« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

Img_1619 Img_1609 Img_1590 Img_1583 早朝の海の活気と生活の場を視覚的に感じさせられる風景を撮れたようです。太陽の活動とともに宇宙船地球号の総ての生命が静から動への風景が感じられる時空でした~~~~~~~~~~Img_1600

2009年4月29日 (水)

昭和の日

Img_1446 Img_1486 Img_1497 Img_1530 昔の祝日には、日の丸国旗が家々に軒下に斜め前方に飾っていました。今では、めっきり減っていて数箇所ぐらいですね、逆に真直ぐ高い棒で掲げている家がありました。時代の流れを感じさせられます。”昭和天皇誕生の日”から”みどりの日”から”昭和の日”の変化が見られる4月29日です。昭和を振り返ってみる一日です。巷では、豚インフルエンザ世界的流行で危険度フェーズ5でパンデミック体制で異常事態です。公園では”メーデー”集会で不景気で異常事態です。全国では、春の連休イベントで運動会でETC効果で異常事態?です。島では、”第11大栄丸転覆事故”の不明者捜索や沈没船引き上げ問題などで異常事態の日々が続いています。昭和の時代の活気さが意気込みさが人間臭さが無鉄砲さが泥臭さが懐かしい一日でした~~~~~~~~~~Img_1490 Img_1440

2009年4月28日 (火)

島の夕日

Img_1326 Img_1351 Img_1363 Img_1366 雲ひつなく春霞がかかった優しい温かい静かな島夕景でした。落日の真赤な太陽が大きく大きく見えました~~~~~~~~~~Img_1377 Img_1391

2009年4月27日 (月)

変な天気の一日

Img_1260 Img_1272_2 Img_1280 Img_1304 今日の天気予報は曇りのち晴れでした。ところが、朝から急に黒い大きな黒い雨雲が広がってきて雨が降りました。昼からは小雨交じりの雲に覆われた寒い時間でした。夕方は急に太陽が出てきて周りが爽やかな見通しが最高の明るい気持ちが良い時空でした。変な天気の一日でした。Img_1303 Imgp0355

2009年4月26日 (日)

Img_1182_6 Img_1184 Img_1195_2 Img_1205

2009年4月25日 (土)

低気圧前線通過

Img_1093 Img_1063 Img_1064 Img_1083 昨夜から低気圧通過にて暴風雨で寒い天気でした。朝は雨上がりで風も止み静かな海で不思議な雲が漂っていました。二日酔いの頭がガンガンするなか、土曜日の朝の不思議な静けさの天気に透明感を感じる時間でした~~~~~~~~~~Img_1094

2009年4月24日 (金)

空手形

Img_1028 Img_1042 Img_1047 Img_1051 世の中って!適当で目先だけで蠢きすぎですと思う最近です。空手形の断言発言の某農林副大臣にはあきれて阿呆の一言につきます。島では沈没第11大栄丸の引き上げ操作を早くしてほしい願いがあります。無責任で自己中の政治家の言葉の軽さに憤りをおもう一日でした。人間をなめんなよ!手めー~~~~~~~~~~~~~Img_0302_2

2009年4月23日 (木)

落陽

Img_0975 Img_0995 Img_0951 Img_1001 素晴らしい晴天の一日でした。しかし、北風のせいか寒い風の強い日中でした。島の夕焼けは美しく光の透明感豊かな風景で心癒される時空でした。そのなかで、第11大栄丸沈没で行方不明者の海岸線捜索されてる人達に心から頭の下がる思いになる気持ちで一杯になりました。祈りの海の時間でした。Img_0859

2009年4月22日 (水)

水田

Img_0874 Img_0892 Img_0890 島の畑は、一気にオセロゲームが一手で色が変わるみたいに水田の風景になりました。水を大切にしている島の歴史が偲ばれるようです。元来、山が多く平地がなく川がない水に恵まれない土地であるがうえに至る所に貯水池が多くみられます。水とか米とかは大切なものとして扱われていたんでしょう。以前、今みたいに交通機関が良くない離島過疎地では”医療より水が大切なもの”として生活のなかで考えられていたようです。水なくして文化は存在しなかったようです~~~~~~~~~~~Img_0891Img_0868

2009年4月21日 (火)

夕焼け

Img_0774 Img_0775 Img_0773 Img_0777

2009年4月20日 (月)

春の活気

Img_0663 Img_0670 Img_0674_2 Img_0669 田植えを終え光輝く水面に春の活気を感じます。そして、今日も海に祈りにいき静かな気持ちで見ていると、木々の中から逞しく上へ上へ伸びて咲き誇っている”藤の花”を見て春の活気を感じ、花先がしなやかに優しく紫色を誇っている姿が良いですね。元来、”藤の花”は藤棚に咲いて垂れ下がってると思っていましが、本当は逞しく木々の中からパラサイト状態で自分を表現する野生の花のように思う一日でした~~~~~~~~~~~Img_0662

2009年4月19日 (日)

真夏みたいな日

Img_0614 Img_0632 Img_0634 Img_0635_2 日中最高温度が30度の真夏並みの天気でした。以外に空気が乾燥しているせいか体感温度は爽やかだった様です。奥耶馬渓の風景です。モミジが有名で絶景ですが、ブログの制限画素数が1MB以下のために登録出来ないの残念でした。紅葉の時期は素晴らしい世界が広がって美しいんでしょうね~~~~~~~~~~~Img_0610 Img_0603 Img_0626_2

2009年4月18日 (土)

通行料なし(鷹島*肥前大橋開通)

Img_0513 Img_0580 Img_0522 Img_0585 トラフグ養殖生産量が日本一の長崎県松浦市鷹島と佐賀県肥前町をつなぐ”鷹島*肥前大橋”が開通しました。斜張橋型大橋で九州で二番目?に長いそうです。シンプルスタイルで威風堂々とした男らしい雰囲気の地域に溶け込んだ風貌をしています。そして、なんと!TVの大量販売店の格安以上に”通行料が行き帰り何回利用してもタダ!タダ!タダ!”でした。みなさん!鷹島のフグは美味しかけんね!海と空と風と歴史と石文化が豊かな島でした~~~~~~~~~~~Img_0534

2009年4月17日 (金)

光と青

Img_0426_2 Img_0430 Img_0440 Img_0428_2

2009年4月16日 (木)

濃霧

Imgp0040 Imgp0035 Imgp0042 Imgp0029 朝から、低気圧前線の通過と気温上昇で小雨交じりのなかで濃霧が覆って視界がない島の風景です。海がまったく見えませんが草木の新鮮さが感じられます。丁度、田んぼに水が貯えられて田植えの時期で活気が伝わってきます。毎年毎年の当たり前の光景です。その中で、精一杯に泣いている蛙の声が生を得たように響き渡ってるのを聞いていると”諸行無常の響き”を想います~~~~~~~~~~~~ Img_0299 Img_0280

2009年4月15日 (水)

自然

Img_0289_2 Img_0275 Img_0295_2 Img_0291 好きな風と空と海が、そして好きな島の風景から逃避したい一日でした。いつも夕方は眺めていた所の第11大栄丸転覆惨事を思うと頭を下げて無事を願う気持ちです。自然の力を強く思わされる時空でした。いろんな人達の思いが複雑に蠢(うごめ)いているなか仕事で身近にいて心から逃避行したい弱い気持ちになる海と空と風の風景でした~~~~~~~~~~~Img_0305

2009年4月14日 (火)

自然は人に酷過ぎる

Imgp9944 今朝、平戸島西方の志々伎灘で転覆した生月舘浦港の”第11大栄丸”の人達の全員救助を心よりお祈りします。

2009年4月13日 (月)

春の訪れ

Img_0258 Img_0264 Img_0261_3 Imgp9936 野に山に海に春の訪れを感じる最近です。田植えが始まり、牛が野原の新芽を食べて、海では潮干狩りして活動的な風景となりました。また、野山にはツツジや藤の花が咲いていてきれいでした。島の雰囲気が急に180度変化して舞台が変わって”春の訪れ”の章が始まり始まりですよ~~~~~~~~~~Imgp9925

2009年4月12日 (日)

朝もや夕もや

Img_0176 Img_0218 Img_0199 Img_0191 長崎県諫早市の言い伝えの言葉に”朝もやは晴れ、夕もやは雨”と言われています。朧月が 眺められる朝もやの太陽を拝むことができました。夕方は海に輝く太陽が雲に落日していく綺麗な時空を一人で眺めていました。明日は雨の天気なんでしょうか?水平線より上で雲に隠れていく夕日を独占してサンセットロード上の畑から見ていました~~~~~~~~~Img_0224 Img_0251 Img_0250

2009年4月11日 (土)

ETC1000円

Img_0167 Img_0146_2 Img_0160 Img_0158_3 不況経済の活性化策の高速道路ETC購入補助金と週末土日の高速道路使い放題でも1000円の政策に乗っかってきました。車好きの飛ばしたがりの旅好きであれば、何の仕掛けがあっても意図があっても1000円政策は即導入試行です。最近は休日や週末の仕事の関係で3月28日から試行出来ずにウズウズしていました。ようやく、休日が本日のみでしたが”スティーブ*マックウィンばりにサングラスし映画ターミナルポイントばり”に走破しました。本当に、高速大分道の臼杵まで間違いなく1000円高速料金でした。なんか、儲かったような感じがしている自分のいい加減さに驚いてETCゲートを早々に逃げて行きました。本当は、ブログに綺麗で豪華な由布岳の桜や別府湾や臼杵の海を見せたかったのですが、画素数が1MG以上あり拒否されて残念です~~~~~~~~~~~

2009年4月10日 (金)

春の野山と海

Img_9997_3 Img_9989 Img_9992_2 Img_9990 野山の草木や花が緑色鮮やかに生き生きとして元気をもらう風景になりました。海は温暖化で海藻が少なくなっていますが、海藻が生えて磯の香りが充満しています。島全体が活気を帯びてきています。そして、野鳥が得意の鳴き声で賑やかです。”ホーホッケキョ!ホーホッケキョ!ホーホッケッキョ!”と断崖の谷に響いて楽しい音楽会が始まっています。人間は花見して”ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!ラりルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!”で大宴会でしょうか~~~~~~~~~~Img_0025_2

2009年4月 9日 (木)

遊遊

Img_9960 Img_9961 Img_9962 Img_9963 Img_9964 Img_9965 落日の太陽の視界に突然の鳶の舞いが見られ感動でした!波状の微作動のポジティブ飛行でした。多分、海面からの急峻な断崖絶壁を駆け上がる上昇気流に乗ってユラユラと気持ちよく上空に上がったところが太陽と重なったんでしょう。素晴らしいドキドキの瞬間の時空でした。悠々自適と言うのか?遊遊のゆとりの穏やかな瞬間のひと時でした~~~~~~~~~~~~~Img_9943 Img_9933 Img_9919

2009年4月 8日 (水)

靄(もや)?

Img_9813 Img_9832 Img_9894 Img_9900

2009年4月 7日 (火)

満月の大潮

Img_9685 Img_9699 Img_9755 Img_9760 満月の大潮の時期になりました。島では”白月(しらつき)”で港に東シナ海で操業の船が帰ってきます。海は干満のさが一番大きくなり潮の流れも速くなりエネルギーを感じるようになります。特に、春の大潮は躍動感を視覚的に聴覚的に感じられます。今日の朝方と夕方の海の風景ですが、日本人の感性でしょう”人間と自然が同一性”の心境になる時空でした~~~~~~~~~~~Img_9772_2 Img_9765

2009年4月 6日 (月)

春霞

Img_0665_2 Img_0673 Img_0686_3 Img_0692春霞たなびく山の桜花うつろはむとや色かわりゆく”古今和歌集*読人不明、”春霞たなびきにけり久方の月の柱も花や咲くらむ”後撰集*紀貫之、春霞の趣を漂わす和歌の良さが感じられます。今日は春の季節を満喫して(菜の花や山桜の葉が舞い散るなかで)海に面した高台で弁当を持って食してきました~~~~~~~~~~~~Img_0705_2 Imgp9654

2009年4月 5日 (日)

烏帽子岳

Img_0594 Img_0590 Img_0584 Img_0576_4

2009年4月 4日 (土)

春雨

Img_0535 Img_0530 Img_0534 Img_0539 さほど強くなく静かにしとしとと降る”春雨”の一日でした。昨夜の宴会で旨い酒を飲みすぎて(八女の箱入り娘や東北の?銘酒を飲みすぎて)二日酔いの朝でした。久しぶりにマスクをして休日の日当直の仕事でした。ボーっとしていたら、北朝鮮のミサイル発射の誤報で日本中が大騒動して日本の危機管理体制の貧弱さに目がテンになりました。やはり、”春雨”と言えば村下孝蔵さんの名曲が浮かんできますね、悲しい失恋の歌ですが~~~~~~~~~~~~Imgp9609

2009年4月 3日 (金)

朝のひととき

Img_0498 Img_0502 Img_0507_4 Img_0516 穏やかな海は心が和んで安らかになります。母のなかに抱かれているような気持で良いですね。胎盤の中で守られているような世界に思えます。あはは!マザーこんかもしれませんね?男はつらいよ!あはは!今日も静かに一日が過ぎていくのですね~~~~~~~~~~Img_0518_3 Img_0519

2009年4月 2日 (木)

全国制覇!

Img_0337_2 Img_0356 Img_0372 Img_0377 郷土の北松*平戸の清峰高校が春選抜高校野球の頂点に立ちました。素晴らしい野球を全試合において見せてくれました。感動をPBC以来に頂いて心より感謝でした。WBC世界制覇の日の夕日は最高でしたが、今日の夕日はモットモット!ホットモット?の綺麗で新鮮な感動の美しさが溢れていました~~~~~~~~~~~~Img_0450 Img_0398

2009年4月 1日 (水)

四月一日

Img_0296_3 Img_0302_5 Img_0306 Img_0299_5 年度初めの時期になり時間の移りの早さに驚く気持にさせられます。”散る桜 残る桜も 散る桜”と言われるように生命の繰り返しというのか永遠的な自然と人の関係を感じますね!最近は脚力の低下を痛感してか?島の写真を撮るためか?昼休みに島の山登りをしています。海も山も空も春一色でエネルギーに満ち溢れています。体も心も春一色で活動的でフワフワして今日の空の雲のような気分になっているようです~~~~~~~~~~~~Imgp9512

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近の写真

  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464