じさせられる風の強い快晴の秋の一日です、Img_3498


2013年9月15日 (日)

松籟

北西風で”ザーザワー、ザワーザー”の松葉の響が聞こえてくる夕景です。Img_3399
海は時化ており風の通り道が海面に瞬時に走っている造形に瞬間力を感じます。
Img_3419


Img_3429


Img_3452

Img_3440

2013年9月14日 (土)

解放感

Img_3353_2


Img_3356_2


Img_3369


Img_3366


小値賀空港(現在閉鎖・週末に不定期便就航)がある殿崎の風光明美で透明な海の広がる海岸線風景です。松林が空と海とに調和して安堵感で一杯になります。三連休は仕事漬けで暇な時間の島めぐりは良いもんです。丁度、小値賀島は人間の姿している不思議な島です。過疎地で高齢化地域です。長閑でのんびりするには適当なエリアかもしれません。今日の場所は右足の部分の位置です(地図を見たら納得です)。

2013年9月13日 (金)

霞夕暮れ

Img_0569_2


Img_0572


Img_0592


Img_0601
PM2.5の影響でしょうか?水平線の視界がぼやけている霞立ち込めるような夕景です。秋の夕日は太陽が大きくてどっしりしたハッキリ輪郭で見ごたえがあります。今日のような時空でも沈む太陽はエネルギーを感じます。

2013年9月12日 (木)

小離島往診

Img_3283_2


Img_3286


Img_3299


Img_3296_3


小値賀本島の住民が住んでいる小離島が六島・納島・大島があります。国民保健診療の理念において公平で平等に在るべき医療サービスで月一回の出張小離島往診に行ってきました。透明な海の世界で感動でした。自然は突然に猛威を人間の襲ってくる事がありますが、逆に人間に癒しを感じさせる優しさもあることを感じる一日です。

2013年9月11日 (水)

穏やかな渚

Img_3264

Img_3270


Img_3272_2


Img_3273


仕事を終えてから、近くて落ち着いて物事を考えるに最適な場所からの風景です。日本晴れの波静かで風のない秋晴れでしたが、綺麗な夕日を見るには当直仕事で叶わない状況でした。ブログを見て頂いている人から言われるのですが”仕事はしているんですか、写真を朝と夕にかけて撮っているのが不思議ですね?”。短時間瞬間の時空で撮っていますが、近くて好きな場所の夕景で満足の夕方です。

2013年9月10日 (火)

落陽

Img_0554


Img_0542


Img_3255


Img_0561


浜津竹崎の美景の夕方の穏やかな時空です。波の静かな内海の静寂な佇まいです、素晴らしき故郷の風景です。自然の素晴らしい感動です。自然は時には人間に恐ろしい仕返しがありますが、癒しの自然が救いに思うことに監査はです。

2013年9月 9日 (月)

季節感

Img_0500


Img_0506


Img_0513


Img_0517


五両ダケから望む静寂世界の絶景風景です。夏が去り秋の風情で一杯の夕景を感じます。四季の変化を体感する日本の良さを思う一日です。

2013年9月 8日 (日)

サンセット

Img_3148


Img_3157


Img_3124


Img_3155


志々伎灘からの海上からの夕景です。秋の夕日は紅色です。地陽光の色彩の変化が多彩性があり予測が出来ず最後まで見入ってしまいます。日没地点が南下して帰途の船の左舷からの夕日でした。

2013年9月 7日 (土)

蕎麦

Img_3047_3


Img_3050_4


Img_3054_3


Img_3044_5


Img_3043_5


気まぐれ贅沢瞬間の時間を堪能してきました、高くて広い空間を求めて”阿蘇飯田高原”へ九重ICから”やまなみハイウエイー”に解放感を求めて行ってきました、小雨交じりでしたが、潮風と異なる山風を体感してきました。DNA遺伝子の割合から海と山の環境的因子が元々に組み込まれているんだなーと勝手に思う時空でした。蕎麦の食感が素晴らしい”風来坊”のおもてなしでした。

2013年9月 6日 (金)

天高く~~~

Img_3006_2

Img_3020

Img_3027_2

Img_3003

2013年9月 5日 (木)

空と雲

Img_2986_2 9月に入ると、妙に空を見上げる時間が多くなったようです。時間的に余裕が出てきたのか、空が高くなり雲の変化が多様化して目が空に行くんでしょうか、空と風とのなかで心地よさを感じています。

Img_0483_2

Img_0485

Img_2987

2013年9月 4日 (水)

Img_2971

Img_2967

Img_2977

Img_2981 青空を見て心地よい時間です。空と海と風のなかで晴れやかな時を過ごしています、青い海と白い砂浜と緑の松に爽やかさを感じる一日です。

2013年9月 3日 (火)

草木のように、

Img_2958 日本全国は大気不安定の自然の為すがままの状況です。自然を受け入れていくことの在るがままが前向きの生き方かもしれないと思う日々です。草木のようにと思う日々です。

Img_2960

Img_2961

Img_2964_2

2013年9月 2日 (月)

秋空

Img_2953 久しぶりに朝の晴れ間が見られました。日本全国は自然災害で大変な状態です。竜巻が関東地方を襲っております。秋雨前線停滞で豪雨落雷が続いており大気状態が不安定です。なすべのない無力な存在に、何時でも自分に降りかかってくる事に不安を感じる日々です。

Img_2950

Img_2948_2

Img_2954

2013年9月 1日 (日)

長月

Img_2946_2  秋雨前線が停滞して雨の日が続いています。今日は太陽光が大地に降り注ぐことはありませんでした。9月に入り月日が過ぎて行くことの早さを痛感します。空と海が各々に違った風景の一日です。

Img_2927

Img_2933

Img_2935_2

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541