« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

存在感

Img_5543 島の歴史を見てきた大樹が朝日の中で輝いていました。聖地”中江の島”を見続けてきた大樹です。力を感じさせられる生命の逞しさを四季の観察していると存在感を放散してる大樹です。”この木なんの木、気になる気になる木ですから”なんて楽しくなる友人みたいな大樹です~~~~~~~~~~~

P1050183

Img_5585

Img_5567

Img_5583

Img_5597

2010年2月27日 (土)

生月大橋

P1050122生月島の高台からの生月大橋と平戸安満岳の展望です。あいにく曇り天気で光のない絶景でした。丁度、昼の三時三十分頃に五島から博多港行の”フェリー太古”が生月大橋を通過していきます。海の貴婦人といわれる白い船体は綺麗で勇壮ですね~~~~~~~~~~

P1050111

P1050116

P1050117

P1050108

2010年2月26日 (金)

天気不良

Img_5496予測道理?バンクバーオリンピックは金メダルなしでした。 今日の午後からのTV視聴率は高くて日本ではテレビに釘付けになっている人が多かったと思います。真央ちゃんは頑張りました。ミキティは高難度手技で挑戦してほしかった。鈴木明子さんは清々しスピード感がありました。昼の一歳半検診に行ってきました。皆さん全員参加しており母と子の熱い愛情を感じてきました。当たり前ですが、オリンピックより我が子が大切です。今日の天気は雨と風が思いきり暴れていました~~~~~~~~~~~~

Img_5512

Img_5501

Img_5506

Img_5504

Img_5509

2010年2月25日 (木)

春一番

Img_5484 春一番の一日でした。強い風と雨で春の到来を感じる日々でした。海のアクセスは欠航で島の生活の混乱が見られます。暖かい南風が吹いてから寒気団の北風が吹いて”三寒四温”の経過を経て本当の春到来の時期なんですね。皆さん!風邪に御注意ですね~~~~~~~~~~~

Img_5493

Img_5489

Img_5466_2

Img_5476

Img_5479

P1050079

2010年2月24日 (水)

春の海

Img_5406

Img_5424

Img_5460

Img_5457

穏やかな海の一日でした。フルの雰囲気を体感する海でした。本来なら海岸線は藻や岩海苔や海草が豊かに覆いつくしているのですが、何もなく透明な海には石ころがゴロゴロしているのが透き通って見えます。俗に言う”潮焼け現象”です。磯の香りが感じられない”春の海”です~~~~~~~~~~~

Img_5292

Img_5410

2010年2月23日 (火)

夕日

長瀬鼻灯台からの素晴らしい夕方の風景です。海が穏やかで潮目が川のようで美しくて心静かになっていきますImg_5301 。沈む太陽の周りが輝いていました~~~~~~~~~~~

Img_5342

Img_5298

Img_5314

Img_5336

Img_5367

Img_5309

黄金色

Img_5074輝きは瞬間であるが永遠の存在感があるようです。同一性は存在せず瞬間の再現性のない美感覚がみられます。人間の心も同じ世界かもしれません。瞬時の瞬間の中に存在感があって生きていければ認識していければ悩みも喜びに希望に広がっていくんだろうと思われます。命には限りがありますが、人間には種の保存をふくめて脳で展開する神経細胞の中のDNAに永遠の保存を複製していっているように思う輝きの視覚世界でした~~~~~~~~~~~

Img_5190

Img_5088

Img_5099

Img_5102

2010年2月22日 (月)

飛行機雲

Img_5255 飛行機雲の空の昼の時間でした。夕方は天気は下り坂のようです。朝は素晴らしい朝日でした。昼からは光が鈍くなった島の風景でした。サンセットウエイには、今の時期は春の島の産物”ツワ捕り”の島外者が多い時期になってきました。島では困った問題のようです。自然が残っている故の問題のようです。スローライフの島の自然を大切に守っていきたいと思う一日でした~~~~~~~~~~~

Img_5226

Img_5260

Img_5261

Img_5239

2010年2月21日 (日)

日昇

Img_5142雲ひとつない晴れ空の朝日がきれいでした。初春到来の 兆しが満ちていました。だんだん、日の出の時間が早くなってきて七時過ぎには朝日が拝める時間になりました。旧暦の立春から急速に日照時間が長くなってきて周りの世界が生き生きしていくのを実感する日々です~~~~~~~~~~~

P1040957

P1040955

Img_5151

Img_5154

Img_5160

2010年2月20日 (土)

Img_5079_2寒い晴れた日の空と海と光と風が輝いた一日でした。残念ながら、島の夕日は都合で撮れませんでした。心の移りを反映しているような空間を瞬間に見つけようとしている自分が彷徨っているようです。光と影のなかに瞬間瞬間の心が走馬灯のようにクルクルと走っていくようです~~~~~~~~~~~~

P1040919_2

Img_5100

P1040896

P1040908_2

2010年2月19日 (金)

ぐるぐる公園

P1040889 風車がまわる”ぐるぐる公園”からの風景です。清々しい風の中のパノラマ展望です。風車が轟々と呻っていて近くにいると脅威を感じるくらい恐ろしさを体感します。久しぶりの太陽の陽をあびて心地よい時間を過ごしました。野山には花が咲いて賑やかになっていました~~~~~~~~~

P1040886

P1040884

Img_5018_2

P1040879

P1040890

2010年2月18日 (木)

北西の風

Img_4947外界温度3℃の昼の風景です。今の車は便利なもので外気温度の表示機能が付いております。北西の風が吹いており島は寒い風景の昼の時間でした。Img_4951 最近見つけた山越え道で西の海が開けて見える好きな道の風景です。山間での穏やかな道のそばに黄色い水仙と芽が開かんばかりのネコヤナギがきれいでした~~~~~~~~~

Img_4956

Img_4954_2

Img_4961

Img_4962

2010年2月17日 (水)

カモメは?

P1040856今日の空は自由な雰囲気が一杯です。カモメがカルガリーオりンピックに負けない飛びをしていました。カモメは飛んだ!カモメは飛んだ!カモメは飛んだ!なんて歌のように~~~~~。気持良い海と空と風の昼の緩やかな感性の高い時間でした。鳥たちも素晴らしい島のワールドランドなんでしょう~~~~~~~~~~

Img_4940

Img_4922

Img_4936

Img_4937

Img_4904

Img_4920

Img_4928

2010年2月16日 (火)

今日の海

P1040787曇空の小雨交じりの変な天気でしたが、海の広大さに圧倒されることを再認識させられる島の景色でた。潮騒のなかに初春の匂いと香りが感じられます。光の輝きに春の予感が一杯満ちています。潮の刺激的な繊細で包容で大胆な躍動が体に直接的に伝わってきます。海は広いな大きいなと大声を出したい午後の海でした~~~~~~~~~~

P1040830

P1040792

P1040796

P1040801

2010年2月15日 (月)

荒天

P1040657島の海の荒れた日は寂しい。閉塞感が支配して自然の脅威を体感してしまう。どうしようもない無力感が波の音を聞きながら潮風を身体にぶつけられて支配してしまう。じーとして次の光り輝く晴れた日が来るのを待つしかない。我慢の世界です~~~~~~~~~~~~

P1040832

P1040829

P1040665

P1040668

P1040656

2010年2月14日 (日)

朝の渚

P1040416海岸の目線の高さでの日の出は珍しいです。と言うのも、島は南北に細長くて平地が少ない山の地形で高いところから海を見おろす眺めが素晴らしい島です。海岸線が砂浜がなくてゴロゴロ石海岸から急に海になっていて海岸線に降りての写真は潮の干潮時しかないようです。波の音を聞きながらの”朝の渚”の時間でした~~~~~~~~~~

P1040435

P1040417

P1040434

P1040437

2010年2月13日 (土)

島の朝空

Img_4284島の朝空は、風の中で戯れるカラスやトビや渡り鳥や在来鶴達が観察できて賑やかになります。昇る朝日に対して活動的になっていきます。朝日に向って木々のトッペンで祈るようにして直立不動状態の鳥たちを見かけます。当然ですが、太陽の輝きの中で命あるものは生きていることを知らされるというか再認識する時間かもしれないようです~~~~~~~~~~~

Img_4301

Img_4280

Img_4288

Img_4272

2010年2月12日 (金)

春の兆し

Img_4850冬から春の移りの季節の 香りが島の風景に感じる日々です。過疎地の島から人々が旅立っていく季節でもあります。大地の木々や花が芽を出して生命のエネルギーを花咲かせる時期です。海の世界も小さな生命が息吹を発散していきます。そんな予感が体感できる島の“春の兆し”でした~~~~~~~~~~

Img_4857

Img_4842

Img_4858

Img_4869

2010年2月11日 (木)

春一番

P1040655”無呼吸発作症候群かも” が始まって1000回の記念日です。ブログは毎日切れることなく生月島にきて継続してきました。”過換気症候群かも”の故郷の”酔いどれハート”から人間的にも仕事的にも成長していると自負しています。そろそろ、ブログのタイトルも変革*チェンジの時期かもしれません。如何なって行くことでしょうと思う建国記念日の春一番の一日でした~~~~~~~~~~

P1040671

P1040660

P1040667

P1040669

2010年2月10日 (水)

濃霧の日

P1040612異常気象の冬の天気です。視界50メートルの 濃霧の冬の海が見えない景色でした。今日のブログは休館休日の様相でした。光のない日は何もできない無力を感じることに驚きを感じる1日でした~~~~~~~~~~~

P1040610

P1040614

P1040611

P1040613_2

2010年2月 9日 (火)

三寒四温

P1040583

P1040592

P1040595

P1040601 旧暦上は立春も過ぎ旧正月(2月14日)も間もなくですが、外気温20度のポカポカ天気で暖かい一日でした。本当に、”三寒四温”で体調壊さないように気をつけたい時期になってきました。梅の木の芽が咲き開いて白い花が綺麗でした。そして、小鳥たちが賑やかに飛んで周りはしゃんでいる風景は絵になり明るい心持ちになっていいですね~~~~~~~~~

Img_4836

2010年2月 8日 (月)

初春

Img_4822島の周りは、初春の風が吹いて空や海や大地の花や木々が萌えるエネルギーで春の雰囲気が一杯です。季節の変化を感じて生活できる自然感の豊かな国土に有難いと思う時間でした。島の初春は、清々しい雰囲気が感じられる特別な感性が十分にあるように思われます。スローライフの風景でした~~~~~~~~~~~~

P1040536_3

Img_4819

Img_4813

Img_4824

2010年2月 7日 (日)

冬の木々と朝日

Img_4710 きれいな朝の風景でした。冬の木々が朝日の中で活き活きして輝いていました。空気の透明度が高い空間だからこその景色で最高の気持ちになっていきました。自然の瞬間の演出に心が洗われるようで新鮮な感覚になります~~~~~~~~~~

P1040459

Img_4729

Img_4762

P1040476

2010年2月 6日 (土)

門出

Img_4682土曜日の朝の自由な時間のなかで”日本一の夕日で有名な大バエ灯台”へ朝日を拝んできました。少し靄がかかっていました。それでも、遠く玄界灘の対馬や壱岐島が見えて感動的でした。知人の結婚式の日に最高の壮大な地球の風景で楽しくなってきました。太陽の光は大切な生命の源を感じさせられ感謝です。ある写真家が”夕日は色々な複雑な思いを感じて被写体として難しいが,朝日は純粋な気持ちでエネルギーを感じるから朝日だけを撮影します”とコメントしていました。たとえが良くないのか知れませんが、出産と死亡のような対比かもしれないようです。今日は門出に素晴らしい朝日でした~~~~~~~~~~

Img_4656

Img_4681

Img_4698

Img_4703

2010年2月 5日 (金)

好きな言葉

Img_4614

Img_4572

Img_4580

Img_4594

ブリヂストン美術館とブリヂストンの創業者の石橋安二郎の好きな言葉が”強いものが生き残るものでない、賢いものが生き延びるものでない、唯一、生き延びることができるのは変化できる者である”と西日本新聞社コラム”春秋”の中で書いてありました。オバマ大統領はチェンジを訴えて変革を目指していますが、現実は現状維持で精一杯のようです。政界や相撲界や大変な変化が到来しています。マスコミに振り回されることなく、個人個人の自立した変化が求められることが大切なように思う最近です~~~~~~~~~~~

P1040437

Img_4634

2010年2月 4日 (木)

朝の島西海岸

P1040397外気温二度の寒い朝の風景です 。朝日が見えなかった薄暗い時間でした。今日は旧暦上は立春の日です。確かに、足元をよく見ると春の兆しが見られます。春の野の花の蕾が開いています。小さい春見つけた。島にも春の兆しを感じる1日でした~~~~~~~~~~~

P1040401

Img_4548

P1040394

P1040409

2010年2月 3日 (水)

安満岳

Img_4462平戸島で一番高い霊峰*安満岳の静かな神々しい日の出でした。ゆっくりした時間の中で、山頂付近の 光の微妙な色彩の変化が有難い気持ちになって”花鳥風月宿”の世界で感謝する時間でした。風流に満ちた空と海と風と山の自然に季節ごとの美しさを思う一日でした~~~~~~~~~~~~P1040374

Img_4397

Img_4419

Img_4403

Img_4469

Img_4413

2010年2月 2日 (火)

今日の海

Img_4340今日の海は朝から夕方まで変化に富んでいました。つまり、短時間で仕事以上にエネルギッシュに体を動かしてエクササイスして島の自然界を駆け巡り我慢の瞬間をキャッチしてきました。確かに、心技体と言うことなんでしょうか 、自然の中に同調した体感の心地よさを思った壱日でした~~~~~~~~~~

Img_4346

Img_4325

Img_4353

Img_4376

2010年2月 1日 (月)

島風景

P1040267カモメが雨と風を避けて壱部港の波止場に羽を休めて一方向を直視して集団で休んでいました。 生月大橋が南の方向に雨に霞んでみえます。まばらに魚船や小舟が停泊して寂れた港の雰囲気が充満していました。昔の華やかさは過去のものとなってしまったP1040276現実が感じられる島風景でした。カモメも同じ気持ちで佇んでいるんでしょうか~~~~~~~~~~

P1040275

P1040278

P1040288

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046