« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

残暑

Img_9174

Img_9165

Img_9180

Img_9197 空が澄み渡った日本晴れです。遠くに五島列島と対馬(年に1~2回見られます)や壱岐島から玄界灘の島や呼子半島まで見える素晴らしいパノラマ風景です。木陰に入ると涼しい風と光と影が心地よいです。

2012年8月30日 (木)

夏の終わり

Img_9070

Img_9036

Img_9115

Img_9135 夏休みも終わりに近くなりました。この年になると、学生時代は八月末になると慌ただしくなって一夜づけの多忙な時間を過ごしていたことを懐かし思います。国会は”野田首相の問責決議可決”で長期の夏休みです。国民無視の理不尽に怒りです。今日は雨風が激しく続いて不安定な天気でしたが、不思議にことに偶然に日の出と日没の時間帯は太陽が輝いていました。我慢と忍耐の賜物の輝きの時間でした。

2012年8月29日 (水)

Img_9000 強い雨が急に降ったり雲の合間から大陽光が輝やいたり天気が不安定な一日でした。朝と昼と夕方は雨が降っていて一日三回の島風景撮影が困難な一日でした。夏バテもあり気力が不足しております。夕方7時頃に雨が急に止んで空が明るくなって写真を撮ってきました。

Img_9003

Img_9014

Img_9015

2012年8月28日 (火)

台風一過

Img_8971 台風15号の直接通過もなく過ぎ去った一日でした。それでも、自然界の厳しさ痛感される一日でした。自然の猛威に成すすべもないことに再認識させられる一日でした。

Img_8952

Img_8974

Img_8991

2012年8月27日 (月)

台風接近

60年ぶりの大型台風だそうです。東シナ海から沖縄・九州に接近中です。若干、大陸寄りに西北から北上して直接的影響は避けられそうです。雨と風の自然災害に注意は必要です。海上アクセスは全便欠航のようです。いつも思うのですが、九州の台風接近に対してメディア情報が少なくて危機管理の不備を感じます。竹島・尖閣列島列島の問題悪化に通じる危機管理体制があるように感じます。

Img_8940

Img_8930

Img_8922

Img_8943

2012年8月26日 (日)

呼子

Img_8753

Img_8762

Img_8792

Img_8810 台風15号の影響で荒波があり風が吹いており気持ちは涼しい感じでした。あいにくの天気不良で七ツ釜の美景を海から見られず残念でした。

2012年8月25日 (土)

有明海

Img_8655

Img_8632

Img_8667

静寂の日の出時間です。普賢岳や熊本の山々が遠景出来ます。Img_8676

2012年8月24日 (金)

間隙

Img_8516

Img_8531

Img_8510

Img_8544 日の出から20分の太陽の輝きの間隙風景です。寝室のカーテンが真っ赤に染まっているのに驚いて反射的に飛び起きて走って眠気状態で車を飛ばして撮った瞬間の素晴らしい海と空と風の世界です。実は寝過ごさなかったらモット良かったかもと思う一日でした。

2012年8月23日 (木)

処暑

Img_8477

Img_8464

Img_8466

Img_8486 暑さ寒さは彼岸まで。なんと理にかなっている時勢をよく観察ている言葉です。処暑とは、暑さが終わると意味だそうです。昼間は暑い日が続きますが、朝夕は涼しい風が吹きわたる気持ちの良い時期だそうです。

2012年8月22日 (水)

あけのぼ

Img_8351

Img_8398

Img_8406

Img_8427_2 ”幻想のあけぼの”?余り見たことが無い色彩の朝風景です。写真画像を修正するとモットホットかもしれません?新月の干潮時の静かな海と空と風の時空で秋の到来を感じる時間でした。遠く東の方に玄海原発の明りが見られました。

2012年8月21日 (火)

晩夏

Img_8225

Img_8249

Img_8254

Img_8263 朝の風が冷かに感じられるような時空です。島では伝統”トビウオ二艘引き漁”が始まるようです。四季の移りの美しさを満喫しています。海と島の領土権で国際的の翻弄している日本は大丈夫なんでしょうか、突然のプルトニウム高濃度事件など問題山盛りに”近いうちに””先送り”で良いんでしょうか?

2012年8月20日 (月)

サンセットウエイ

Img_8200

Img_8202

Img_8203

Img_8205

稲刈りが始まり稲穂の香りが広がる天気が素晴らしい夕景です。太陽が海面を銀色に輝かせて太地を鮮明にしていました。

2012年8月19日 (日)

筑紫次郎

Img_8080 四国吉野川を四国三郎、関東利根川を坂東太郎、九州筑後川を筑紫次郎と呼ばれています。江戸時代以前、日本の三大河川の長男として”坂東太郎”と呼び九州の筑後川を”筑紫次郎”、四国の吉野川を”坂東三郎”と呼ぶようになったそうです。

Img_8092

Img_8095

Img_8106

2012年8月18日 (土)

出漁

Img_7965

Img_7983

Img_7987

Img_7993

志々伎灘の西海へ小型巻き網船が一斉に競い合って漁場に邁進している風景は勇ましくて豪快です。近海の底引き漁で夕方に母港から出港して翌日の朝に港に帰ってきます。この地域では小佐々港からの船がほとんどです。小佐々の”にぼし”は旨くてビタミンやカルシウムが豊富で有名です。Img_7956

2012年8月17日 (金)

島の高台から

Img_7936

Img_7943

Img_7947

Img_7948 8月7日が立秋です。暦上は秋ですが、天気は猛暑日が続いています。今日の空は一見に秋空のように空高く澄み渡っていました。島の高台からの風景は透明で爽やかな気持ちが良い時空でした。

2012年8月16日 (木)

潮騒

Img_7731

Img_7785_2

Img_7802瞬間の潮騒の風景です。今年は日没で水平線上を雲が覆っていることが多くて真っ直ぐに水平線に落ち込んでいく太陽を見ることがありませんでした。幸いに、今日は大きな太陽の日没を目にして感動でした。

Img_7781

Img_7830_2

Img_7840

2012年8月15日 (水)

夏の光線

Img_7555 島のサンセットウエイは真夏模様でハッキリした光に包まれていました、木陰の趣に清涼感が夏風と共に視覚を興奮させてくれます。

Img_7552

Img_7565

Img_7547

2012年8月14日 (火)

雨の嘉瀬川

Img_7516

Img_7531

Img_7504

Img_7521 豪雨で大災害で大変な状況です。自然界の生き物は雨のなかで生き生きとしてエネルギーを感じられます。

2012年8月13日 (月)

豪雨の一瞬

Img_7474

Img_7463_2

Img_7476

Img_7480 集中豪雨から強い暖風と小雨のなか田園風景が艶やかで新鮮でした。ひまわり十万本の風景を楽しみに行きましたが、見る影もなく花は黒くなって頭を下げていました。一週間ほど遅かったようです~~~

2012年8月12日 (日)

真夏

Img_7409

Img_7417

Img_7412

Img_7410 昨夜の雷雨は凄かったです。今日から盆です。他県ナンバーの車が目立ってきてます。帰省客がみられ何時もと違って活気を感じます。真夏日に輝いて柿がみずみずしく緑色に弾んでいて近くでは蝉が鳴いています。

2012年8月11日 (土)

舘浦港

Img_7399

Img_7389

Img_7402

Img_7403 江戸時代に鯨捕鯨で栄えていた港です。鯨を解体し九州はもとより関西関東へ鯨油を主に販路して巨万の富を生んでいた港です。今は延縄底引き船の母港です。昭和50年代までは繁栄して豊かな島でしたが、漁業資源の枯渇と魚の値段が下がり(成田空港市場?からの海外輸入で)寂しい港風景です。いわゆる、過疎地域の長閑な自然豊かな島です。

2012年8月10日 (金)

島の朝

Img_7355

Img_7344

Img_7347

Img_7353 空と海と風のなかで島の朝の爽やかさを感じます。今日も昼から真夏日です。

2012年8月 9日 (木)

近いうちに

Img_7249 8月9日長崎原子爆弾被爆67年目の夏です。もう二度とあってはならない事を願い平和をうたい核廃絶を地道に進んできました。被曝された人の生存者平均年令は77才と聞きました。生存された人が少なくなっている今こそ”福島原発事故”を機会に新たな決意が必要に思います。当然、生活安全を保障し戦争のない安心して生活できる社会作りと思います。夜の三党合意の茶番劇に翻弄され”近いうちに”の言葉に大人の偉い人たちの傍若無人の凄さに呆れかえる時空でした。

Img_7300

Img_7310

Img_7335

2012年8月 8日 (水)

瞬間の朝陽

Img_7228 今日の天気予報は曇り雨です。早朝の朝日風景を約30分前後ほどの短い静かな時空を撮れました。丁度、夜釣りの漁船が帰港の海面航跡が鮮やかな曲線でした。

Img_7236

Img_7208

Img_7225

2012年8月 7日 (火)

薄日

Img_7186

Img_7188

Img_7195

Img_7196 天気が雲の多い曇天のなかで薄日が見られる一日でした。夕方の西海は穏やかでしたが、猛暑の淡い風景を日常の義務感で撮ってきました。蝉の音が耳に響いてくる風景が想像されると思います~~~

2012年8月 6日 (月)

朝の光

Img_7086

Img_7125

Img_7146

Img_7174 ロンドンオリンピックでの日本の活躍ぶりに感動ドラマが噴出しています。長崎県出身の活躍が体操・アーチュリー・男子サッカーなどでみられ嬉しい気持ちにさせてもらっています。政治経済の不条理不安などのなかで気持ちいい毎日です。今朝の朝風景は夏そのものです。

2012年8月 5日 (日)

夏の朝風景

Img_6998

Img_7022_2

Img_7026

Img_7041

Img_7033 8月5日の暑い夏の朝風景です。空気は澄みわたり海と風は毎年繰り返す真夏模様です。美しい島の朝でした。

2012年8月 4日 (土)

くれない色

Img_6973

Img_6981

Img_6985

Img_6982

真夏日で熱中症の人が多かった一日です。夕方は少し靄がかかていましたが、壮大なくれない色の風景でした。夏の草木は逞しく生き生きと夕方を待っていました。Img_6980

2012年8月 3日 (金)

八月の海

Img_6895 強い光に輝く大地と海を眺めていると瞳孔が細くなっていく中に鮮明映像が感動です。

Img_6880

Img_6885

Img_6897

2012年8月 2日 (木)

白月(しらつき)

Img_6836  

Img_6839

Img_6848

Img_6876

2012年8月 1日 (水)

台風前日

Img_6732

Img_6747_2

Img_6743

Img_6752 台風10号が九州に接近して風が強く吹いています。夕陽が不気味な輝きで不思議な感じです。滅多に見ない光の世界が広がっています。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近の写真

  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207
  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721