« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

日の出

Img_4313

Img_4321

Img_4339

Img_4367

Img_4301 静寂の秋の朝風景です。壱部港から聖地中ノ江島と日の出が一直線に重なる感動の瞬間です。

2012年10月30日 (火)

秋風

Img_4261

Img_4226

Img_4242_2

Img_4225_2

秋風をうけてススキが揺れて、突然にカラスの大群が空高く舞っているのに驚かされ風景です。10月も末になり時間の過ぎていくのが早く感じられ寂しさは秋の色のようです。

2012年10月29日 (月)

光明

秋深くなって朝日は寒風のなかで淡い柔らかい雲が多くなってきました。 遠景が微妙に緻密にになり透明感のなかで近くに感じられます。

Img_4219_3

Img_4201

Img_4186

Img_4207

2012年10月28日 (日)

有明海

Img_4118

Img_4137

Img_4145

Img_4158 夕方から東の空には大きな満月が顔を出しています。片や有明海の干潟は大きな夕日が落ち沈んでいきます。体を吹きぬけていく風が冬の感じが満タンしております。有明海の夕景は豊穣の世界のようです。

2012年10月27日 (土)

秋雨

P1080677_2

P1080684

P1080691

秋の雨は、ススキ雨や長雨と言われ寒冷前線と温暖前線となったり気圧の谷になったりして曇り天気が多くなったり、しとしとというP1080694 弱い雨が降ることが多いようです。また、最近のように急に大雨になることがあります。秋の天気と女心なんでしょうか。紅葉の葉に滴っている雨が色っぽい午後の時間でした。

2012年10月26日 (金)

透明感

Img_4041 雨上がりの午後の透明度の高い島風景です。限りない青い高い秋空が爽やかな心地にさせてくれます。そして、静かで凪いでいる海面が心を広く寛容に導いてくれます。

Img_4065

Img_4081

Img_4058

2012年10月25日 (木)

白と青

P1080667青い静かな海と白い灯台と船の 午後風景です。久しぶりのデジカメ(もう古いルミックスDMC-ZX3です)で仕事の合間をみてスナップしました。やっぱり気楽でブログ向きですね~~~

P1080659

P1080673_2

P1080675

2012年10月24日 (水)

朝景色

Img_3858 島の躍動感が静かな朝風景の中に見つけてきました。今年の秋の最低外気温12度の風景です。寒くなってきました。

Img_3882

Img_3869

Img_3896

2012年10月23日 (火)

オータムウインド

Img_3766

Img_3790

Img_3787

Img_3801

”秋深き隣は何をする人ぞ”

2012年10月22日 (月)

秋模様

Img_3749

夕方は秋雨前線通過で雷雨・暴風・落雷の烈しい天気になろうとは想像できない午後の秋模様です。紅葉の兆しを発見し爽やかな気持ちを感じてきました。

Img_3737 Img_3750

Img_3744

2012年10月21日 (日)

秋の生月大橋

Img_3705

Img_3708

Img_3720  海岸目線から金比羅山中腹の高さからの短時間で車で走り回ったド根性の熱血の秋探し風景です。

Img_3726

2012年10月20日 (土)

夜明け

Img_3594

Img_3634

Img_3652

Img_3663

Img_3667_2 黒瀬の辻の殉教地”ガスパル様”から中江ノ島を望みつつ朝の光を感じてきました。”黒瀬の辻”は”クルス(十字架)の丘”の事のようです。神聖な殉教地での風と信仰を紡ぐ島風景で静かな厳粛な時間を過ごさせてきました。

2012年10月19日 (金)

黄金色

Img_3498 黄金色がいっぱいのサンセットウエイです。県外の観光バスが3~4台ほどすれ違いました。そして、ゆっくり夕日を堪能する走行する観光バスを追い抜いて行きました。地元の人は自然の美しさを見逃しているのかもしれません。

Img_3500

Img_3515

Img_3517

2012年10月18日 (木)

西海風景

Img_3441

Img_3447

Img_3460

Img_3473 秋は夕暮れ”と言われます。瞬間の景色に感動です。西海の水平線に落ち込んでいく夕日がダイナミックで美しい時間を演出してくれます。秋の時空です。

2012年10月17日 (水)

雨上がりの夕景

Img_3366

Img_3358

Img_3362

Img_3350 昨夜から久しぶりの雨が午後過ぎまで降り寒い一日でした。夕方から晴れ間が見られました。仕事で夕日間際の太陽は見られたのですが、本当に綺麗な日没でしたが、写真シャッターまでのトラブルで残念な今日の一枚でした。今からは夕日撮影が困難になって行きます。今日は必死の夕景風景でした。

2012年10月16日 (火)

秋風

Img_3287

Img_3296

Img_3302

Img_3314 北西風が吹き叫ぶ朝風景です。島にとって厳しい季節になってきました。無機質な島風景に心の内に秋風センチメンタル世界です。

2012年10月15日 (月)

秋の光

Img_3229

Img_3235

Img_3244

Img_3262

島の朝と夕の太陽光です。春夏秋冬の四季のうつろいの中で心の奥が複雑に蠢く季節に思います。日照時間が日々に徐々に短くなる感覚がもたらす生物学的な感性かもしれません。難しいことは考えず物悲しい気持ちが深くなる事は確かのようです。

2012年10月14日 (日)

秋空

Img_3158

Img_3163

Img_3168

Img_3175 小雨上がりの夕空です。紅葉が見られ秋の黄昏がきれいでした。

2012年10月13日 (土)

早朝

Img_3125

Img_3129

Img_3136

Img_3144 佐賀の朝空です。空が高く澄み渡っており爽快気分になります。海風と違って天山おろしの風は肌さむくて森林の香りを感じます。

2012年10月12日 (金)

荒崎からの夕日

Img_3104

Img_3111

Img_3110

Img_3122 気分が落ち込みそうな物思いに耽る季節です。そんな中で、今日の夕日は少し元気が出そうな心の奥がジーンときそうな夕景です。週末の夕空としては良い感じの風景で車を飛ばして撮ってまわりました。県外ナンバーの車が観光バスが多くみられ、夕日に向かってお尻を見せてる姿が印象的でした。いつも夕日を見てる自分が幸福だなーと思いました。

2012年10月11日 (木)

秋風

Img_3008

Img_3014

Img_3033

Img_3020 朝の外気温度が11℃です。北風が通り抜けて肌寒い季節になりました。夕方は太陽が水平線に沈んで行くのが早くなりました。秋風に吹かれて海岸の咲くススキが印象的です。

2012年10月10日 (水)

ピンク生月大橋

Img_2962 今日のような夕景で幻の”ピンク生月大橋”が見られます。島の人の言では一年の9月か10月頃に”ピンク生月大橋”が見られると聞いていました。ウロコ雲が西空全体に散らばっていて夕日が綺麗な時に見られるんでしょう。幻想的な空空間でした。

Img_2965

Img_2977

Img_2976

2012年10月 9日 (火)

久しぶりに

Img_2798 映画”あなたへ”の散骨した海上の夕日の風景です。高倉健さんが大滝秀治さん(永眠されました)の”久しぶりに きれか夕日をみた!”のワンシーンに映画の凄さに感動して涙していました。日没時間は映画撮影時期と異なりますが、春と秋の違いがありますが、緯度が夏至を境に移動して同じ場所と思います。久しぶり!きれか!夕日でした!

Img_2813

Img_2835

Img_2861

2012年10月 8日 (月)

秋風に吹かれて

Img_2655

Img_2649

Img_2663

Img_2651 天高く馬肥ゆる秋。秋は空気も澄んいて、空気も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の季節でもある:故事ことわざ辞典より。

2012年10月 7日 (日)

波しぶき

Img_2473

Img_2507

Img_2558

Img_2538 早朝の生月島海風景です。やっぱり、北風の荒波で豪快なアゴ漁が一番です。波しぶきを受けて海岸線目線で三次元世界です。海のエネルギーを感じる時空です。錦織圭の楽天ジャパンオープン大会優勝に感動です。エアーKとスペースK(エアーKのバックハンドリターンが凄い!)は天才的進化中です。次はグランドスラムです。

2012年10月 6日 (土)

酔芙蓉

Img_2425

Img_2423

Img_2437

Img_2421

Img_2430 酔芙蓉は朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけて紅色になるそうです。酔芙蓉は群生してる所が少ないそうです。島のサンセットウエイに群生しています。芙蓉の花が短命で一日花のはかなさに諸行無情の仏教の悟りを感じさせられます。

Img_2429

2012年10月 5日 (金)

轟音

Img_2318

Img_2325

Img_2366

Img_2378 アゴ漁二艘引きの漁場を巧みに読んで潮目を走る風景にプロの世界を感じる時空です。今年も10月半ば頃に終わる島風景です。

Img_2390

2012年10月 4日 (木)

ススキ

Img_2294 最近、めっきり少なくなったススキ風景です。外来種の雑草に追い出されたのでしょうか、自然環境の変化なんでしよう。秋風に吹かれて夕日に輝く姿は良いもんですね。きりっと背を真っ直ぐ伸ばして穂先が微妙に自由に風に吹かれた表情は良いですね。

Img_2285

Img_2283

Img_2293

2012年10月 3日 (水)

Img_2137_2

Img_2140 透明性豊かな早朝模様です。太陽系の地球なんだなーと感じる瞬間です。なんて、朝から変なクリアーな頭状態になりました。

Img_2142

Img_2147

2012年10月 2日 (火)

長瀬鼻灯台

Img_2046

Img_2097

Img_2070

Img_2060 秋晴れの解放感満杯の爽やか夕景です。生月島最南端の長瀬灯台からの落日の瞬間時空です。五島列島が真近い水平線大パノラマの舞台です。

Img_2059

2012年10月 1日 (月)

仕事を終えて

Img_1913

今年も十月に入り時の流れの早さに驚きです。そして、日ごと日の出が遅くなり日没が早くなってきて大変な季節になってきました。仕事が終えてからでは日没風景撮影が困難になってきます。朝は仕事の関係で8時には仕事場に行かなければならないので日の出撮影時間の余裕が少なくなってきます。時間を大切にして一日ワンショットの最近です。

Img_1898

Img_1948

Img_1984

Img_1992

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046