« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

洛陽

Img_9583生月島の最北端 の名勝地”大バエ灯台”からの洛陽です。一人だけの素晴らしいスタディアムで貸し切り状態でした。無心の時空世界でした。人生って楽しいもんだと思っちゃう開放的な映像パノラマでした。思わず大声で叫んでみました。”海は広いな大きいな~~~”なんて~~~~~~~~~~~~

Img_9625

Img_9648

Img_9671

P1030190

P1030157

2010年5月30日 (日)

風が舞う

P1030105朝から昼、そして日没から夜に入っても強い風が吹いていました。行くあてない強い風が潮の香りを運んで空気や自然と遊んでいました。人は自然の一部のようで空気の存在かもしれないようでした。なんか、風は舞いながら?今の自分に何かを教えてくれているようでした~~~~~~~~~~~~~

Img_9535

Img_9511

P1030113_2

P1030070

P1030088

Img_9389

2010年5月29日 (土)

夕方の干潟

P1030040有明海の夕方の干潟の風景です。干潟公園には誰もいない静寂の空間でした。潮時は大潮の干潮時間帯です。夕方の干潮時に沖合からのノリ作業船が 水路を轟音をたてて走って行く風景が臨場感が広がってきれいでした。太地では麦の収穫の時期で豊かな初夏の香りが漂っていました~~~~~~~~~~~

P1030034

Img_9320

Img_9351

Img_9283_2

Img_9346_3

2010年5月28日 (金)

早朝の佇まい

Img_9241今日も 風の強い肌寒い朝です。赤く染まる雲の中の朝日の佇まいがきれいでした。目覚めて西の空を見ると早々と太陽は昇っていました。日の出の時間が早くなりました。梅雨前の梅の実が青々しく新鮮さが溢れて印象的でした~~~~~~~~~~~

Img_9256

P1030001

Img_9252

Img_9140

2010年5月27日 (木)

今日の風景

P1020194薄曇の肌寒い変な一日でした。 目に入る自然の微々たる変化に内面の変化がうごめいていくことに新鮮さを感じることに心地良さを感じます。なんともないことに無機的な単色的な風景の中にも生き生きとしたエネルギーを感じます。風の中に体感する”今日の風景”でした~~~~~~~~~~

Img_9189

P1020186

P1020176

P1020219

Img_9200_2

Img_9230

2010年5月26日 (水)

透明感

Img_9133_2東の水平線に雲が多くて朝日が隠れた朝でした。ところが、北の方は光が輝いて壱岐島や二神島(無人島で平戸市)が鮮明に望める透明感に満ちていました。昼からは光が一杯に広がり、目に入る島の景色が特別なステージで見入ってしまう程の素晴らしい天空でした。多忙の中、自動車運転免許更新のために平戸警察署に行く時間が取れたおかげで透明感豊かな景色が撮れました~~~~~~~~~~~

Img_9135

Img_9151

Img_9160

Img_9179

Img_9170

Img_9166

2010年5月25日 (火)

波と風

Img_9071_2西風の強く吹く曇空の一日です。島のサンセットウエイの海岸には荒波が風に乗って白波が打ち寄せていました。島の名勝地の塩俵の断崖は風が強く写真撮るのに大変でした。海面より断崖を駆け上ってくる風のエネルギーに圧倒されてしまいました。男性的女性的地形の生月島に住んでいると、 自然の変化が如実に感じられる島の成り立ちが分かるような一日でした~~~~~~~~~~

Img_9081

Img_9088

Img_9095

2010年5月24日 (月)

海風を感じて

P1020092 晴れたらイイね!なんて心が軽やかな素晴らしい一日でした。雨上がりの五月の海風がビュウビュウと吹き抜けていく島の安堵の時間が心地よい時空でした。いろんな風の見える島です。島の風は万人に平等にいろんな風を吹いてくれます。今日は心地よい風が吹いていました~~~~~~~~~~

Img_9053

P1020088

Img_9060

Img_9036

Img_9056

2010年5月23日 (日)

大雨の日

Img_9023大雨の日曜日でした。口蹄疫や米軍沖縄普天間基地問題など九州では先が見えにくい難問題が山積みしています。政局不安定の時期で経済不安定の波が寄せてきています。ガソリン代が不気味に短期間で上昇しています。不透明な時期こそ色眼鏡で見ないで洞察することの姿勢が必要な時のようです~~~~~~~~~~~

P1020065

P1020065_2

Img_9020

Img_9017

Img_9025

2010年5月22日 (土)

そよ風

P1010985雨の到来前の五月のそよかぜを感じる一日でした。 放牧の牛も風を心地よく感じているようでした。島の小学校の校庭にも風が昔と変わらずに吹いているようでした。島の風は歴史を乗り越えて今も人生いろいろで吹き続いているようです~~~~~~~~~~

P1020011

P1010986

Img_8926

P1010998

2010年5月21日 (金)

黄砂のなかで

Img_8956_2黄砂現象で遠くの景色が霞んだ一日でした。心地よい風が吹いて海は穏やかな春の清々しい日でした。昼から少々蒸し暑くなりましたが、五月の風が体を吹き抜けていき爽やかさを感じた時空でした。

Img_8963

Img_8937

Img_8947

P1020026

Img_8909

Img_8924

2010年5月20日 (木)

濃霧の日

Img_8906島全体は濃霧の世界です。島の隠れクリスチャンのクルスが濃霧の中に聳えていました。野に咲く花がカラフルで優しく可愛らしくて素敵な風景でした~~~~~~~~~~

P1010978

Img_8891

Img_8886

Img_8895

2010年5月19日 (水)

五月の雨の中で

Img_8864霧雨の島風景です。いつもの景色と違って近景の存在感が大きく感じられます。 今まで見逃していた身近な所に新たな発見に新鮮さを感じました。五月の雨の中で~~~~~~~~~~

P1010953

Img_8872

Img_8869_2

Img_8865

2010年5月18日 (火)

午後は雨?

Img_8838_2朝ぼらけの風景です。朝日は雲に隠れており雲の合間からの光が綺麗です。午後から雨の天気のようで紅色の光が雲で覆われて暗くなってきました。昼からは蒸し暑い天気になって不快指数が高い一日でした~~~~~~~~~~

P1010916

Img_8835

Img_8842

Img_8849

2010年5月17日 (月)

五月の風

P1010884風が天真爛漫にカラフルの天空を自由に吹いています 。なぜか、今日は”高血圧の日”だそうです。国民の半分は高血圧状態の高齢化社会で当然のことでしょう(国際的に65才以上が7%以上は高齢化社会だそうです、日本は20%前後です)。団塊世界世代の還暦へ突入の一日でした。目一杯に定刻過ぎても頻脈状態で仕事を頂いていることに感謝の一日でした~~~~~~~~~~~

P1010879

P1010896

P1010894

P1010907

2010年5月16日 (日)

夜明け

春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて(早朝)と続く”枕草子”の気持ちがピッタリの”春は夜が明け始まる頃が一番いいわ”の時空でした。昨夜の大宴会で飲めや歌えやの完全な二日酔い状態で視界に広がる夜明けは刺激的で瞳孔がパッチリになり大脳が興奮してしまいました。酔いながらブレない写真を集中して撮れたことに内心嬉しくなりました~~~~~~~~~~~

Img_8666

Img_8654

Img_8691

Img_8697

P1010808_2

P1010807

2010年5月15日 (土)

快晴の島

Img_8613五月の空に海は春夏秋冬のなかで変化が富んでいるようです。光の降り注ぎが強くなっているのが原因かもしれません。そして、水の自然環境が豊かなことが刺激的です。また、緑の景色が目に映えて素晴らしいです。サンセットウエイの蛇行ハイウエイが気持いい景色で心地よい雰囲気です。生月大橋のコバルトブルーと空の青さのコントラストが最高です~~~~~~~~~~~~

Img_8683

Img_8601

P1010775

P1010797

2010年5月14日 (金)

P1010764 快晴の日の海風景です。海面は静かに見えますが、風が吹いており大潮の干満差があり潮流が速くて沖合では時化ています。しかし、海の透明感と春の躍動感が溢れており眼を楽しませてくれます~~~~~~~~~

P1010728

Img_8571_2

P1010766

P1010724

2010年5月13日 (木)

島一番の山から

P1010688生月島の最高峰番岳からの天空の世界です。人に生まれてきて良かったと思える時間を痛感してきました。最高の昼の独占的な空間でした。 人は何時も一人なんでしょうか。たまには、高いところから人里を眺めるのも気持ちいいもんです。体力の衰えを感じつつ一歩一歩登って行く瞬間に自分の残り少ない人生を感じるのは必然のことかもしれません。常に己の身体のチェックが必要ですね~~~~~~~~~~~~

P1010681

P1010693

P1010683

P1010699_2

P1010684

2010年5月12日 (水)

水平線

Img_8493太陽系のなかで存在さえ確認できないシミみたいな微生物みたいな存在感を感じながら水平線の先を見つめている自分がいます。太陽の沈みに沈黙です。心地よい爽やかな潮風に打ち寄せる潮波の音に突然のメジロの囀りに包まれて無心の世界へ誘いされていきました~~~~~~~~~~

Img_8468

Img_8485

Img_8509_2

Img_8499

2010年5月11日 (火)

5月の風

P1010495世知原の新茶を頂いて5月の新緑の風情と香りと味覚を 満喫しました。5月の風を感じつつ体調も初夏モードにアップしつつあるようです。鮮やかな新緑の景色が眩しい一日です。日没時間が長くなってきて、眩しい海面が輝いて安堵感の世界を演出して素晴らしい~~~~~~~~~~~

P1010557

P1010473

P1010486

P1010509

P1010547

P1010532

P1010501

2010年5月10日 (月)

雨の島風景

P1010457雨の棚田や生月大橋の鮮やかな風景です。田植えから三週間余りの雨の風景は生命力のエネルギーの発散を感じさせられます。雨の風景が映える島風景の午後でした~~~~~~~~~~~~

P1010448

P1010452

P1010446

2010年5月 9日 (日)

春の山

Img_8135野山には緑色の風情が広がっています。平戸島の西側を望むと志々伎岳や屏風だけが望めます。草原では牛が放牧されて草を食べて気持ち良さそうです。

Img_8127

Img_8128

Img_8141

Img_8146

Img_8116

2010年5月 8日 (土)

海と空と風

Img_8252晴れで休日の時間がとれて思わず”角島大橋”を眺めてきました。コバルトブルーの海と空の中で心地よい春の海風をうけて感動でした。潮の流れが島の周りにみられ透明度が高くて岩場と白い砂が広がって素晴らしい風景です。西海から平戸・松浦・唐津・糸島・玄海と響灘から日本海を北上していくと白い砂浜の海岸線と青海島などの奇岩断崖の海岸線がみられます。春の風を感じつつ視覚的に心癒される時間でした~~~~~~~~~~~

Img_8287

Img_8273

Img_8302

P1070447

P1070456

2010年5月 7日 (金)

美景

Img_8176夕方の 光注ぐ島の美景です。週末の疲労困憊の体を癒してくれる透明感いっぱいの柔らかい優しい光に感謝です。夜釣りで日没前に漁場にまっしぐらの魚船に生活感や躍動感を感じて安堵感でリフレッシュしていきました。今日の夕景は光輝く美しい時空の島風景でした~~~~~~~~~~

Img_8171

P1010225

P1010236

Img_8116

Img_8215

2010年5月 6日 (木)

雨上がりの朝

Img_8102気象観測以来の連日快晴のGW連休の日々でした。しかし、黄砂現象にて時空は霞んでスッキリしない風景でした。空中に漂っている大陸からの黄砂が昨夜の雨で洗い流されて透明感の感じられる朝でした。また、昼から夕方にかけて明日の午前中まで雨模様のようです。すでに、沖縄では梅雨入りしたそうです。四回目の生月島の五月の風を感じながら時の流れの思いを乗せて見知らぬ世界へ浪漫飛行していきました~~~~~~~~~~~

Img_8084

Img_8100

P1010129

P1010099

2010年5月 5日 (水)

朝露

P1010062朝露のなかで島の日の出を撮りに行くため、朝5時半ごろ 朝ウオークしてきました。ズボンの膝から下が濡れて水分を含んでいて、小さい頃に自然と戯れて靴が濡れて泥まみれになっている自分を懐古してしまいました。周りが静かな世界で覆われた安堵感の時間でした~~~~~~~~~~~

P1010083

P1010034

P1010065

Img_8062

2010年5月 4日 (火)

今日の夕景

Img_7998穏やかな海面の姿を見せてくれた一日でした。朝と夕の時間で異なった風景ですが体感するものは同じ感じで静寂と緩やかな時間と穏やかさです。朝は早くなっていき夕方が長くなっていき日照時間が増えて体は活動的になり過ごしやすい日々に感謝です~~~~~~~~~~

Img_8007

Img_8003_2

Img_8002

Img_7992

Img_7965

2010年5月 3日 (月)

GWの海

Img_7992爽やかな5月の潮風の中で美味しく遊ぼう!”いきつき春まつり”が五月二日より四日まで島特有のイベントが行われています。生月たこフェスタや漁師バイキングや潮風の生月ビーチで宝さがしなど地元ならの地域活性のお祭りをおこなって活気がみられます。ゴールデンウィーク(GW) の空と海と風は癒しの世界を満喫して特別です。平戸大橋と生月大橋の無料化で平戸島外からの人手が多いようです。天気が良くてGWの海が素晴らしいです~~~~~~~~~~~

Img_7965

Img_7979

Img_7969

2010年5月 2日 (日)

春がすみ

P1000894邪馬台国の地と推測される筑後川下流から有明海や吉野ヶ里遺跡を南側に博多湾や糸島の北側が望める背振山頂へ歴史の散策をしてきました。あいにくの”春がすみ”で遠くの景色が霞んでいました。その後の歴史上において重要な位置にしていることの思いは当たっているように思いました。現在は自衛隊基地があり日本の防御*対空ミサイルレーダー基地で緊張感がありました。東の方には大宰府や甘木*朝倉の歴史の地が広がっていました~~~~~~~~~~

P1000890

P1000893

Img_7939_2

Img_7942

P1000891

2010年5月 1日 (土)

五月のあさ

P1000749落ち着いた朝の時間でした 。日の出が5時40分頃で早くなり日の出地点が北上しています。東の空には満月が別れを惜しむかのように山上に見られて綺麗です。花鳥風月の営みの移り気の早さを感じます。ウニやサザエやアワビや海藻などの収穫の磯時期で島の海岸は賑わっています~~~~~~~~~~~

P1000827

P1000762

P1000775

P1000803

Img_7831

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近の写真

  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721
  • 20191111_071049
  • 20191111_071728
  • 20191111_142247
  • 20191111_162648
  • Img_4421
  • Img_4429
  • Img_4438
  • Img_4444