« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

強風波浪

Img_8719 Img_8729_2 Img_8737 Img_8761

2009年1月30日 (金)

荒天

Img_8696 Img_8693 Img_8698 Img_8694

2009年1月29日 (木)

冬の花 

Img_8791 Img_8786 Img_8790 Img_8788 平戸藩の御殿様の梅庭園”偕楽園李”からの風景です。時期が早いですが、平戸の南海岸線の日当たり良い丘陵に位置して梅が早く咲いています。白梅や紅梅が一面に蕾を咲かせようとしています。人が誰もいない今の時期も風流があり初々しい趣があっていいですね。でも、今から咲き誇って美しさを見せる前の梅にとって、突然の訪問者に戸惑いを感じたのかもしれませんね~~~

2009年1月28日 (水)

冬の朝

Img_8615 Img_8652 Img_8680 Img_8688 感動の時間でした。自然の在りようの時空に瞬間の在りように目を疑うばかりのサプライズでした。朝の空気の透明感に自然の素晴らしさに圧倒されたようでした。”冬の朝”に感謝の一日でした。

2009年1月27日 (火)

夕暮れ

Imgp8257 Imgp8254 Imgp8255 Imgp8240

2009年1月26日 (月)

冬の山景色

Imgp8203 Imgp8204 Imgp8205 Imgp8207

2009年1月25日 (日)

冬空

Img_8581 Imgp8174 Img_8584 Img_8605

2009年1月24日 (土)

寒波到来

Img_8536 Img_8549 Img_8560 Img_8557 今朝は、マイナス3度の寒波到来の雪積もる寒い時間でした。さすがに、時空が透明感溢れて見晴らしの素晴らしい朝でした。オバマ大統領の”変化”に近いような新鮮な雰囲気が一杯の風景でした。本当に、自然との対話の中で生命力を感じていくように思う”寒波到来”でした。

2009年1月23日 (金)

荒海

Img_8529 Img_8524 Img_8518_2 Img_8517

2009年1月22日 (木)

舘浦漁港

Img_8492 Img_8495 Img_8496_2 Img_8490_2

2009年1月21日 (水)

祈り

Img_8459_3 Img_8460 Img_8465 Img_8468

2009年1月20日 (火)

潮騒

Img_8436_3 Img_8437 Img_8447_3 Img_8451

2009年1月19日 (月)

晴れた島の午後

Img_8414 Img_8416 Img_8424 Img_8428

2009年1月18日 (日)

冬の海岸から

Img_8393 Img_8395 Img_8400 Img_8392 玄界灘を望む松浦市白浜海岸からの”冬の海岸から”の風景です。夏の人が多い季節と違って、誰もいない静かな哀愁的な白い砂浜の綺麗なところです。海の透明度が高くて昔風の質素な防波堤がイイですねそして、潮騒と海風を身近に感じられるので好きな場所です。 ”ただみつめること”で自分が自然の中に漂っていけるような心境でした。好きな画家*高島野十郎の世界に爪の垢でも接近出来ればと思いつつ”みること”の意味の深さを感じています。

2009年1月17日 (土)

Imgp8085_2 Imgp8075 Imgp8084 Imgp8078 今日は、阪神大震災から14年目の忘れられない一日です。時の流れの速さを感じます。新聞には、復興住宅の高齢化率(65歳以上人口の割合)は48%で一般県営住宅の23%の倍で高くて独居者の”孤独死”が多いそうです。都会の中の過疎地の痛みが感じられます。島の高齢化率も同様に高い集落部落化の状態です。そんな中、静かな時空の朝の佇まいに心安らぐ一日でした~~~

2009年1月16日 (金)

光燦々

Img_8256 Img_8292 Img_8318 Img_8339 素晴らしいダイナミックな光の演出の自然からのプレゼントでしょうか?空と海と夕日と光の変化の動きが瞬間瞬間に輝いていました。小田和正さんの”今日も、いつかどこかで”の歌が響いてきました~~~

2009年1月15日 (木)

Img_8198 Img_8220 Img_8218 Img_8164

2009年1月14日 (水)

荒海

Img_8181 Img_8183 Img_8178 Img_8172 冬型の西高東低の前線が強く日本全体を覆う北西風の吹く島の荒海の風景です。遠く水平線の方で航海中の大型船が見えました。大きく揺られてゆっくりと進んでいる風景が印象的です。寒い中で、荒波の凄さに体の芯が揺さぶられるようなエネルギーを感じて島の厳しい環境を思った時間でした。Img_8190 Img_8173

2009年1月13日 (火)

和敬静寂

Img_8150_2 Img_8157 Imgp8002 Imgp8004 本日の新聞より、仕事*自分流*生活の欄より”和敬静寂”の心の話を目にして良いなーと思いました。お互いに相手を敬い合う心の意味だそうです。忙しさに追われ人との繋がりも希薄になっている現代において、お互いに相手を敬い合う気持ちの大切さを感じました。静かに自分を見直す時間や人を思いやる気持ちが忘れかけているようです。

2009年1月12日 (月)

共存と調和

Img_8135 Img_8141 Img_8138 Img_8131

2009年1月11日 (日)

長崎ランタンフェスタ

Imgp7908 Imgp7890 Imgp7894_2 Imgp7892 異国情緒豊かな長崎で中国の旧正月の春節祭(ランタンフェスティバル)が1月26日より二週間あります。駅では、前宣伝観光用の賑やかな中国ランタンオブジェや飛竜がみられ楽しくさせられました。何処の国でも、祭りはエネルギーや晴れやかさがあり良いですね。江戸時代の鎖国政策で唯一世界との経済*文化の窓口の長崎で生きてこられた華僑の子孫の人達が祝う中国正月です。不況で暗い世相や政治不信の最近ですが、爆竹がなり色彩豊かなランタンオブジェを見ながら過ごす長崎は寒さも忘れて楽しい時間が満喫出来そうですね。Imgp8067 Imgp8065 Imgp8034

2009年1月10日 (土)

雪の朝

Img_8038 Img_8071 Img_8077 Img_8084 今年最高の寒い雪が降る朝の島の風景です。そして、朝日がピンポイントに輝いて神々しくて素晴らしい朝でした。冬景色の自然環境の厳しさを感じつつ温かさを思う”雪の朝”でした。

2009年1月 9日 (金)

寒い朝

Img_8018 Img_8020 Img_8032 Img_8036

2009年1月 8日 (木)

KY

Img_7981_2 Img_8002 Img_7986 Img_7985 KYなんて流行っていますが、色々の意味に解釈されていいKYですね!”空気が読めない””漢字が読めない”なんてトンでもないイヤミたらしい風評の新語でね!今日の島の風景はKYですね!なんて意味がわかりますか?

2009年1月 7日 (水)

航路

Img_7963_2 Img_7978_3 Img_7976 Img_7972 光り輝やいて澄み渡る昼下がりの穏やかな冬の海は気持ちが晴れ晴れとしていいです。青と緑との空間の中で、白い船の航跡を眺めていると不思議な気持ちになります。あたかも人の生き様を感じます。白い船は外国航路の船舶か沖縄~博多の長距離旅客フェリーのようですね。島の西海岸は、いろんな航路船がいろんな個性的な雰囲気を見せてくれて感じさせてくれる楽しいところのようです。

2009年1月 6日 (火)

不垢不浄

Img_7947 Img_7928 Img_7949_2 Img_7933

2009年1月 5日 (月)

朝景

Img_7894 Img_7885 Img_7877 Img_7870

2009年1月 4日 (日)

星鹿城から

Img_7865_2 Img_7866_2 Img_7867_2 Img_7868_2 Img_7869 Img_7862

2009年1月 3日 (土)

島の朝

Img_7747 Img_7763 Img_7767 Img_7782 Img_7757

2009年1月 2日 (金)

御来光

Img_7685 Img_7700 Img_7694 Img_7704

2009年1月 1日 (木)

新年

Img_7545 Img_7538 Img_7607_2 Img_7639

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541