« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

6月30日

Img_6813雨の壱日でした。雨雲が垂れ込めていますが、遮られている太陽光は見えませんが地上の明るさは見られ夏到来は間近いようです。

Img_6809

Img_6812

Img_6818

P1020837

2011年6月29日 (水)

夏到来?

Img_6802 梅雨明け夏到来を感じる午後の島風景です。残寝ながら、梅雨明け宣言は南九州だけで北九州地域は梅雨雨が続くそうです。爽やかな海と空と大地の輝き一杯の時空でした

Img_6784

Img_6785

Img_6791

2011年6月28日 (火)

サンセットウエイ

Img_6724夕方のサンセットウエイ です。今日は人と車に逢うこともなく独占の20分間マイロードでした。それだけも、人里離れて解放感が120%感じられ最高です。時には人間が厭になることが嫌いになることがあるようです。

Img_6730

Img_6729_2

Img_6739

2011年6月27日 (月)

モノトーン

Img_6615心情の風景画の日本画家・東山魁夷的世界の夕景でした。自分の思いすぎですが、雲にさえぎられた光に遠近感を感じるような自分にとって珍しい島風景です。歳を重ねてくると心の変化していくものなんでしょう。

Img_6621

Img_6627

Img_6650

Img_6678

梅雨台風接近

Img_6544

Img_6553

Img_6560

Img_6567

2011年6月26日 (日)

神野公園

P1020728佐賀の鍋島家神野公園の風景です。午後までは直接的な台風の影響はありませんでsが、午後から大雨警報で注意のようです。平地で水の多い土地なんでしょう 。水の都の城下町です。昔は水害が多かったようですが、治水事業の御蔭で平穏のようです。

P1020729

P1020730_2

P1020732

P1020735

P1020738

2011年6月25日 (土)

梅雨台風接近

Img_6544東シナ海を北上して台風が接近しています。朝は太陽が輝いていましたが、昼前から雲が多くなって風が吹いて雨が降ってきました。島への直接的な進路は避けられそうですが、西海上を通過する台風は”雨風台風”と言われて大荒れ台風で注意が必要です。午後の港には、地元の巻き網船団が寄港して岸壁にロープをしっかり括りつけていました。空の変化が数時間で変化する自然の猛威を感じる一日でした。

Img_6562

Img_6553

Img_6560

Img_6567

2011年6月24日 (金)

松浦・白浜海水浴場

Img_6534 久しぶりの太陽光の風景です。夕方に仕事で松浦に来ました。透明感があり視野が限りなく広がりが感じられて爽快です。遠くには的山大島や度島や生月島が見えています。白い砂浜の見られる風景は優しさが感じられ安堵感があり良いです。砂浜に寄せてくる波が想像力と創造力を刺激して頭の中でアルファ波が乱発してきました。

Img_6524

Img_6531

Img_6530

2011年6月23日 (木)

蒸し暑い日

Img_6491全国的に38度前後の暑い湿気の多い一日でした。熱中症が多かった一日のようです。東日本大震災後の省エネルギー対策で悪循環です。よく考えると、最近は丸い輝いている太陽を目にしていません。自然環境がヘンな感じです。環太平洋地域では外国の数か所で地震が起こっているようです。今日は、島の周りの海の表情を 撮ってきましたが、いろんな佇まいで変化に富んでいました。

Img_6498

Img_6504

Img_6511

2011年6月22日 (水)

夏至

Img_6461今日は”夏至”です!北半球では一年中で一番に昼の時間が長い日です。夜が一番短い日です。あいにく、梅雨天気で実際の日照時間は短かった一日でした。でも、朝5時前後には東の水平線上は燃えるような真っ赤な日に出の灯りが雨雲の下に帯状に輝いておりました。反対の冬至の日には”カボチャ”を食べる風習がありますが、夏至には“タコの足”や” 無花果(イチジク)”食べる風習があるようです。どんな意味があるんでしょうか~~~~~~~~~~~P1020675

Img_6483

Img_6473

Img_6462

2011年6月21日 (火)

梅雨晴れ

Img_6435ここ一週間の天気予報は雨か曇りでした。ところが、昼前から魔法使いサリーちゃんが魔法掛けたみたいに晴れ空tご中途半端な入道雲が見られ”梅雨明け宣言か?”なんて思うくらい晴々しい夏空風景でした~~~~~~~~~

Img_6414

Img_6429

Img_6433

2011年6月20日 (月)

光不足の日々

Img_6318島の朝は出船の灯りで活気と躍動感で一杯で男の仕事を痛感する時空でした。荒海にむかって大漁を祈念して一家を支えていく勇士に感動です。利権がらみに世間を翻弄している政治家さんや官僚さんや会社天下りさん屋さんたちに意気込みを見せたいものです。言っても如何にもならない社会だからこそ思う日々です。

Img_6312

Img_6341

Img_6351

2011年6月19日 (日)

感謝の心

Img_6306御接待は感謝の念からです。気持ちよく御客様がいられるようにサービスの第一は感謝の心の行動だと思います。嘘はダメです。そんな心持になる時空を体験してきました~~~~~~~~~~

Img_6307

Img_6304

Img_6305

2011年6月18日 (土)

6月18日の空

Img_6269豪雨・曇天・濃霧・多湿・高温など不快指数が最高の一日です。不思議と、海原は平坦で静かな世界で少し安堵感をプレゼントするところが憎らしい演出です。

Img_6272

Img_6277

Img_6286

2011年6月17日 (金)

一面は梅雨空

Img_6229湿度100%の毎日です。梅雨空に乾杯なんて言っておられません。夏よ来い!夏 よ来い!夏よ来い!の気持ち100%です。クモの巣に見られる雨滴が芸術的配置です。生物界の成せる幾何学的な癒しの状態です。知らない無知より知る無知が良いのかも知れません。もっと良いのは~~~~~~~~~~

Img_6226

Img_6227

Img_6265

2011年6月16日 (木)

飲み過ぎたのは?

P1020654 貴女のせいよ!なんて梅雨天気に乾杯です!アジサイが梅雨天気で喜んでいます。今日は飲み過ぎちゃたは私です。

P1020652

P1020649

P1020634

2011年6月15日 (水)

白月(しらつき)

Img_6216 旧暦の満月の大潮の時期です、すなわち、白月(しらつき)で東シナ海巻き網底引き船団が母港に帰ってきて島は活気で満ちています。天気は雨模様ですが、海は静かで穏やかで鏡のような水面で落ち着く優しい姿をしていました。

Img_6222

Img_6223

Img_6215

2011年6月14日 (火)

雨の昼下がり

Img_6213 何でもない!島の昼下がり景色です。ブログやっていると、身に染みついた体内時計が作動して決まったように風景の荒探しにカメラを持って雨の中を走っていました。今日は殺風景な雨模様の霞んだ一日でした。何故かしら、素敵な生月観音様の後ろ姿を眺めて生月大橋を望んで山田教会と壱部港を望んでみました。

Img_6196_2

Img_6206

Img_6188

2011年6月13日 (月)

大バエ灯台から

Img_6148

昨日とうって変わって朝から日差しが射していました。ところが、靄が射しているのか黄砂現象かのか見透しが悪い一日でした。最近は仕事が詰まって疲労困憊状態であり気分転換を兼ねて仕事時間を過ぎて逃げるように早々と退社して島の北側の”大バエ灯台”まで行ってきました。 五島や対馬や壱岐が視界不良で遠望出来ず、有名な”東洋一に夕日”は見れませんでしたが、風や海や空のダイナミックさを体全体で感じてきました。

Img_6173

Img_6160

Img_6165

2011年6月12日 (日)

大雨の晴れ間から

Img_6090今日の夕方は、大雨の続いた時間の一瞬の晴れ間で空全体が大変きれいでした、大気が雨でシャワーを浴びてゴミが全て洗い流された新品状態です。なんでも新品は良いものです。確かに、爽やかなひと時の感性を浴びて感謝の時間です。厳しさあり優しさありの自然です~~~~~~~~~~~~

Img_6112

Img_6081

Img_6121

2011年6月11日 (土)

小雨のなかで

Img_5989 小雨の生月・平戸のキリスト教ゆかりの地を巡ってきました。16世紀からのキリスト伝道の歴史を見てきました。人間の心の強さや弱さを思う時間でした。平戸島に突然にキリスト教が開花したのは何がきっかけだったのか想う小雨の散策でした。

Img_5993

Img_6013

Img_6022

2011年6月10日 (金)

梅雨

Img_5961_2”太陽の磁力は、地球の雲に影響を与える” ”宇宙線の量とと雲の量が関係がある””地球への宇宙線は太陽の磁力がバリアーで地球の宇宙線が防止されている””太陽の磁力が弱くなっている、地球への宇宙線が増え雲が増えて地球の寒冷化が進んでいる””雲の形成は、単なる大気圏の問題でなく宇宙規模の影響で成り立っている””雲は微粒子の集まりで決まっている””微粒子が少ないと大気圏の雲形成から雨になりやすい””黒点が少ない時に太陽活動が低下があり、太陽の活動低下は周期は1000年周期といわれてます、2013年5月が危ない”~~~”迫りくる太陽危機”から、太陽光が見られない梅雨の一日に思う不安感です。

Img_5965

Img_5962

Img_5978

2011年6月 9日 (木)

海辺の朝時間

Img_5924 海の波打ち際までの佇まいは安心感が感じられます。特に、朝や夕方の時間は心に身体に一体感があり、遠い昔に感じた世界を彷彿させてくれます、良いことや悪いことや苦しいことや悲しいことや嬉しかったことや楽しかったことや怒ったことや愛したことや厭なことなどを想いにふける一瞬でした。

Img_5971

Img_5932

Img_5946

Img_5952

2011年6月 8日 (水)

霞み夕日

Img_5852最近は、梅雨時期なのでしょうか、西の水平線に緩やかに沈んでいく 太陽が見られません。霞みの中に吸い込まれて消えていく夕日が続いています。毎年5月から6月にかけて、海が鏡の表面みたいに静かな状態がみられて気持ちが安らぐ時間ありいいですね~~~~~~~~~~~

Img_5838

Img_5873

Img_5879

Img_5858

2011年6月 7日 (火)

昼の島めぐり

Img_5714 約30分の昼休みの癒しの(ストレス解消目的)島めぐりです。今日も、朝の雨上がりから曇りの空と海と風の梅雨風景です。野山は、みずみずしさが感じられる一日でした。生命の大切とはかなさと無力さを感じる一日でした。

Img_5701

Img_5708

Img_5711

P1020565

Img_5707

2011年6月 6日 (月)

島の早朝

Img_5644 曇天の島の日の出景色です。港の明かりが日の出の明るさが輝いています。堂々とそびえる生月大橋の早朝の佇まいが幾何学的構造で静かな美しさを見せています。生活感をみせる灯りと宇宙観を感じる太陽光に惹かれる朝時空です。

Img_5647

Img_5649

Img_5650

2011年6月 5日 (日)

今日の風

海と山と大地に6月の風が思い思いに吹いていました。雲と霧と突然の晴れ間の変化に日中は28度と蒸し暑い富んだ一日でした。麦秋といわれれ佐賀平野では麦刈で風に乗って麦の香りが充満していました。世の中も、政界に多種多様で信じがたい風が吹き待っています。もう、”日本を変えよう”が大切のようにおもいます。

Img_5530

Img_5542

Img_5549

Img_5564_2

Img_5590

2011年6月 4日 (土)

朝靄(あさもや)の島

P1020554 朝5時過ぎの仕事場の屋上からの朝風景です。靄がかかっていて視界が今一の朝です。今日は快晴で昼から気持ちよい6月の空模様が期待できるようです。

P1020540

P1020530

P1020535

2011年6月 3日 (金)

Img_5447生月島と平戸島を生月大橋を挟んで霞風景を楽しんできました。静かな透明感に溢れる海と霞み空とそよ風に安堵感を感じます。スカイブルーの生月大橋の普段は目にしない角度からの刺激的な時空です。いい感じの時間でした。

Img_5462

Img_5465

Img_5472

2011年6月 2日 (木)

諸行無情

P1020510_2 茶番劇の政界の迷走の一日です。国民無視の政界でありマスコミです。憤慨きわまるおもいが一杯です。世の中はこんあものなんでしょうか~~~~~~~~~~~

P1020521_3

P1020508

P1020514

2011年6月 1日 (水)

超クールビズ

Img_5437昔は”衣替え”といって冬服から夏服への6月1日です。黒い学生服から白い半そでシャツで肌寒い登校を懐かしく想います。今日のニュース報道を見ていると国家公務員がジーパンとド派手アロハシャツとスニーカーで出社していて驚きももの木です?ウルトラ・クールビズで半パン可の仕事場がいいですね。これも、東日本大震災地と福島原発崩壊による電気エネルギー不足による省エネルギーの結果が大きいようです。昼休みは平戸牛さんたちはスーパークールビズは無いのかなーと思って写真撮ってきました。

Img_5417

Img_5400_2

Img_5379

Img_5393

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近の写真

  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959