« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

安堵

Imgp9639 Imgp9641 Imgp9640 Imgp9638_3缶詰状態のワークショップも二日目です。部屋の中の時間が長期化してきて外気を浴びたくなりました。暖かな日差しの中で爽やかな風が感じられました。安堵感がみられました。そして、春の花が植えられて尚一層にリラックスモードになり嬉しくなります。                   

2008年2月28日 (木)

ワークショップ

Imgp9646 Imgp9624今日から、噂の恐怖の二日間の朝から夜中までのワークショップが始まりました。それも目の前には某有名な宇宙スペース遊園地があります。どうも、缶詰状態で短期間に効率的により良い学習効果を身につけさせるという講習会だそうです。実際に思ったより興味ある方法でした。噂と違い”一人部屋で食べ物は充実し夜は酒飲み放題”で良かったです。夜は、玄界灘の旨い刺身で熱燗の芋焼酎を飲み楽しい有意義な話で盛り上がりました。また、若い優秀な人達に助けられて感謝でした。

2008年2月27日 (水)

梅の花

Imgp9484 Imgp9495 Imgp9507 今年は、環境が変わり”梅の花”の出会いが多いようです。初めて、梅の香を感じた年です。梅の香の楽しむ条件があるそうです。まずは青空の日を選び、朝の11時頃が良いそうです。朝の食事は腹六分ほどで空腹感を覚えるくらいで、タバコを吸わない(喫煙者は)で整髪料は一切つけないことだそうです。そして、ひっそり咲いている梅の香を楽しみ青空と”梅の花”の調和の素晴らしさを堪能することのようです。当然、アレルギー性鼻炎や二日酔いの人は楽しめないようです~~~

2008年2月26日 (火)

冬空

Imgp9463_2 天気予報100%的中の寒い風強い雨の一日です。高い所からの空と海の風景は変化が微妙に感じられます。空間の中にステージの幕のように、何枚も微妙な幕が繰り返して閉じたり開いたりしているようです。今日は、平戸島が霞んで視界が良くありません。水不足の島では、人々や草木や喜んで生き生きしています。僻地離島にとって、生きていくために水は大切な物なんでね。人間は体の70%は水分といわれます。医療より水が大切と言われることがありますが、生きていくために水は必須ですね~~~

2008年2月25日 (月)

海面

Imgp9445 Imgp9327 鏡のような冬の海面です。快適な心地になります。ストレスから開放される安堵感がわいてきます。寒風で雪交じりの冬の天気が一変して暖かい穏やかな海面を眺めていて良い気持ちですね。白い船や雲の中の青空や澄み渡った光や落ち着いた安定した状態にさせてくれました。自律神経の副交感神経状態に優位になりバランス良好の無意識的な世界になり視覚的に瞳孔散大で快感になります。

2008年2月24日 (日)

偕楽園

Imgp9435 Imgp9437 Imgp9424 Imgp9447 Imgp9441 Imgp9431 平戸の御殿様の別邸”梅ヶ谷偕楽園”を訪ねました。霙交じりの日差しがみられる寒い日でしたが、島の南側の九十九島方面を見渡す温暖な地形に位置して光を感じて安らぎを感じます。そして、紅梅の梅が優しい姿で咲き乱れ春の香を感じて心豊かになりました。本当に、歴史の中で繁栄した伝統文化の大切さを思う一日でした。

2008年2月23日 (土)

天気晴朗なれど風強し

Imgp9361 Imgp9355 Imgp9353 海から急峻に近い高い地形の場所に住んでいます。そのせいか、風が強く”ヒューヒュー”と吹きまくっています。そそて、空は青く高く雲もなく澄み渡っていています。体感温度が低く感じられ底冷えしますが、身近の場所で初春の雰囲気も綺麗な花が心を暖かくしてくれて嬉しいですね。もう紅梅の花が満開を過ぎているようですが、水仙と黄色い花?は風の中で元気に伸び伸びと遊んでいるようです。

2008年2月22日 (金)

猫の日

Imgp7672 Imgp9043 Imgp9030_2 Imgp9040 2月22日は、”にゃん*にゃん*にゃん”で”猫の日”です。大胆で単純で季節感のない記念日ですね。我が家の猫の揃いぐみです。もちろん、キャットフードと猫砂のプレゼントと飛びっきり旨い魚の身のご褒美でしょう。人間の勝手に決めた記念日ですから、本人達は記念日を気がついて喜んでくれると思いませんが一瞬に食べつくしてしまうでしょう。

2008年2月21日 (木)

平戸牛

Imgp9242 Imgp9240 島では、”平戸牛”の生産牛と飼育牛の牛達がいっぱいいます。今の時期は、海岸の野原に放牧されておらず牛舎で飼育されています。春先になると、広い野原に放牧されて海風のオゾンの中で自然の放牧の草をたべて成長して全国的に有名な”平戸牛”になっています。柔らくてジュシーで美味い霜降りは色鮮やかで木目が細かい肉のうま味は濃厚で甘みがあり松坂牛や神戸牛に劣らず評判が良いようです。地元の平戸で販売店があり平戸牛専門店で食べられて人気があるようです。今日は、昼の時間に天気が良くて島を一周してきて”平戸牛”の写真を撮ってきました。不思議そうに珍しそうにポーズとっているのか、親子の牛が振り向いてくれてる姿に複雑な長閑さを感じました。

2008年2月20日 (水)

白月(しらつき)

Imgp9147 Imgp9149 道の駅”生月大橋”からの満月です。島では”白月”といって満月の大潮の時期で、巻き網船団の船で港が一杯になります。島が活気になり人が多くなります。東シナ海方面の漁場で漁をして、満月の時期の4~5日は魚が獲れず母港に帰ってきて家族や知人や愛する人達と短い休暇を過ごすようです。島の”白月”は、皆さんの思いがあり地域の躍動感や低迷感があり漁獲量の低下のなか人生模様が見えてくるようです。

2008年2月19日 (火)

スローライフ

Imgp9142 ゆっくり行こうぜ!皆んな焦らず今日を楽しく愉快に自分らしく生きていこうぜ!なんて、レトロの”耕運機”が駐車場にチャンと駐車していて驚きです。前進ばかりと思っていましたが、バック出来て並み居る車と対等に居座っていてカッチョ良いではないですか。田舎のスーパーカーですね!。この耕運機もガソリン道路財源を払っているんですね。スローライフを感じて、島の”ゆっくりイズム”を感じ変なエネルギーを痛感する一日でした。

2008年2月18日 (月)

カルぺ*ディエム

Imgp9102 Imgp9088 ”カルぺ*ディエム”とは、”今日を楽しめ”という古代ローマ抒情詩人の言葉です。人生を目的主義に考えすぎのようです。何処に行く当てもなくぶらりと出かけるのがいいようです。現在を楽しんでいく、また喜怒哀楽で”カルペ*ディエム”が人らしい生き方のように思います。島の自然のなかで、何がしたい何になりたいかと思わずボーっとして楽しくしているのが良いのかも知れませんね。

2008年2月17日 (日)

梅の花

Imgp8978 Imgp8988 紅白の梅の花が、艶やかで気品豊かに光を浴びて咲いていました。冬の青く澄んだ空の下で輝いて美しく佇んでいます。春の兆しを感じさせてくれる雰囲気でいっぱいです。”夜来香”と言われて、闇夜にほのかに香り来る梅の香りが上品のようです。いつもの年と異なり、”梅の花”の美しさと上品さを初めて感じた自分でした。

2008年2月16日 (土)

西海ブルース

Imgp8937_2 Imgp8937 Imgp8958 Imgp8959 Imgp8953 昨日は、”西海ブルース”の気持ちにさせてくれる天気でした。風と海と空とあれば元気になるようです。自然は、刻々と瞬時瞬時に変化して人間の心も同じのようですが、また胡散臭い歌の文句ですが、川の流れのようにいつまでも自然は繰り返していくんでしょうね。また、人間もですね。綺麗な写真が撮れて嬉しい一日でした。

2008年2月15日 (金)

橋の上

Imgp8924 Imgp8922 本土へのライフラインの島の橋からの風景です。なんだか、マクロ的世界からの演繹的視界の不思議な感じが新鮮ですね。見る角度を180度ほど変えて見るだけで、不思議な別世界が展開して面白くて新鮮な気持ちが良いですね。別の話ですが、橋の上からの撮影は大変な作業で、車を停止状態にして深呼吸して瞬間シャッターが必須です。つまり、橋の上にも10ヶ月と言うわけで慣れと度胸と経験がないと旨い写真?が撮れないようです。真夜中に、起こされて眠れず”ブログ”で孤独の世界を堪能しています。

2008年2月14日 (木)

冬の空

Imgp8893 Imgp8900 Imgp8920 今日の空は、古(いにしえ)の時と同じ”冬の空”の時間を感じるようです。永遠の光が、雲の間隙から直線的に放散して苦悩のなかでの救いの手を暖かさを表現しているようです。これは、きっと自分の思考の曖昧さかもしれないし傲慢さかもしれなし心のマンネリかも知れないですね。島の”冬の空”に奥深さを秘めた光を感じるように思うのは考えすぎなんでしょうか。

2008年2月13日 (水)

Imgp8868 Imgp8846 大空のなかで、風に乗って渡り鳥が急降下飛行で大変気持ち良さそうです。この島で、休息して風と戯れて楽しんでいるようです。こんな風景が身近に観察できることの快感を感じます。昨夜の宴会で深酒して二日酔いの状態でしたが、今日の昼休みは爽快さを風のなかに感じた時間でした。

2008年2月12日 (火)

広大

Imgp8769 Imgp8761 海抜ゼロメーターの有明海の干潮の潟です。意外と潟の匂いは潮の香りがして新鮮でした。海苔養殖のエリアが一杯でした。ムツゴロウはさがしましたが見つけることは出来ませんでした。きっと、沖合いの方にいるんでしょうか、潟スキーで何かとっていて(ムツゴロウ?)仕事をしていました。干満の差の広大なことに圧倒され自然のダイナミックな躍動に驚きの時間でした。

2008年2月11日 (月)

エネルギー

Imgp8806 Imgp8794 有明海の潟の日没の時間です。心より無心の中の感動の瞬間です。長崎県の多良山系に日没しようとする太陽の躍動を”エネルギー”を浴びて完全に圧倒されます。潟では、ムツゴロウも素晴らしい夕日を望みながら感動している姿が想像されますね。今日は、海が好きな自分を再確認し”海を見て自分に戻った時空”を十分に思う一日でした。

2008年2月10日 (日)

消え行く石橋

Imgp8700 Imgp8702_2 Imgp8704 Imgp8698 Imgp8703 もうすぐ消え行く村落の自然や人々の生活を支えてきた石橋や吊橋を見てきました。人々の生活用水の為に水没していく地域の佇まいを見ていると人間の自然に対する傲慢さが見えるようです。確かに、人にとって水は生きていく上で大切なものです。しかし、自然破壊の代償は計り知れないものが、現場を見ると推測できるように見えます。国民の人達が、知らない山奥で自然破壊の大型事業が成されていることを知らず進んでいることの不安を感じた一日でした。

2008年2月 9日 (土)

ケ*セラ*セラ

Imgp8617 Imgp8620 あるがままなるようになるさ!と思うことが多くなったように思います。歳といえば歳だし良いことなのかもと考えます。自分の好きな”アバウト”に通じるように思います。でも、芯は(心は?)しっかり通して自分らしく楽しく愉快に”ラリルレロ”の精神で地蔵菩薩の生き方をしていくのでしょう。とりあえず、”ケ*セラ*セラ”で酒飲んで無呼吸発作症候群で夢の世界へ誘(いざな)ってもらいましょう。

2008年2月 8日 (金)

Imgp8358 Imgp8316_2 Imgp8315 Imgp8311 漁業で栄えた島ですが、少子高齢化や過疎化や漁業不振で地方の活力が見られず、一見静かな佇まいで長閑に見えます。全国津々浦々の時代の流れでしょうか、今ひとつ元気がほしいですね。何か、少しでも兆しがあれば良いなー!と思う島の生活です。

2008年2月 7日 (木)

朝日

Imgp8511 Imgp8513 冬の朝日は、寒さを乗り越えて眼をパッチリと開いて布団の中に居たい欲望に負けないようにしないと見れないですね。夏と異なり、南の方から日の出が見られて淡いほんのりした様な雰囲気の感じがします。天気の良い日でも雲が多いのが特徴ですね。春夏秋冬の日本の風景は、変化に富んでいて瞬間瞬間の変化の中で時間が急に止まった間というか極瞬間に驚きが想定外があって愉快になるようです。

2008年2月 6日 (水)

野の花

Imgp8482 今日は、肌寒い朝でした。道の傍に咲いている花も寒いのでしょうか花弁が開いておらず蕾んでいて寒そうでした。いい天気で光も燦燦と輝いているのに元気なさそうです。毎日毎日、仕事で通る道で気になった"黄色の野の花”でした。午後過ぎに、道の傍で大きく花弁を開いているのを目にして安心感を与えて貰った変な一日でした。今日は、空が澄み渡り視界良好のロマン飛行の気持ちになるように軽やかな時間でした。

2008年2月 5日 (火)

光の中

Imgp8485 Imgp8487 今朝の島の風景です。冬の光なんですね。朝の空や海の趣きは冬の風がいっぱいです。地形上、島の周りは風がさーと通り過ぎていって行くような時間を感じます。いつも思うのですが、高いところの視界は広く見渡せて瞬時の変化が観察できて楽しくなりますね。

2008年2月 4日 (月)

立春

Imgp8454 Imgp8475 節分の翌日は立春です。広島の恐寒山での雪山遭難や関東地区の2年ぶりの豪雪?にて大変な寒い”立春”の一日です。島の西北のサンセットロードの水仙が逞しく風に向かって花弁と花を咲いてる姿に生命力を感じます。俺は頑張って背中を真っ直ぐにして此の世を生きているんだぜー!って言う空元気というか存在感がバリバリです。立春の時期から、自然界は躍動感を彷彿する発散する時間を体感するようです。

2008年2月 3日 (日)

表裏

Imgp8441 Imgp8424 今日は、節分の日です。そうです、”鬼は外!福は内!”の国民的セレモニーの一日です。東京では豪雪で白い銀世界の2月らしい天気です。島では、雨で寒い風の強い冬の天気です。急に、昼から天気晴朗になり景色が表裏一体と言うか不思議な一日でした。先悪ければ後良しの雰囲気の日ですが、異常気象の一面かもしれないですね。やっぱり、今夜は酒を頂いて”ラリルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!”の時間で疲れを解消して”鬼は外!福は内!”で行きましょう~~

2008年2月 2日 (土)

身近なもの

Imgp8349 Imgp8350 家の近くに、花屋さんにも負けないような花が立派に輝いて咲いています。小さな花ですが、少し足を止めて観察すると周辺に光を放散するように水水しく咲いています。”身近なもの”に生きていくうえで大切なものが潜んでいるようです。地に長年の時間をかけて育まれてきたもの必要性を思う最近です。特に、野菜や穀物や魚などの国内生産供給率が低く一次産業従事者の減少に危機を感じます。

2008年2月 1日 (金)

Imgp8359 Imgp8358 早くも、2月に入りました。暖かい冬の天気の日ですが、世間では”中国産農薬餃子の問題”や”サブプライム不景気”などのマイナス世間構造が目立っており大変ですね。今日の海は、静かで穏やかな女性的な包容力の感じられる眺めです。そして、船の航跡が躍動的で印象的でいいですね。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近の写真

  • 20191115_100404
  • 20191115_113046
  • 20191115_133235
  • 20191115_170020
  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207