« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

無料化

P1060475_2

P1060458

P1060460

Img_7164 生月大橋と平戸大橋が四月一日から通行料が無料化になります。島の活性化になるんでしょうか?昨年四月に開通した松浦市鷹島肥前大橋は開通時から無料で島は活性化して元気な島になったようです。同様に元気な地域になればと思う無料化です~~~~~~~~~~どうも、観光客が橋が架かって100倍になったが一年後の最近は観光客も減り大変だそうです。変化に応じた変化が必須のようです。継続は力なりということでしょう~~~~~~~~~

Img_7492

2010年3月30日 (火)

島の桜

Img_7160曇空で残念な昼の時間でした。海と空の青色のなかで桜がもっと綺麗だったのですが晴れていないのが今一でした。でも、短い時間の繁栄の艶やかさがイイですね。瞬間の継続の美の世界を感じる日々です~~~~~~~~~~

Img_7154

Img_7157

P1060447

2010年3月29日 (月)

午後6時半頃の風景

Img_7093本当に寒い春日和の一日でした、静岡では雪が降っていたようです。大潮*満月の十五夜の日なんですか?日没前から東の空には丸い大きな月が印象的でした。島では遠洋巻き網船が港に帰って来て少し活気が見られます。生月大橋がピンクに輝く季節がきましたが、今日の夕方は今一の時空でした~~~~~~~~~~

P1060404

Img_7058

Img_7063

2010年3月28日 (日)

大桜

P1060283旅行月刊雑誌”じゃらん”の桜特集における”迫力の一本桜のベスト10”の一番(武雄の馬場の大桜)と四番(武雄の宝珠寺のヒメシダレ桜)と七番(平戸島木ヶ津の慈眼桜)の一本桜巡りをしてきました。約百年の年月を経ており丁寧に育てられており綺麗に青い春空に映えて周りの菜の花やムギ畑などの黄色や緑色との調和が感動的でした。山奥の遠い所にあり探すのが大変でした~~~~~~~~~~

P1060304

P1060312

P1060062

2010年3月27日 (土)

春の朝陽

Img_6900日の出の時間が六時頃過ぎで慌てて眼をこすりながら小走りで朝日を撮ってきました。目がパッチリ玉手箱で?驚き桃の木の?素晴らしい風景でした。桜が五分咲きで茜色の中で映えていました。心休まる静寂な海と空の大パノラマでした~~~~~~~~~

Img_6908

Img_6912

Img_6936

2010年3月26日 (金)

黄砂のなか

Img_6885沈んでいく茜色の夕日が黄砂現象のせいでしょうか?きれいな淡い輝いて透明感ある 夕景でした。春独特の風景でしょう。オンリーワンの夕日でしょう。春の海は透明感があり海岸線には生命の息吹が感じられる躍動感やエネルギーが一杯です~~~~~~~~~~

Img_6878

Img_6888

Img_6892

Img_6890

2010年3月25日 (木)

歩道橋の日

P1060152今日は”歩道橋の日”だそうです。2010ビジネス*ア二バーサル*データによる情報です。1963年大阪駅前に横断歩道橋の設置がされたのを記念した日です。周りの世界においては桜前線は着々と進行中です。島の春は徐々に充電中の雰囲気で満たされているようです~~~~~~~~~~~

P1060146

P1060160

P1060151_5

P1060150

2010年3月24日 (水)

雨の日の桜

Img_6832例年より一週間早い桜前線です。政界経済界同様に、今年の桜は雨風の中で大変な 春模様のように見えます。島の農家の皆さんは、早期栽培米田植えの時期の雨で”田んぼ作り”大変喜んでいます。一方では、海が荒れて新鮮な魚が漁獲されず美味い魚が食されず寂しい日々です。今日の昼は雨風の中の桜を見回りしてきました~~~~~~~~~~

P1060101

P1060078

P1060080

P1060098

Img_6825

2010年3月23日 (火)

春の風雨のなかで

Img_6809生月島の西海岸”サンセットウエイ”の不思議な話があります。それは、南から北へ走って左手に海を見ていくか?北側から左手に断崖絶壁の壮大さを感じて車で行く方が良いか?との拘(かだわ)りがあるようです。個人的にはケーバイ*ケースバイです。自然と自己の感性や創造性のアイデアだと思います。今日の昼の時間は右に海を見ていくコースでした。晴れた日や夕陽の日はどちらでしょう~~~~~~~~~~

Img_6817

Img_6816

Img_6822

Img_6815

2010年3月22日 (月)

慈眼桜

P1060052平戸島の木ケ津教会の近くの”一本松の慈眼桜”を見に行きました。周辺の環境は地元の人の自然への思いやりと温かさが伝わってくる綺麗な落ち着いた里でした。犬や猫や小鳥たちはゆったりとした時空の中で幸せそうでした。チュウリップや菜の花や梅や桃の花などが咲き乱れて春の農作物が豊かに耕作されていて別世界に居るような時間を体感しました。近くの慈眼岳の麓に咲く桜の老大木”慈眼桜”を鑑賞してきました。そばにいると生命力を感じる素晴らしい桜でした。まだ、1~2分咲きでしたが木ケ津地区にきて良かったと思う一日でした~~~~~~~~~~~

Img_6761

P1060060

P1060056

P1060063

P1060059

2010年3月21日 (日)

春分の日

P1050987_2 春の彼岸の中日で、昼夜の長さがほぼ同じになり、これから徐々に暖かくなります。草木が生長して生き物が活発に活動をことから自然をたたえ生物をいつくしむ日でそうです。昨日と違って晴れて良い天気でしたが、黄砂現象が見られ視界不良で風が強くて海は大時化でした。島の自然は菜の花と桜の花が同居して黄色と桜色の世界が広がっています~~~~~~~~~~~

P1060022

P1050996

P1060013

P1060018

2010年3月20日 (土)

ハウステンボス

P1050871いとこの結婚式がハウステンボスでありました。楽しい一日でした。最近は、冠婚葬祭に出る機会が少ない歳で葬式の方が多い年頃なんで刺激的な時間でした。以前に比べて、再建で注目のハウステンボスは雨のせいか寂しくて活気を失せていました。再建のアプローチが注目です~~~~~~~~~~~

P1050891

P1050875

P1050873

P1050869

2010年3月19日 (金)

ロケット灯台

P1050858生月島の南西端に長瀬鼻灯台が位置しています。島の隠れた癒しのスポットです。地元の人でも行ったことがない風光明媚な大パノラマの古にかえったような絶景な場所です。島の北端の”大ハエ灯台”は観光化されて有名ですが 、バスなどの大型車が入れず道が分かりずらいので人が少ないようです。丁度、ロケット型スタイルで白色が青い空と海にさえて綺麗なスマートな灯台です。対馬や五島列島や平戸などが東シナ海の水平線まで見えます。きっと!日露戦争のときに対馬海峡に入る世界最強ロシヤ*バルティック艦隊が見えたであろうと思いにふけて静かな心広い世界にいなざって行くようです~~~~~~~~~~~

Img_6490

Img_6478

Img_6482

P1050856

P1050850

P1050857

P1050859

Img_6481

2010年3月18日 (木)

賛成20、反対68、無効30、

P1050741カタール*ドーハで開催中のワシントン条約締約国会議の大西洋*地中海のクロマグロ国際取引を全面禁止を禁輸案を委員会 は否決されました。予想を覆した結果で日本のマグロ食文化は確保されました。中東やアフリカの否決票が多かったようです。日本の振興諸国援助外交や農水省関係者の直前の国際的交渉が良かったようです。悪く言えば金がものを言ったように思うのは思いすぎでしょうか~~~片方では純養殖マグロ生産経済流通の成功で技術国日本の素晴らしさに勇気と自信を久々に感じる一日でした~~~~~~~~~~~

P1050804_2

P1050787

P1050718

P1050715

P1050712

2010年3月17日 (水)

水田

Img_6209_2島では田植えの準備で忙しくなってきました。水稲の早期栽培で盆の前後に稲刈りが行われます 。もちろん、早く稲刈りして米市場価格が安定していることもあるでしょうが、盆に働き手が帰省して労働力確保や秋の台風接近前に被害を避けて収穫リスクを避けるためとかあるようです。水資源不足の島では、稲作において先人達は水対策で苦労していたようで貯水の溜め池を多く作ってたり初春から水を畑に貯めたりして頭を使っているようです。島では水は大切で貴重な資源なんです。水田の風景は生活感が在りすぎますが、春の風景の中でみずみずしくて躍動感を与えてくれます~~~~~~~~~~

Img_6213

Img_6211

Img_6192

2010年3月16日 (火)

夕方の空

Img_6152

Img_6158

Img_6167_2

Img_6180

P1050678_2 久しぶりの晴天の日でした。多忙の一日でしたが、夕方の6時過ぎにサンセットウエイからの綺麗な日没を目にしてきて癒される時間でした。いつも思う”瞬間の時の移りを大切に思う”無心の瞬間でした~~~~~~~~~~

Img_6179

2010年3月15日 (月)

時化

P1050616

P1050610

P1050614

春の嵐が続く最近です。人っ子誰もいないサンセットウエイの島のP1050625 風景です。雨風が激しくて写真撮ってる最中は吹き飛ばされるほどの悪天候でした。暗い風景の中に春のエネルギーを感じられる自然が印象的でした~~~~~~~~~~

2010年3月14日 (日)

節句

Img_6106

P1050868

P1050554

P1050562

P1050559

2010年3月13日 (土)

春雨

Img_6080冬から春への夜明け前のような一日でした。周りの木々は、今にも春の陽が発散したら 芽が開いて若葉が花弁が一気に咲き誇るような雰囲気で満ちているようで空に向かって力を感じます。春雨は前向き的な不思議な感じの陽気な気持ちにさせてくれます~~~~~~~~~~

Img_6031

Img_6079

Img_6081

Img_6083

2010年3月12日 (金)

オーディエンス

Img_5998春の音が自然界に響き渡っています。聴覚において触覚的に視覚的に体中に感覚されて躍動的な時期になってきました。島では、ツワ採りやフキノトウ採りで春の味覚を満喫しています。鶯のさえずり”ホーホケッキョ!”が美しい響きで森の中に反響しています。まさしく、自然の野外オーディエンス劇場です~~~~~~~~~~

Img_6012

Img_6000

Img_6003

Img_6036

2010年3月11日 (木)

古(いにしえ)の風が

Img_5929

Img_5940

祈りと捕鯨の島の朝の風景です。不思議と、春夏秋冬の四季のなかで花鳥風月の変化が感じられる 自然環境が豊かで厳しい所です。風が強いのが特徴のようです。寒い時は、海岸線から急峻な勾配があり温度差が三度くらい差があることがあります。基本的には住みにくいアイランドでしょう。古の風を感じるパワーポイントからの朝のパノラマです~~~~~~~~~~~~

Img_5957

Img_5899

Img_5908

Img_5937

2010年3月10日 (水)

春の嵐

とんでもない”春の嵐”の天気で雪が降る平戸*生月島の風景でした。海は昨日と異なり北東の風から北風の”春の嵐”でした。白い牙をむく高波は南北に細長い島への攻撃を変えてサンセットウエイの海岸線を襲っていました。自然の猛威エネルギーを感じてワクワクする変な気持ちになる”春の嵐”でした~~~~~~~~~~

Img_5898

Img_5869

Img_5872

Img_5866

Img_5859

2010年3月 9日 (火)

寒い春

P1050441海には船が一艘も見えない大しけの風景です。きれいな自然が大暴れしている一日です。こんな日が続いており新鮮な美味い刺身や魚料理が食べられなくなり島のハンディを痛感する日々です。離島である生月島は生月大橋が本土とのアクセスを確保していて快適な環境です(生月大橋は吹く風が二十八メートル以上になると通行止めになります)。定期航路によるアクセスの離島は本土とのライラインが途絶状態で医療や食料品などが大変です。自然の猛威を思い知らされる一日でした~~~~~~~~~~~~~~

P1050357

P1050436

P1050442

P1050439

2010年3月 8日 (月)

朝の晴れ間

P1050393_2光が海面に輝いて目に刺激的な朝の晴れ間でした。風が強くて雲の動きが瞬時瞬時に変化して海が様々な表情をしていました。 自然の変化も人間の変化も瞬時瞬時の生命の動きの中で成り立って周期的に回転して繰り返しの時間なのかもしれないように思う時間でした~~~~~~~~~~~

P1050420

P1050395

P1050401

P1050405

2010年3月 7日 (日)

BB賞

P1050355

P1050359

春三番の荒天気でした。寒くて風が強くて雨が降り霙交じりの中でゴルフをしてきました。楽しい時間を満喫してきました。久しぶりの平戸グルフカントリークラブでした。体を鍛えるのは大切です。生まれて初めて酒を飲まないで18ホールを真剣に対応したのは初めての経験でした。グルフ歴が20年です。結果は最高でした?人と交流することの喜びを感謝する一日でした~~~~~~~~~~~~

P1050379

P1050376

P1050362_3

2010年3月 6日 (土)

啓蟄(けいちつ)

Img_5844 きょう6日は、十四節気の一つ”啓蟄(けいちつ)”です。啓は開く、蟄は地中で冬眠している虫の意味で、暖かくなり虫が冬ごもりを終えて地上にはい出してくる時季だそうです。今日は春三番の荒れた天気ですが、島の自然は春の訪れを感じる暖かです~~~~~~~~~~~

Img_5847

Img_5841 

Img_5850

Img_5842

Img_5849

2010年3月 5日 (金)

午後の海

Img_5814

Img_5816

Img_5831

Img_5825 春の情景の俳句”なのはなや 月は東に 月は西に”や”春の海 ひねもす のたりのたりかな”など与謝蕪村”新花摘”より優れた季節感が浮かんできます。もう!春の海ですね~~~~~~~~~~

Img_5812

2010年3月 4日 (木)

春雨

P1050318明るい空のなかで粒の小さい雨が春風に吹かれて ソフトタッチに降っていました。えっ!これが春雨なんだと思う新鮮さがありました。当分は、三寒四温の日々です~~~~~~~~~~~

P1050306

P1050319

P1050323

P1050322

2010年3月 3日 (水)

島の花

Img_5801光を感じない昼の島のサンセットウエイの風景です。春めいて来て急に野山に菜の花が咲いて緑と黄色の爽やかな雰囲気が充満しています。海と空の調和が良いですね!夜は平戸”エビス亭”で大宴会で美酒で最高の料理で”ラリルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!”でした。トラフグの刺身(写真容量が大きすぎて出せませんでした)と白子が美味い時間を過ごせて幸福でした。酒と料理と会話は人の心を豊かにしてくれます。今日の日を有難うの感謝の夜でした~~~~~~~~~~~~

P1050302

P1050301

Img_5812

Img_5808

Img_5810

2010年3月 2日 (火)

足で稼ぐ

Img_5674今日の天気では暗い空間で面白くない雰囲気です。思いきり望遠をいっぱいにして瞬時の景色を何となく撮ってみました。なんか別の世界で見方を変えれば怖くない驚きの景色が見えて嬉しいです。苦し紛れの心境から見えていた新しい世界でした。今日は早朝から昼休みから仕事終えてから自由奔放に長く歩いており足が痛く感じられる一日でした~~~~~~~~~~~~

Img_5768

Img_5691

Img_5711

Img_5750

Img_5696

2010年3月 1日 (月)

春二番

P1050239天地を響かす落雷の音が繰り返し続いた午前中でした。朝は太陽の日が窓から顔を出した状態から 急速に悪化して雨と風が黒い雲から大地を叩きつけていました。俗に言う”春二番”でしょうか、これから4月頃まで海は突然の怒りを見せながら穏やかな春の季節が訪れてきます~~~~~~~~~~~

Img_5654

Img_5656

P1050219_2

Img_5641

Img_5664

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464