« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

大晦日

Img_8555_2

Img_8558

Img_8560_2

Img_8562 雪が積もり霜柱がみられる寒い朝風景です。空は澄み渡り太陽が輝いた大晦日の朝のひとときです。

2012年12月30日 (日)

暖光

Img_8516

Img_8521

Img_8536

Img_8541 冬空の雪が舞い散る一日です。午後4時頃に急に西空に太陽が雲の間隙から輝いて暖かな空間が広がって鳥の群れが楽しそうに弧を描いて北から南の方へ飛んでいました。

2012年12月29日 (土)

朝日

Img_8500

Img_8502

Img_8503

Img_8506 今日から正月休暇です(一月一日から二日間は仕事ですが)。昨夜は疲れが蓄積して酒も飲めず早く休み熟睡しました。それでも、週間なんでしょうか、7時には目が覚めて丁度に立派な日の出を撮れました。年末年始は天気が悪くて朝日は期待しておりませんでした。思い込みにはサプライズは無いようですね。

2012年12月28日 (金)

白月(しらつき)

Img_8600 島に巻き網船団が舘浦港へ帰ってきました。漁は良かったようで正月景気が見られます。やっぱり生月島は魚が獲れて活気が出てきます。江戸時代は日本一の鯨捕鯨の島でした。

Img_8602

Img_8598

Img_8462

2012年12月27日 (木)

冬の光と風

Img_8436

Img_8441

Img_8426

Img_8446 最近は暖かい穏やかな快晴の冬模様です。風に緩やかになびき急に突風で踊りだす枯れすすきが妙に趣があってイイ瞬間です。

2012年12月26日 (水)

清明

Img_8176

Img_8186

Img_8211

Img_8214_3 目に映る日の出の瞬間です。動画と違って写真の良いところでしょう。もっとも技術が無いので勉強が必要です。純粋無垢の朝空でした。

2012年12月25日 (火)

冬の海

Img_8099

Img_8109

Img_8115

Img_8136_2 冬のサンセットウエイは寂しい風と海と空の瞬間の連続です。自然の厳しさが人を寄せ付けないパワーを感じさせられます。そこに根付いている木々は真っ直ぐに風負けず生きています。逞しく水仙の花が咲いていて心救われる暖かくなる時間を過ごしてきました。

2012年12月24日 (月)

光と雲

Img_8012

Img_8011

Img_8006

Img_8004_2 明と暗の調和ですか、冬の鈍より雲からの突然の光は希望と未来を乗せてくる勇気を風に乗って感じさせてくれます。

2012年12月23日 (日)

寒波到来

Img_7957

Img_7972

Img_7955

Img_7978 海上は大しけで島の北西側は風が強く荒磯状態です。昼からは小雪が降っており寒波到来です。反面、島の地形上で島の南東は穏やかな海の午後です。

2012年12月22日 (土)

水仙

Img_7924

Img_7931

Img_7936

Img_7918 冬至の昨夜は仕事場の忘年会でした。寒い雨の日もあり宴会酒を飲みすぎました。二日酔い状態で昼前に約一時間ほど壱部港まで歩いてみました。野水仙が咲いていました。白色と黄色と緑色の水仙の花は大好きです。花言葉は【うぬぼれ・自己愛】だそうです。

2012年12月21日 (金)

冬至

Img_7891_2

Img_7896

Img_7905

Img_7897 一年で最も夜が長い冬至です。カボチャを食べて柚子湯に入り無病息災を祈願する風習があります。今は少子化・核家族化・高齢社会で仕来たりは風前の灯のようです。”一陽来福”といわれ、一年で一番太陽力が弱い一日で、峡から陰から陽に転じる意味があるようです。日の出と日の入りの位置が最も南寄りの一日です(北半球では)。

2012年12月20日 (木)

夕時

Img_7842

Img_7853_2

Img_7865

Img_7871 明日は雨天気予想です。昨日とは異なる淡いぼやけた余韻がある夕景です。

物思い

Img_7883_3

Img_7829

Img_7842_2

Img_7818 澄んだ朝空の中を風の吹かれて迷える自分が心地よい時空です。しかし、自分だけの世界は今は寂しいもんですね、歳が歳なんでしょうか、同世代以下の有名人が他界する此の頃で感じる不安感です。

2012年12月19日 (水)

西日

Img_7678 Img_7755

Img_7709

Img_7764 日没後の夕焼けが美しい夕景です。風が吹く中で、空と海が静寂感と透明感と幻想感で満杯でした。

2012年12月18日 (火)

強風

Img_7611

Img_7613

Img_7646

Img_7622 初冬の午後の島風景です。地産の大地に長く居座っている木々は力強く冬を迎えてそびえているようです。強い島風で春夏秋冬の時間において枝木を折られ飛ばされて逞しく生きています。

2012年12月17日 (月)

いつもと同じ

Img_7595_2

Img_7598

Img_7603_2

Img_7608 生活環境は季節感はありますが、よく見ると変化は少ないようです。地球の時間からみると、人間一世代は超瞬間でしょう。自民党政権に交代が決まりました。何かが良い方向に変わることを思う一日です。

2012年12月16日 (日)

冬の佇まい

Img_7582

Img_7560

Img_7571

Img_7576 佐賀市街地の散歩二時間の隠れた風景をカメラをもって健康ウオークしてきました。静かな時間を体験してきました。

2012年12月15日 (土)

Img_7553

Img_7549

Img_7550

Img_7555 寒気から暖気が入り込んで霧が立ちこめる趣の世界です。小雨から雨粒が大きくなって視界が徐々に広がって行くようです。

2012年12月14日 (金)

此の時期は

Img_7510 毎年、此の時期は同じ場所からの朝陽と大きな木の風景が最高です。毎年続いている瞬間です。冬を迎えて木の葉が落ちて堂々とそびえ立つ大きな木に逞しさを感じさせられ勇気が湧いてきます。

Img_7516

Img_7533

Img_7542

2012年12月13日 (木)

優しい海

Img_7496さすがに予測された素晴らしい夕景を撮影する写真家マニアがサンセットウエイに群がっていました。優しい自然風景は癒されます。

Img_7465

Img_7446

Img_7442

2012年12月12日 (水)

夕暮れ

Img_7323_2寒い大気が透き通った1西海の夕暮れです。淋しくなってしまう 時間です。切れ切れになった夕暮れ雲が水平線から重なり合って不思議な思いになりました。

Img_7329_2

Img_7324

Img_7328

2012年12月11日 (火)

曇り空

Img_7241光不足の元気の出ない一日です。何も考えずに島風景ウオッチしました。よく考えてみると同じ場所の写真です。人の癖や好みは性格が変わらないように一定しているようです。凝り性もなく継続している自分は何なんでしょうか 。風邪で体調不良の一日です。

Img_7248_2

Img_7251

Img_7258

2012年12月10日 (月)

快晴

Img_7150快晴 の一日です。日本海沿岸や北海道は大寒波で大雪の便りが届いています。近くの天山や脊振山は雪が積もっていて綺麗な風景が見られます。

Img_7157

Img_7158

Img_7148_2

2012年12月 9日 (日)

日の出

Img_7185寒波到来の朝の輝く朝日が感動です。島の壱部港からの光の贈り物です。雲の間隙からエネルギッシュに放散して輝く太陽が 素晴らしい朝風景です。

Img_7179

Img_7180

Img_7187_2

2012年12月 8日 (土)

北風

Img_6997_2日の出を期待して待ちくたびれ損の朝時空でした。結果的に雲に覆われて日の出は見られませんでした。朝の海が賑やかに活動的な勢いを感じて良い朝でした。

Img_7018_2

Img_7033_2

Img_7035

2012年12月 7日 (金)

午後の光

Img_7091午後の瞬間に太陽が輝いた島風景です。爽やかで生き生き感覚です。塩俵断崖北側の柱状節理風景が豪快です。澄みきった海面に光が輝いています。

Img_7079_2

Img_7102

Img_7088

2012年12月 6日 (木)

初雪舞う

Img_6967寒い青と灰色の世界です。初雪がチラチラ舞っていました。冬に備えて木々は毅然として美しい姿で生きています。風と海は怒ったように毎日のように荒れ狂っています。

Img_6988

Img_6954

Img_6980

2012年12月 5日 (水)

小雨

Img_6934 今週は天気の悪い日々のようです。午後から雨が降り鈍より冬空です、夜は烈しい落雷音が響き渡り変な天気です。午後の海は大きなうねりの中で静かな佇まいでした。これからは北風が吹いて厳しい日々の島風景が続いていきます。

Img_6927

Img_6943

Img_6936

2012年12月 4日 (火)

海景

Img_6917 冬の海景の躍動感が体を爽やかに過ぎる時空です。肌に冷たい風が通り過ぎていく厳しい時空です。

Img_6904_3

Img_6913

Img_6920_2

2012年12月 3日 (月)

日本晴れ

Img_6783_2雲一つない群青色の空に 広がる冬の朝陽の調和が気分最高の時空です。気温が下がった澄みきった空を舞うカラスが心地良さそうです。

Img_6791

Img_6827

Img_6829

2012年12月 2日 (日)

夕暮れ

Img_6716_6突然の艶やかな夕景で癒されました。嘉瀬川の川面に写しだされる夕空の色彩が良いですね。瞬間の美しさでしょうか。自分で納得の瞬間です。

Img_6733_2

Img_6762

Img_6775

2012年12月 1日 (土)

落葉

Img_6545紅葉の最盛期を過ぎた12月になりましたが、身近な所に落葉の 余韻が素敵な風景を見つけてきました。何気なく見逃がしてきた所に瞳孔が開きっぱなしの世界が広がっていて嬉しい気持ちの一日でした。

Img_6599

Img_6584

Img_6667

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464