« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

夕景

Img_5337 仕事に追われて二日酔いで島風景写真への機動力低下の一日でした。朝は眠いし昼は時間が作れないし一日一枚のモットウーが崩壊しそうでした。夕方の6時15分頃より残業を残して写真を撮ってきました。島の中央の西海岸への抜け道からサンセットウエイを南下して生月大橋をまわって30分くらい夕陽が見られない風景を満喫してきました。不思議と空と雲に新鮮な変化が見られました。

Img_5346

Img_5334

Img_5350

Img_5368

2011年5月30日 (月)

飛沫

Img_5282島の東海岸線の台風(直撃はありませんでしたが)の去った朝の島風景です。カラスがトンビが気持ちよさそうに緩やかにリラックスして目の前を風に乗って遊んでいました。風と波があり寒い朝でした。波の飛沫が新鮮な感じをもたらしてくれて躍動感がよみがってきたようです。

Img_5277

Img_5291

Img_5288

Img_5302

Img_5293

2011年5月29日 (日)

台風のあと

P1020487台風一過の竹林風景は透明感と躍動感と新鮮さを感じます。夕方の西空は何もなかったように透明感と静寂の空間でした。島の港には東シナ海や五島列島沖合に底引き網船団が台風を避けて寄港しています。台風が過ぎて、島は漁場に出港しようとする漁船の灯りで活気がみなぎっていました。静と動の時空でした。

Img_5247

Img_5250

Img_5255

2011年5月28日 (土)

閉塞感

Img_5225 朝から濃霧に包まれて閉塞感の世界でした。仕事明けで今週は連日の仕事ずくめで腰が痛くて疲れた体が若い時のように動きません。特に、大型台風接近で大雨大風の予測中で島の閉塞感を感じます。生月島は生月大橋が架かる前の台風時期は大変だったようです。風速25m以下なら車も通過できて恵まれた島だとおもいます。しかし、以前からあった良いものが失われているようにも感じます。

Img_5230

Img_5233

Img_5215

Img_5218

2011年5月27日 (金)

台風接近

Img_5190

Img_5193

Img_5188_2

Img_5196

2011年5月26日 (木)

梅雨入りでしょうか?

Img_5182雨が続いています。台風2号が接近して週末は天気不良のようです。今日の島風景は雨交じりの視界不良の濃霧が広がっていました。

Img_5177

Img_5180

Img_5179

2011年5月25日 (水)

一瞬の朝日

Img_5165_2

Img_5166

Img_5170

Img_5171

2011年5月24日 (火)

ヘンな雲

Img_5146 乱立乱発のブログ写真のオンステージです。”シンプル・イズライフ”なんですが、今日の気持ちは上(うわ)の空で雨上がりの高いスジ雲で爽やかさで一杯です~~~~~~~~~~~

Img_5090

Img_5099

Img_5097

Img_5079

Img_5071

Img_5124

2011年5月23日 (月)

光と祈りの里

Img_4736 平戸の西海岸の春日町から高越町を過ぎ獅子町までの光と祈りの里の夕景をブログします。今日は寒い雨風の強い5月の天気でした。海は荒れて五島航路のフェリーは欠航するくらい悪天候で写真を撮るには大変な一日でした。こんな日は光溢れて海と空が風に吹かれて新鮮で心地よい風景が気分転換に最高です。

Img_4687

Img_4734

Img_4726

Img_4707

Img_4729

2011年5月22日 (日)

二日酔い

Img_5058 昨夜は久しぶりに酒の宴で大酒して楽しい時間を過ごしました。大昔の”過換気症候群かも”の心境に良い意味でも悪い意味の心境で”ラリルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!”で歌を歌いつつ酒に呑まれて西方浄土の世界を走ってきました。今朝はフラフラで目覚めて、午後の島のサンセットウエイから生月大橋の風景を巡ってきました。

Img_5055

Img_5061_2

Img_5063

2011年5月21日 (土)

くもりの日

雨もよし、生月島の、自然かな” なんてバカ俳句で酔うぱらちゃた時間でした。P1020437 今日は、遠洋まき網船団の出船の日です。

P1020434

P1020428_2

P1020407

2011年5月20日 (金)

田園

Img_5032 田植えから一か月が経つ島の伝風景は農家の皆さんの手厚い仕事で綺麗で稲も順調に育ってパワーを感じます。人が造る野外芸術のようです。日ごと成長して変化して秋の収穫までの風景が楽しみです。

Img_5027

Img_5035

Img_5028

2011年5月19日 (木)

Img_5007日本一と言われる”オオバエ灯台の夕日”を久しぶりに身に行ってきました。昨日より視界は良く対馬が北のほうに見られましたが、夕陽は霞んで今一でした。静かな海面のなかで大潮潮流で大きな潮目が見られました。自然のエネルギーを感じます。

Img_5021

Img_5024

Img_5015

Img_5011

2011年5月18日 (水)

パワースポット

Img_4780平戸島の北西海岸の”早福 港からの夕陽”がパワースポットエリアで写真家にとって人気話題です。民宿に泊まって癒しの早福港です。自然科学主導に侵されてない自然が残されているようです。太古時代の潮流はこんな感じでなかったのかなーと想像する雰囲気になる静かな空間に夕陽がきれいでした。少しスーパー堤防が気になりましたが、自然は在るがままが一番だと思う夕景でした。

Img_4791

Img_4833

Img_4879

Img_4910_2

2011年5月17日 (火)

そよ風をうけて

Img_4621島では”白月(しらつき)”で旧暦の15日の満月の時期です。潮の干満が最大となり大潮状態で午後の海は大きく潮が引いていて磯の香りが一杯に漂っていました。

Img_4631_2

Img_4649_2

Img_4662

2011年5月16日 (月)

昼の島めぐり

Img_4596なんと!週初めの月曜日の午後の島風景を撮ってきました。短い昼休みのプライベートタイムを有効に使って(勤務中ではありません)昼の島めぐりです。草や木はやわらかな緑の葉を広げて、田植えの終わった水田はみずみずしさに溢れて、海は春の大潮で 潮の干満が大きくて島の人は磯物を採る風景がみられます。自然の恵みに感謝の日々です。

Img_4579

Img_4584

Img_4598

2011年5月15日 (日)

浜辺

Img_4552浜昼顔が咲く海岸線に心地よい潮風が吹いていました 。マリンブルーの世界が広がって癒される時間でした。玄界灘からの打ち寄せる波が規則的にリズミカルに穏やかで繰り返して繰り返し流れついている状態を見ていると眠りに入って行きました。そして、近くに玄海原発所が在ることを考えていました。

Img_4556

Img_4538

Img_4543

2011年5月14日 (土)

皐月晴れ

Img_4537五月晴れの白砂海岸の美景です。夏は海水浴場で人が一杯なんでしょう。波の音と潮風しか聞こえない誰もいない静かな 時空でした。遠くには生月島・平戸島・度島・的山大島が見えます。

Img_4513

Img_4516

Img_4529

Img_4535

2011年5月13日 (金)

潮風をうけて

Img_4388雨上がりの青空の潮風を身体一杯感じた一日です。春から夏への快感の潮風が吹いていました。小さな存在を強く強く感じさせられる空と海と風の島の時空でした。

Img_4405

Img_4433

Img_4436

2011年5月12日 (木)

霧小雨のなかで

P1020279 午後の霧小雨の島めぐりは心休まる時間をもたらしてくれます。大地に新緑の勢いを感じます。水の恵みを感じます。五月の海は穏やかで海の幸を与えてくれています。光を感じなくても、周りが豊かな時期のように想う一日です。

P1020281

P1020282

P1020288

2011年5月11日 (水)

水田

Img_43345月の風の吹く島風景です。早期稲作の地域で田植えが終えておりみずみずしい風景が清々しいです。

Img_4327

Img_4335

Img_4331

2011年5月10日 (火)

豪雨落雷のあと

Img_4293_2昨夜からの豪雨落雷の驚きの天気が夕方に収まって光が輝く透明性の空がきれいでした。田植え時期の雨は農家の人にとって恵みの雨です。黄砂現象が洗浄されて空気がきれいで景色が遠くまで見えました。

Img_4317

Img_4277

Img_4291

Img_4320

2011年5月 9日 (月)

在るがまま

P1020265パワースポット”中江の島”なんでしょう。今日はエナジーな光一杯の風景でした。仕事場の屋根からの雄大天空です。

P1020267

P1020264_2

P1020263_3

2011年5月 8日 (日)

海霞

Img_4114”春うらら 黄砂が化けた 春かすみ ”西日本新聞の川柳からの引用で申し訳ありません。パクってしまいましたが、最近の天気は黄砂現象が続いていたように思いますが、海と空の温度差が急に変化がみられる今朝の風景は霞(かすみ)と濃霧と黄砂の複合現象なんでしょうか、不思議な瞬間の清潔で美しい静かな柔らかな感じの時空でした。

Img_4157

Img_4183

Img_4195

Img_4202

2011年5月 7日 (土)

立夏

Img_4076

Img_4074

昨日が”立夏”でした。夏の気配が感じられるとき、春分と夏至の中間で立夏から立秋の前日までが夏と暦上で言われています。蛙が鳴き始めるころなんですね。それにしても、梅雨入りのような一日でした。

Img_4085

Img_4072

2011年5月 6日 (金)

犬鳴山

P1020256 5月の青葉かをる清流の風景に心安らかになります。大阪泉佐野から和歌山県の県境の犬鳴山の最近有名な倶利伽羅不動の滝です。

P1020251

P1020259

P1020255

2011年5月 5日 (木)

富士山

P1020226南アルプス~中央アルプス ~北アルプスを見ながら雲の上に富士山が見えます。富士山を北側から見ることが少ないので感動の一瞬でした。やっぱり!日本人ですね。

P1020227_2

P1020224

P1020229

2011年5月 4日 (水)

蔵王エコーライン

Img_3858気持ちを一転して蔵王の自然を目にしてきました。自然のエネルギーを感じる風景でした。人は自然に対して無力なんだと思い知らされる時空でした。強い風と冷たい風の中で共存の気持ちが大切なんだと感じさせられました。

Img_3880

Img_3882

Img_3891

Img_3884

Img_3875

2011年5月 3日 (火)

東日本大震災

Img_3847 風光明美な七ヶ浜町の菖蒲田浜海水浴場がImg_3844滅茶苦茶に破壊されて松林は面影がなく陸地の家は流され壊れて跡形もありませんでした。砂浜はコンテナの残骸で一杯でした。毎年、写真を撮りに来た海岸は壊れており太平洋からの波だけは 以前のように何もなかったように砂浜に打ち寄せていました。まさに、”足りるを知る”ことの大切さを感じる時空です。

P1020110_2

P1020154

P1020171

2011年5月 2日 (月)

黄砂

Img_3783天気予報では晴れの一日でした。皐月の爽やかな気持ちいい一日を心待ちしていました。ところが、高気圧のエリアに大陸からの西風に乗って黄砂現象の視界不良の天空でした。中国大陸の自然環境の崩壊がグローバル的に心配な気持ちになります。

Img_3794

Img_3799

Img_3812

2011年5月 1日 (日)

皐月

P1020041

Img_3763

Img_3729

Img_3738

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近の写真

  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207
  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721