« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

サボテンの花

Imgp3933 Imgp3934_2 Imgp3932_2 松浦の一六海岸に黄色い”サボテンの花”が咲いていました。可憐で空の青色と緑の葉とマッチしていて綺麗でした。海岸は、自然が残されていて白い砂浜と青い海が素晴らしいです。身近にあって穴場的存在です。いつか、夕日が綺麗で一時間程見とれて写真を撮った風光明媚なスポットです。また、近くに美味しい和食*寿司屋があるんですよ。そして、可愛い人なれした猫ちゃんがいて楽しいところです。

2008年5月30日 (金)

梅雨

Imgp3847 Imgp3853 Imgp3827 昨日、九州地方は梅雨入り宣言しました。島では、雨雲が覆い濃霧の日が多くなり景色が遠望できない日々が多くなり退屈な時間が増えます。ところが、よく見ると身近の野山や海には大地に生きるもの全体の躍動感が見られます。実は、生命力が満ち満ちている季節かもしれません。

2008年5月29日 (木)

晴れ間

Imgp3796 Imgp3794 夕方の晴れ間の時間をサンセットロードで海を眺め潮風を感じてきました。爽やかな気持ちになり一日の疲れが吹っ飛び元気になったようです。昨日の暴風雨のためか、山からの綺麗な水が音を立て流れていて躍動感を感じました。一瞬の”晴れ間”でした、日没前に雲って着ました。

2008年5月28日 (水)

雨の日は

Imgp3581 Imgp3593 暴風雨の一日でした。こんな日は花を眺めて見るのも良いもんですね。ポピーとスミレ?ですか?可憐ですね。外は、窓に雨風が吹き荒れています。花は、じーっと我慢して雨風のなかで生きているんですね。

2008年5月27日 (火)

逆光

Imgp3607_3 Imgp3629_4 なんとなくのデジカメ撮影が不思議な光の世界をキャッチしてくれました。西海の海と空の夕景です。なかなか見ることがない風景で新鮮ですね。島には、豊富な風光明媚な環境があり良かったなーと思います。

2008年5月26日 (月)

夕景

Imgp3675_2 Imgp3724 Imgp3627 Imgp3634_2 平戸の鯛の鼻(海抜400メートル程)からの夕景です。長閑な風のない静寂の時間でした。ゆったり動いていく船の姿が癒してくれます。ただ、霞がかかっており水平線が不明瞭で遠望ができない夕方でした。春の日の夕方なんでしょうね。西の方が遠く見えず五島が見えず残念でした。

2008年5月25日 (日)

老舗料理屋さん

Imgp3521 Imgp3522 Imgp3524 Imgp3523 老舗の継続および維持には人知れないエネルギーを費やしているんでしょう。心体技の弛まない努力と全ての事の過去*現在*未来の洞察力がいるんでしょうね。そんなことを考えて?旨い鰻を頂いて満足の時間でした。気持ちよい時間でもありました。

2008年5月24日 (土)

Imgp3483 Imgp3493 雨の日の島は、静まりきって沈黙の世界に思えることがあります。歴史の重みが伝わって来るようです。風と空と海のイメージに昔の人達の気持ちが感じられるようです。

2008年5月23日 (金)

平戸牛

Imgp3334_3 Imgp3332_3 島の到る所に牛の放牧があります。潮風を一杯にうけて自然豊かな所で育てられています。ゆったりした環境の中で草を食べて育っています。近くに寄ってみると、人馴れしているのかな此方のほうをジーッと眺めていて親近感がありました。長閑な時間を感じる光景でした。

2008年5月22日 (木)

太陽

Imgp3443 Imgp3427 Imgp3436 Imgp3392 Imgp3456 素晴らしい太陽の光でした。約一時間の大パノラマの島の風景です。ふと、東の空を眺めてみると柔らかい太陽の光が微妙に放散されて変化して美しい透明感の淡い感じが良かったです。不思議な対極した美が見られました。島の自然の素晴らしさに感動の時間でした。当然、夜の酒は最高でした~~~

2008年5月20日 (火)

緑色カーネーション

Imgp3001 Imgp3004 不思議な緑色のカーネーションですね。花の世界もファッショナブルですね。誰が奇抜なアイデアで遺伝子操作して創作したんでしょうか?きっと、緑色が大好きな人なんだろうと思います。完成までの苦労や期間や金銭面的な苦労が想像されます。だからこそ、人生の中で大きな満足感と喜びと達成感が”緑色カーネーション”に満ちているようです

2008年5月19日 (月)

サンセットロード

Imgp3199 Imgp3188 Imgp3200 雨上がりの夕方の”サンセットロード”を駆け巡ってみました。西海岸は霞んでいましたが、爽やかな風が吹いていました。好きな黄色の花が咲いていて写真を撮りました。断崖の強い風に耐え偲んで立ち向かって逞しく綺麗に輝いている存在感に勇気を頂いたようです。空や風や海や動物や植物や人間や共通する生命の息吹きを感じる思いでした。

瀬戸

Imgp3022 Imgp3016 きれいな夕日の見える平戸瀬戸です。潮流の中を走る船に生活感があります。赤い平戸大橋が夕焼けの中で存在感があります。本当に、夕日に見とれてしまった風景です。

2008年5月18日 (日)

森林浴

Imgp3134 Imgp3135 風と空と森林浴で癒されます。海のオゾンと異なり五月の森林の癒しは格別です。植物の水水しい爽やかさと新緑の若々しいエネルギーを体感して良いですね。日本の四季の風情に感動の時間です。変化があることの大切さと変化の必要性を思う一日です。

2008年5月17日 (土)

平成の大遷宮

Imgp3114 Imgp3167 出雲大社の”平成の大遷宮”の御本殿を特別拝観をさせてきました。60年に一度の貴重な時間でした。あの”天下無双の大廈(たいか)”の大社造りの頂上の御社に上がらせて頂きました。有難い気持ちでした。八雲の見事な絵が描かれていていました。大きな意味のある絵だそうです。聞いたところによると、物事にこだわってはいけないしアバウトに?包容の気持ちが大切のようです。八雲の雲の方向が一つだけ異なっています。いい天気でいい時間を4時間も待って良い誕生日でした。

2008年5月15日 (木)

海と風

Imgp2955 Imgp2960 坂道からの海と空の風景です。尾道や函館の雰囲気に通じる感じがします。見下ろした坂道の変化の前方に海と空が待っててくれているようで安心感があります。島の初夏の風が吹いて長閑な時間を感じる風景ですね。

2008年5月14日 (水)

Imgp2917_2 Imgp2898_2 Imgp2921_2 昨日の夕方の島の空です。気持ちが軽くなるような楽にさせてもらうような雰囲気になります。今日も”ありがとう”と”お疲れさん”の感謝と慰労の時間でした。昨夜は、大好きなコロッケを頂いて熱燗焼酎で酔っぱらってしまいました。

2008年5月13日 (火)

西海路

Imgp2852 Imgp2849 Imgp2848 Imgp2854 Imgp2850 長崎県の県北の西海岸の西海路を生月*平戸*佐世保に車で走りました。皐月晴れの中で爽やかな風をうけて爽快なローディングでした。オープンカーでウエストコーストを走る気持ちで”アメリカ西海岸”を突っ走る心かも知れません、それとも、クールファイブの”西海ブルース”の演歌の心かも知れないですね。約1時間の走行時間です。途中、地域で頑張っているMR電車が鉄橋の上で時間待ちしていたのパクリました。そして、佐世保港の空に昔見たような夕焼けのパノラマで西海路の風景が感動でした。

2008年5月12日 (月)

透明感

Imgp2781 Imgp2817 Imgp2827 Imgp2833 島の朝の風景です。偶然、早朝の仕事の帰り道での”有り難い”時間を30分ぐらい過ごすことができました。心の中が軽くなり透明感や素朴な気持ちになり楽しい時間でした。つまり、癒しの時間で心救われていく透明感が満ちていくようでした。

2008年5月11日 (日)

母の日

Imgp2676 Imgp2671 Imgp2670 Imgp2675_2 今日は、この世に生んでくれた母に感謝の日です。一年前まで、身近に住んでいましたが離れて住んでいると”ありがたい”と思うようになるようです。本当に、元気が一番ですね。心からの感謝を伝えたいですね。花屋さんのカーネーションが、艶やかで多彩で生き生きしていました。

2008年5月10日 (土)

麦畑

Imgp2683 Imgp2684 Imgp2667 麦畑の世界です。麦の穂が垂れ下がり緑色から黄色に変化しています。広大な佐賀平野の圧倒される風景です。今日の天気は雨模様で薄暗い空模様です。きっと、皐月晴れの青空だったら気持ちいいでしょう。島に住んでる者として、小麦色の色彩は”春の季節の風物詩”で感動的に見えるようです。

2008年5月 9日 (金)

サンセットロード

Imgp2588 Imgp2587 Imgp2580 Imgp2579 島の観光スポットの”サンセットロード”です。島の西側の断崖絶壁の下を切り開いた農道です。約20分ぐらいの西海岸のハイウェイ?でバイクツーリング最高の道です。夕焼けの風景が感動的です。沖合いで大きな船が太陽光の中で走っている瞬間がみられて好きな風景で嬉しくなります。子供の頃を思い出させてくれる情景があり”井上揚水*少年時代”の歌が出てきそうです。早いものです、故郷を出て一年になります、皆さんに感謝の気持ちでおります。

2008年5月 8日 (木)

夕暮れ

Imgp2617_3 Imgp2642_2 Imgp2639_3 春霞の夕暮れの島の佇みです。平戸川内峠からの遠望です。海面の神々しさの中に、昔は島が辺境の地だった想いが沸いてきます。潮流や風などの自然の厳しさを感じます。何事も、第三者的に各館的に見つめることの時間も大切に思う時空でした。

2008年5月 7日 (水)

動と静

Imgp2590 Imgp2567 Imgp2599 Imgp2588 大潮の時期で、島では磯が始まっています。一年で最も潮の干満が最大で、磯場ではウニやサザエやヒジキ+ワカメなどの海産物が獲れる楽しみな生命力が地域全体に満ち満ちている季節です。海に空に大地に人間の”動と静”の時間や空間を感じる日々のように思います。今日の島は、癒しの心が満杯でサービス過剰の夕方でした。こうして、人は不思議に生きていくんですね、今夜は心安らかに体は疲労困憊で酒を頂いて”無呼吸発作症候群かも”の世界に彷徨っていきました~~~

2008年5月 6日 (火)

五月の野花

Imgp2547 Imgp2550 Imgp2400 Imgp2416_2 Imgp2325_2 Imgp2252 毎年、何時もの場所で咲いているんですよね。来年も同じ場所で咲いているんですね。不思議と”五月の野花”に愛着が沸いてきます。

2008年5月 5日 (月)

子供の日

Imgp2296_2 Imgp1961_2 Imgp2265_2 Imgp2491_3 今日は、”子供の日”でした。朝は雨でしたが、昼から皐月晴れで最高です。男の子の節句で成長を祈念して風呂の中に”菖蒲の葉”を入れてもらった記憶があります。尚武のような人間に育ってくれるように願い”菖蒲の葉”を使ったようです。最近は、少子化のせいでしょうか鯉のぼりが立っている家が少なくなったようです。反面、地域活性化でヤタラメッタラに多数の鯉のぼりが突然に魚軍団状態で目に入ってきます。テレビや新聞で報道されていましたが、日本の子供数の減少は深刻な問題ですね。

2008年5月 4日 (日)

温故知新

Imgp2464 Imgp2462 Imgp2463 ”菊水の辛口”を飲んで”みどりの日”を過ごしています。地球温暖化で環境変化が起こってきているようです。漁業や農業や林業など一次産業のマップが変化して北上しつつあるそうです。地球の平均環境温度が2度上がれば海面上昇が6メーター見られるそうです。驚きですね。新聞によれば、神社の森の緑の木々(特に広葉樹は)は二酸化炭素を蓄積して酸素濃度を上げて環境浄化の働きをして古き時代の知恵があったようです。まさしく、自然とともに共生してきた我々の先祖の知恵を考えて”温故知新”の心で痛んでいる地球環境を考える”みどりの日”のように思う一日でした。

2008年5月 3日 (土)

新緑

Imgp2395Imgp2399 Imgp2392 Imgp2412_3 GW(ゴールデン*ウイーク)の最中の五月晴れの”新緑”は人の感性を刺激してプラス思考になります。春夏秋冬の日本の自然の素晴らしさですね。緑と青と光の調和とエネルギー発散が命の躍動感を刺激して嬉しい気持ちにさせられます。本当に、空気の空間に命を感じる時期になりました。

2008年5月 2日 (金)

真赤な太陽

Imgp2225 Imgp2224 Imgp2192 Imgp2174 春から初夏にかけて日が長くなってきて夕陽の光が素晴らしいですね。離島の海が輝いています。金が無くても、皆に平等に自然の恵みを頂くことができますし癒してくれて活力や勇気を発起してくれるようです。反面、金金の経済社会や心貧弱な縦社会が窮屈な世情を生み出しているようです。身近な所に大切なものがあるように感じた”真赤な太陽”でした。

2008年5月 1日 (木)

5月

Imgp2327 Imgp2326 季節の流れの5月風情の今日の島の新鮮な御便りです。生命あるものエネルギーと皐月の皐月らしい若葉麗しい水水しい季節を感じて躍動感を全身で浴びています。今日の”鯛の鼻”は色っぽいラインで素晴らしい景色でした。そして、アザミの野花の力強さを感じる爽やかな5月の草原です。島は急速に初夏モードへ突っ張って行く気配が充分すぎるほどに熱くなっていっているようです。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541