« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

壱部港

Img_2028_2初春の壱部港からの朝風景です。 天気の変化が見られる日々です。今日は昼から天気下り坂です。海の表情が穏やかな静かな時空です。

Img_2020

Img_2033

Img_2026

2013年2月27日 (水)

日没

Img_1925

Img_1969

Img_1990

Img_1994

Img_1980 島の桜川ダムの海岸からの素晴らしい夕景です。水平線に沈んでいく太陽が緩やかな時間のなかできれいでした。海岸線は岩場にアオサやヒジキが生えて春の潮騒を満喫してきました。

2013年2月26日 (火)

Img_1847

Img_1845

Img_1841

雨の生月島風景です。冬の雨は寂しさのなかに大地のエネルギーを感じさせられます。Img_1843_2

2013年2月25日 (月)

日照

Img_1826

Img_1834

Img_1836

Img_1840

Img_1835 気持ち爽やかな朝風景です。景色のなかに入り込んでしまうような静かな時空です。一日が日昇る時間だけあれば人は幸せになる時間が増えるでしょうね~~~

2013年2月24日 (日)

海と空と光

Img_1692 最高の天気の一日です。地上と海上の空間の透明精度が高く柔らかな優しい光が注ぐわたる感動の時空です。今日は”PM2.5情報”が空振りの視界絶好調の日でした。予測が難しいようですね。

Img_1701

Img_1724

Img_1757

Img_1799

Img_1768

2013年2月23日 (土)

小春日和

Img_1562

Img_1569

Img_1619

Img_1624 大地は小春日和のなかで芽を出して初春の香りが満ちています。風は冷たいなかで太地のエネルギーの爆発が真近かいであることを感じさせられます。

2013年2月22日 (金)

夕日

Img_1491

Img_1496

Img_1506

Img_1504 ラジオを聴いていたら2月22日は”にゃん・にゃん・にゃん”の日だそうです。猫の記念日です。なるほどですね。夕日が沈む時間が遅くなってきてる体感に驚きです。天気が良い日が続いてくれることを願う初春です。

2013年2月21日 (木)

平戸の空

Img_1465 生月大橋と平戸大橋からの夕景です。スッキリしない靄がかかったピンボケたような空間です。PM2.5の影響でしょうか。心配な気持ちになる瞬間です。

Img_1467

Img_1473

Img_1481_2

2013年2月20日 (水)

しぶき

Img_1353

Img_1349

Img_1368

Img_1386春の海の雰囲気がいっぱいの午後の潮騒です。昔は岩場に青さや海苔やホンダワラの藻がいっぱいに広がっていました。磯の香りがありましたが見られません。

2013年2月19日 (火)

空から

Img_1311

Img_1299

Img_1303

Img_1306 島の天空からの島景色です。高いところから眺めると不思議に安定感をかんじます。天気の悪い一日でしたが、解放感が満たされる天空でした。

2013年2月18日 (月)

雨の島

Img_1265

Img_1267_2

Img_1287

Img_1291 雨の日は、生月大橋と安満岳と中江ノ島が自然と足が行ってしまう場所のようです。祈りと崇拝と人間性のパワーポイントかもしれません。

2013年2月17日 (日)

佐賀の空

Img_1239

Img_1247_10

Img_1243_2

Img_1252 冴えるような空とは、寒さが激しくなる、しんしんと冷え込むような透きとおった空のようです。日本語は難しいようで風情があり趣が感じられ素晴らしいと思う一日です。

2013年2月16日 (土)

静寂

Img_1197

Img_1199

Img_1200

Img_1236 時間が停まったような静寂な朝です。空は青く透明度が高く雲が見られない寒い朝です。朝の太陽が紅く拡がって不思議な朝です。無情感が漂う朝です。

2013年2月15日 (金)

春の兆し

Img_1144

Img_1155

Img_1152

Img_1139 大バエ灯台へ久しぶり足をのばしました。晴天の空のもと春の兆しを感じる風景です。

2013年2月14日 (木)

日の出

Img_1118 快晴の朝のひとときです。日の出時間が7時5分頃で早くなっています。生月島壱部港からの平戸島と中江ノ島を望みながらの美しい朝風景です。

Img_1119

Img_1090

Img_1100

Img_1116

2013年2月13日 (水)

スローライフ

Img_1014

Img_1029

Img_1042

Img_1049

Img_1039 空気は澄み空は青く潮風が緩やかに流れ長閑な午後の風景です。昨夜の雨が黄砂(PN2.5)を洗い流して遠く水平線まで見え渡る爽快空間です。海の透明性に驚きの瞬間です!

Img_1051

2013年2月12日 (火)

雨の佇まい

Img_0988 しっとり冬雨の午後の世界です。光が感じられない素朴のなかに大地の躍動感を体感する時空です。

Img_0979_2

Img_0990

Img_0997

2013年2月11日 (月)

日本晴れ

P1090020 光と空間と風の爽やかな時間を過ごしたようです。たまにゃ!海のない風景も刺激的です。

P1090023

P1090014_2

P1090033

2013年2月10日 (日)

荒神社

P1080943

P1080945

P1080952

P1080951 純粋な澄み渡ったスカイブルーの素敵な山風景です。荘厳な神秘性の世界の空間にいる自分が感動の夢世界です。

2013年2月 9日 (土)

朝陽

Img_0846

Img_0848

Img_0850

Img_0854 寒い朝の朝陽です。冬の雲が遮っています。太陽光の有難さを感じる一瞬です。

2013年2月 8日 (金)

-2度

Img_0931

Img_0964

Img_0937

Img_0942

寒い朝の嘉瀬川です。手先が凍えそうな時間です。粉雪が舞い散る-2度の自然の佇まいです。Img_0962

2013年2月 7日 (木)

冬の花

Img_0894

Img_0878

Img_0857

Img_0896

Img_0868 午後の島の東海岸風景です。梅の花が咲きツバキが水仙が暖かい光のなかで風に吹かれて咲いています。

2013年2月 6日 (水)

冬の風

Img_0803 雨上がりの曇天の風吹きまくる島の夕景です。遠くに大型船が見られ大きな気持ちになって癒されるようです。

Img_0839

Img_0835

Img_0807

Img_0838

Img_0820

Img_0814

2013年2月 5日 (火)

誰もいない海岸

Img_0790 小雨が降ってきた海岸風景です。北風が強く草木が大きく横に揺れていました。突風の通り道が海面に造形されて自然の瞬間の勢いを感じる時空です。今日は風を避けて佇む鳥を撮りました(技術が未熟ですが)。

Img_0772

Img_0761

Img_0765

Img_0780

Img_0777

Img_0764_2

Img_0778

Img_0782

2013年2月 4日 (月)

立春

Img_0744 昔は立春を年の始まりとしていました。旧暦では2月9日が正月ですが、暦はちょっと微妙に複雑ですね。光が冬雲から強く注ぎ海面が刺激的な夕景でした。

Img_0740_3

Img_0731

Img_0736

Img_0745

2013年2月 3日 (日)

生月大橋

Img_0671 朝から日本晴れの光輝く最高の天気です。夕方から天気予報では雨が降るようです。予想できないくらいに明るい朝風景です。巷では、”豆まき””恵方巻き”などでアベノミクス状態で天気も良いようですが、日当直の仕事にてインドア生活状態で齢を感じる一日です。

Img_0674_5

Img_0675

Img_0677

2013年2月 2日 (土)

夕方の干潟

Img_0575 

Img_0616

Img_0551_2

Img_0632

Img_0554 快晴の暖冬の空澄み渡った心地よい土曜日です。有明海の夕景干潟風景です。初春の雰囲気が感じられる中でも、寒風が吹いており寒いなかの目を輝かす綺麗な時空でした。

2013年2月 1日 (金)

豪雨

Img_0503    昨日の天気と急変して雨の一日でした。仕事も心も体も豪雨状態でした。外気温も12度前後で暖かな一日でした。平戸島・安満岳が見えない程に豪雨状態でした。

Img_0498

Img_0493

Img_0492

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959