« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

朝のひかり

Img_6446何もない橙色の朝陽風景です。なかなか風情があって良い感じかな~と思いつつシンプル世界の可能性を感じます。

Img_6468

Img_6477

Img_6510

2012年11月29日 (木)

雨天

Img_6363冷たい雨と北風の中で落ち込みそうな一日です。モノトーンの厳しさを感じる風景です。反面、衆院選挙前の賑やかなことは対照的です。

Img_6368

Img_6376

Img_6382

2012年11月28日 (水)

朝の光のなかで

Img_6290朝焼けの空が輝いて幻想的で綺麗でした。枯れたススキが精一杯直立不動で咲いて朝の光に輝いていました。

Img_6299

Img_6328

Img_6351

Img_6358

2012年11月27日 (火)

島風景

Img_6268晴れた午後の長閑な島風景です。白月(しらつき:満月の大潮時期)なのです、島の活気は見られません。帰港する底引き船団の船も年末で少ないです(遠方で操業しているんでしょうか)。

Img_6256

Img_6249_5

Img_6270

2012年11月26日 (月)

雨上がり

Img_6207_2突然に晴れあがった空の雲に不思議な生き生きした動きが見られ素晴らしい時空です。風を思いきり感じられる午後の風景です。ちょっと!ストレス解放の空と海と風の空間を感じてきました。

Img_6217_2

Img_6233

Img_6212

2012年11月25日 (日)

晩秋の輝き

Img_6103佐賀県嘉瀬川の晩秋紅葉風景です。日本晴れのもと心地よい風と輝く光を浴びて心癒される景色です。

Img_6145_3

Img_6152

Img_6169

2012年11月24日 (土)

西九州路

Img_5881当直明けの生月島から平戸島から鹿町小串山公園から小佐々神埼鼻そして北九十九島のドライブをしてきました。曇り空から晴れ間が見られ海と風が織りなす快適空間でした。過疎地なのですか、逢う人もいない独占観光でした。

Img_5903

Img_5917

Img_5974

Img_5990

2012年11月23日 (金)

曇天

Img_5854勤労感謝の祭日は曇天で小雨交じりの霞みで見通し不良の風景です。何故か週末は天気が悪い日が続いています。これからはモノトーンの日々が多くなっていきます。少しでも、瞬間の光を探して行こうと思う一日でした。

Img_5831

Img_5850

Img_5844

2012年11月22日 (木)

雲の中

Img_5800

Img_5809

Img_5819

Img_5821雲に隠れた太陽の朝風景の時間でした。今か今かと7時を過ぎても期待して待っていましたが、8時前に雲から太陽光が輝いていました。

2012年11月21日 (水)

海景

Img_5751島の高台の朝風景です。島自体が南北に細長い平地が少なくやや急峻に山があり目線の高さに変化が見られる島風景です。

Img_5758

Img_5784

Img_5791

2012年11月20日 (火)

夜明け

Img_5664 澄み渡った雲一つない純な夜明けで神々しい時空でした。無心で時間を忘れてしまうくらいに目の前の青と太陽光の空間に感動の朝でした。身近な所に驚きの瞬間が在るんですね。

Img_5671

Img_5691

Img_5701

2012年11月19日 (月)

平戸島

Img_5577_2 生月島から平戸島から昇る朝日と鏡面の海峡の光の雅の世界です。11月中旬を過ぎると日昇る時間は7時過ぎです。昨日の東北宮城の太平洋の日昇る時間は6時半頃でした。日本は北から南までの距離感を感じさせられる朝時間でした。

Img_5580_2

Img_5597

Img_5620

2012年11月18日 (日)

祈り

Img_5408朝日が昇る前に宮城松島付近の菖蒲田海水浴場の浜辺で震災で亡くなった人を弔う祈りの姿がありました。未だ震災の回復がなされずいる時空に心が深く複雑にのしかかる朝風景でした。

Img_5424

Img_5429

Img_5463

2012年11月17日 (土)

大都会

Img_5361 新宿都庁の朝風景です。あいにくの曇り空の中で朝陽が都庁の窓ガラスに映っていました。今日は天気が崩れるようです。朝から仙台へ新幹線で行きます。

Img_5360

Img_5369

Img_5375

2012年11月16日 (金)

透明感

P1080831”近いうち” の答えが遂に突然に施行されました。本当に遅すぎた衆議院開散でした。混迷する国の方向が良くなる事を思い願う一日です。

P1080828

P1080830

P1080826

2012年11月15日 (木)

残心

Img_5226今日の西の海は想いに耽るような夕景です 。段々と太陽の日没位置が南下して行きます。五島列島の北端の宇久島から故郷・小値賀島の付近で夕日が綺麗になって行きます。水平線に沈む夕日も良いですが、平坦でなだらかな島に沈む夕景も光の変化があり良いもんです~~~

Img_5246

Img_5265

Img_5299

2012年11月14日 (水)

誰もいない海

Img_5190冬の海の荒波と北風です。五島航路のアクセスは欠航してます。島影から突然に大きな貨物船が島付近に接近して航行していました。いつの間にか島の木々は落葉して道には折れた枝が多くみられおり風の強い島を痛感させられます。

Img_5196

Img_5211

Img_5182

2012年11月13日 (火)

11月の海

Img_5158島の海は冬のステージへ急速に変化してきました。厳しさを感じる時期になってきました。過疎地における寂しさが増してくる11月です。感じられる光が足らなくなると言うことでしょうか 。

Img_5165

Img_5168

Img_5159

2012年11月12日 (月)

気分爽快

Img_5015晴れた初冬の午後の島風景です。荒波のなかで潮風を体に受け止めて光が大海に広がる風景は気分爽快そのものです~~~

Img_5038

Img_5042

Img_5047

2012年11月11日 (日)

紅葉

Img_4995雨の日の中で艶やかな紅葉の佇まいです。身近な所の遠出しなくてもよい平地で今年は綺麗な眼の瞳孔が開っきぱなしの感動でした。

Img_4996

Img_4999

Img_4997

2012年11月10日 (土)

荒天

Img_4968離島は厳しい自然世界です。荒天の中で三角波の海で船酔いしてきました。久しぶりの故郷は厳しい世界でした。素晴らしい美景をブログ出来なかった 気持ちです。”過換気症候群かも”は不完全燃焼でした。

P1080769

Img_4973

P1080749

2012年11月 9日 (金)

たそがれ時

Img_4966 日暮れが早くなりました。郷愁の気持ちにかられる季節です。黄昏の風景と言えるのでしょうか?物静かな複雑な気持ちになる瞬間でした。

Img_4945

Img_4957

Img_4959

2012年11月 8日 (木)

夕景

Img_4909 静かで穏やかな心豊かに誘われる夕景でした。初冬の短い早い夕方の瞬間の時空です。強くない柔らかな太陽光が良い感じです。

Img_4912

Img_4917

Img_4928

2012年11月 7日 (水)

瞬間

P1080728_2 雲の多い薄暗い寒い一日でした。日暮れ前の瞬間に薄い柔らかな青空が見られました。空を見ていると心休まる一瞬でした。

P1080730

P1080731

P1080724

2012年11月 6日 (火)

晩秋

Img_4833 島の空と風と海が太陽光が晩秋を直接的に体感する午後の風景です。誰もいない海岸物語です。

Img_4841

Img_4859

Img_4865

2012年11月 5日 (月)

11月の海

Img_4799

Img_4807

Img_4826

Img_4815 生月大橋からサンセットウエイの秋風景です。海岸線の打ち寄せる白波が豪快です。自然の厳しさを感じさせられる時期です。

Img_4829_2

2012年11月 4日 (日)

風を読め

Img_4737

Img_4687

Img_4717

Img_4764

Img_4781

人類は空を高く長く飛んだのはライト兄弟より熱気球が120年余り歴史的に早かったようです。当時は燃える爆発するガスで危険性が高くて事故が多かったようです。現在では燃えないヘリウムガスで競技気球が盛んになっているようです。風を読んで大空を飛ぶことの人類の知恵に感動です。Img_4711

Img_4760

2012年11月 3日 (土)

空を飛び

Img_4594 快晴の日本晴れの“佐賀バルーンフェスタ”を目にしてきました。三十三回目の世界的な大会だそうで、今日は十五万五千人の人出があり佐賀平野は賑やかで活気が見られました。競技大会が朝7時からで出遅れて嘉瀬川からのバルーン出発瞬間が見られず(クルー115のインターナショナル参加がありカラフルでダイナミック風景を逃しました)遠く風下の芦刈に進行の遠景で残念でした。その後の”バルーンファンタジア”でキャラクターバルーンの後ろ姿を撮ってきました。川面に映るバルーンが必須の風景と耳にしていましたが、キャラクターバルーンは御客様の方を向いていました~~~

Img_4598

Img_4616

Img_4628

Img_4599

Img_4641

Img_4630

2012年11月 2日 (金)

二日酔い

Img_4552

Img_4547

Img_4549

Img_4569_2 空気が澄み渡った美しい早朝時空の中で深呼吸して御来光を見ていると生きていて良かったと不思議に思う二日酔いの朝でした。

2012年11月 1日 (木)

夕焼け小焼け

Img_4484_2 秋は夕日が最高!なんちゃって!ウちゃんナちゃん・どげなもんね!今日の夕日は最高~~~今日は”久かたの、光のどけき春の日に、~~~”なちゃって!今夜は酔いどれハートのラリルレロ~~~ラリルレロ~~~ラリルレロでした。

Img_4487

Img_4501

Img_4525

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046