« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

Img_6023

Img_6041

Img_6046

天気は大陸性大寒気団の猛威の一日でした。それでも、空や海や風は爽やかな心地になってしまう不思議な空間でした。新しい年への転記の瞬間なんでしょう。この年令になってみると、”ありがとう”の感謝の気持ちが大切なことだと思う日々です。

Img_6075

2010年12月30日 (木)

豪雪

雪と道路凍結で交通渋滞というか、雪の世界に閉じ込められて夜の国道35号線は別世界でした。突然の雪の嵐が襲いかかてきて零下ゼロ度以下で積雪10センチ以上の世界でした。ノーマルタイヤの怖さを思い知らされました。タイヤチェンを準備する暇もなく九州北部を襲いかかった寒波は凄いパワーを感じさせられました。夜の11時にギブアップして佐世保の宿泊を探して散々の時間でした。高速で50分の行程を約3時間もかかって疲労困憊の年末の時間でした。明日は仕事です。島まで朝早く出かけて大丈夫かな、仕事休みたいな、複雑な不安感が一杯の夜です。

Img_5962

Img_6007

Img_6000

Img_6010

Img_5976

2010年12月29日 (水)

豊穣の海

Img_5951有明海の海は豊かな生物の営みが調和されて古から変化しながらでも生き生きしてるの感じさせられる時空です。ところが、同じエリアで人間の自然との調和を忘れエゴの塊で人の生活を無にして時代が流れている 場所があることを心配します。豊穣の海の素晴らしさが夕日に映っていました~~~~~~~~~~

Img_5921

Img_5931_2

Img_5939

2010年12月28日 (火)

生月海峡冬景色?

Img_5852最近は冬らしい雲の変化がモノトーン調であるようでモノトーン調でない変化に富んだ面白い楽しい気持ちと期待感があります。光が少ない冬にも本来の視覚で感じ得ないような美しさがあるように大げさに思ってます。

Img_5853

Img_5863

Img_5865

2010年12月27日 (月)

午後のリラックス

Img_5895思いっきりリラックスは良いですよ!なんて、寝不足の頭が不可解な判断不透明の中で彷徨うように自然の中への逃飛行はエクスタシー*ファンタジーです~~~~~~~~~~~

Img_5909

Img_5907

Img_5906

2010年12月26日 (日)

暴風雪

Img_5849大寒波到来の一日でした。島は暴風雪警報が出され天気は大荒れ状態でした。瞬間的に雲の中から光が一気に島全体を放射した風景を目にしてダイナミックな世界に圧倒されました。信仰の島“生月島”のエネルギーを感じるような風景でした。そして、自然の厳しさを感じさせられる時空でした~~~~~~~~~~

Img_5861

Img_5858

Img_5856

Img_5869

Img_5872

2010年12月25日 (土)

粉雪舞い散る

Img_5786 肌寒い年末の風景です。小雪が目に一瞬に留まるくらいに降っていました。北風が強く吹いていて体感温度が寒く感じる土曜日の午後の時間でした。冬至を過ぎてから、雪の日が待ちどうしい日々です。

Img_5816_2

Img_5818

Img_5827

2010年12月24日 (金)

クリスマスイブ

P1120361今日の朝風景と夜風景です。天気は冬のドンより天気でした。朝日が雲に邪魔された状態で見れれませんでした。日中は雨のクリスマスイブ でした。佐世保の西九州道路の高架よりの港停泊の自衛隊艦隊イルミネーションが綺麗でした。

P1120364

Img_5761

Img_5776

2010年12月23日 (木)

祭日

Img_5712_2天皇誕生日の島風景です。昨日は仕事場の忘年会で朝から二日酔い状態です。晴れた静かな光が一杯に輝く海面を走っていく漁船の航跡を見ていて少年時代の夢が蘇ってきました。本当に素晴らしい年末の時空でした。

Img_5726

Img_5723

Img_5748

2010年12月22日 (水)

水仙

Img_5636島の西海岸に水仙が咲いていました。白と黄色と緑の色調が空と海の調和が心を和ましてくれる冬の時間です。一年の時間が過ぎ去っていくのが 早く感じられる時空です。

Img_5623

Img_5630

Img_5635

2010年12月21日 (火)

風と海と空

Img_5456雲ひとつない青空と風が吹いている午後の 島風景です。澄み切った透明感溢れる海の色が美しく感じられる時間でした。誰もいない冬の海です~~~~~~~~~~

Img_5463

Img_5471

Img_5465

Img_5459

2010年12月20日 (月)

うつくしい風景

Img_5484身近な平凡な所に住んでる人へ、神様は素晴らしいきれいな風景を授けて下さる んだと思う幸福感で一杯の時空でした。瞬間の時間でした。昨日の仕事への感謝のプレゼントのようでした。”楽あれば苦あり、苦あれば楽あり”なんてありますが、そんな事を思うくらい”うつくしい風景”でした。

Img_5488

Img_5490

Img_5515

2010年12月19日 (日)

変な朝風景

Img_5420晴れているようで曇っているようなボーっとした朝風景でした。冬の黄砂現象でしょうか?寒波の昨日から、温度が上昇したための現象でしょうか?冬の景色なんでしょう。それとも、昨日の同窓会忘年会の二日酔いでしょうか、楽しい時間でした~~~~~~~~~

Img_5425

Img_5436

Img_5433

2010年12月18日 (土)

寒波の朝風景

Img_5367佐賀の神野公園の朝風景です。地面は凍り付いていて滑りそうな寒い朝でした。不思議な朝の光が演出されておりました。周りの状況が時間の経過の変化が見られました。 また、内面的に心の変化が見られるのは日本庭園文化の成せる技及び匠なんでしょうか。いつも変化が見られのに感心させられる時空でした。

Img_5385

Img_5396

Img_5402

2010年12月17日 (金)

一瞬

Img_5360今日は事情があって休日です。過疎地の地域医療は 人不足*高齢化*緊急医療*休日患者対策などで弱体化しており崩壊状態です。少ない人数で変則勤務で休日勤務を強いられて凌いでいるのが現実です。日曜日は朝から翌日まで勤務で月曜日は朝から仕事の流れで惰性に近い時間が続いています。なんて言っても、以前の勤務地は365日体制でしたから大変と思わなかったのですが、歳とると色々ガタが出て大変な世界です。海が見たい心境で有明海の風景を撮ってきました。知らない街を歩いてみたい~~~~~~~~~

Img_5340

Img_5358

Img_5362

2010年12月16日 (木)

冬の空

P1120223

P1120221

P1120224

Img_5217

2010年12月15日 (水)

寒波到来

P1120197昨夜の双子座流星群は見られました。昔は流れ星で願い事を祈っていた純粋な時代を思い出してしまいました。年をとると希望が段々と縮小してきて夢が少なくなってきたんでしょう。天空の小さな星になっていけるのかが心配です。朝は寒波到来で雲の多い冬空でした。島から見える松浦火力発電症の煙が寒波で白くなっている風景が3年目になり、時の流れを感じる 朝風景でした~~~~~~~~~~~

P1120201

P1120202

P1120216

2010年12月14日 (火)

晴れたらいいね

昨日の天気が悪夢のような素晴らしい午後からの天気でした。雲と青い空の調和が心地よい快感を感じる潮騒空間でした。ちょっと!午前の仕事が12時40分ぐらいまでかかって13時30分頃の昼休みの”晴れたらいいね”の快適時間です。自然は大きい広いと感じた時空でした。

Img_5261

Img_5250

Img_5254

Img_5270

2010年12月13日 (月)

冷たい雨風

Img_5189自然の厳しさを感じさせられる冬の島風景でした。 冷たい風雨が横殴りに襲いかかってくる一日でした。そんな日は生月大橋が映える舞台です。そして、中江の島は堂々として佇んでいて信仰の島の風情が感じられる一日でした。

Img_5193

Img_5203

Img_5207

2010年12月12日 (日)

熊野連山

P1120135訳ありで関西の朝の風景です。遠くに熊野連山が見える寒々とした時空でした。日の出が7時10分頃でした。九州と日の出時間の時差を感じなかったのが何か不思議な時間でした。熊野連山が高いということなのかと推測しました。如何でしょうか?いつも見る朝と異なった眺めでした。

P1120138

P1120170

P1120175

2010年12月11日 (土)

冬の海

Img_5179誰もいない冬の海岸風景です。夏の賑やかさと活気を失した静寂と哀愁と孤独を感じる佇まいです。ところが、寄せる波に躍動感を感じて内面から安心感を思う時空です。

Img_5158

Img_5164

Img_5173

2010年12月10日 (金)

ふゆの風景

Img_5157_3ラりルレロ!ラりルレオ!適応な外見て長生きしてください、冬の時空を感じない適当アバウトな朝の瞬間の素直な生き生きざまでした。長い生きで生きてタモーレで幸せに乾杯です。微妙な太陽の日の出でした。

Img_5145_6

Img_5101_2

Img_5156

2010年12月 9日 (木)

あけぼの

Img_5044 幻想的な朝の明けぼう瞬間でした。自然の有難さがわかるような島風景です。”あけぼのの 何があっても しらんふり”なんて俄か俳句でドボン!でした~~~~~~~~~~~

Img_5101

Img_5114

Img_5157

2010年12月 8日 (水)

天気不良

P1120063 ”今日も長崎は雨だった”なんてクールファイブしてもどうしようもない天気悪い一日でした。冬の稲妻がなったアリスの世界でした。ヤッホーヤッホーヤッホー12月の渋い風景でした~~~~~~~~~~

P1120066

P1120071_2

P1120072

2010年12月 7日 (火)

存在的安心

Img_4837

Img_4843

Img_4848

Img_4854

今日は何が何だか分からないうちに一日が過ぎてしまいました。そして、外は冬の雨が吹いていて視界不良の黒と白の灰色の世界の時間でした。当然、朝と昼と夕の写真は撮るのを考える暇がないくらいボーとしていたようです。西日本新聞のコラム”世間のミカタ”の話が心に響いて一瞬の安らぎを感じました。日本人は個人として立っていないために、”世間”のなかで一定の身分を得ることで、社会学者のA・ギデンズのいう”存在的安心”を得る。自分が自分であることの根拠が、西洋のように自分に存在するのでなくて、”世間”という関係のなかに存在するのだ。日本では名刺交換が不可欠で、”肩書き”すなわち自分の所属する”世間”での身分がかいてある。”世間”のオキテが”身分制”である。日本語には多種の言葉使いがあり上下関係や二人称の表現の多様性あり相手の身分を考えて言葉を選ぶ必要性が多々日常的です。英語圏は”法の下の平等”のもと”身分制”の概念は皆無なんでしょう。最近、身の回りの動きは”存在的安心”のことが目立つようです。

2010年12月 6日 (月)

ひかり

Img_4875不思議な現象でしょう。暗闇の中から山の稜線と雲の狭い間隙からの神々しい朝の太陽光の風景です。太陽光なしでは生きていけない地球の存在を感じる瞬間の時空でした。

Img_4891

Img_4911

Img_4908

2010年12月 5日 (日)

動き

Img_4732寒い朝の日の出は朝霧の世界で幻想的でした。突然の水面の波紋が躍動的で 印象的でした。晴れ渡った雲ひとつない青い空の一日でした。映画”ラスト*サムライ”の冒頭の夕景の撮影現場の石岳展望台からの九十九島の風景です。青い海の白い航跡が気持良く感じられ新鮮な心境になってきました。エネルギッシュに動くことに新しい発見を見出した一日でした。

Img_4800

Img_4733

Img_4757

Img_4770

Img_4813

Img_4815

Img_4816

Img_4826

2010年12月 4日 (土)

雲ひとつない日

Img_4621日本晴れの素晴らしい一日でした。昨夜の雷雨上がりで澄み切った空間でした。約1週間のPC故障で(修理に出して)ブログも書けない日々で気力低下*抑うつ状態が続いていました。PCが復帰して(昨年の2月購買時の状態へ)帰ってきて落ち着いた気持ちで一杯です。今日の天気のように静かで穏やかな心境です。”雨降って地固まる”ですかね~~~~~~~~~

Img_4634

Img_4698

Img_4711

2010年12月 3日 (金)

怒涛

Img_4519冬嵐の島風景です。打ち寄せる北西の波は怒涛のように激しく強く高く怒った鬼のような力を感じてきました。遠景は晴れ渡っているのですが、風と波が台風のような自然界の厳しさを体感させる午後の時間でした。夕方は豪雨の天気のようです ~~~~~~~~~~

Img_4534

Img_4560

Img_4546

2010年12月 2日 (木)

静寂

Img_4481島の高台の仕事場の近くからの朝のひと時です。風のない天気が崩れる前の紅(くれな) いの変化に富んだ綺麗な一瞬でした。日の出が七時十分頃です。朝の撮影時間が遅くなって仕事出勤に支障が出てきてストレスが溜まるスナップです~~~~~~~~~~

Img_4487

Img_4494

Img_4503

2010年12月 1日 (水)

日没

Img_4416なんと!仕事中に日没の季節になってきました。朝は遅いし夕方は早い此の頃です。西の水平線に沈む太陽は(生月島から見ると)宇久島の辺りに位置しています。東シナ海に沈む太陽は南下しています。日没太陽が生まれた島に位置するのも間近かで す~~~~~~~~~~

Img_4419

Img_4439

Img_4440

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近の写真

  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207