« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

せっかち雲

Imgp3432 Imgp3438 Imgp3436 Imgp3431 今日の雲は、摩訶不思議な秋の空の様相でした。風が吹き海洋からの気流に躍動感があり山にぶつかって多彩な雲が駆巡るように変化しているようです。なんか、”せっかち雲”に見えてなりません。この島では、風景の上を見たり下を見たりして首が凝りそうなくらいに変化に富んでいるようです。

2007年9月29日 (土)

夕方の海

Imgp3363 Imgp3350 Imgp3362 なんだか、秋の夕方の天気は淡い雰囲気の景色に見えます。地域性なんですかね?確かに、空が高く拡がりを見せて空間が遠くになり視覚が変わってきているようです。夕方の海を眺めていると安堵の心を感じます。今夜は、赤ワインを飲んで心身の疲れを癒し、早い泥酔で”無呼吸発作症候群かも”でした。

2007年9月28日 (金)

Imgp3400 Imgp3398 花は、心安らかになり華やかな心持ちになります。色艶やかで視覚に刺激的であるが、落着き感と癒し感を処方してくれます。人の感性を刺激しているのですね!今日は、花を眺めて赤ワインを静かに頂いています。

2007年9月27日 (木)

穏やかな日

Imgp3352 Imgp3358 今日の夕方は、2次元的目線の高さを水面に近い位置で島の風景を満喫しました。波はなく静かな海と夕空の中で癒しの時間でした。夜は、仕事場のスタッフの送別会で大酒してからカラオケして楽しい時間を過ごしました。

2007年9月26日 (水)

変な天気

Imgp3307 Imgp3301 日中は暑くて夜は肌寒い日が続き変ですね!島は白夜(大潮の満月)で、巻き網底引き船団が港に帰ってきて人が増え活気があります。島に若い人が増えると賑やかで良い感じになります。少子高齢化は、地域にとって危険な状態でコミュニティの破壊*消滅の末期症状なんですね!なんか解決策がないのでしょうか?都会と僻地のギャップに驚いている一日でした。そして、今日の夜の満月は綺麗に見えました。

2007年9月25日 (火)

しま

Imgp3251 Imgp3265 Imgp3228 Imgp3259 島の”サンセットロード”より夕陽を見に行きました。高い角度からの眺めは三次元的な感覚の立体感が雄大です。本当に素晴らしい夕焼けでした。また、秋の透明感のある空間で風が吹いていて、五島列島や宇久島や小値賀島が見えて穏やかな気持ちになりました。東京から帰ってきて、翌日に眺める島の自然環境の美しさに心が豊かになり安らぎを感じさせられる時間を過ごしてきました。やはり、島(しま)が好きなんでしょうね!

2007年9月24日 (月)

人に酔う

Imgp3177 Imgp3201 Imgp3212 Imgp3215 本当に、東京は人が多くて”人酔い”してきました。新鮮な発見が多くて刺激的ですが、住むには困難な空間で疲れて”癒しの時間”は得られそうにも無い思いをしてきました。昔の東京と違い、外資系の影響が強いようでした。築地や秋原葉や東京駅など日本らしい所?を見て歩いてきました。温故知新かもしれませんでした。二日間は、久しぶりに大酒して体調が”無呼吸発作症候群かも”状態になりそうです。

2007年9月23日 (日)

変なバラ

Imgp3145_2 Imgp3146_2 犬も歩けば棒に当たる?有楽町から新橋への道を歩いて散歩していたら花屋さんがありました。今、知る人ぞ知る”色の付いたバラ”の花屋さんでした。鮮やかな色彩で驚き桃の木でした!一本が1500円だそうです。なんと、オランダからの直輸入のバラだそうです。店の人は、さすが”銀座の人”で丁寧にバラの説明をしてくれました。値段が高くて見て鑑賞だけで申し訳なかったのですが、世の中はバラエティーに富んでいるんだなーと思う時間でした。本当に、遺伝子操作の世界は何でも可能にしてくれるようですね!人間も鮮やかな高価な遺伝子操作で変身できるのかもしれないと思いつつ不安に感じて銀ブラしてきました。

2007年9月22日 (土)

三門

Imgp3118 Imgp3104_2 Imgp3109 新聞を読んでいて驚き桃の木サザンが九です?直木賞作家でマージャンや競輪評論家でユニークで多彩な寺内大吉さんが、芝の大本山増上寺の法主で僧侶だったんです。若い頃から、寺の跡継ぎの身だから子こそ、”生きた生活をしないといけない”と思って生きてきたそうです。芝増上寺は徳川将軍家の菩提寺で大きな三門が有名ですが、山門でなく三門なのかの謂われがありました。”三解脱門と言って、人間の心に巣食う貪りの心、怒りの心、愚かな心という三つの煩悩を解脱する門だそうです。そう言われれば、確かに納得だ!しかり!寺内大吉さんは、本名は成田有恒さんです。そして、今、笑いに興味があるそうです。なんと、人間臭さに惹かれる人と思いつつ、新宿中村屋と高野パーラーで青春時代しています。 

 

2007年9月21日 (金)

航跡

Imgp3056 Imgp3069 Imgp3071 Imgp3073 今日の海と空は、秋そのもの風景で風はなく長閑な清清しい一日です。島の東の方を見渡せば”アゴ漁の二艘引き網”の漁船が海原を蛇行している曲線の航跡を見ることができます。きっと、波一つ立ってない海面の航跡の付近にアゴが乱舞しているんですね!人間とトビウオの必死のエネルギーが集中して格闘しているのですね!有名な平戸*生月の焼きアゴは、綺麗な自然の中で”二艘引き網”の漁師さん達の巧みな伝統漁法で捕獲しているからこそ、全国の皆さんの口に出来るのですね!地元では、新鮮で獲りたてで”旨い刺身”が食感できて最高で、地元の酒との相性は最高で飲みすぎて過換気症候群で”ラリルレロ”しそうです~~~

2007年9月20日 (木)

時間

Imgp3012 Imgp3015 Imgp3008 Imgp3013 今日は、空気に透明感を感じます。だから、夕方の島の景色の豊かさを視覚的に感じて心癒されようです。また、光の世界の変化と色の世界の変化は七変化の多種多様の世界ですね!人は”秋の風光明媚な空気や風や光”に順応しているのですね!毎日毎日において、時間を大切に生きているんだということのアピールが成長に必須かもしれません。

2007年9月19日 (水)

彼岸

Imgp2686_2 Imgp2971_2 Imgp2979 明日は彼岸入りです。”秋分の日”で、太陽が真東から昇り真西に沈んでいく時です。丁度、田んぼのの畦道に鮮やかな赤い彼岸花が咲き乱れています。浄土信仰で西方浄土に極楽浄土があり,西方に沈む太陽に向かい祈りをし先祖を偲び極楽を祈る季節です。昨日と今日の島の朝日と夕陽が素晴らしくてブログしました。昨夕から12時間後の朝に出会う太陽は生命そのものですね!人の人生は、地球の歴史から見れば数秒の時間ですが、その超瞬間時間にも大きな喜怒哀楽の時間があり生きているのですね!今日、”しろちゃんの子供のうみちゃん”が病気で亡くなりました。悲しい彼岸のひですが、綺麗な朝と夕の太陽を見ていると救われるような心になります。

2007年9月18日 (火)

単に癒し?

Imgp2974 Imgp2975 Imgp2965 Imgp2968 なんて!今日の夕陽と空と海と風の素晴らしい”癒しの時間”なんでしょうか!”単に癒し”ですが、心と体の疲れや葛藤や不安感など吹き飛ばす短い瞬間の一時(ひととき)を感じました。辛さは辛さとして逃げないで真摯に受け止めて自分らしく生きていく勇気が本当に大切なんですね!そこで、この感激の瞬間は自分の心におさめていれば良いのですが写真にしてブログしました。皆さん!何気ない時間と空間に感動が存在しているようでした。いろんな意味で”感性と洞察”は大切のように感じます。久しぶり、今夜は旨い酒を飲んでアバウトな時間を満喫できればと思います。

2007年9月17日 (月)

敬老の日

Imgp2675 Imgp2674_2 Imgp2663_2 朝散歩にて、台風の通過の朝日をデジカメに収めようと思いました。あいにく曇り空で上手くいかなかったです。島の高台から、何時も気になってる電線の入らない風景を激写しようと思いました。天気に恵まれずに残念な気持ちですが、生活環境を洞察してみると驚きが手短に存在しているようです。朝早くから、灯りが漏れている建物を見ると”敬老会の会場の赤白の御祝い幕”が輝いていました。人の気持ちの見える光景でした。また、野の花も輝いて朝露を受けて台風通過の後の安堵感を生命力を見せていました。人生は”過去*現在*未来”がありますが、今日は”現在”を大切に考える一日かもしれませんね!

2007年9月16日 (日)

コスモス

Imgp2528 Imgp2524 Imgp2527 Imgp2514 Imgp2516 Imgp2515 台風接近前の北山や三瀬や背振の高原にコスモスを探しに行ってきました。空は澄み渡って爽やかかな?と思っていましたが暑い高原でした。外気温34度あり台風の影響のようでした。確かに、川の清流の眺めに心安らかになり空気はマイナスイオン一杯で、海と異なった満足感がありました。そして、風に吹かれ気持ち良さそうなコスモスを探してきました。最後は、三瀬の有名な”イブスキ”でコーヒー(ビール*ワインでなく!)とハム*ソーセージ*パンを食べてきました。新鮮な食感と旨さがありました。

2007年9月15日 (土)

ラーメン

Imgp2487 Imgp2486 Imgp2445 国道204号の松浦よりの伊万里にラーメン屋”竹林”さんがあります。博多ラーメンとんこつ味の旨い店です。最初の時は、4ヶ月前の人生迷路の頃に生月に初めて面接に行く時でした。さすがに食欲不振で鬱状態でしたから半分も食を出来なかったことを思い出します。昨夜、”竹林”さんでラーメンを頂き丼の底が見えるまで完食してしまいました。健康のバロメーターは食欲だなーと思いながら心の癒しを感じながら仕事の疲れの有難さを素直に受け止める時間でした。店の人が、麺の硬さは?と言われて”はい!レアで”と言いそうでしたが”普通で!”と反射的に無難に答えました。食感が良い細麺で旨かったです。後で、店内を見ると”麺の硬さ区分ランク”が6ランクあり、最高の硬さが”麺粉”で普通の硬さが5番目で一番の軟らかい麺は”ずんだれ”でした。なんか満腹の気持ちのなか、なんか心がホーットする時間でした。

2007年9月14日 (金)

景色

Imgp2442 Imgp2430 Imgp2436 Imgp2432島は南北に細長く伸びて東側に集落生活環境が存在し西側は険しい断崖や原始林環境で住居はありません。そして、海と空と風の豊かな島です。島は、高台のため”美しい朝日”が早く昇り季節に応じて日の出の位置が変化し移動しているのが東の彼方でわかります。部屋からの景色は素晴らしいんですけど、電線が多すぎて大変です。日本の文化かもしれませんが?写真家にとって日本の景色は電線で邪魔されている様におもいます。昔のレトロ風の電線や電柱だったら良いのかもしれませんね?逆に、カラスやトンビにとっては最高の環境かもしれませんね!

2007年9月13日 (木)

虚無感

Imgp2493 Imgp2488 急に最近、”無責任”とか言う言葉が多く耳に入ってきます。自分の事で精一杯な人間からすれば如何でも良いことなんですが、世間の事を思うとき”虚無感”状態になりやすくなったようです。ひろさちやさんの”般若心経*実践法”の本のを読んでいると、”であい”の精神が大切と言っています。つまり、”デタラメ”と”あきらめ”と”いい加減”で生きましょうの勧めです。今は亡き植木仁さんの無責任男の”スイスイスーダラ*ススイスイスイのスーダラ節”の気持ちで良いのかなーと、酒を浴びて虚無感になっていきます~~~偉い総理も偉くない人も結果的には同じなんですね。

2007年9月12日 (水)

初秋

Imgp2391 Imgp2396 島の風と空が秋の雰囲気で一杯です。夜風は8月の暑さも去っていき肌寒い季節になりました。空を仰ぎ見ると、高い空とスマートな雲が広がっています。ブルースカイのなかを、爽やかな風が気持ち良さそうに吹いています。島の風車が音をたててクルクルと回っていて 元気に見えました。

2007年9月11日 (火)

輝いています

Imgp2409 Imgp2411 Imgp2416 Imgp2414_2 夕方の道の片隅で、小さくても可憐な花が立派に輝いています。周りの世界は”夕焼け空”の華やかな雰囲気が溢れパステル調の癒しの時間が静かに流れています。小さな花も躍動感あふれ生命力を発散しているようです。なにか、最近の余裕の無いこの頃に忘れていたを感じさせてくれるようです。身近の”輝いてます”の発見は、今頃の忘れられている大切なことを教えられているようです。

2007年9月10日 (月)

志々伎灘

Imgp2372 Imgp2379 Imgp2377 Imgp2378 平戸の南西端の港”宮の浦”まで行ってきました。五島列島に一番近い港です。約20kmの距離で志々伎灘があります。夕陽が水平線に沈む頃でした。地元の人は”昨日の夕陽がきれかったばってん!”と言っていました。さすが、山が険しくて漁業だけの土地のせいか元気で気合があり少し怖い感じの人が多かったように思いました。五島から佐世保に行く時にみる”志々伎山”の尖がった山を別の角度からみて感激しました。さすが、港には見慣れた瀬渡し舟が多く停留していました。懐かしい島の香りを感じつつ、平戸島は大きくて平戸市街地と中央部の紐差と宮の浦は文化圏が異なっているように感じました。また、志々伎には”福田酒造の銘酒のカピタンや長崎美人など”の素晴らしい酒を造っていることに驚きました。豊かな自然の恵みの水や米に守られて名杜氏の技と創造力で出来たのだと思わされて、今夜は銘酒を頂きながら直ぐに酔ってしまい弱くなったなーと思いながら無呼吸発作症候群の世界へ行ったようです。

2007年9月 9日 (日)

重陽の節句

Imgp2317 Imgp2342 Imgp2270 9月9日は”重陽の節句”と言われ野山に登り菊酒を飲み長寿を祈願する古くから大切な日だそうです。また、”菊の節句”とか秋の節句”とも言われてます。菊の花の上に綿花布を置いて朝露を含まして体を拭くと元気になると言われているようです。現代は新暦になり、旧暦の9月9日頃の10月の”秋祭り”へ移行して行ったようです。なんと!日本文化の美しい心の精神が感じられ素晴らしいことですね!今日は、ウオーキングして夏の疲れ蓄積を吹っとばして健康増進の日であればと思いつつ禁酒で過ごせればと頭で想像しております。

2007年9月 8日 (土)

いろんな所で

Imgp2286 Imgp2319 Imgp2290 Imgp2289 Imgp2282 いろんな所で、野花や栽培された花や生花を見ていると和んでいき落ち着きますね!そして、花撮影で、自分自身のデジカメの技術が向上すれば良いなーと思う日でした。目に入っている時間の中で、瞬間の思いやイメージや好みやプラス思考がないと上手くいかないようにおもいます。どうでしょうか?そして、いろんな所で目に入ってくる花は”花言葉”があるように、人生そのもののように感じます。

2007年9月 7日 (金)

変な天気

Imgp2258 Imgp2256 Imgp2259 Imgp2262 今日の島の朝から昼から夕方は曇ったり晴れたりして”変な天気”でした。雲の変化が七変化状態で見ごたえがあったようです。確かに、夏から秋の季節の移りを感じさせる一日でした。空高く馬肥ゆる?秋の季節の到来のようでした。

2007年9月 6日 (木)

二日酔い

Imgp1891_2 Imgp2022 昨夜は、週一の宴会の日でした。島の飲み屋さんまで山から2kmぐらいの下の海岸のところにありタクシーで行きます。帰りは山登り状態ですから歩くことが大変でタクシーで帰ります。以前の様に大声出すわけでなく静かに酔って帰ります。大人になったんでしょう。

2007年9月 5日 (水)

ヤッホー!

Imgp2002 Imgp1899 熊本の言葉に”きゃめぐろ”とあります。さー皆さん見物しましょうとか歩いてみましょうとかの意味だと思います。長崎では、おーい!さるかんと!と言うのかもしれませんね?時代と共に方言の素朴な言い回しが失われている現代かもしれません。温故知新の考えも見直されても良いようにおもいます。今はレトロの物を見直しされているようです。TVで放送していましたが、伊勢丹デパート新宿店はレトロなオーディオセットを高価で販売とか、クラッシックなカフェーで緩やかな時間を過ごす空間作りをしてサンセットストリート77みたいな粋な世界で人達を楽しませる温かみの”FACE TO FASE”が大切になっているようです。何がなんだか”きゃめぐろ”で今夜は、仕事場の歓迎会で過換気症候群で?ラリルレロ!ラリルレロ!ラリルレロ!状態でヤッホー!ヤッホー!!ヤッホー!でした。

2007年9月 4日 (火)

川内峠

秋の平戸は、川内峠から草草原のススキをみて360度パノラマの景色が最高でしょう。また、夜の天体観察で月と星座を眺めるのも神秘的でしょう。初めて川内峠に行ってみて感動しました。丁度、阿蘇山の大草原と似ていて開放感があり嬉しく思いました。Imgp2011島であって、阿蘇山の雰囲気が味あえる自然のありように感心します。運動不足を感じて山登りしてきました。心と体の調和には脚力がImgp2004必要と思わされる一日でした。 Imgp1989 Imgp2010 Imgp1992

2007年9月 3日 (月)

大パノラマ

Imgp1928 Imgp1937 Imgp1960 Imgp1922 今日は、朝からの曇り雨から昼から晴れの爽やかな秋空で空気に透明感が一杯でした。今までの中で一番!島から見渡す景色が遠くまで限りなく見渡せる躍動感で好奇心で楽しい夕方でした。自然のパノラマの中にいて、時間を忘れるくらいに仕事の疲れを忘れさしてくれる空間でした。北は対馬や壱岐島まで、西は五島列島や小値賀島や宇久島まで、東は呼子や福岡の玄海の島々まで、南は平戸島方面まで大きく明瞭に視覚に飛び込んできて躍動する気持ちにさせられました。生月島の空と海と風のダイナミックで綺麗なな風景に心と体が癒されるようでした。また、島の歴史と祈りを思う時間でした。

2007年9月 2日 (日)

雨のあと

Imgp1774 Imgp1727 Imgp1734 昨夜からの雷雨*風雨が朝まで続いて秋の到来を感じる一日です。家の周りには、玄関にカタツムリが土手には花たちが元気一杯に存在感を主張していました。夕方からは、晴天となり心地よい微風が吹いて過ごしやすい時間でした。そこで、近所の探検をかねて散歩をして、島の高台に上がってみて別の角度からの”空と海と風”を探してきました。

2007年9月 1日 (土)

九月

Imgp1741 Imgp1740 静かに目を閉じて耳を澄まして緩やかに深呼吸していると、蝉時雨や秋の虫の音が耳に感じられ秋刀魚の焼く香りを感じる季節になりました。日本の四季の豊かさを思います。日本人の五感の感受性や創造性の原点の源を感じます。島に来て4ヶ月、初めての秋を経験する島の自然のサプライズを期待する日々です。地域の風を感じながら、自分らしさを想いつつ瞬間瞬間を生きていこうとエネルギーアップしています。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近の写真

  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541
  • Img_4542
  • Img_4544
  • Img_4547
  • Img_4463
  • Img_4464
  • Img_4472
  • Img_4481
  • 20191115_100404
  • 20191115_113046