« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

流れ雲

Img_2268小さな夢ひとつ、この手にあたためて~~~流れる雲の行く先は、誰も知らないよね ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2271

Img_2272

P1100660

2010年10月30日 (土)

曇りのち晴れ

Img_2226 あいにくの曇空のスッキリしない落ち込みそうな気持ちになる一日でした。昼過ぎに青空が雲の合間から見えて良かったのですが、夕方は雲が赤くなっただけで太陽を拝むことが出来ませんでした。旧歴では暦上は冬ですから、変でもないんでしょうね~~~~~~~~~~~

Img_2221

Img_2235

Img_2256

2010年10月29日 (金)

透明

Img_2211 日没の空も良いもんですね、奥深き静なる世界が拡大して心豊かな秋の夜が勝手に釣る瓶落としの如く過ぎていきます、雲ひとつない夕空に限りない透明が綺麗でした~~~~~~~~~~

Img_2215

Img_2209_2

Img_2207

2010年10月28日 (木)

曇った朝風景

Img_2098島の東海岸からの平戸島を向いて朝日を期待しましたが曇空でした。寒い風が吹いていました。朝六時から七時頃までの我慢でしたが、残念ながら太陽を拝むことは叶いませんでした。恐らく、台風接近の影響なんでしょうか~~~~~~~~~~~~

Img_2108

Img_2133

Img_2136

2010年10月27日 (水)

放射冷却

Img_2036暗黒の世界から、突然の神秘的幻想的な光の世界の輝きでした。ミゾレ交じりのような小雨が降るなかで寒い風をうけてカメラレンズを拭き拭きしてみた素晴らしい瞬間の時間でした。晩秋から初冬の景色変わりを感じる時空です~~~~~~~~~~~

Img_2043

Img_2047

Img_2041

2010年10月26日 (火)

秋の朝

P1100542平戸島からの新鮮感覚の日の出風景です。世知原と伊万里 から佐賀の国見岳から八幡岳から天山連峰の山並みが綺麗でした。木の葉が落ちた風景を被写体にして、もう秋が終わりなんだなーと感じさせられる時間でした~~~~~~~~~~

P1100544

P1100554

P1100567

P1100569

P1100574

P1100575

2010年10月25日 (月)

うろこ雲

P1100502_2曇空だけどスカイブルーの青が爽やかな空間が広がる晩秋の日中でした。空高く馬肥ゆる秋空です。忙しい時間の間隙の癒しの秋空の雲です。明日は天気が下り坂でしょうか~~~~~~~~~~

P1100510

P1100513

P1100519

2010年10月24日 (日)

雨の一日

P1100494 例年、秋祭り時期は秋台風以外で雨になることは無いのですが、今年は異常天気なんでしょうか、あいにくの雨の日曜日です。昨日の祭りの二日酔いの余韻の中での日曜日の仕事は大変でした。島は白月が終り雨の中、港では早朝から出船の明かりとエンジン音で賑わっておりました~~~~~~~~~~

P1100496

P1100495

P1100491

P1100486

P1100487

2010年10月23日 (土)

城下秋まつり

Img_1899田助のハイヤ節で盛り上がる平戸祭りの初日でした。夜は、博物資料館での夜神楽の舞や教会と寺院の見える石畳坂でのコーラスは心晴れる時空でした。歩行者天国の商店街で秋の食を楽しむイベント”グルメ三番勝負”は平戸の美味 三昧で御酒が美味い愉快な時間でした。また、城下秋祭りで家庭で出される地元独特の食して語らいつつ酒を飲む時間は好いものです~~~~~~~~~~~

Img_1767

Img_1850

Img_1903

Img_1883

Img_1756

Img_1823

Img_1745

2010年10月22日 (金)

風と波

Img_1725風の強い寒い朝の風景です。残念ながら太陽が雲に覆われて見られない空でしたが、 不思議にオレンジ色の光が輝いている空間が瞬間見られ朝早起きして良かったと思う風景でした。

Img_1738

Img_1700

Img_1732

2010年10月21日 (木)

銀の夕空

北風がピュピュと呻って吹いた一日でした。鈍より雲と秋雨のなか、夕方より西の空から太陽の光が輝きつつ銀色の時空でした。高い薄い雲と川の如く流れていく低い黒い雲との空間から這い上がって輝く太陽が放射している世界は視覚的に触覚的に大脳辺縁系を賦活してくれました。人間の一日の悩みなんて小さな贅沢な我儘な人間の性なんでしょう~~~~~~~~~~~~

P1100405

P1100456

P1100461

P1100404_2

2010年10月20日 (水)

青い朝

P1100366とんでもない朝空でした。晩秋ならの演出でしょうか?風を感じ動きを感じるブルーシャトウです。たまには、無駄な動きと体力を使わずに身近な二階のベランダから感動的な瞬間がみられることに安堵します。

P1100363

P1100370

Img_1648

2010年10月19日 (火)

福岡ソフトバンクホークス

Img_1632誠に残念でした。リーグ優勝でしたが、奇しくも上り勢い凄いリーグ三位西村ロッテに 敗れ去りました。明日は、優勝感謝セールが応援感謝セールでバーゲンセールでしょう。少なからず、iーPadが安くなるんじゃないかなーと期待していましたが~~~結論的に、エースピッチャーの出来次第だったようです。誠に残念でした!

Img_1633

Img_1611

Img_1621

2010年10月18日 (月)

すすき

Img_1535猛暑の夏から晩秋の秋に急になったような秋風景です。温暖化現象のせいでしょうか、秋の木の実や 稲穂の生育や野菜が不作の今年です。野菜の物価高騰や早期米の価格低下や人家にイノシシや熊の出没で異常状態が多々見られすぎです。すすきは秋風に吹かれてしなやかに柳腰で?政治家と違って癒し系で情緒一杯に心楽しませていました~~~~~~~~~~

Img_1542

Img_1557

Img_1576

Img_1579

2010年10月17日 (日)

影と光

Img_1494朝の太陽を背景に”聖地*中江ノ島 ”の海に照らす影と光が印象的でした。日々変わる瞬時の空間に感じられるものを写真に表現すること自体の困難さを思わされます。

Img_1484

Img_1581

Img_1584

2010年10月16日 (土)

秋の森林浴

Img_1432村上春樹の”海辺のカフカ”を天山系の山の上で寝転んで秋の青い天空の中で読書をしてきました。海風のない山の風のなかの空間は新鮮で異様な気持ちになりました。母の遺伝子は中国地方の山奥のせいか昔馴染んだような気持が感じられました~~~~~~~~~~

Img_1443

Img_1445

Img_1447

2010年10月15日 (金)

秋と天空

Img_1291

Img_1235

Img_1241

Img_1271

Img_1280

2010年10月14日 (木)

Img_1166

Img_1167

Img_1151

Img_1173

2010年10月13日 (水)

奇跡の生還

P1100268

Img_1100

Img_1089

Img_1092

2010年10月12日 (火)

予測外の幻想風景

Img_0997空は鈍より雲で覆われた朝でした。東の山々と雲の間の少ない晴れ空の光の幻想風景でした。海面は鏡のように静かな佇みの中で輝いていました。雲のなかに入って行く 瞬間の太陽光が素晴らしくて目が点になってしまいました。

Img_1043

Img_1065_2

Img_1082

2010年10月11日 (月)

体育の日

Img_0879”体育の日” の朝風景です。快晴で素晴らしい天空で風が爽やかな一日でした。日の出が6時25分頃で、夏に比べて随分に遅くなって日の出の位置が南下してます。生月から見ると”聖地島*中の江島”付近方向から太陽が出てきます、

Img_0898

Img_0916

Img_0923

Img_0937

Img_0935

2010年10月10日 (日)

秋の太陽

Img_0783生月島の”ガルパス様公園”からの 朝の一時です。秋の高く澄みきった青空と雲の間からの太陽光がダイナミックです。神々しさwお感じてしまう光のビームが元気をもたらしてくれます。

Img_0795

Img_0788

Img_0822

Img_0819

2010年10月 9日 (土)

雨上がり

Img_0706雨上がりの佐賀神野公園の風景です。水面の風景が秋の時間を感じさせる晴れ間の風景です。

Img_0700

Img_0712

Img_0719

Img_0691

2010年10月 8日 (金)

秋湿り

Img_0657酷く暑かった夏から秋らしい季節を短めに初冬の雰囲気の今年の10月です。紅葉の時期が短くて綺麗な風景が見れないかもしれません。小雨が降り鈍より天気で”秋湿り” の一日だそうです。

P1100148

P1100146

Img_0664

Img_0680

Img_0681_2

2010年10月 7日 (木)

秋空

Img_0562青い光が天上に真っ直ぐ輝く神秘的な夜明けでした。オレンジ色の夜明け空に太陽の輝く海に元気がみなぎっていました。心落ち着く安らかな朝風景でした。

Img_0584

Img_0599

Img_0612

2010年10月 6日 (水)

朝の海

Img_0454島の東海岸に約30分ぐらいの我慢待機の御褒美の写真です。朝の海が微妙にエネルギッシュに生きている瞬間が視覚に感じられて躍動感で元気になります。

Img_0521

Img_0540

Img_0482_2

2010年10月 5日 (火)

みんなの太陽

Img_0369今日の朝の太陽は”みんなの太陽”と思う太陽系の宇宙観を感じる朝でした。本当に大げさな思いこみと未熟さと自惚れかもしれません。太陽は一つの中で皆が生きているんですね!

Img_0394

Img_0404

Img_0387

2010年10月 4日 (月)

夕景の光

Img_0339”門を出れば我も行人秋のくれ” 蕪村、秋の暮れの空は奥深いものを感じられる時間です~~~~~~~~~

Img_0335

Img_0340

Img_0336

2010年10月 3日 (日)

西海岸

Img_0304島は北西の風が吹きまくる時化の西海岸でした。打ち寄せる波が海岸で白波を豪快に表現して爽快な気分になっていきました。秋から冬への自然の厳しさの時期になって行く島の時空を感じる一日でした~~~~~~~~~~~

Img_0315

Img_0321

Img_0318

2010年10月 2日 (土)

秋の野山

Img_0202長閑な日本の田舎風景です。田園や野山には色彩豊富な花が太陽に向かって咲いています。天山の豊かで清らかな水を頂いて風と空と光の恵みを受けて新鮮さを感じて癒されてきました。秋の豊穣の時期到来です。

Img_0192

Img_0185

Img_0220

2010年10月 1日 (金)

秋の海岸

Img_0211鳴き砂で有名な”二丈の姉子の浜”です。 人は誰もいない白い砂浜でした。北風が吹いて押し寄せる波が元気一杯はしゃいでいました。白砂と白波と透き通った青い空と海とが癒しの時間でした。吹く風の中で、疲れた心身にエネルギーを頂戴してきました。

Img_0214

Img_0204

Img_0212

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046