« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

大晦日

Img_385812月31日は大晦日で一年の最後の日です。年越しの夜のことを除夜と言われ、年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあって、この夜に早く寝ると白髪になるとか皺が寄るというう俗信があるようで怖い話です。やはり、年越し蕎麦・除夜の鐘・紅白歌合戦のキーワードが一般的です。日本全国ではカウントダウン中は湧いていますが、昨年と同様に仕事の寂しい大晦日の時間です。今年最後の夕日は見れませんでしたが、朝日は静かで広大で綺麗な時空でした。

Img_3865

Img_3886

Img_3916

2011年12月30日 (金)

朝の光のなかで

Img_3763一見、外国風景の趣が溢れた朝の光が優しく輝く田平教会の美景です。小雨混じる曇天の世界から突然に晴れ間が広がって清潔で高貴な世界です。神聖なる心安らぐ解放感に満ちた世界が広がって行くようで罪多き悩めるものが救われような時間でした。感謝の気持ちになりました。

Img_3756

Img_3775

Img_3779

2011年12月29日 (木)

淡と静

Img_3684生ぬるいアバウトでいい加減で世間知らずなど 言われやすいアンダーグランドでアンチな気持ちがやや強い不安定な面があるが存在感が薄いと言うか逃避的な存在なんて誰だって考えることが在るんでしょう。不確実な存在が見えることが在るようです。今日の風景は”淡と静”といううか不確実な太陽でした~~~

Img_3677

Img_3710

Img_3723

2011年12月28日 (水)

奇妙

Img_3614変な朝の太陽光でした。気持ちが変になるくらい奇妙でいた。太陽光が直接上方へ輝いていました。

Img_3621

Img_3640

Img_3641

2011年12月27日 (火)

感動

Img_3528感動と驚きの美しい夕景です。人間と自然が一体化の瞬間でした。在るがままで在るを知る空と海と風の瞬間でした。

Img_3536

Img_3557

Img_3577

Img_3602_2

2011年12月26日 (月)

透明

Img_3416冬の海は太陽光が広がって底が見えるくらい気持ちよく澄んでいます。晴天の高気圧気団が空と海の透明性を演出しているんでしょう。他の季節と違っています。最近、いつも思うのですが自然観察を長くしていると驚きと感動の風景が 発見できるようです。東の彼方を見ていると、今話題の玄海原始力発電所の原子炉が白く輝いて、身近に感じて驚きと不安が脳裏を走って行きました。

Img_3404

Img_3421

Img_3422

Img_3409

2011年12月25日 (日)

雪から晴れ空

Img_3364朝から雪の寒い曇天の時間でした。午後より晴れ間が見られ明るい時間で冬の光が楽しめました。

Img_3367

Img_3374

Img_3377

2011年12月24日 (土)

寒い日の朝日

Img_3312太陽光が 大地に光エネルギーを捧げたい気持ちとも思われるくらい、雲の狭い間隙から強い光が輝いていました。地球は太陽光が無ければ滅びるわけですから感謝の一念です。自然エネルギーだけで生物は十分なのですが、在るを忘れた動物なんですね~~~~~~~~~

Img_3316

Img_3320_2

Img_3323

2011年12月23日 (金)

大パノラマ

Img_3262寒波到来で寒い日ですが、空気が澄み渡っていて景色が限りなく見える一日でした。年間に数回しか見れない対馬島が島の北の方に見渡せました。北東の方を見ると壱岐島がハッキリと眺められました。 昨夜の忘年会の二日酔いで頭が重い体調不良のカンフル剤になった風景でした。

Img_3263

Img_3270

Img_3294_2

2011年12月22日 (木)

冬至

Img_3243今日は一年で最も夜の長差が長くなる日です。昔は冬至の日は”死に一番近い日”と言われており、その厄を払うために体を温めて無病息災を祈っていました。そのため、野菜の少ない季節に栄養補給のためカボチャを食べたり、その邪を祓う霊力があると信じられてる柚子の風呂に入るなどして夜を越していたようです。

Img_3245

Img_3251

Img_3254

2011年12月21日 (水)

大ハエ灯台

Img_3222午後の大場え灯台の断崖風景です。自然の美形が織りなす雄大な風景です。野生ツバキが清楚に艶やかに咲き誇っていました。夕日の大バエ 灯台が有名ですが、午後の大バエ灯台も雄大で見事な景色です。

Img_3216

Img_3207

Img_3237

Img_3229

2011年12月20日 (火)

在るがまま

Img_3159冬時期になると仕事上と日照時間の関係で島風景写真が撮れない状況が 多くなってきます。朝の6時ころに起きて天気を予測して日の出時間7時35分ぐらいに朝の太陽が見られば最高です。しかし、最近は雲の多い寒い日が多くて困っています。今日の朝日は予測外の瞬間の日の出でした。見逃せれば見逃せる日の出です。自然体の中で出会った風景です。それも、何気なく二階の窓からの瞬間風景です。

Img_3162_3

Img_3158

Img_3157

2011年12月19日 (月)

冬の光

Img_3121 冬の光が感じられる午後の島風景です。大気が澄み渡っていて海が透明感溢れた紺碧色で豊かな解放感を感じます。反面に冬の光が直接に反射し銀色の海面が輝いてエネルギーを感じます。

Img_3127_2

Img_3135

Img_3152

2011年12月18日 (日)

冬の夕日

Img_3022太陽が東の水平線から昇り西の水平線に沈み一日が過ぎていきます。この太陽系は常に休むことなく動いています。春夏秋冬において、この地球号に太陽は季節により 其々の光を放って大地の生命の根源であり無くては生きられない大切な存在です。冬の夕陽を見て感謝して明日は朝陽を拝み感謝の日々です。

Img_3015

Img_3025

Img_3029_2

2011年12月17日 (土)

浮島現象

Img_3003冬の自然現象の”浮島現象”が見られる景色でした。浮島現象は海岸で遠方の島や岬を眺めた時に、それらと海水面との境界が切れて浮き上がって見える現象だそうです。これは暖かい海面上に冷たい空気がある場合、すなわち 上冷下暖の状態の時に、そこを通る光線が強く屈折することによっておこる風景です。透水と同じ下位蜃気楼の一例だそうです。

Img_2993

Img_3012

Img_2999

:有れryぐせう

2011年12月16日 (金)

サンシャワー

Img_2942

今冬寒気が一番の一日でした。小雪交じりの夕景は鈍より雲の間隙から太陽光が直線的にダイナミックに輝いていました。本当に冬の天気は変化に富んでいます。

Img_2938

Img_2941

Img_2956

Img_2955

2011年12月15日 (木)

紐差教会

P1060163 平戸島の中央部に位置する紐差教会のライトアップです。夕暮れの周りが薄暗い中で一段と小高い丘に立つ教会が映えて人々を見守っているようで良い風景でした。デジカメじゃなくて一眼レフを持ってきていれば良かったなーと思いました。明日は寒い小雪交じりの天気予報です。

P1060165

P1060164

P1060162

2011年12月14日 (水)

生月大橋

Img_2897平戸島からの生月大橋のダイナミックなトラスト工法の美形です!

Img_2902_2

Img_2906_2

Img_2898_7

2011年12月13日 (火)

島の昼下がり

Img_2827日本晴れの雲一つない心地よい午後の海と空の時間です。平戸島の山々が南から北にかけて、南から志々伎岳や屏風岳や鯛ノ鼻や安満岳や川内峠や平戸富士などが見渡せ素晴らしい天気でした。

Img_2838

Img_2846

Img_2833

2011年12月12日 (月)

誰もいない海

Img_2796 寒風と荒波が打ち寄せる塩俵断崖の冬風景です。誰もいない海の佇まいで午後のリラックス時空を楽しんできました。潮騒の音と香りが癒しのひとときでした。

Img_2800

Img_2798

Img_2807

Img_2813

2011年12月11日 (日)

あるがまま

Img_2765島の冬は暗い感じがイメージとしてあります。春から夏にかけて光と海と空と風が陽気な燃えるような明るい情熱的な雰囲気で一杯になります。ところが、良く観察すると冬の時期でも自然界はそれなりに生き物たちは頑張っているように見えます。少なくなった太陽光を上手く利用して大地に海に生物界は省エネルギーで調和しているようです。

Img_2778

Img_2779

Img_2774_2

Img_2723

2011年12月10日 (土)

空へ

Img_2753 一瞬の晴れ間の夕暮れの有明海です。豊穣の潟の栄養を捕っている渡りでしょうか、シャッターの瞬間に潟を飛び立っていました。鳥達のパラダイスの場所を御邪魔してしまいました。生きるための自然界へのシビアな危機管理でしょう。

Img_2750_2

Img_2729

Img_2740

Img_2758

2011年12月 9日 (金)

から風

Img_2677外気温が5度前後で北風が吹きまいている寒い一日でした。島の到るところに質素な可憐でありながら色彩豊かな原色調で存在感を発散している水仙が気持ちよく海風に吹かれて咲いていました 。新聞に載っていましたが、水仙の葉を間違ってニラの葉を餃子に使用して消化器症状で入院治療したそうです。水仙の葉や球根は毒が含まれていているようです。

Img_2701

Img_2689

Img_2695_2

2011年12月 8日 (木)

岩紅葉

Img_2631生月島の番岳の登山道路の東側に岩紅葉が見られます。県北では江迎に有名な岩紅葉が見られます。こちらは規模は小規模ですが趣があって印象的です。冬になっても岩にしっかりはいまつわる生命力に感心します。

Img_2624

Img_2635

Img_2627_2

2011年12月 7日 (水)

太雪

P1060082 旧暦では冬至の前の節気の大雪の日だそうです。雪が激しく降り始める頃だそうです。日本では大雪になる時期ではないようです。鰤(ぶり)などの冬の魚の漁が盛んになり、クマが冬眠に入り、南天の実が赤く色付く頃だそうです。それにしても暖冬の日々で、今日は小雨交じりの一日でした。

P1060086

P1060092

P1060112

2011年12月 6日 (火)

水仙

Img_2606 水仙の花が咲いているのを畑の隅で発見して感動でした。白と黄色と緑の色彩が周りの島風景と調和しています。一年後に同じ場所に咲く水仙に生命の躍動を感じて嬉しくなります。

Img_2615

Img_2620

Img_2576

2011年12月 5日 (月)

島の朝

Img_2505静寂空間と光と影の世界の時間が広がる島の朝です。徐々に体内から燃えるようなエネルギーが湧いてくるようなパワースポットの風景です。

Img_2508

Img_2520

Img_2536

2011年12月 4日 (日)

怒涛

Img_2450平成23年3月11日の狂瀾怒濤異常の東日本大震災から復興しつつある(菖蒲田浜海水浴場は当時から見ると一見はきれいになってます)景色は疾風怒濤の激しい風と太平洋からの荒れ狂い逆巻く大波が東北の厳しい現状を痛感されます。国よ!モット!立ちあがり復興に力を注いでほしいと思うし自分も少しでも手伝いしようと強い思いを感じる一日でした。

Img_2449

Img_2453

Img_2463

2011年12月 3日 (土)

LEDの世界

P1060007

P1060008

P1060030

P1060033

P1060046

P1060036

P1060048

2011年12月 2日 (金)

キララ

Img_2318_2目の眼に輝く風景です。実は東北地方の空です。空気が大いに澄みきってハバーナイスの良いハピーな一日でした。

P1050134

P1050125_3

P1050130

2011年12月 1日 (木)

荒海

P1050109 波の高さ5mの今日です。冬の北西風の波浪注意報です。自然は偉大だ人間はか弱い存在なんだ。島のイースト海岸道路の厳しい風景でした。

P1050105_2

P1050117

P1050112

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541