« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

夏の太陽

Img_9475 久しぶりの朝日の朝風景です。目が眩しくなるほどの輝きが爽快な気分にしてくれます。日の出位置が段々に南下して行きます。7月31日の夏の太陽光です。

Img_9459

Img_9472

Img_9480

2013年7月30日 (火)

稲穂

Img_9438もう早くも島では稲刈りが始まってます。水田の稲穂が豊かに実って稲穂が頭を下げており早期イネ栽培の稲刈りで島は忙しくなってきます。今日も西の水平線に沈む太陽は雲が邪魔して見られませんでした。

Img_9426

Img_9440

Img_9434

Img_9443

2013年7月29日 (月)

日簿

Img_9358_3島の西海岸(浜津)からの日暮れ時のひと時です。小雨交じりの曇天猛暑の一日です。放牧場の牛の糞臭と爽やかな潮風を感じて自然を満喫してきました。そろそろ、きれいな夕日が見られることを期待しています。

Img_9363_3

Img_9368

Img_9408

2013年7月28日 (日)

前方湾

Img_1958 地形的に昔は遣唐使の避難港で栄えていた前方湾の静かな風景です。今は海が遠浅で大型フェリーが入港できず静かな漁村の佇まいが安心感が伝わってきます。

Img_1957

Img_1951

Img_1968

Img_1947

2013年7月27日 (土)

夏の海

Img_9347 今日も曇天の蒸し暑い一日でした。朝から夕方まで海岸線に佇んで海を見ていると納涼感溢れ爽やかさが感じられました。島の夏の海は躍動感が感じられます。

Img_1932_2

Img_9326

Img_9337

2013年7月26日 (金)

時間

Img_9308 停滞前線の影響で蒸し暑い曇天の一日です。最近は、太陽が拝めない朝の時間で夕方は雲の多い日々で意気消沈状態です。試行錯誤して、橋を渡って黒島展望台に風景を撮りに行きました。小値賀本島と上五島列島が見渡せる身近な観光スポットでしょう。松林が調和して潮風を感じて解放感があり気持ちが良くなります。”光を見るために目があり、音を聞くためには耳があるのと同じに、人間には時間を感じるために心というものがある”という文章を思い出す時空です。

Img_9300_2

Img_9305

Img_9298

2013年7月25日 (木)

赤浜

Img_1901 久しぶりの曇り空の暑い夕方の赤浜の静かな佇まいです。誰もいない赤い不思議な気持ちの海岸線です。大潮の干潮時間で赤浜の本来の赤砂が見られました。島の風景の見どころの場所です。島に来たら見る価値は十分にあります。

Img_1885

Img_1884

Img_1893

2013年7月24日 (水)

天気下り坂

Img_9283 朝は日の出が見られましたが、寝ていて写真してません。夏の太陽光が輝いている島風景でしたが、午後から雲が多い天気下り坂です。夕日は見られず、曇天の雨の降りそうな、気持ちが落ち込みそうな夕方でした。風に吹かれて”稲穂の香”が感じられる夕方の時間でした。

Img_9280

Img_9285

Img_9288

2013年7月23日 (火)

大暑

Img_9197 暦的に一年で最も暑い日の“大暑”です。横浜マリノスがマンチェスターユナイテッドに完勝して”大暑”してしまい久しぶり大酒しました。それにしても、香川選手は素晴らしい選手で見せてくれて日本の誇りです。小さい体で世界的選手に君臨していました。

Img_9242

Img_9265

Img_9274

2013年7月22日 (月)

夏の夕暮れ

Img_9124満月の大潮の満潮時の海は雄大で心奥深さ的な感じがあり良いですね。大浦港から笛吹港の夕景です。猛暑の後の何気ない風景です。気温38度あります。

Img_9153

Img_9187

Img_9189

2013年7月21日 (日)

旅情

Img_1774_2絶景の船旅情 の夕景です。志々伎灘から野崎島・津和崎瀬戸・小値賀島の”フェリーなるしお”船上からの美しい島風景です。癒しの瞬間です。

Img_1778

Img_1788

Img_1798

2013年7月20日 (土)

落日

Img_1623猛暑の落日の静寂の時空です。蝉が鳴り響きトンボと蝶が飛びかう神野公園の夕方です。そして、蓮の花が咲いており心安らぐひと時です。

Img_1625_2

Img_1631

Img_1627

Img_1622

2013年7月19日 (金)

日の出

Img_1529_3

Img_1520

Img_1547

Img_1537

早起きして五分ぐらい歩いて'水の下海岸'の日の出を過ごしてきました。朝は夕に比べて脳日内変動で最も活動スイッチが入る瞬間です。朝起きし朝日を網膜に刺激することは良いことです。鳥達は日の出前後で急に飛翔して声を発して興奮しています。あたかも畏敬の念を感じるようです。今年、始めての蝉の音が日の出ともに響きわたっていました。短い命のダイナミックさを感じる瞬間です。

2013年7月18日 (木)

夏雨のあと

Img_1383_2 早朝と夕方に烈しい大粒の雨が荒れ狂ったように降っていました。雨の後は急に空気が澄んだ夏の太陽が輝く広大な景色です。今日も昨日の夕景が恋しくなって近くの海岸で波の音を聞きながら夕景を眺めてきました。

Img_1393

Img_1426

Img_1496

2013年7月17日 (水)

インパクトな夕景

Img_1331 今日は自転車で走って走って素晴らしい夕日ロケーションを見つけて感動です。秘密のマイプライベート夕景でしょう。力を感じさせられる時空です。素直に納得の”きれいな夕景”でした。

Img_1333

Img_1335

Img_1351

2013年7月16日 (火)

夏の海

Img_1260_2 自転車にて朝・昼・夕にかけて自宅通勤で猛暑発汗で下着を二回交換しています。そのためか、体重が3kg/月になりました。体を鍛えるには歳が邪魔しています。海と空と風のなかで身近に爽やかな景色を疾走する快感を体感しています。きっと、車通勤になると思っていますが、いつまで続くのでしょうか~~~

Img_1258

Img_1256

Img_1280

Img_1250

2013年7月15日 (月)

海の日

Img_1115 7月15日は”海の日”で祝日です。猛暑が降り注ぐフラフラする熱中症時代です。そして、風に吹かれて気持ち良さそうなススキが引き立っていました。

Img_1144

Img_1089

Img_1185_2

Img_1245_2

2013年7月14日 (日)

Img_1076 牛に追い出される瞬間を体感してきました。ちょっと恐ろしい気持ちでした。午後の長崎鼻の絶景です。生産牛の島です。子牛で売られて神戸牛や松坂牛でブランド化になっていく宿命の牛さんです。

Img_1079

Img_1078

Img_1080_2

2013年7月13日 (土)

西目(稗崎)

Img_1011島の南西の磯場が広がる海に近い 隠れ場所です。遠くに五島列島が南に連なってます。西方を望むと火山島の島々がみられます。昔は船が櫓漕ぎのため瀬を遠周りになり外海が潮流が早いため人工的に掘った小さな海路が見られます。目印に石塔が立っています。海が透き通って流れがあり気分爽やかになる時空です。

Img_1010

Img_1026

Img_1048

2013年7月12日 (金)

防風林

Img_0956松が多い島風景です。きっと!風が強い島で防風林とし植えて いたんでしょう。そして、松葉を家庭燃料や船底(木船時代)の虫払いやペンキを塗るときに活用していたようです。浜津後目港は遠浅で白い砂地の古の避難港で遣唐使が立ち寄ったかもしれません。

Img_0959

Img_0969

Img_0985

2013年7月11日 (木)

猛暑

Img_0872_3猛暑の日々です。今日は小離島の六島・納島の出張診療です。漁船に乗って美しい景観に誘われて観光気分になる行き帰りの時空です。其々、15名と20名前後の患者さんが待っています。若い研修医の先生二名と地域医療研修の貴重な時間を島民の皆さんと過ごしてきました。

Img_0866_4

Img_0924_2

Img_0892

2013年7月10日 (水)

Img_0846久しぶりの宴会でした。皆さんが歓迎会していただいて感動でした。過換気症候群だったような世界でした。島の夏風景は心を癒してくれます。

Img_0847_2

Img_0851

Img_0858

2013年7月 9日 (火)

潮騒

Img_0715_2 今日は快晴で青空広がる素晴らしい天気でした。五両ダケの南側よりの美景を堪能してきました。透き通ったオーシャンブルーの海と潮騒を体全体でシャワーしてきました。5時半から7時半までの癒しの時空です。ブログを始めた写真は同じ場所で撮ったギラギラ太陽光でした。懐かしい気持ちで里帰りしたんだなーと思う夕景でした。

Img_0744

Img_0695_2

Img_0769

Img_0840

2013年7月 8日 (月)

梅雨明け

Img_0443 平年より2週間早い”梅雨明け”が北九州地方で宣言がありました。空気が澄み渡り雲一つ無い爽やかな一日です。蒸し暑さがあり熱中症警報が出されています。夏の風が島のいたるところに吹いていました。朝日と夕日が素晴らしい島です。

Img_0433_2

Img_0476

Img_0528

Img_0546

2013年7月 7日 (日)

夕景

Img_0417 久しぶりの梅雨晴れの爽やかで蒸し暑い一日でした。長崎鼻と五両ダケからの夕景です。日中は梅雨明け宣言かと思われる入道雲がみられました。夏は目の先に到来と感じられる1日です。

Img_0406

Img_0414

Img_0428

2013年7月 6日 (土)

海岸

Img_0285_2 赤浜と水の下海岸の夕景です。落雷豪雨の烈しさの一日でした。夕方は一時的に空が明るくなって島探しに肩にカメラ下げて行ってきました。生月島と違って故郷での写真撮りは知っている人達とすれちがって緊張します。人が少ない海岸や山の上が気が落ち着いていて良いようです。

Img_0288

Img_0303

Img_0294

2013年7月 5日 (金)

大荒れ

Img_0258 島から本土へのアクセスは全て欠航です。梅雨時期の低気圧前線が通過して台風並みの大しけで風が吹きまくっている一日です。自然は怒っているようです。

Img_0263

Img_0267_2

Img_0273

2013年7月 4日 (木)

松と芝と海の島

Img_0237松と芝と海が調和して美しい小値賀島です。梅雨の最中の島風景です。松が生き生きライフで深い緑が印象的に輝いています。梅雨の重くなく気持ちを癒してくれます~~~

Img_0249_3

Img_0239

Img_0251

2013年7月 3日 (水)

憂欝!

Img_0220_2 梅雨真最中です、午前中に烈しい落雷が凄い稲妻伴う梅雨明け前の予兆感じる一日です、光を感じないと不安な気持ちになり落ち込みそうです。憂欝の日が続きますが、また、熱中症の危険度が上がってますが、そろそろ、暑気払いで気持が強く逞しく飲んでグデン!グデン!グデン!ショウケンサウンドで楽しい時空に頑張っています、

Img_0226

Img_0222_2

Img_0225

Img_0198_4

2013年7月 2日 (火)

梅雨晴れ

Img_0201 7月初旬、梅雨晴れの一日です、海上は風が強く時化のため定期航路高速船は欠航です、蒸し暑い一日です、梅雨明け宣言が鹿児島・奄美大島では出ているようです、夏が真近い時空です~~~

Img_0205

Img_0211

Img_0214

Img_0204_2

2013年7月 1日 (月)

斑島

Img_0129 不思議な梅雨の夕景です。、曇り空から太陽が輝いて感動の光と影の時空です。斑島の絶景です。夕日の沈む先は東シナ海で中国でしょう。

Img_0145

Img_0164

Img_0180

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444