« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日

Img_3030 Img_3014 Img_2993 Img_3031雪の日の寒い一日でした。今年の大晦日は日当直で仕事しております。テレビを観ていたら”赤ひげよ!さらば”というドキュメントがありました。切実に身が引き締まる思いになるような番組でした。医療崩壊や地域医療や在宅医療や予防医学や病診連携や地域行政住民連携支援理解や医師燃え尽き現象など短時間に集約した良い番組でした。そして、医療の質と量の継続を 思う姿勢に感動でした~~~~~~~~~~P1020828

2009年12月30日 (水)

晦日の月

P1020797 新聞のコラムから、”晦日に月が出る”は、その昔はあり得ないことの例えだったそうです。太陰暦(月の満ち欠けの一周期をひと月とする)では、月末の晦日(みそか)には月がない。晦は暗い意味があるそうです。”晦日の月”や四角の卵”は”ないもの”を表現する洒落言葉だったようです。太陰暦では新月の毎月一日を”朔日”と呼び、毎月の十五日夜の満月は”望月”と呼ぶようです。明治五年に太陰暦から太陽暦に変わったそうです。明日が正月ですが昼の空には満月が見られます。ちなみに、太陰暦の正月は来年の二月十四日です。そして、元日は”晦日の満月”とともに朝三時ころ未明に西の空に月食が見られるそうです。太陰暦では理論上ありえない出来事が起こっていきそうで胸ワクワクの2010年になりそうです~~~~~~~~~~Img_2983_3 Img_2981

2009年12月29日 (火)

和菓子

P1020786 P1020788 P1020789Img_2971和文化の御茶菓子の飾りは日本の文化と美芸術 の縮図のようです。日本の四季の風情を詩的にお届けさせて頂いて納得です。新年の喜びと飛躍と新鮮さを表現の匠の世界です。亀屋さん有難う~~~~~~~~~Img_2967 P1020785

2009年12月28日 (月)

御用納め

Img_2932Img_2958 Img_2935 月日の過ぎて行くのが早いですね。同じ一年の時間なんですが、Img_2950今年は政権交代があり変革と新生の期待のなか不況や就職難や自殺者増加や解雇や高齢化少子化や惨殺な出来事や所得低下などさまざまの意味でうごめいていた年だったようです。また、温暖化による環境変化や異常気象や自然界の動植物の変化がありました。そして、 島の四季の変化もあったように思います。島の名物のアゴ漁が不漁でしたが、需要と供給の関係で高価に取引されたそうです~~~~~~~~~~P1020720

2009年12月27日 (日)

寒い朝

P1020671 P1020685 P1020694P1020711雲ひとつない寒い朝の日の出に釘付けでした。恒常的に自然に繰り返して地球に大いなるエネルギーを恵んでくれている太陽の偉大さを感じてしまいます。人類が始まってから、ほんの一瞬の極一瞬の、そのまた一瞬の時間に 、頭の中枢に激しいパルスをに感じて立ちすくむ寒い朝でした~~~~~~~~~~Img_2892 Img_2921 Img_2916

2009年12月26日 (土)

冬の夕日

Img_2840 Img_2843 Img_2865 Img_2861神々しい冬の夕景でした。冬至から日々過ぎているのでしょう、日没時間が早くなってることを痛感した時間でした。きっと!天気が悪い日が多いし寒い時間で仕事中などの事で、冬の夕日は目にすることが少ないと思います。 今日の夕日は神々しい世界でした~~~~~~~~~~Img_2867

2009年12月25日 (金)

冬の港

P1020597P1020610_3 冬の港は静かな佇まいです。海は荒れて北風が吹きまくって、船は出漁は出来ず港に係留されています。海上保安庁の白い船も壱部港に接岸しています。カモメも北風を避けて岸壁に集まって休憩しています。島の冬の港は 、一見みると暗い寂しい雰囲気がありますが、安らぎと落ち着いた気持ちを感じる不思議がありました~~~~~~~~~~~P1020609 P1020607 P1020613

2009年12月24日 (木)

水仙

Img_2823 Img_2818 Img_2821 Img_2831 島の西海岸線に寒風に吹かれて逞しく清楚に凛として水仙が咲いていました。晴天の空の中で海の青色の世界の中で白と黄と緑の色彩のバランスが気持ちを癒してくれました。海では漁師船が寒ブリやサワラのホロ引き漁で走っていました。師走の生活感が感じられる動と静の午後の時間でした~~~~~~~~~~P1020586

2009年12月23日 (水)

冬の輝き

P1020511 P1020522 P1020567_4 P1020549

昨夜の忘年会の二日酔いで体調不良の一日でした。早朝に雨が降ったようで大気が澄みきっていました。ところが、霞のせいで太陽が霞んでいたせいでしょうか?海面や溜め池水面に”冬の光の輝き”を瞬間キャッチしてきました。仕事上、祭休日じゃないと撮れない島風景でした~~~~~~~~~~P1020540 P1020554

2009年12月22日 (火)

冬空

P1020470 P1020477_2 P1020480 P1020491冬の空を堪能して快適な心持になった一日でした。太陽と大気に心地良い環境で生活している幸福を 感じてやまない自然界です。海や空や大地や風を感じる冬の風景でした~~~~~~~~~~~P1020497

2009年12月21日 (月)

今日の夕暮れ

P1020455 P1020450 P1020453 P1020452_2

2009年12月20日 (日)

泥水不渡水(でいすいみずをわたらず)

P1020417 P1020414 P1020432 P1020405モノに頼らない裸のあなたに価値があれば何も恐れず怯えず自信を持っていけます。”裸のあなたに価値があるんです”と言う意味だそうです。自分自身を磨くことの大切さを説いています。今年も12月の後半で、月日の過ぎ去りの早さに驚く最近です。 師走にはジャンボ宝くじを買って大金持ちになろうと思う誘惑がありますが、確率的に望みが全くなく不透明な番号設定を思うと投資と言うより寄付みたいなシステムに走る自分に”泥水不渡水”は好い言葉です~~~~~~~~~~P1020394

2009年12月19日 (土)

Img_2758 Img_2767 Img_2762_2 Img_2754雪が降る、大地は凍えて人は寒さに振るえて、犬は喜び猫は炬燵で丸くなっていただろうの1日でした。コスモスが精一杯に雪を冠り未だ経験しなかった驚きで凛としている姿に感動です。きっと、寒かばい!と言っているようでした ~~~~~~~~~~~~Img_2765

2009年12月18日 (金)

他不是吾(たはこれわれにあらず)

Img_2725Img_2734Img_2739 Img_2737   人は親切でおせっかいでいろんな事を言ってくれます、邪魔しないで!自分が思った時に思ったことをとりかかった時が大切であり、今やるべきことは自分自身が知っています。しかし、ちょっとしたことで見過ごして人生の転機に大きな変化に直面することも人間でしょうか~~~~~~~~~~Img_2729

2009年12月17日 (木)

雪が降る

P1020341 P1020342P1020345_3今年の冬の初雪がチラチラと舞い散る寒い朝でした。西高東低の冬型の気圧配置が日本全土を覆っています。全国的な寒波で積雪してる地域があります。12月として気象観測以来の最高の積雪地域が見られるようです。今夜は鍋料理で酒を飲んで寒さ対策でしょう。そんな中でツツジが可憐に凛々しく咲いていました~~~~~~~~~~~P1020346   

2009年12月16日 (水)

無常迅速

Img_2685 Img_2690 Img_2704 Img_2692人生はあっという間という意味だそうです 。あっという間ですよ。本当にわかっていますか?なんて言われてもノホホンの時が多いようです。今日は平戸”エビス亭”で箱ふぐ(俗に角ろっぽみそ又はかとおっぽみそ)の珍味*高級料理を頂いて美味い”無常迅速”の世界でした。ラリルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!でした。正直な自分でいられることが大切かもしれません~~~~~~~~~Img_2693 Ebisuteitop_photo01 20091216_1300863 20091216_1300862

2009年12月15日 (火)

生月大橋の損傷****本日第2版

Img_2653 Img_2642 Img_2672_2 Img_2655島のライフラインの生月大橋が橋桁にヒビが入って片側通行で大変です。綺麗でスマートなカッコいいトラスト法の橋ですが 、構造上は弱さがあるんでしょうか、今までのトラスト法の橋の崩壊の既往がアメリカであったようです。今後の精密な解析で支障がないようにしてほしいし適切で情報公開で対応してほしいです。来年度から生月大橋と平戸大橋は通行料が廃止のようです。早期の通常運行になってほしいと思う一日です~~~~~~~~~~~~~~~P1020117 P1020124

レビン*トレノとナナ

P1020109 P1020110 P1020107 P1020113_2何んと!あの80年代のバリバリの”レビン*トレノ”の輝かしい車体が蘇っていて衝撃的に大脳辺縁系が賦活されました。そして、トヨタと富士重工の二者会社による”明日のレビン*トレノ”のFT86が何んと素晴らしかった。来年は路上を走っているようで楽しみです。スポーツカーでありカジュアル車であり注目の的はFT86でした。また、インドの画期的600CCのナナは”あっと!驚く為五郎”でした。39万円ですよ!フロントかばーを開けると何もないスーパーシンプルカーでした。フロントミラーが右側しかないしタイヤのボルトが三か所しかない低コストカーでた~~~~~~~~~~~P1020111 P1020105

2009年12月14日 (月)

今日の光模様

P1020224 P1020252_2 P1020261 P1020311_2 朝から夕の視覚がとらえた光の瞬間です。雲ひとつない青い澄みきった大空と太陽が素晴らしい。冬の島風景に心癒される一日でした~~~~~~~~~~P1020245 P1020315 P1020284

2009年12月13日 (日)

静寂なる朝風景

P1020168 P1020179_2 P1020205 P1020201日曜日の島の朝風景です。港には船が仕事を終えて嬉しそうに港内へ入って来ていました。カラスたち鳥たちは自由そうに空を飛夕遊しています。そして、水仙が冬の季節の到来を誇らしげに質素に白と黄色の 世界を見せてくれていました。”静寂の朝風景”の島の朝でした~~~~~~~~~~P1020138 P1020208

2009年12月12日 (土)

日々是好日(にちにちこれこうじつ)

P1020051 P1020061 P1020079 P1020086今日も禅語(ほっとする禅語70より)の心から”日々是好日”の今朝の気持ちでした。その時の感情や状態を大いに味わって過ごせば、かけがえのない日になります、どんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日です。大変に困難な心情です。少しでも、そんな気持ちでと思いたくなる今日の朝の天気でした~~~~~~~~~~P1020098 

2009年12月11日 (金)

今日の海

Img_2583 Img_2582 Img_2566 Img_2570 雨のち晴れの一日でした。生月島西海岸のサンセットウエイからの壮大な気持ちいい景色です。微かに対馬の島影が見えます。空気が透き通って潮風オゾンを体全体に感じて爽快な気持ちになりました。冬の海も荒々しい中に透明感があり風情が感じられます。昼休みの短時間で身近に風景が見られる便利さに感謝する一日でした~~~~~~~~~~~~~~Img_2574 Img_2584 Img_2587 Img_2589

2009年12月10日 (木)

低迷

P1010768 P1010769 P1010766 P1010770”雨雨降れもっと降れ” なんて演歌もいいかなーって思う気持ちです。年末に入り年の過ぎ去りに驚きを感じる最近です~~~~~~~~~~P1010725

2009年12月 9日 (水)

夕方から雨です!

Img_2549 Img_2551 Img_2557 P1010774 夕方から雨模様です。昼の島の天気は雲と霧の小雨状態で、今にも大雨が襲ってくるような雰囲気でした。本来は、寒くてミゾレや雪が降っているような12月の時期なんでしょうが温暖化現象なんでしょう。忘年会の時期ですが、暖かい天気で気合が入らないのではないでしょうか、いや、平戸島の地産地消の旨い地酒と美味い海と山の幸を肴で今夜は盛りあがりそうです~~~~~~~~~~Img_2553 Img_2562

2009年12月 8日 (火)

P1010729_3 P1010744_2 P1010751P1010758”黙、雷の如し”そして、”一円相”それから”沈黙”をもって真実を伝えられことがあります。伝えたい時に黙して伝えたいことがありますか、黙した人の声を聞いていますか~~~~~~~~~~~~Img_2545

2009年12月 7日 (月)

廓燃無聖(かくねんむしょう)

Img_2420 Img_2389 Img_2433 Img_2411カラッと晴れた雲ひとつない空のことを”廓燃”と言ううそうです、何もないことを強調して、聖 (神の声を聞くことのできる人を聖人と言うそうです)も無いことを“無聖”と言うようです。雲一つない空を頭に浮かべてください、物欲から、何も持たないことから気持が軽くなっていくようです~~~~~~~~~~~P1010724_5

2009年12月 6日 (日)

行雲流水

P1010713 P1010691P1010699 禅語の”行雲流水”は、大空に浮かぶ雲、留まることのなく流れていく水、どこまでも自由に束縛されないP1010698 生き方の様を言っているようです~~~~~~~~~P1010675

2009年12月 5日 (土)

惺々着(せいせいじゃく)

Img_2152Img_2181Img_2184Img_2192  ”目をさませ”という禅の言葉だそうです。はっきり目を覚ましていろ、自分を見しなうな、と言うことです。なんと簡単で難しい所作ですね~~~~~~~~~~Img_2294

2009年12月 4日 (金)

12月の島風景

P1010627_3 P1010631 P1010625P1010622  夏の風景とは異なって太陽が地上から遠くなっている様が見えてきます。地球は自転しているんですね~~~~~~~~~~~

2009年12月 3日 (木)

白月(しらつき)

Img_2223東シナ海でサバ漁操業して巻き網船団が 島の港へ帰ってきましたImg_2224 。満月の時期に寄港するので”白月”と地元で此の時期を言います。島に活気が見られる時期です。東シナ海から対馬海峡の海域でサバが大漁で景気がいい話を聞きます。サバの刺身やサバばってらは美味い地域です。たまには、サバにアニサキスという虫がいて”胃アニサキス症”で腹部激痛で時間外に医療機関受診する人が多くみられます。でも、本当に生月のサバは口の中が解けるように美味いです~~~~~~~~~~~Img_2232 Img_2226Img_2218

Img_2219

2009年12月 2日 (水)

就職氷河期

Img_2159_2 Img_2156 Img_2186_2 Img_2190_2  15年前の流行語大賞は”就職氷河期”だったそうです。今年は”政権交代”です。来年度の大学生就職内定率は60%少しで”就職氷河期”の再来だそうです。バブル崩壊の時期でした。今年は、昨年のリーマンショックの世界的不景気からドバイショックから円高デフレ不景気低賃金のなか日本は元気がなく病気状態です。今日の朝日のように輝いて世界を明るくするような経済対策を”政権交代”と”友愛”に切に期待する此の頃です~~~~~~~~~~Img_2208

2009年12月 1日 (火)

紅葉南下

Img_2110_5 Img_2134_3 Img_2146_2 Img_2114寒がみられ島の紅葉が北から南下してきました。島での紅色の世界はハゼが主体です。カエデの紅色の世界でなく、ハゼの木が目立ってきました。人によってはカブレの原因となることが多い嫌われですが、ハゼの木の紅色は綺麗で映えています。一枚の写真の容量が多くなってブログには容量制限(1MB以下)があり画像として載せられなくて残念です。空と海が青く透き通って紅色との調和がみられて得したような気持にさせられました~~~~~~~~~~Img_2130 Img_2104

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464