« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

春雨風景

Img_0288

Img_0278

Img_0282

Img_0276 生憎のGW期間中の雨天気です。まばらに県外ナンバーの車が見られます。水田は早期栽培の田植えが終わって水文化の日本だと思う風景です。

2012年4月29日 (日)

昭和の日

Img_0242

Img_0267

Img_0251

Img_0262_2 ゴールデンウイーク(GW)が始まりました。今年は安近短から海外へ飛び立つ人が多いようです。円高の影響でしょうか、反してGWとは無縁の自分は、世の移りと関わりが無いせいか、余裕がないのか、計画性が無いのか、今年も静かに新緑の光輝く海と空の時空で生活しています。”昭和天皇誕生日”は平成元年に”みどりの日”に変わり平成19年に”昭和の日”になりました。”みどりの日”は5月3日に移動されました。

2012年4月28日 (土)

落胆

Img_0199 梅の中で、明日の朝は”素晴らしい日本の日の出を撮っちゃぞ!”なんて意気込んでいました。が、寝過ごして6時過ぎの日は昇り目には輝かしいオレンジ色の世界が広がっていました。昨夜の当直仕事が忙しかったせいか、残念ながら、楽しみにしていた朝日が夢の中の世界の出来事化した日本晴れの平和な朝風景でした。

Img_0194

Img_0205

Img_0218

Img_0192

Img_0230

2012年4月27日 (金)

絶叫

Img_0162_2 ”絶叫”の瞬間の時空です。 五感で体感する感動の日没の瞬間でした。

Img_0167

Img_0175

Img_0184

2012年4月26日 (木)

Img_0069” 上を向いて歩こう”と自然と頭が上向きになる大空風景です。大気が澄み渡って青い空に筋雲が芸術的に演出されて爽快感で気持ち良い時空でした。

Img_0084

Img_0090

Img_0132

2012年4月25日 (水)

春嵐

Img_0046

Img_0054

Img_0061

Img_0065 朝5時50分から約10分間の風景です。間もなく、雨風が強くなり荒天の春嵐の一日です。日の出の一瞬、一点の輝き、朝の太陽が輝いていました。

2012年4月24日 (火)

サンシャイン

Img_0044 驚きの朝の輝きの瞬間です。スローライフの時空です。今の時期の風景が一瞬に集積された感動の時間です。

Img_0039

Img_0023

Img_0041

2012年4月23日 (月)

水風景

Img_9886_2

Img_9896

Img_9901

人間にImg_9929 は太陽と水と酸素の存在を感じさせられる春の水風景です。夕方のサンセットウエイの高台から海岸の波打ち際からの目線から見た躍動の瞬間です。残念ながら、黄砂現象で霞んだ水平線に落ちていく太陽は見られませんでした。

2012年4月22日 (日)

春の大潮

Img_9835

Img_9823

Img_9826Img_9818 潮の干満が最高の新月の闇夜の時期です。磯では潮干狩りで海の幸の海藻や雲丹やサザエやとこぶしやアワビを採りに楽しい時期です。昨日と違って天気が素晴らしい一日でした。

2012年4月21日 (土)

若葉

Img_9751

Img_9756

Img_9790_2

春の大地は生き生きした瞬間の連続で生命力が満ち満ちています。西九州は荒れた春嵐の天気で昼からは大雨大風でした。雨のなか野山の若葉新緑が引き立っていて綺麗でした。

Img_9793

2012年4月20日 (金)

吉田宅の"しゃくやく”と”しゃくなげ”

Img_9713 在宅往診している吉田さんから”しゃくやく””しゃくなげ”?が今日見頃最盛期で写真ば撮りにこんねと話を頂いて有難く自分なりに鑑賞してきました。花とか草木を大切にされる家族です。畑には季節に応じて、あたかも西洋の様式庭園のように何時も目を楽しませてくれます。自慢の一本の大きな”しゃくなげ”と咲きかけている”しゃくやく”のようです。豪華さのなかで気品高く優しく柔らかく周りの溶けて放散する美しさと甘い香り漂う風情は癒しと希望と愛の世界です。入院して元気になっている御母さんへ写真を見せてあげようという息子さんの気持ちがわかる”しゃくなげ”と”しゃくやく”です。”しゃくやく”は花言葉は、つつましやか、はにかみ、恥じらい、内気、生まれながらの素質だそうです。由来はしとやかで美しい意の”綽約”からだそうです。”立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花”だそうです。

Img_9701

Img_9702

Img_9708

2012年4月19日 (木)

春雨

P1070431 ”静かに降る、春の雨を春雨”と新明解国語辞典で書いていました。平戸ツツジが春雨に映えて咲いています。田植えが始まり島の大地は元気が出てきています。

P1070414

P1070426

P1070422

2012年4月18日 (水)

光を受けて

Img_9654 何時も眺めている何気ない風景です。夕方の太陽光をうけて海と大地が気持ちよさそうに輝いています。短い時間の恩恵です。常に変化するなかに、仏教で言う、空があり色があり、目に見えないものが見えて、見えないものが見えたりして来るような時空でした。

Img_9667_2

Img_9671

Img_9670

2012年4月17日 (火)

燃ゆる海

Img_9636

Img_9647

Img_9650

Img_9645 今日も、黄砂の中での夕景でした。中国大陸からの影響が年々増してきているようです。単なる春霞みではないようです。もし、起きてはいけない原発事故があれば、北鮮ミサイル弾道弾の問題以上に大きな影響があり日本列島無人化と思うのは可能性のない危惧でしょうか、

2012年4月16日 (月)

西海岸

Img_9494

Img_9506

Img_9512

Img_9533

Img_9562_2

静かな海と紅く染まった雲一つない黄砂の夕空がImg_9582 素晴らしい瞬間でした。日没とともに光が輝いてきて太陽が大きくなり春から初夏の雰囲気の漂う夕景でした。

Img_9623

2012年4月15日 (日)

嘉瀬川

Img_9426

Img_9436

Img_9442

Img_9469

Img_9439

Img_9467

2012年4月14日 (土)

爽快

Img_9378

Img_9364

Img_9374

Img_9369_4 島の潮風に吹かれてコバルトブルーの海と空のなかで爽快な瞬間を感じた一日でした。

2012年4月13日 (金)

恵みの雨

Img_9332

Img_9335

Img_9343

自然界の生きし者たちが大喜びの雨です。Img_9348 田植え前の農家の皆さんは多忙の一日です。生きていくうえで水の大切さを思わされる瞬間です。

2012年4月12日 (木)

黄砂の夕景

Img_9252

Img_9273

Img_9298

Img_9329

Img_9239 珍しく島の畑に蓮華畑を見つけて感動です。子供のころは、今の時期は蓮華畑で寝ころんで新草の香を受けてのびのび遊んでいた頃を思いだしてしまいました。

2012年4月11日 (水)

潮目

Img_9096

Img_9084

Img_9090

Img_9111

2012年4月10日 (火)

春雨

P1070308

P1070311

P1070315

P1070322 有難い春の雨の日です。新田作りの農家の皆さんにとっては嬉しさ一杯の多忙な日となっています。自然と共に生きていくことの生活感を目にして春の大地の蠢きを感じます。多忙の一日でした。外出して写真を撮れず、仕事場より近くの風景をウオッチしてみました。変に心安らかに落ち着いて身近に風景があることに驚く夕方でした。

2012年4月 9日 (月)

黄砂現象

Img_9071 Img_9065 きっと、外国航路の運搬船でしょうか、沖縄と博多港を航路する旅客フェリーでしょうか、島の西海岸から約10マイル沖合を黄砂の夕景の中を静かに北上しています。船を見ていると、心の中で夢が広がって行って心地よい世界に導いてくれていきます。子供の頃に海と船を眺めて無限の可能性に向かっていた姿が懐かしいです。

Img_9073_2

Img_9051

Img_9069

2012年4月 8日 (日)

陽光

Img_8992 サンデイモーニングの穏やかな海と空の時間です。水を一杯ためている水田が爽やかです。そろそろ、田植えの時期で活気がでてきて島も賑わってきます。

Img_8970

Img_8989

Img_8967

2012年4月 7日 (土)

春の海

Img_8911

Img_8866

Img_8863

Img_8890

2012年4月 6日 (金)

今日の桜風景

Img_8761

Img_8768

Img_8776

Img_8783 まだ肌寒さが残る素晴らしい日本晴れの春景色でした。其々の種々の桜がリアルタイムに順調に咲いていました。日本の四季を感じる風景でした。人生の其々の想いに耽る桜風景でした。

2012年4月 5日 (木)

春の風物詩

Img_8546

Img_8672_2

Img_8673_2

Img_8689_2 好きな色と言われれば、やはり黄色でしょうか!菜の花や一重水仙の黄色は好きです。子供時代に受けた印象強いものが影響しているようです。

2012年4月 4日 (水)

仲春

Img_8614 散歩道の木と花が春模様です。そそして、空と海もコバルトブルーに染まって躍動感を体感してきました。

Img_8592

Img_8586

Img_8599

2012年4月 3日 (火)

異常気象

Img_8550

Img_8554_3

Img_8558_2

Img_8566 天と地と人と異常気象の一日でした。大宇宙の流転のなかの小さな存在の人の悩みは大きな存在なんでしょうか、地球の歴史からすればちっぽけな瞬間でしょう。台風のような春嵐に自然に何も対応できないことの意味が解らない風景でした。

2012年4月 2日 (月)

平戸島を望む

Img_8546

Img_8537

Img_8536

Img_8530 Img_8515 島は小高い山から急峻に近い傾斜の地形が特徴です。見下ろす風景が中々いい時があります。今日は静かな海と菜の花の黄色が良い感じでした。坂道は未来が希望があるようで好きです。

2012年4月 1日 (日)

春はあけぼの

Img_8402 梅前線と桜前線が重なる今年は異常気象のようです。日本の春は近いことを梅が告げ、桜は爛満の春を運んでくると西日本新聞”春秋”に枕草子の話を書いていて納得のコメントでした。木の花は梅が好き、桜は花びらが大きいのが好きと良いですね。それにしても、情けない世情が美しくなく臭いのが心配です。

Img_8401

Img_8417

Img_8431

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444