« 古から | トップページ | 風 »

2007年10月26日 (金)

白月(しらつき)

Imgp4766 Imgp4767 島は”白月(しらつき)”と言われ、港には遠洋まき網船団が寄港して、町には人が増えて何時もより活気が見られます。満月の時期は、まき網漁法では魚が採れないから休暇もかねて食料や燃料補給のため家族のために帰ってきて島は賑やかになります。この期間を島では”白月”と言うそうです。五島の方では”月夜ま”と言っていたようです。満月が”白月”に表現することに興味深く感じて地域性を思いました。以前は、島全体が祭り状態で金が飛ぶように景気が凄かったようです。今は、漁業景気が低迷し利益が上がらず油代は上がり魚価は下がり、漁船も減り会社も減り大変な時代が来ているようです。島の海や空や風は、昔と今と変わることなく島の歴史の流れを優しく包んでくれているように思う一日でした。

« 古から | トップページ | 風 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白月(しらつき):

« 古から | トップページ | 風 »

最近の写真

  • 20191114_170918
  • 20191114_171239
  • 20191114_171538
  • 20191114_171959
  • 20191113_075813
  • 20191113_121833
  • 20191113_122133
  • 20191113_122207
  • 20191112_075406
  • 20191112_131708
  • 20191112_154832
  • 20191112_191721