« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

断崖

Img_8820 大バエ灯台から塩俵の断崖の島風景です。視界が良くないですが、静かな海で穏やかな気持ちになります。

Img_8812

Img_8840

Img_8826

Img_8817_2

Img_8851

2013年5月30日 (木)

不思議な夕景

Img_8730梅雨入りしてから太陽を拝めない日々が続いています。 西の空が明るくなって雲の切れ目から光が広がって不思議な夕景です。

Img_8745

Img_8767

Img_8773

2013年5月29日 (水)

朝の光

Img_8352雨雲の間隙から急に光が射してきて驚きです。眠気が覚めて一気に活動的になります。島ではアジサイが咲いて梅雨の雰囲気が満ちています。

Img_8347

Img_8350

Img_8788

2013年5月28日 (火)

梅雨

Img_8326梅雨入りです。雨模様で気持ちが落ち込みそうな毎日です。雨に映える若葉が少し心を癒してくれます。

Img_8335_2

Img_8317

Img_8321

2013年5月27日 (月)

磯時期

Img_8304 島は”磯時期”です。白月の大潮で海の干満が年間最大の時期です。磯物捕りで磯には人が群がっています。海の豊穣の恵みを授かっています。海の活気を思う風景です。

Img_8306

Img_8294

Img_8716

2013年5月26日 (日)

平戸瀬戸

Img_8685夕暮れ曇り空の平戸瀬戸です。気付いたのですが、車で降りて行って海面目線から平戸大橋を田平側から眺めうことができます。潮の流れの音が身近に聞かれ海の透明度が最高です(あいにく曇天で写真できません)。

Img_8676

Img_8665

Img_8677

2013年5月25日 (土)

透明感

Img_8496標高約1200のトマム山展望台からの雲海です。そして、三分咲きの”エゾヤナザクラ” です。気温4度の寒い北国の春です。九州の空はPM2.5の影響で毎日が霞んでます。北の空は透明度が高くて爽やかです。昔の九州の空も透明度が高かったようです。健康被害を思う一日です。

Img_8524

Img_8552

Img_8606

2013年5月24日 (金)

北の国から

Img_8439十勝岳風景です。空が限りなく透明度が高い晴れの一日です。公共事業的な人工物がなくて、自然がありますよと言う 昔の日本の風景画感じられます。自然と大地と共生し溶け合う生活が感じられます。営利主義じゃなく厳しい自然と共生での強さを思います。川が自然のなかであるがままに流れている風景はいいですね。

Img_8446

Img_8400

Img_8462

2013年5月23日 (木)

辰の瀬戸

Img_8273朝と夕の”辰の瀬戸” 風景です。潮流が激しい瀬戸で龍が飛ぶような姿に似ているの名前がついたようです。今日の瀬戸は静かです。潮の流れの音が身近にいると生きているように聞こえてきます。

Img_8268

Img_8280

Img_8292

2013年5月22日 (水)

サンセット

Img_8258 静かで穏やかなサンセットシーンです。PM2.5・黄砂による霞んだなかで遠近感がみられる幻想的な時空です。

Img_8255

Img_8266

Img_8269

2013年5月21日 (火)

七年目

Img_8107 今日は生月島へ来て七年目の一日です。日々色々な事が駆け巡って思い出深い時間でした。島の風と空と海のなかで”無呼吸発作症候群かも”でブログしてきました。小さな力でしたが、島の地域医療の担い手として地域の人達と身近に接して話が出来たこと心技体の成長が見えたことに感謝しております。来月は故郷での日々が始まります。”無呼吸発作症候群かも・パートⅡ”かも?

Img_0195

Img_0189

Img_8181

Img_8206_2

2013年5月20日 (月)

活気

Img_0171 海と島と空に春から夏へのエネルギーを感じるようになってきました。大地全体が目覚めて生命の躍動を感じます。静から動のスイッチが切り替わったような風景を感じます。自分ばかりが感じているのかもしれませんが、活気を感じる時空です。

Img_0159

Img_0178

Img_0175

2013年5月19日 (日)

雨の島風景

Img_0128_2 昨夜からの豪雨から小雨と霧の島風景です。田んぼの水と稲の苗が艶やかで活き活きしています。菜種も実を熟して雨滴が新鮮です。

Img_0138

Img_0126

Img_0133

Img_0144

2013年5月18日 (土)

穏やかな海

Img_0096天気が雲一つない素晴らしい日です(少しPM2.5の影響がありますが)、海はコバルトブルーで爽快気分の感じられる心地よい時空です。

Img_0092

Img_0083

Img_0108

2013年5月17日 (金)

皐月風のなかで

Img_0004黄色い花が好きなんです。ひまわりや水仙やパンジーやフリージアなどかもしれません。有彩色のなかで一番明るい色です。心を弾ませて楽しい気分にさせてくれる知性を意味して楽しい気分にさせるそうです。今日は何回か忘れるくらいの誕生日です。

Img_8077

Img_0026

Img_8071

Img_0009

2013年5月16日 (木)

天気下り坂

Img_8047 午後より北風が強くなり海は荒れて橋の上は風速20メーター付近まであり監視の人がいて自転車とバイク走行は通行止めです。橋が無い昔は大変な島生活だったんだろうと思う一日です。

Img_8055

Img_8052

Img_8065

2013年5月15日 (水)

風に乗り

Img_8014”島唄” の歌詞の”風に乗り 鳥とともに 海を渡れ 風に乗り 届けておくれ 私の涙”が心に浮かんできました。沖縄返還40年の日です。いまだ複雑な思いが大きい沖縄です。

Img_8028

Img_8033

Img_8009_3

Img_8024

2013年5月14日 (火)

海面

Img_7929朝と夕の海の輝きが素晴らしい一日です。特に、船と海の風景は子供の頃から気に入っています。上手く写真できないけれど、”船と海”は目に入ると必ず撮るるようにしています。いつか気に入った写真が撮れたら良いなーと思う一日です。

Img_7974

Img_7924

Img_7969

Img_7973

Img_7977

Img_7958

2013年5月13日 (月)

真夏日

Img_7743真夏日の太陽輝く外気温30度近い暑い日でした。夏と違って、若葉青葉香る野鳥が爽やかな風のなかで囀って長閑な時空です。日中は雲一つないけど、PN2.5のせいでしょうか、景色が霞んでいました。

Img_7785

Img_7806

Img_7826

Img_7854

Img_7914

2013年5月12日 (日)

霞み

Img_7704

Img_7705_2

Img_7708

Img_7712 寒い日と暑い日が繰り返し体調を壊しそうな日々です。連休中に島にインフルエンザのA型とB型が流行しています。島外からの人口移動で持たされたようです。急に気温が上がり霞んで島景色が隠れた朝です。

続きを読む "霞み" »

2013年5月11日 (土)

躍動感

Img_7546

Img_7673

Img_7659

Img_7667 Img_7681 快晴の日なんですが、PM2.5の影響?でしょうか、くすんだ太陽光の一日です。それでも、大地と空と海と川と風は躍動感で活き活きして新緑が綺麗です。春は生命の躍動が満ち溢れています。

2013年5月10日 (金)

濃霧

Img_7492 島を濃霧が覆って視界不良の一日です。昨夜は大雨で田んぼが蘇って元気そうです。農家の人にとって恵み雨です。生月大橋は霞んで幻想的です。

Img_7469

Img_7479_2

Img_7486

2013年5月 9日 (木)

輝き

Img_7446

Img_7448

Img_7442

Img_7457 静寂な朝の海です。輝きと潮目の織りなす美しい造形が眠気から感動で網膜投射されて縮瞳状態です。午後から天気崩れが予報される朝のサプライズです。

2013年5月 8日 (水)

黄金の朝

Img_7298飛行機雲だけの日本晴れの素晴らしい日の出の時空です。黄金色の太陽と東空が感動と躍動感を拡大させてくれる朝風景です。5時20分頃の日の出を拝んでいると”早起きは三文の徳”状態で健康に良いようです。村上春樹さんも講演で言ってましたが、早寝早起きは人の生き方で大切な 習慣で健康の基本と感じる瞬間です。

Img_7307

Img_7316

Img_7337

Img_7347

2013年5月 7日 (火)

島風

Img_7224_2 晴れなんですけど、北風が強い肌寒い一日です。海と水田の水面は風の複雑な表情が見られます。風が見える瞬間の連続です。

Img_7265

Img_7232

Img_7236

Img_7282

Img_7248

2013年5月 6日 (月)

山頭園地

日本晴れのゴールデンウイークImg_7047最後の一日です。生月島の山頭園地 (草原)を約一時間程で散策してきました。園地は平戸牛の放牧地です。高低差があり体にとってきつかったようです。風に吹かれてパノラマ景色は青い海と空で心地よい時空でした。当直明けの心身を癒してくれる時でした。島全体が望めて遠くは五島や壱岐や九州北海岸線が見渡されて素晴らしい感じです。

Img_7073

Img_7052

Img_7066

Img_7074

Img_7093

Img_7087

Img_7061 

Img_7098

Img_7096

2013年5月 5日 (日)

皐月の風に吹かれて

Img_6919 ゴールデンウイークの生月島サンセットウエイは県外ナンバー車で溢れています。高級車やオープンカーやキャンピングカーそしてアウトドアーワンボックスかーなど多種多彩です。風と海と空と島風景の自然の癒しを求めているようです。過疎地で何もないように思うことが、そうでもないように思わせられるサンセットウエイのドライブです。

Img_6927

Img_6931_2

Img_6932

2013年5月 4日 (土)

潮風のなかで

Img_6867

Img_6859

Img_6888

Img_6850

Img_6887 長崎港の5月の潮風をうけて友とお酒を飲んで出島ワーフで中華を食してきました。良い時を過ごしてきました。異国豊かな長崎はゴールデンウイークで観光客が多く刺激的でした。

Img_6881

2013年5月 3日 (金)

英彦山

P1090336 P1090338_2 天空の自然界の恵みが豊かな時です。空気と水が美味い時空です。今年はシャクナゲの開花が早くて満開は過ぎていました。若い人達の山登りで賑わっていました。九州のパワースポットの神の山です。

P1090334

P1090352_2

P1090351_2

2013年5月 2日 (木)

八十八夜

Img_6672

Img_6681

Img_6727

Img_6747 躍動感一杯の朝と夕の時空です。八十八夜は立春から88日目の春から夏に移る節目の日です。霜も無く茶摘みや猪苗代のもみまきなど農作業の目安にしているようです。”夏も近づく八十八夜~~~”や”八十八夜の鳴き霜”などと言われるようです。

2013年5月 1日 (水)

皐月風のなかで

Img_6582

Img_6583

Img_6596

Img_6626

Img_6618

癒しの風が吹いている爽やかな時です。昼から天気が悪くなりましたが、夕方の晴れ間の時空でフレッシュ!フレッシュ!です~~~

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近の写真

  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207